デュッセルドルフ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 デュッセルドルフ 44 13 5 16 49 65 -16 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
デュッセルドルフ 2 - 1 ハノーファー
2019.05.11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ドルトムント 3 - 2 デュッセルドルフ
2019.05.05
22:30
ブンデスリーガ
第32節
フライブルク 1 - 1 デュッセルドルフ
2019.04.27
22:30
ブンデスリーガ
第31節
デュッセルドルフ 4 - 1 ブレーメン
2019.04.20
22:30
ブンデスリーガ
第30節
マインツ 3 - 1 デュッセルドルフ
基本データ

正式名称:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

原語表記:Dusseldorfer Turn- und Sportverein

創立:1908年

ホームタウン:デュッセルドルフ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

原口フル出場のハノーファー、宇佐美不出場のデュッセルドルフに敗戦でシーズン終了《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、デュッセルドルフvsハノーファーが18日に行われ、2-1でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りも出場せず、ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 11位デュッセルドルフ(勝ち点41)と、前節降格の決まった17位ハノーファー(勝ち点21)の一戦。 原口が[3-5-2]の右MFで先発となった試合は、ハノーファーが積極的な入りを見せる。しかし、なかなか決定的なシュートに持ち込めずにいた中、35分にビッグチャンス。だが、右クロスに合わせたヴァイダントのヘディングシュートはわずかに枠の左に外れた。結局、決定機の少なかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、押し込む展開としたデュッセルドルフが56分に先制する。ロングボールに反応したラマンがDFに競り勝ち、右サイドからクロス。これを受けたボックス内のヘニングスがシュートを決めた。 さらに60分、分厚い攻めを見せた流れから、左クロスに合わせたカラマンのシュートが決まって突き放したデュッセルドルフが主導権を握った。 結局、78分にN・ミュラーのゴールで1点を返したハノーファーだったが、1-2で敗戦。17位でシーズンを終えている。一方、ホーム最終戦を勝利で飾ったデュッセルドルフは10位でシーズンを終えた。 2019.05.19 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美所属のデュッセルドルフ、ベテランGKレンジングと誕生日に1年契約延長!

日本代表MF宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは14日、ドイツ人GKミヒャエル・レンジング(35)の契約を2020年まで延長したことを発表した。 2003年にバイエルンでプロキャリアをスタートさせたレンジングは、ケルン、レバークーゼンを経て、2013年5月に当時2部に所属していたデュッセルドルフに加入した。今シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し、5度のクリーンシートを達成。昇格初年度を迎えたチームの1部残留に貢献している。 来シーズン、デュッセルドルフで7シーズン目を迎えることとなったベテランGKは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私は契約延長をとても嬉しく思うとともに、フォルトゥナでの7シーズン目を過ごせることに幸せを感じている。私個人としても、そしてフォルトゥナに関わる全ての人々にとって、今シーズンは夢のような1年となった。数年ぶりに戻ってきて、このブンデスリーガでプレーできるということは、とにかく素晴らしいことだが、加えてこれだけの結果を残すことができたシーズンは、私を含めたすべての人にとってハイライトとなった。だからこそ、来シーズンもそういった1年にできれば最高だと思っている」 2019.05.15 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

控えGKヒッツ乱調もPK失敗に救われたドルトムント、10人のデュッセルドルフに競り勝って逆転優勝の望みをつなぐ《ブンデスリーガ》

ドルトムントは11日、ブンデスリーガ第33節でデュッセルドルフをホームに迎え、3-2で競り勝った。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。 前節ブレーメン戦では2点を先行しながら引き分けに持ち込まれた2位ドルトムント(勝ち点70)は、今節勝利を逃すとバイエルンが敗戦しても優勝を決められてしまう状況に追い込まれた。そのドルトムントはロイスが引き続き出場停止の中、ウイングにはプリシッチとラーセンを起用した。 残留を決めている10位デュッセルドルフ(勝ち点41)に対し、徐々にボールを握れるようになったドルトムントが流れを引き寄せると、13分にボックス右からプリシッチが際どいシュートを放った。 その後、19分にルケバキオにドリブルシュートを決められるも、その前にオフサイドがあって助かったドルトムントは直後、ラファエウ・ゲレイロがボックス内から枠内シュートを浴びせたが、GKレンジングの好守に阻まれる。 前半半ば以降もドルトムントが押し込む流れとすると、41分に先制した。ラファエウ・ゲレイロの左サイドからのクロスをファーサイドのデラネイがヘッドで中に折り返すと、最後はゴール前のプリシッチがダイビングヘッドで押し込んだ。 しかし迎えた後半開始2分、左クロスに合わせたフィンクの何でもないヘディングシュートをGKヒッツがまさかのファンブル。後逸したボールがゴールラインを割ってしまった。 それでも53分、ドルトムントが勝ち越しに成功する。分厚い攻めを見せた流れからボックス右のデラネイがゴール左にシュートを突き刺した。 しかし56分、またもGKヒッツが足を引っ張ってしまう。ボックス内に飛び込んできたルケバキオを中途半端な飛び出しで倒してしまった。だが、ルケバキオのシュートは枠の右に外れ、ドルトムントは助かった。 リードを保ったドルトムントがボールを持って時間を進める中、82分に数的優位となった。サンチョに対し、足裏を見せる悪質なタックルを見舞ったボドツェクに一発レッドカードが提示された。 そして追加タイムにゲッツェのゴールでダメを押したドルトムントが勝利。ライプツィヒに引き分けたバイエルンに2ポイント差と迫って最終節に逆転優勝の望みをつなげた。なお、ドルトムントは最終節、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。 2019.05.12 00:41 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、デュッセルドルフにまさかの大敗で来季EL出場に黄色信号《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第31節、デュッセルドルフvsブレーメンが27日に行われ、4-1でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ外、ブレーメンのFW大迫勇也は後半からプレーした。 前節マインツ戦を1-3と完敗した10位デュッセルドルフ(勝ち点37)は、宇佐美が2試合連続ベンチ外となった。 一方、前節バイエルン戦を10人となった中で惜敗した8位ブレーメン(勝ち点46)は、3日前にもDFBポカールでバイエルンと対戦し、2-3と再び惜敗した。そのバイエルン戦でゴールを決めた大迫はベンチスタートとなった。 試合は開始早々にスコアが動く。デュッセルドルフは1分、ズットナーの左クロスをラマンが胸で落とすと、ペナルティアーク内のヘニングスがワンタッチでゴール前へラストパス。これを再び受けたラマンがゴールエリア右手前からゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制点で勢いづくデュッセルドルフは、22分にもロングカウンターから決定機。ボドツェクのパスを自陣中盤で受けたカラマンがドリブルで中央を切り裂くと相手マーク2人を振り切り、さらに斜めのドリブルでボックス右まで侵入。最後は冷静な切り返しでブロックに入った相手DF2人を剥がし左足のシュートをゴール左に決めた。 リードを広げられたブレーメンだが26分に反撃。相手ボックス付近でインターセプトを狙ったクラーセンがアイハンに倒されると、VARの末にボックス内でのファールが認められPKを獲得。このPKをクルーゼがゴール右隅に決め、ブレーメンが1点を返した。 迎えた後半、1点を追うブレーメンはJ・エッゲシュタインを下げて大迫を投入。大迫は中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下に入った。一方のデュッセルドルフは、52分にクラーセンと接触して流血したバルコクに代えてコフナツキをピッチに送り出した。 すると56分、デュッセルドルフは味方のロングパスで右サイドを抜け出したカラマンがクロスを供給。これをゴール前に走り込んだヘニングスが左足ボレーで叩き込み、3点目を決めた。 2点を追うブレーメンは64分、ボックス右深くまで侵入したM・エッゲシュタインの折り返しをニアで大迫が合わせたが、このシュートはゴール右に逸れた。さらに65分にも、ゲブレ・セラシェの右クロスからクルーゼが決定機を迎えたが、シュートはわずかに右に外れた。 攻撃の手を緩めないデュッセルドルフは、74分にも右サイドを抜け出したツィンマーマンの折り返しからカラマンがダイレクトシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球にヘニングスが反応。ボックス左深くまで切り込み折り返しを狙うと、相手DFのクリアボールをボックス左に走り込んだズットナーが左足の強烈なシュートをゴール左に突き刺した。 ブレーメンは82分にモフワルドのロングシュートのこぼれ球をハルニクが詰めるも、これはGKレンジングがブロック。さらに85分には、ボックス右から侵入したクルーゼが右足を振り抜いたが、これもGKレンジングの好セーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま4-1で終了。敵地でまさかの大敗を喫したブレーメンは、残り3試合で6位レバークーゼンとの勝ち点差が5に開き、逆転でのヨーロッパリーグ出場が遠のいた。 2019.04.28 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

コマンのドッペルパックなど4発のバイエルンが宇佐美終盤出場のデュッセルドルフに快勝で首位キープ!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、デュッセルドルフvsバイエルンが14日に行われ、1-4でバイエルンが快勝した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は 80分から出場している。 前節ドルトムントとのデア・クラシカーを5-0と圧勝して首位を奪還したバイエルン(勝ち点64)は、7連覇へ向けて大きく前進した中、ドルトムント戦と同様のスタメンを送り出した。 宇佐美をベンチスタートとした2連勝中の10位デュッセルドルフ(勝ち点37)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは6分、ニャブリがキミッヒとのパス交換でボックス右に進入してクロスを入れ、コマンの合わせたシュートが左ポストを直撃した。 いきなり決定機を演出したバイエルンがハーフコートゲームを展開する中、15分に先制した。左サイドからコマンがインスウィングのクロスを入れると、ニアサイドに飛び込んだミュラーはボールに触れず、そのままゴールに吸い込まれた。 その後もレヴァンドフスキの直接FKで追加点に迫ったバイエルンが敵陣でボールを保持すると、39分にはコマンがボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせた。 そして41分、バイエルンに順当な追加点が生まれた。ニャブリのスルーパスをボックス右で受けたキミッヒが折り返し、コマンが左足ダイレクトで流し込んだ。 迎えた後半開始4分にもチアゴが決定的なシュートを浴びせたバイエルンが一方的な展開で試合を運ぶ中、53分にGKノイアーが足を負傷してGKウルライヒとの交代を強いられた。 それでも55分、バイエルンが3点目を奪う。チアゴの左CKをニアサイドのミュラーがヘッドで逸らし、ファーサイドのニャブリが右足で押し込んだ。 3点を追うデュッセルドルフがバイエルンとの前半戦でハットトリックを決めたルケバキオを投入してきたのに対し、余裕のバイエルンは流し気味にプレー。 バイエルンが危なげなく時間を消化していく中、デュッセルドルフは80分に宇佐美を左サイドに投入する。すると86分、フンメルスのハンドがVARの末に取られてデュッセルドルフにPKが与えられる。このPKをルケバキオが決めて1-3としたデュッセルドルフだったが、反撃はここまで。 追加タイムにもゴレツカのゴールが生まれたバイエルンが快勝で首位をキープしている。 2019.04.15 00:23 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング