カーディフ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 カーディフ 31 9 4 21 30 63 -33 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-21
24:00
プレミアリーグ
第35節
カーディフ vs リバプール
2019-04-27
23:00
プレミアリーグ
第36節
フルアム vs カーディフ
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
カーディフ vs クリスタル・パレス
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
マンチェスター・ユナイテッド vs カーディフ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.16
27:45
プレミアリーグ
第31節
ブライトン 0 - 2 カーディフ
2019.04.13
23:00
プレミアリーグ
第34節
バーンリー 2 - 0 カーディフ
2019.04.03
27:45
プレミアリーグ
第33節
マンチェスター・シティ 2 - 0 カーディフ
2019.03.31
22:05
プレミアリーグ
第32節
カーディフ 1 - 2 チェルシー
2019.03.09
24:00
プレミアリーグ
第30節
カーディフ 2 - 0 ウェストハム
基本データ

正式名称:カーディフ・シティFC

原語表記:Cardiff City Association Football Club

愛称:The Bluebirds

創立:1899年

ホームタウン:カーディフ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

WBAやストークなどで活躍した元ナイジェリア代表FWオデムウィンギーが現役引退

元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(37)が、3日にウェンブリーで行われたUEFA EqualGameカンファレンスで現役引退を発表した。 CSKAモスクワやラシーヌ・ラゴスの下部組織に在籍したオデムウィンギーは、2000年にナイジェリアのベンデル・インシュランスでプロデビュー。その後、リールやロコモティフ・モスクワでプレー。 2010年からイングランドに活躍の場を移したオデムウィンギーは、WBAやカーディフ、ストーク・シティ、ブリストル・シティ、ロザラム・ユナイテッドなどでプレーし、2017年4月からはインドネシア・スーパーリーグのマドゥーラ・ユナイテッドに活躍の場を移していた。 また、2002年にデビューしたナイジェリア代表では、62試合に出場し11得点を記録。2度のワールドカップ(2010,2014)や4度のアフリカネーションズカップ(2004,2006,2008,2010)に加え、2008年に行われた北京オリンピックにもオーバーエイジ枠として出場していた。 2019.04.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが8連勝で首位奪還! カーディフ守護神躍動もデ・ブライネ&ザネ弾で完勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・シティvsカーディフが3日にエティハド・スタジアムで開催され、ホームのシティが2-0で快勝した。 リーグ戦7連勝と絶好調の暫定2位のシティは、今週末にブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンとのFAカップ準決勝が行われる関係で前倒しで今節を戦う。8連勝で首位再浮上を目指す18位のカーディフ戦に向けてはフルアム戦から先発6人を変更。軽傷を抱えるアグエロがベンチ外となったほか、シルバ、スターリングら一部主力をベンチに置きフォーデンやマフレズ、ガブリエウ・ジェズスらを起用した。 立ち上がりからストレスなくボールを繋ぎ相手を自陣深くに押し込んでいくシティは6分、左サイドのラポルテから縦パスを受けたデ・ブライネがゴール左角度のないところから右足のシュートでニア天井を打ち抜き早々の先制点とした。 幸先よく先制に成功したシティはその後も試合をコントロール。だが、19分には右ハムストリングを痛めたジンチェンコがプレー続行不可能となり、ウォーカーの緊急投入を余儀なくされる。この交代でウォーカーが右サイド、ダニーロが左サイドに移る。 70パーセントを超えるボール支配率、90パーセントを超えるパス成功率と数字上では相手を圧倒し続けるシティだが、ジェズスやザネらが最後のところで精度を欠きなかなか追加点を奪い切れない。 それでも、前半終了間際の44分には右CKの流れからマフレズが右サイドから入れたクロスをファーのジェズスが胸で丁寧に落とすと、これをザネが左足のダイレクトシュートでゴール右隅に流し込んだ。 前半立ち上がりと終了間際の2ゴールによって余裕を持って試合を折り返したシティは後半も主導権を掌握。立ち上がりの51分にはフェルナンジーニョのスルーパスに抜け出したゴール前のフォーデンに絶好機も相手GKの好守に遭う。 その後も相手陣内でワンサイドゲームを展開するホームチームはマフレズやザネ、ラポルテと再三の枠内シュートを浴びせていくが、GKエザリッジが驚異的な反応でビッグセーブを連発し3点目を与えない。さらに69分のフォーデンの決定機も左ポストを叩く。 それでも、相手に決定機を許さない盤石の試合運びを見せたシティはこのまま2-0で試合をクローズ。安定したパフォーマンスでリーグ8連勝を飾ったシティがリバプールを抜いて首位奪還に成功した。 2019.04.04 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタのゴールは副審からは死角だった?! キャラガーがVARではなくVRを使って検証

先月31日に行われたプレミアリーグ第32節のカーディフvsチェルシーのDFセサール・アスピリクエタのゴールが物議を醸している。 問題のゴールは84分に生まれた。1点リードされたチェルシーのCKの場面。MFウィリアンが上げたクロスを手前でDFマルコス・アロンソが頭でフリックしたところを、アスピリクエタが頭で押し込んで同点に。これで勢いづいたチェルシーは後半アディショナルタイムにMFルベン・ロフタス=チークがゴールを決めて、逆転勝利を収めた。 しかし試合後、アスピリクエタのゴールがオフサイドであったと論争に。カーディフのニール・ウォーノック監督も主張するように、リプレイで見てもアスピリクエタはオフサイドポジションにいた。来季から導入予定のVARがあればこのゴールは取り消しになっていただろう。 そこで、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏が、VARではなくVRを使って検証。同氏のツイッター(@Carra23)にアップされた映像では、副審からはキッカーのウィリアンが死角となってアスピリクエタの位置が確認できない状況となっていた。 キャラガー氏も「私は(審判に)同情を覚える。彼らがオフサイドと判断するのはほとんど不可能だったと思う」とコメント。此度の判定に理解を示した。 2019.04.02 17:11 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争うカーディフ指揮官、チェルシーの“オフサイド弾”に激怒 「3週間の取り組みを台無しにされた」

現在、熾烈な残留争いに身を置く中、チェルシー相手のホームゲームで痛恨の逆転負けを喫したカーディフのニール・ウォーノック監督が、同試合でのレフェリングに激怒している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 プレミアリーグ第30節終了次点で降格圏の18位に低迷するカーディフは3月31日、6位のチェルシーをホームで迎え撃った。前半から強豪相手に善戦を見せたホームチームは後半立ち上がりにMFビクトル・カマラサのゴールで先制に成功。しかし、勝利目前と思われた試合終盤の85分にセットプレーからDFセサール・アスピリクエタに同点ゴールを許すと、91分にはMFルベン・ロフタス=チークに逆転ゴールまで奪われ、まさかの1-2の逆転負けを喫した。 そして、同試合で物議を醸したのはアスピリクエタの同点ゴールの場面。チェルシーは右CKの場面でキッカーのMFウィリアンが右足アウトスウィングでボールを入れると、ニアのDFマルコス・アロンソが頭でフリック。これをゴール前のアスピリクエタが頭で押し込んだ。しかし、ゴールを決めたアスピリクエタは明らかにオフサイドラインを越えており、当然カーディフ側は懸命に抗議を行ったものの、判定は覆らず。 それまでの試合展開を考えれば、カーディフの勝ち点獲得は濃厚だっただけにホームチームにとっては痛すぎる判定となった。 同試合後、インタビューに答えたウォーノック監督もレフェリングを痛烈に批判すると共に、来季から正式導入となるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に関する恨み節も見せた。 「私は良い試合をしたプレーヤーたちを誇りに思う。しかし、マッチオフィシャルには失望させられた。VARが、早く来てくれれば…」 「個人的に我々がVARを取り入れるには遅すぎた、ただそれは必要なものだ。(アスピリクエタの)オフサイドは決して際どいものではなく、我々はこれまでの3週間の取り組みを台無しにされた」 現在、1試合未消化ながら17位のバーンリーと勝ち点5差のカーディフは仮に今節勝ち点3を手にできていれば、逆転残留への大きな望みとなっていただけに痛恨の判定ミスとなった。 2019.04.01 13:44 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、格下カーディフに終盤の2Gで逆転勝利! CL出場権争いに踏みとどまる《プレミアリーグ》

チェルシーは31日、プレミアリーグ第32節でカーディフと対戦し、2-1で勝利した。 チェルシーにとって2週間ぶりとなるリーグ戦。前節、エバートンに敵地で完敗し、6位から順位を上げることができなかったものの、3位のトッテナムとは勝ち点差「4」で、まだまだチャンピオンズリーグ出場圏内浮上のチャンスを残す。 そんな中迎える今節は18位のカーディフとの対戦。きっちり勝っておきたい試合だが、アザールやカンテら一部主力をベンチスタートとし、インサイドハーフはコバチッチとバークリー、ウイングにはウィリアンとペドロが起用された。 アザールがいない為、攻撃の起点を作れないチェルシーは序盤から降格圏のカーディフと互角の試合を強いられる。13分には、ボックス右でボールを持ったジョシュ・マーフィにあわや失点という危険なシュートを許してしまう。 ポゼッションこそ上回るものの、アイデアを欠く攻撃は前線で停滞。9分のペドロ以降、35分までシュートを打つことが出来ず、全く得点の雰囲気が感じられない試合内容に。前半最もゴールに近づいたのは、38分のFK。ウィリアンが直接狙ったシュートはギリギリで壁の上を越えたものの、惜しくも左ポストを掠めた。 そんなチェルシーに恐れていた事態が起こる。後半開始直後、カーディフがゴール前に入れたロングスローを跳ね返したチェルシーだったが、こぼれ球を拾われ右サイドからクロスを上げられると、これをボックス右のカマラサがダイレクトで狙ったシュートがゴール右に突き刺さりカーディフが先制。 まさかの失点に慌てて温存していたアザールをピッチへ。64分にはジョルジーニョを下げてロフタス=チークを投入。直後にこの2人がゴール前でチャンスになるが、混戦の中シュートを許してもらえず。頼みのアザールのは当然の様に厳しいチェックがつき、得意のドリブル突破も影をひそめる。 74分のシュートシーンでは、ボックス左でパスを受けたウィリアンが左足で狙ったが右に流れていった。84分には、右サイドから仕掛けたアザールがマルコス・アロンソとのワンツーでボックス右に侵入。クロスは相手に弾かれCKを獲得する。 ウィリアンが上げたCK。マルコス・アロンソがニアで逸らしたところをアスピリクエタが頭で押し込んで同点に。リプレイでは完全にオフサイドだったが、得点は認められた。 このゴールで流れは一気にチェルシーに傾く。同点直後に相手の決定機をリュディガーがレッドカードギリギリのファウルで止めた後、迎えた後半アディショナルタイム。ウィリアンが右サイドからシンプルに上げたクロスを相手に競り勝ったロフタス=チークがヘディングシュート。これが決まってチェルシーが逆転に成功した。 7分設けられた後半アディショナルタイムもこのまま過ぎ、結局チェルシーがアウェイで逆転勝利。最後までほとんど攻撃の形は作れなかったものの、勝負強さを見せCL出場権争いに踏みとどまった。 2019.04.01 00:12 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング