レガネス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 レガネス 45 11 12 15 37 43 -6 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
27:45
リーガエスパニョーラ
第38節
ウエスカ 2 - 1 レガネス
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
レガネス 0 - 2 エスパニョール
2019.05.03
28:00
リーガエスパニョーラ
第36節
セビージャ 0 - 3 レガネス
2019.04.27
25:30
リーガエスパニョーラ
第35節
レガネス 0 - 0 セルタ
2019.04.24
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
レガネス 0 - 1 アスレティック・ビルバオ
基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

レガネス、ペジェグリーノ監督と契約延長! プリメーラでの最多勝ち点&最高順位を樹立

レガネスは8日、マウリシオ・ペジェグリーノ監督(47)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。 これまでバレンシアやエストゥディアンデス、アラベスなどを率いた経歴を持つペジェグリーノ監督は、昨季サウサンプトンの監督に就任。前任のアラベスでは就任1年目でコパ・デル・レイ決勝に導くなどの手腕を見せたが、セインツでは降格圏に沈み、昨年3月に解任されていた。 その後、昨年6月に今シーズン終了までの契約でレガネスの新指揮官に就任したアルゼンチン人監督は、リーグ5位となる堅守を武器に手堅いチームを構築。そして、現在12位のチームは2節を残してプリメーラ残留を決定。 さらに、2016-17シーズンの初昇格以降、2年連続で降格圏ギリギリの17位でのフィニッシュとなっていたが、プリメーラでのクラブ史上最多勝ち点を45ポイントに更新しており、2節を残した段階で16位以上が確定している。 2019.05.09 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャが痛恨の連敗でCL出場が遠のく…《リーガエスパニョーラ》

セビージャは3日、リーガエスパニョーラ第36節でレガネスと対戦し、0-3で敗戦した。 ヘタフェ、バレンシアとの三つ巴の4位争いを繰り広げている5位のセビージャ(勝ち点55)が、ほぼリーガ残留を決めている13位のレガネス(勝ち点42)を迎えた一戦。前節のジローナ戦で痛恨の敗戦を喫し、バウンスバックを目指すセビージャは、前節から先発を3人変更。出場停止のバネガやフランコ・バスケス、カリソに代えてイェデル、プロメス、ログを先発で起用した。 試合が動いたのは8分、レガネスは中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けると、持ち上がったホナタン・シルバのパスをボックス手前のブラースヴァイトがヒールで流し、最後はボックス内のエン=ネシリがシュートをゴール左に突き刺した。 反撃に出たいセビージャだったが、再びスコアを動かしたのはレガネス。20分、ロングスローを相手DFがクリアミス。このボールがボックス中央のブラースヴァイトに繋がると、ワンタッチで相手DFを振り切りシュートをゴール左に流し込んだ。 リードを広げられたセビージャは、前半アディショナルタイム1分にボックス右手前でパスを受けたサラビアがミドルシュートでゴール迫ったがが、これはGKクエジャールのセーブに防がれる。 迎えた後半、2点を追うセビージャはプロメスを下げてフランコ・バスケスを投入。さらに70分には、ログを下げてブライアン・ヒルをピッチに送り出し、攻撃の強度を上げる。 後半もポゼッションでレガネスを上回るセビージャだが、なかなか効果的な攻めを見せられない。 すると82分、レガネスはブスティンサのパスをボックス手前で受けたブラースヴァイトがボックス右から侵入し折り返しを供給。これを中央のオスカルが左足で合わせると、ブロックに入ったヘスス・ナバスに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま0-3で終了。セビージャはCL出場が遠のく痛恨の連敗となった。一方、敵地で快勝したレガネスは、2節を残しリーガエスパニョーラ残留を決めた。 2019.05.04 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

約3年ぶりの月曜開催となったマドリー、アウェイで格下レガネスに痛恨ドロー《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第32節でレガネスと対戦し1-1の引き分けに終わった。 約3年ぶりの月曜開催でアウェイに乗り込んだ3位マドリー(勝ち点60)は、前節のエイバル戦(2-1で勝利)から先発メンバーを3人変更。ベイルやオドリオソラ、レギロンに代えてケガ明けのカルバハルやマルセロ、カゼミロが先発に名を連ねた。 リーグ戦3試合無敗中のレガネスに対して[4-3-3]の布陣で臨んだマドリーは8分、イスコのパスをペナルティアーク内で受けたアセンシオがボックス内まで持ち上がりシュート。しかし、これは相手GKの正面を突いた。 主導権を握りながらもなかなか決定機までつなげられないマドリーは44分、ショートコーナーの流れからボックス左手前でボールを受けたマルセロがクロスを供給。これをボックス中央でベンゼマが競り合うと、こぼれ球をヴァランが左足で狙ったが、これがGKクエジャールがファインセーブ。 すると直後にマドリーは失点を喫する。レガネスは45分、ロングスローをボックス右でカリージョがフリックすると、中央で粘ったブラースヴァイトの落としたボールをペナルティアーク内のホナタン・シルバがゴール左へコントロールショットを突き刺した。 迎えた後半は早い時間に試合が動く。51分、バイタルエリア中央でパスを受けたモドリッチが反転から素早くスルーパスを供給すると、これに反応したベンゼマがボックス内まで侵入しダイレクトシュート。一度はGKクエジャールに弾かれたが、こぼれ球を流し込んだ。 逆転を狙うマドリーは、77分にイスコを下げてルーカス・バスケス、81分にアセンシオを下げてベイルをピッチに投入。しかし、再びゴールに迫ったのはホームチームだった。 レガネスは83分、右サイドでボールを受けたニョムがボックス右へ鋭いスルーパスパスを通すと、これに反応したエン=ネシリがダイレクトでゴールに流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 結局、試合は1-1のままタイムアップ。格下相手に勝ち星を取りこぼしたマドリーは、2位アトレティコとの勝ち点差が「4」に開いた。 2019.04.16 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

乾先発のアラベス、カジェリ弾で先制も最終盤被弾で勝利逸…EL圏内迫れず《リーガエスパニョーラ》

日本代表MF乾貴士の所属するアラベスは7日、リーガエスパニョーラ第31節でレガネスをホームに迎え、1-1で引き分けた。乾は先発して78分までプレーした。 ヨーロッパリーグ(EL)やチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争う連敗中の暫定7位アラベス(勝ち点44)が、連勝中の暫定12位レガネス(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。乾は、2試合連続でのスタメン出場を果たした。 14分、好調のレガネスが試合最初のチャンスを手にする。しかし、絶妙なタイミングで飛び出したサビンとのボックス内での一対一の場面でGKパチェコがファインセーブ。こぼれ球を拾ったエラソが素早くシュートを放ったが、ここでもGKパチェコがゴールを死守した。 すると18分、守護神の奮起に攻撃陣が応える。カジェリがボックス内でボールを持つと、DFブスティンサに倒されてPKを獲得。これを自ら沈め、アラベスが貴重な先制点を手にする。 リードを得たアラベスはここからペースダウン。両クラブ共にシュートまで持ち込む場面が減少し、1-0のスコアで試合を折り返すこととなった。 後半に入っても、大勢はあまり変わらず。カウンターを狙うアラベスに対して、レガネスが比較的ボールを持つ時間を増加させていくがなかなかシュートまでは至らない。 後半半ばからは、大胆にポジションを移動するジョニーが乾と連携しつつ幾度か右サイドを攻め上がるが、決定的な場面を作り出すことはできない。それでも徐々にアラベスの攻勢が目立ち始め、レガネスは69分にDFブスティンサに代えてFWアルナイスを送り出す。 対するアラベスは、75分にFWボルハに代えてMFワカソを送り出して中盤により厚みを持たせる。また、豊富な運動量でサイドのスペースをカバーしていた乾も79分にトゥマシとの交代でピッチを退き、アラベスは試合の締めに入る。 しかし、試合終了間際の93分、左サイド深い位置でボールを持ったホナタン・シルバが左足でクロスを上げると、無回転気味のボールがサイドネットに突き刺さる。土壇場でレガネスが同点弾を沈めた。 試合は直後に終了。この結果、アラベスは連敗こそ「2」で止めたものの、掴みかけた勝利を逃すことに。EL出場権獲得に向けて暗雲が漂っている。 2019.04.07 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

主力温存のアトレティコがサウール弾でリーグ戦4連勝! CLユベントス戦に向け好調を維持《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第27節でレガネスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦3連勝中の2位アトレティコ・マドリーが、本拠地ワンダ・メトロポリターノに13位のレガネスを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのユベントス戦を控えるアトレティコは、前節ソシエダ戦の先発からグリーズマン、ロドリゴ・エルナンデス、ホセ・ヒメネス、GKオブラク以外の7人変更して試合に臨んだ。 試合序盤はショートパスを多用しボールを保持するレガネスに対して、アトレティコは堅い守りからカウンターを狙う。すると7分、アトレティコは中央を持ち上がったコレアのパスを受けたグリーズマンがボックス右から右足を振り抜いたが、このシュートは僅かに枠の上に外れた。 さらに13分には、コレアのパスでボックス右に抜け出したビトロの折り返しをゴール前のカリニッチが頭で合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチ。 その後は互いに決定機が作れず膠着状態続く。そんな中、アトレティコは41分に左サイド高い位置でFKを獲得すると、グリーズマンのFKをファーサイドのホセ・ヒメネスが頭で折り返したが、これはゴール前に詰めたカリニッチの前で相手DFにクリアされた。 迎えた後半、アトレティコはグリーズマンとソラーノを下げてレマルとサウールを投入する2枚替えを敢行。すると49分、カリニッチと入れ替わったコレアがボックス右でオメルオに倒され、PKを獲得。サウールのPKはGKルニンが弾くも、こぼれ球を再びサウールが押し込み、アトレティコが先制した。 先制点で勢いづくアトレティコは、52分にもボックス手前でパスを受けトーマスがミドルシュートで相手ゴールを脅かすも、相手DFにディフレクトしたボールは惜しくもクロスバーを直撃。さらに61分には、ボックス左手前獲得したFKをレマルが直接狙うも、このFKは相手GKがわずかに触り左ポストを叩いた。 1点を追うアラベスは71分にエラソとブラースヴァイトを下げてエル・ザハルとカリージョを投入。対するアトレティコは、73分にカリニッチを下げてフアンフランを投入し、3枚の交代カードを使い切る。 終盤にはレガネスに押し込まれる展開が続いたものの、なんとか耐えたアトレティコがサウールにゴールを守り抜き、リーグ戦4連勝を飾った。 2019.03.10 02:22 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング