デュッセルドルフ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 デュッセルドルフ 37 11 4 15 40 59 -19 30
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-27
22:30
ブンデスリーガ
第31節
デュッセルドルフ vs ブレーメン
2019-05-05
22:30
ブンデスリーガ
第32節
フライブルク vs デュッセルドルフ
2019-05-11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ドルトムント vs デュッセルドルフ
2019-05-18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
デュッセルドルフ vs ハノーファー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
22:30
ブンデスリーガ
第30節
マインツ 3 - 1 デュッセルドルフ
2019.04.14
22:30
ブンデスリーガ
第29節
デュッセルドルフ 1 - 4 バイエルン
2019.04.06
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ヘルタ・ベルリン 1 - 2 デュッセルドルフ
2019.03.30
23:30
ブンデスリーガ
第27節
デュッセルドルフ 3 - 1 ボルシアMG
2019.03.16
23:30
ブンデスリーガ
第26節
ヴォルフスブルク 5 - 2 デュッセルドルフ
基本データ

正式名称:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

原語表記:Dusseldorfer Turn- und Sportverein

創立:1908年

ホームタウン:デュッセルドルフ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

コマンのドッペルパックなど4発のバイエルンが宇佐美終盤出場のデュッセルドルフに快勝で首位キープ!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、デュッセルドルフvsバイエルンが14日に行われ、1-4でバイエルンが快勝した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は 80分から出場している。 前節ドルトムントとのデア・クラシカーを5-0と圧勝して首位を奪還したバイエルン(勝ち点64)は、7連覇へ向けて大きく前進した中、ドルトムント戦と同様のスタメンを送り出した。 宇佐美をベンチスタートとした2連勝中の10位デュッセルドルフ(勝ち点37)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは6分、ニャブリがキミッヒとのパス交換でボックス右に進入してクロスを入れ、コマンの合わせたシュートが左ポストを直撃した。 いきなり決定機を演出したバイエルンがハーフコートゲームを展開する中、15分に先制した。左サイドからコマンがインスウィングのクロスを入れると、ニアサイドに飛び込んだミュラーはボールに触れず、そのままゴールに吸い込まれた。 その後もレヴァンドフスキの直接FKで追加点に迫ったバイエルンが敵陣でボールを保持すると、39分にはコマンがボックス左からGKを強襲するシュートを浴びせた。 そして41分、バイエルンに順当な追加点が生まれた。ニャブリのスルーパスをボックス右で受けたキミッヒが折り返し、コマンが左足ダイレクトで流し込んだ。 迎えた後半開始4分にもチアゴが決定的なシュートを浴びせたバイエルンが一方的な展開で試合を運ぶ中、53分にGKノイアーが足を負傷してGKウルライヒとの交代を強いられた。 それでも55分、バイエルンが3点目を奪う。チアゴの左CKをニアサイドのミュラーがヘッドで逸らし、ファーサイドのニャブリが右足で押し込んだ。 3点を追うデュッセルドルフがバイエルンとの前半戦でハットトリックを決めたルケバキオを投入してきたのに対し、余裕のバイエルンは流し気味にプレー。 バイエルンが危なげなく時間を消化していく中、デュッセルドルフは80分に宇佐美を左サイドに投入する。すると86分、フンメルスのハンドがVARの末に取られてデュッセルドルフにPKが与えられる。このPKをルケバキオが決めて1-3としたデュッセルドルフだったが、反撃はここまで。 追加タイムにもゴレツカのゴールが生まれたバイエルンが快勝で首位をキープしている。 2019.04.15 00:23 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美途中出場のデュッセルドルフ、ヘルタに逃げ切り勝利で連勝《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは6日、ブンデスリーガ第28節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は68分から出場している。 3-1と勝利した前節ボルシアMG戦で出番のなかった宇佐美が引き続きベンチスタートとなった11位デュッセルドルフ(勝ち点34)が、10位ヘルタ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。 ラマンのドッペルパックで2-1として迎えた後半の68分、宇佐美を左サイドに投入したデュッセルドルフが3点目に近づき、ヘルタに反撃を許さない。 そのまま時間を進め、終盤にかけて守備に比重を置いて逃げ切りを図ったデュッセルドルフは、ヘルタに付け入る隙を与えずに2-1で逃げ切り。宇佐美も守備面で貢献し、チームの2連勝に貢献している。 2019.04.07 02:03 Sun
twitterfacebook
thumb

「たくさんボールに触れられれば」FW宇佐美貴史、準備万端でボリビア戦へ《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 森保ジャパン初招集となったデュッセルドルフFW宇佐美貴史は、前回のコロンビア戦は出番は回ってこなかった。森保一監督が「総入れ替え」を公言した中で、チャンスが回ってくる可能性が高い宇佐美は、記者に向けて自分に何ができるのかを語ってくれた。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ――ボリビア戦に向けて 「良い状態で。良い準備ができたかなと。全体的は雰囲気は賑やかで和やかで。ゲームになるとしっかり締まってできたと思います」 ――森保監督が「総入れ替え」と発言したが、チャンスが来たときどの様なプレーをしたいか 「2列目の選手とかサイドバックの選手たちと上手く絡みながらいろんな攻撃パターンを自分のところから出せればなと思いますし、その中でしっかりフィニッシュにもかかわりながら。この間の試合はゼロに終わったので、しっかり得点というところを攻撃的な選手として生み出せればいいかなと思います」 ――無得点に終わった前回の試合から宇佐美選手なりに改善できるところは 「(攻撃を)制限されるわけではないので、ボールを多く触れる機会があればいい攻撃とかいいアイデア、連携を生み出せると思うので、幅とかバリエーションを作っていければなと」 2019.03.25 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ベテラン主将DFフィンクと2020年まで契約延長

宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは19日、DFオリヴァー・フィンク(36)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 2004年にレーゲンスブルクでプロデビューを飾ったフィンクは、2009年にウンターハインクからデュッセルドルフに加入。ここまで在籍9年半で公式戦252試合に出場し23ゴール24アシストをマーク。今シーズンはアキレス腱のケガで出遅れたものの、ブンデスリーガ第11節のヘルタ・ベルリン戦で初出場すると、第17節のハノーファー戦では終盤からの出場で決勝点を記録するなど、リーグ戦13試合で2ゴールを記録している。 2016年夏からキャプテンを務めるフィンクは、クラブの公式サイトで契約延長の喜びを語っている。 「来季もデュッセルドルフでプレーを続けられることをとても嬉しく思っているよ。こんなに長くプレー出来ているのはクラブやファン、街や私の家族のおかげであり、すべてに心から感謝している。ここで11シーズン目を迎えられることは、僕にとってとても光栄なことだよ」 2019.03.20 01:02 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、決意新たに…「一番下からスタートする立場」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 香川真司と同じくロシア・ワールドカップ(W杯)ぶりの代表入りであり、森保一体制下で初招集となるデュッセルドルフのFW宇佐美貴史。26歳の年齢的にも中心選手としての責任が求められてくるなかで、「競争において一番下からスタートする立場」だと語り、覚悟を示した。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ──森保ジャパンの印象は? 「僕のポジションが近いこともあって、(堂安)律や(中島)翔哉、(南野)拓実といった2列目の選手や、冨安(健洋)君の若い選手がいきいきして、エネルギッシュにプレーして、良いサッカーを展開しているなとか、客観的に観させてもらっていました」 ──離れてみて代表への思いは強まったか 「代表への思いは離れているからとか、行ったことがあるからとかじゃなく、終始強いものがあります。常に『行きたい場所』として、その思いを持ってます。なので、どういう状況に応じて気持ちが左右されることはないです」 ──年齢的に上になってきた。中心としての自覚は 「自覚っていうほど代表で実績を残せていない。年齢的にしっかり中心になってやっていかないといけないですけど、そうなれていない自分への悔しさや歯がゆさもありますし、そうならないといけない危機感もあります。代表の中心としてやっていく自覚を言えるように、もっとプレーで結果を出していかないといけないので、競争において一番下からスタートする立場だと思っています」 ──森保スタイルを観て描くプレーイメージとは 「2列目の選手があれだけ躍動しているのを見ると、そんなにポジションが固定されて、動きに制限がかかっているわけじゃなく、チームの中でしっかりボールを支配しながら前の選手が数多くボールに触れるスタイルだと思っているので、そこに自分のストロングポイントをしっかりと落としこんでいきたいです」 ──組み合わせについてのイメージとは 「組み合わせは僕が考えることじゃない。出たときに、どういう選手たちとどういうプレーができるのかっていうのは短い期間なので出たとこ勝負になってくるので、その場で無理矢理にでも合わせていかないといけないです。やったことのある選手もいるけど、やったことのない選手の方が多いので、試合の中で合わせていくしかないと思います」 ──ポジションごとのプレーイメージは 「右で出たときはシュートもそうですけど、クロスを意識します。どのチームも基本的に右利きの選手が多いので、右の視野を取りやすいです。ビルドアップの最初やアタッキングサードに入って行くまでにまず右を経由することはどこのチームでもあることだと思う。そこでつっかえてしまうと、なかなか前にいけなくなるので、右で出たときはチームが前にボールを運ぶなかで滞りなく供給できるように心がけています」 2019.03.18 20:31 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング