レガネス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 レガネス 36 8 12 18 30 51 -21 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.16
28:00
コパ・デル・レイ
3回戦
レガネス 0 - 1 セビージャ
基本データ

正式名称:CDレガネス

原語表記:Club Deportivo Leganes

愛称:レガ、ペピネーロス

創立:1928年

ホームタウン:レガネス

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

モチーフは“キュウリ”、柴崎岳が所属するレガネスのアウェイキット発表動画で熱演

日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが、2021-22シーズンのアウェイキットを発表した。 レガネスのアウェイキットは特徴的な緑色。クラブのニックネームでもある“キュウリ”の皮の雰囲気をデザインに取り込んだとのことだ。 レガネスは、かつては首都のマドリッドに届けるための野菜や果物を栽培する農業の街として栄えたとのこと。クラブのニックネームも「Los Pepineros(キュウリ栽培者)」というから、キュウリとは切っても切れない縁がある。 また、クラブマスコットも「SUPER PEPINO(スーパー・キュウリ)」というキュウリをモチーフとしたものだ。 今回のアウェイキット発表に関しては、レガネスの選手たちがキュウリを使ってのものとなっており、柴崎も熱演。その姿にも注目してもらいたい。 柴崎はクラブの顔としてラ・リーガ昇格を目指すチームを牽引してもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】柴崎岳も熱演!? “キュウリ”をモチーフとしたアウェイキット発表ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDN2ZGYkdMMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.27 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

パナシナイコス、レガネスを退団したスペイン人MFルベン・ペレスを2年契約で獲得!

ギリシャのパナシナイコスは14日、レガネスとの契約を解除したスペイン人MFルベン・ペレス(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 アトレティコ・マドリーの下部組織出身であるディフェンシブMFのルベン・ペレスは、これまでデポルティボやベティス、エルチェ、グラナダといったクラブでプレー。2016年8月からレガネスにレンタル移籍すると、2018年の夏に完全移籍。 レガネスでは在籍5シーズンで公式戦165試合に出場。セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)に降格した昨季は、リーグ戦35試合に出場し昇格プレーオフ出場権獲得に貢献。しかし、昇格プレーオフでは準決勝のラージョ・バジェカーノ戦で連敗を喫し、1年でのラ・リーガ復帰は叶わなかった。 レガネスとは契約が1年残っていたが、13日に双方合意の上で契約解除に至ったことが発表されていた。 2021.07.15 01:45 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のレガネスが敵地で3発敗戦…1年での1部復帰に黄色信号が灯る《ラ・リーガ昇格プレーオフ》

柴崎岳の所属するレガネスは3日、ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグでラージョ・バジェカーノと対戦し、0-3で敗戦した。柴崎はケガの影響でベンチ外となった。 ラ・リーガ2部で3位となったレガネスが、6位ラージョのホームに乗り込んだ一戦。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半だった。73分、右サイドでパスを受けたイシがバイタルエリアまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したアルバロ・ガルシアが左足ボレーで流し込み、ラージョが先制した。 さらにラージョは、76分にも中盤でバレンティンがパスカットすると、こぼれ球を拾ったべべがペナルティーアーク内まで持ち上がりシュート。やや甘いコースに飛んだシュートだったが、GKリエスゴが処理しきれずそのままゴールネットを揺らした。 2ndレグに望みをつなぐために1点でも返しておきたいレガネスだったが、後半アディショナルにベベに直接FKを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-0でラージョが完勝した。 なお、プレーオフ決勝進出を懸けたレガネスホームの2ndレグは6日に行われる。 ラージョ・バジェカーノ 3-0 レガネス 【ラージョ】 A・ガルシア(後28) ベベ(後31) ベベ(後49) 2021.06.04 06:12 Fri
twitterfacebook
thumb

1年での1部返り咲きを目指すレガネス、ガリターノ監督「我々の良さをもう一度証明する」

レガネスのアシエル・ガリターノ監督が2日、昇格プレーオフ準決勝1stレグに向けての意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 1年での1部返り咲きを目指す、日本代表MF柴崎岳の所属するスペイン2部のレガネスは、サラゴサとのリーグ最終節で5-0の大勝。3位でレギュラーシーズンを終え、3日に控えるラージョとの一戦に向けてはずみを付けた。 ラスト2節を連勝で締めた指揮官は「昇格するのは容易ではない」と気を引き締めつつも、今のチーム状況が上向きであることを示唆。自分たちの戦いができるか否かが、大事な一戦をものにするためのカギだと考えているようだ。 「明日(3日)の試合が最も重要で、次に進めるかどうかが決まる。我々は最善を尽くさねばならない」 「ラージョは明確なゲームプランを持っていて、とても強い。彼らは経験もスピードもあり、点も取れる。我々はすべてのバランスを取らなければならない。自分たちの強みやできること、競争力があってバランスが取れるというのはわかっているので、それをもう一度体現する必要がある」 「難易度はかなり高くなるだろうが、我々はもう一度うまくやって、良いゲームができることを確かめたい。3 位で得られるアドバンテージはほとんどないかもしれないが、ここを乗り切れると、証明して見せる」 「サラゴサ戦でプレーした選手も、前の試合でプレーした選手も、チームのレベルはとても良い。全員がうまくやれているからこそだ。再びそれを証明しなければならないが、我々はそれに取り組んでいる」 2021.06.03 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

エスパニョールが最終節敗戦も2位マジョルカが引き分けスペイン2部優勝、柴崎岳のレガネスは3位で昇格POに《セグンダ・ディビシオン》

30日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が行われた。 すでに自動昇格の2チームはエスパニョールとマジョルカに決定していた中、2チームによる優勝争いは最終節の結果に委ねられた。 首位のエスパニョールはアウェイで17位のアルコルコンと対戦。下位チーム相手の試合となり、勝利が予想された中、33分にウーゴ・フライレにゴールを許してしまう。 逆転を目指したエスパニョールだったが、5月に入ってからの5試合で2勝2分け1敗と調子を落としていたのもあり、そのまま1-0で敗戦。マジョルカに逆転優勝のチャンスを与えてしまった。 一方のマジョルカもアウェイで8位のポンフェラディーナと対戦。勝てば逆転で優勝できるチャンスが巡ってきた中、43分にオスカル・シエルバにPKを決められ先制を許す。 しかし、前半アディショナルタイムにカルドナのゴールで追いつくと、75分にはアブドン・プラッツのゴールで逆転に成功。逆転優勝が見えてきた中、87分にクーロ・サンチェスにゴールを許し、2-2のドロー。この結果、エスパニョールとマジョルカは勝ち点で並んだものの、エスパニョールが首位を守り、なんとか優勝を果たした。 なお、3位には日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが入り、4位のアルメリア、5位のジローナ、6位のラージョ・バジェカーノと共に、昇格プレーオフに臨む。 2021.05.31 10:55 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング