カーディフ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 カーディフ 34 10 4 24 34 69 -35 38
基本データ

正式名称:カーディフ・シティFC

原語表記:Cardiff City Association Football Club

愛称:The Bluebirds

創立:1899年

ホームタウン:カーディフ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

1月にがん公表の元コートジボワール代表DFが完治を報告 14年W杯日本戦にも出場

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のカーディフに所属する元コートジボワール代表DFスレイマン・バンバが非ホジキンリンパ腫の完治を報告した。 カーディフは今年1月、バンバが非ホジキンリンパ腫との診断を受けたと発表。 非ホジキンリンパ腫はがんの一種であり、35歳という若さのアスリートを襲った悲劇に衝撃が広がった。 しかし、診断を受けた直後から科学療法を開始したバンバは順調に回復。そして20日、ついに完治に至ったと自身のインスタグラム(@solbamba)で報告した。 「みんな、こんにちは。僕は今、がんじゃなくなった。それを伝えるためにちょっとしたメッセージを送ろうと思う」 「もちろん、私と私の家族にとっては信じられないほど心が温まるニュースで、今は大喜びしているよ。コメントやメッセージ、『いいね』だったりで僕を応援してくれたみんなに感謝している。その中でも、僕の治療に当たってくれた国民保健サービスの人たちには特にね」 「僕の家族、友人、そして、もちろんクラブもだ。この挑戦に立ち向かう僕を助けてくれたフットボール界のすべての人に感謝している。皆さんが祝福された一日を過ごせることを祈っているよ。またすぐにピッチで会おう」 なお、バンバはすでに8日に行われたリーグ最終節のロザラム・ユナイテッド戦で復帰済み。終了間際数分のみのプレーだったものの、回復ぶりをアピールしていた。 バンバは生まれ育ったフランスの名門パリ・サンジェルマン(PSG)でデビューすると、スコットランドやトルコ、イタリアを渡り歩き、2016年からカーディフに加入。プレミアリーグ昇格を果たした2017-18シーズンにはチャンピオンシップのベストイレブンにも選出されていた。 また、2008年からはコートジボワール代表にも名を連ね、2014年まで6年間プレー。最後の大会となったブラジルワールドカップ(W杯)の日本代表戦を含む46試合に出場し、1ゴールを挙げている。 2021.05.21 18:04 Fri
twitterfacebook
thumb

英2部カーディフの元コートジボワール代表DFが悪性がん患う、14年W杯日本戦にも出場

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のカーディフは11日、元コートジボワール代表DFスレイマン・バンバが非ホジキンリンパ腫と診断されたと発表した。 非ホジキンリンパ腫は悪性がんの一種であり、主に60代から70代で患うことの多い病。現役アスリートの発症は非常に珍しいケースとなる。 これを受け、カーディフは公式サイトを通じて「ウェールズの首都でチームメイト、スタッフ、サポーターから広く称賛されるソル(バンバの愛称)は、前向きな精神で闘病を始めており、今後もブルーバーズ(カーディフの愛称)ファミリーに欠かせない存在であり続けるだろう」とクラブとしての姿勢を打ち出した。 また、バンバが診断を受けた直後から、化学療法を開始したこと。そして、治療の間はトップチームやアカデミーのコーチとしてクラブをサポートすることも併せて発表されている。 バンバは生まれ育ったフランスの名門パリ・サンジェルマン(PSG)でデビューすると、スコットランドやトルコ、イタリアを渡り歩き、2016年からカーディフに加入。プレミアリーグ昇格を果たした2017-18シーズンにはチャンピオンシップのベストイレブンにも選出されていた。 また、2008年からはコートジボワール代表にも名を連ね、2014年まで6年間プレー。最後の大会となったブラジルワールドカップ(W杯)の日本代表戦を含む46試合に出場し、1ゴールを挙げている。 2021.01.12 17:03 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのウェールズ代表FWハリー・ウィルソン、母国クラブのカーディフへレンタル

リバプールは16日、ウェールズ代表FWハリー・ウィルソン(23)がカーディフへレンタル移籍したことを発表した。 リバプールの下部組織出身のH・ウィルソンは、これまでハル・シティやダービー・カウンティ、昨季はボーンマスにレンタル。今季はトップチームに加わり、EFLカップのアーセナル戦でデビューしている。 それでもレンタル移籍が噂されていた同選手には、先日スウォンジーがオファーを出したが、リバプールは拒否。だが、EFLの移籍最終日にカーディフ行きが決定した。 ウェールズに籍を置くカーディフは、H・ウィルソンにとっていわば母国クラブ。その繋がりが、今回の移籍に至った要因の一つであると、同クラブの公式サイトでコメントしている。 「ウェールズとのつながりは僕にとって重要な要素なんだ。ここに来たときはまるでホームのように感じたよ。このクラブのチームや施設は、全てプレミアリーグで戦うために用意されたものだと思っている」 「クラブが再びそこに戻れるよう、ベストを尽くすよ」 なお、リバプールでは同日にU-17イングランド代表MFハーヴェイ・エリオット(17)がブラックバーン・ローバーズにレンタル移籍したことも発表されている。 2020.10.17 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、FWセイ・オジョがカーディフへレンタル移籍!

リバプールは7日、イングランド人FWセイ・オジョ(23)のカーディフ・シティへの1年間のレンタル移籍を発表した。 リバプールアカデミー出身のオジョは2016年にトップチームデビューを飾り、ここまで公式戦13試合に出場。その一方で、ウィガンやウォルバーハンプトン、フルアムという国内クラブ、スタッド・ランス(フランス)、レンジャーズ(スコットランド)の国外クラブへの武者修行が続いている。 昨シーズンはリバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督が率いるレンジャーズで公式戦36試合5ゴール7アシストの数字を残していた。 なお、新たな武者修行先となるカーディフは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を5位でフィニッシュしたが、昇格プレーオフ準決勝で敗退していた。 2020.09.08 16:47 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリ、選手らが4月分の給与返納 セリエAでは4クラブ目

カリアリは11日、トップチームの選手らと4月分の給与を返納することで合意に達したことを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)によるサッカー活動の中止から2カ月。ブンデスリーガ再開など好転の兆しを見せる国もある一方で、イタリアでは先日に死者が3万人を突破。6月中のリーグ再開を目指しているものの、予断を許さない状況が続いている。 再開が長引く程、クラブや各協会への財政ダメージは大きくなる。カリアリもついに選手らの給与返納に頼らざるをえない状況となってしまったようだ。トンマーゾ・ジュリーニ会長は「特に複雑で将来の予測が困難なこの状況において、クラブを守るため具体的な貢献をしたいという選手たちの想いに本当に感謝している」と声明を発表している。 イタリアではユベントスやローマ、パルマに続く4つ目のクラブとなった。 2020.05.12 15:25 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング