ウディネーゼ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ウディネーゼ 10 3 1 5 10 12 -2 9
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-12-06
23:00
セリエA
第10節
ウディネーゼ vs アタランタ
2020-12-12
26:00
セリエA
第11節
トリノ vs ウディネーゼ
2020-12-15
26:30
セリエA
第12節
ウディネーゼ vs クロトーネ
2020-12-20
23:00
セリエA
第13節
カリアリ vs ウディネーゼ
2020-12-23
28:45
セリエA
第14節
ウディネーゼ vs ベネヴェント
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.29
20:30
セリエA
第9節
ラツィオ 1 - 3 ウディネーゼ
2020.11.22
26:00
セリエA
第8節
ウディネーゼ 1 - 0 ジェノア
2020.11.06
28:45
セリエA
第7節
サッスオーロ 0 - 0 ウディネーゼ
2020.11.01
20:30
セリエA
第6節
ウディネーゼ 1 - 2 ミラン
2020.10.25
26:00
セリエA
第5節
フィオレンティーナ 3 - 2 ウディネーゼ
基本データ

正式名称:ウディネーゼ・カルチョ

原語表記:Udinese Calcio SpA

愛称:ゼブレッテ(シマウマ)、ビアンコネリ(白と黒)

創立:1896年

ホームタウン:ウディネ

チームカラー:白、黒

関連ニュース
thumb

マラドーナの“神の手”はセリエAが最初? ジーコがナポリ時代のマラドーナとの対決秘話を明かす

“神様”ジーコ氏が、全盛期のディエゴ・マラドーナ氏にまつわるエピソードを語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ジーコ氏はマラドーナ氏より7つ上の現在67歳。現役時代はフラメンゴ、ウディネーゼ、そして鹿島アントラーズでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼ時代には、当時全盛期を迎えていたマラドーナ氏が所属するナポリとも対戦。1984-85シーズンのセリエAでは、その2人がピッチ上で対戦する試合があった。 1985年5月12日、セリエA第29節でウディネーゼがホームにナポリを迎えた試合だ。アウェイゲームは欠場していたジーコ氏にとって、マラドーナ氏とウディネーゼに来てから対戦するのは初めてだった。 その試合は4分にマラドーナ氏のゴールでナポリが先制。しかしウディネーゼが逆転に成功し勝利かと思われたが、88分にマラドーナ氏が2点目を奪い、2-2の同点で終わっていた。 マラドーナ氏は1986年のメキシコ・ワールドカップのイングランド代表戦で“神の手ゴール”と“5人抜き”という記憶に残るプレーを見せていたが、ジーコ氏はこの試合のエピソードについて『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でコメント。マラドーナ氏の2点目のゴールが、彼にとって最初の“神の手”のゴールであると語った。 「1984年、私はウディネに来たばかりだった。ナポリでの試合はプレーしなかったが、彼は2ゴールを決めた」 「我々は2-1でリードしていたが、ディエゴが同点ゴールを決めた。彼らがクロスバーに当てた時、試合はほぼ終わっていた。ただ、ディエゴは我々のGKが触る前に彼の手でゴールを決めていた」 「主審と副審はそれに気がついていなかった。私は激怒し、審判の後ろから走って言ってやった。『おめでとう。このまま続けてくれ。あなたはよくやっている』とね。私は退場させられ、4試合の出場停止となった」 「私はよく彼のゴールについての冗談を彼に言っていたんだ。『我々と一緒に神の手をトレーニングしたんだ』とね。そうしたら彼は『あなたはサッカーの良い部分、私は悪い人だ』と言った」 「マラドーナは、私が今まで見た中で最高の5人の中の1人だ。ガリンシャ、ペレ、ディエゴ、クライフ、ベッケンバウアーだ」 2020.11.29 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

元ナイジェリア代表MFオボドが母国で誘拐被害…しかし、前回に続き自力で逃げ切る

元ナイジェリア代表MFのクリスティアン・オボド氏(36)が母国で誘拐の被害に遭っていたことが判明した。フランス『AFP通信』が伝えている。 かつてフィオレンティーナやウディネーゼで活躍し、ナイジェリア代表でも通算21試合に出場した経験を持つオボド氏は、2017年にギリシャのアポロン・スミルニでプレーした後に現役を引退した。 そのオボド氏は今月15日、自身の生まれ故郷であるナイジェリア南部のウォーリで、ガールフレンドと自身が所有する車を運転中の路上において、武装した複数人の男たちに拘束された。 その際、ガールフレンドはすぐさま車外に出されてオボド氏は、銃を持った1人を含む3人の犯人に身柄を拘束され、身代金を要求する手はずを整えていたのか、犯人たちは数時間に渡って同氏を乗せた車を走らせていたという。 その中でオボド氏は犯人との交渉を試みたものの、犯人側は会話を拒否。さらに、同氏に対して騒いだ場合、撃ち殺すとの脅迫も行っていた。 しかし、車を停車した際に犯人同士が話し合っていた一瞬の隙を突いたオボド氏は、決死の覚悟で全速力でのスプリントを敢行し、何とか犯人たちから逃げ切ることに成功し、現在は地元警察によって無事保護された。 なお、オボド氏は2012年にも同地において身代金目的で誘拐の被害に遭っていたが、その際にも自らの足で逃げ切っていた。 2020.11.17 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、オランダ人DFヌイティンクと2023年まで契約延長

ウディネーゼは13日、オランダ人DFブラム・ヌイティンク(30)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 2017年夏にアンデルレヒトから300万ユーロでウディネーゼに加入したセンターバックのヌイティンクは、今季はケガの影響もあってセリエAで1試合の出場に留まっているが、ウディネーゼでの在籍3年間で公式戦86試合に出場し、準主力として活躍している。 2020.11.14 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、暫定首位浮上のチャンスもウディネに塩漬けにされゴールレスドロー《セリエA》

サッスオーロは6日、セリエA第7節でウディネーゼをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ナポリに勝利し4勝2分けスタートとして首位ミランを2ポイント差で追う2位サッスオーロ。勝利すれば暫定首位浮上となる中、負傷していたベラルディとカプートが先発に戻った。 1勝5敗と低調な出だしとなったウディネーゼに対し、サッスオーロがポゼッションする展開となったが、自陣に引くウディネーゼを崩すことができない。 38分にようやくベラルディが枠内シュートを放ったものの、静かな前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も睨み合いが続いた中、サッスオーロは打開すべくデフレルやラスパルドーリといったアタッカーを投入していくも、流れを変えられない。 結局、後半にシュートを打てなかったサッスオーロはウディネーゼに塩試合に持ち込まれてゴールレスドロー決着。暫定首位浮上のチャンスを逸した。 2020.11.07 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

バイシクル炸裂のイブラヒモビッチが1G1Aの大活躍! 5勝目を挙げたミランが首位堅守《セリエA》

ミランは11月1日、セリエA第6節でウディネーゼと対戦し、アウェイで1-2で勝利した。 ここまで5試合を消化して4勝1分け無敗で首位に立つミラン。前節のローマ戦は勝ち越しては追いつかれ、結局3度のリードを守りきれずに3-3のドロー決着となった。その後のヨーロッパリーグでは、主力を半数温存しつつスパルタ・プラハに快勝し、開幕から連勝を収めている。 テオ・エルナンデスやレオン、チャルハノール、そしてコロナ陰性となったGKドンナルンマらが先発復帰したミランは序盤からウディネーゼを押し込んでいく。初の決定機は10分のこと。左のレオンが右足で上げたクロスをサレマーカーズが頭で飛び込むが、きれいに合わせることができずシュートは右に逸れた。 それでも18分に早々にネットを揺らす。敵陣まで入り込んだ最終ラインからのロングボールをイブラヒモビッチがボックス左で収めると、安定したタメからラストパスを供給。走り込んだケシエがボックス中央から豪快に蹴り込み、先制に成功した。 イブラヒモビッチの今季初アシストで幸先の良い立ち上がりとなったミランだが、その直後にセリエA初先発のデウロフェウにカウンターからシュートを見舞われる。そこからはホームチームも徐々に盛り返し、何度かカウンターからチャンスになりそうなシーンも。 前半終了間際には、FKの流れからゴール前に飛び出したオカカがイブラヒモビッチとの接触で倒れる場面があったが、主審の笛は鳴らず、ミランのリードで試合を折り返した。 しかし後半立ち上がりに、ボックス右に進攻したプセットをロマニョーリが倒してしまい正真正銘のPK献上。これをデ・パウルに決められ、振り出しに戻された。なお、PK判定に抗議したGKドンナルンマにはイエローカードが提示されている。 その後、ミランは57分にベナセルとサレマーカーズを下げてトナーリとディアスを投入。すると62分、カウンターからゴール前に飛び出したイブラヒモビッチの折り返しをディアスが狙ったが、ここはイブラヒモビッチのオフサイドの判定に。 71分にはさらにカラブリアとレオンに代わり、ダロトと左ヒジを脱臼していたレビッチがリーグ戦4試合ぶりにピッチに立った。レオンのいた2列目の左に入ったレビッチは、早速ドリブルシュートから存在感を放つ。 交代策で少しずつ流れを取り戻したミラン。そんななか迎えた83分、敵陣左サイド中央でボールを持ったレビッチが右足でクロスを上げると、ゴール前で相手DFに当たったボールは高く跳ね上がる。これをイブラヒモビッチがバイシクルシュート。期待に応えるスーパーゴールで再び勝ち越しに成功した。 その後は危なげなく試合を進めたミランが逃げ切り、2-1で勝利。開幕から6試合で5勝目を挙げ、首位をキープしている。 2020.11.01 22:25 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング