ローマ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ローマ 66 18 12 8 66 48 18 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.26
27:30
セリエA
第38節
ローマ 2 - 1 パルマ
2019.05.18
27:30
セリエA
第37節
サッスオーロ 0 - 0 ローマ
2019.05.12
27:30
セリエA
第36節
ローマ 2 - 0 ユベントス
2019.05.05
25:00
セリエA
第35節
ジェノア 1 - 1 ローマ
2019.04.27
25:00
セリエA
第34節
ローマ 3 - 0 カリアリ
基本データ

正式名称:ASローマ

原語表記:Associazione Sportiva Roma S.p.A.

愛称:ジャッロロッソ(黄色と赤)、ラ・マジカ(魔法)

創立:1927年

ホームタウン:ローマ

チームカラー:黄、赤

関連ニュース
thumb

マノラス、ナポリ移籍か…個人合意報道

ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(28)がナポリ移籍に迫っているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2014年夏にオリンピアコスから加わり、今夏移籍の憶測が浮上するマノラス。プレミアリーグ勢のほか、ミランやユベントスの関心が取り沙汰されてきたが、退団濃厚な元スペイン代表DFラウール・アルビオルの後釜を探すナポリとすでに個人合意に達した模様だ。 そうなれば、あとはローマとのクラブ間合意を残すのみだが、ナポリとの間に溝が…。獲得希望クラブに契約解除金3600万ユーロ(約43億7000万円)を要求しているローマに対して、ナポリは選手譲渡を含めたオファーで費用削減を狙っているとのことだ。 だが、ナポリが譲渡する選手に関しても、両者の主張が異なっている様子。ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(21)の譲渡案を提示しているナポリだが、ローマはベルギー代表FWドリエス・メルテンス(32)を求めているようだ。 2019.06.16 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマの新星ザニオーロにユベントスが興味?

ローマ期待の新星、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)にユベントスが興味を持っているとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ザニオーロはインテルユース出身の19歳。 トップチームでは出場を機会に恵まれなかったものの、その能力を評価していたローマに移籍した今シーズンはレギュラーに定着。リーグ戦では27試合で4ゴールという成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)の大舞台でもラウンド16のポルト戦で2ゴールを挙げるなど大ブレイクを果たした。 そのザニオーロに興味を持っていると報じられたのがリーグ8連覇中のユベントス。 ザニオーロの獲得には、昨シーズンリバプールへ移籍したGKアリソン・ベッカーの時と同じく7000万ユーロ(約90億円)という移籍金が必要になるとみられ、その程度の金額を提示できればローマも移籍を認めるのではないかと伝えられている。 ユベントスもまだ調査をしている段階ではあるとの事だが、ローマならずイタリアサッカー界の新星の今後の動向が注目される。 2019.06.15 14:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、新守護神候補にカリウスをリストアップか

ローマがリバプールからレンタル移籍でベシクタシュに加入しているドイツ人GKロリス・カリウス(25)の獲得に興味を示しているようだ。トルコ『fotoMac』の情報を引用してイタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 昨夏にブラジル代表GKアリソン(26)がリバプールへ移籍したことで新守護神としてスウェーデン代表GKロビン・オルセン(29)を迎え入れたローマ。しかし、低調なパフォーマンスでシーズン終盤はベンチを温める日々が続き、今夏の有力な放出候補となっているようだ。 そのため、今夏に新守護神の獲得を目論んでいるローマは、カリアリのイタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)やアタランタのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(24)の国内組に加えてベティスのスペイン代表GKパウ・ロペス(24)をリストアップ。その中に、カリウスも含まれているという。 2016年夏にマインツからリバプールへ加入したカリウス。昨年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦では致命的なミスを犯したこともあり、今シーズンはベシクタシュへ期限付き移籍で加入し、公式戦35試合に出場していた。 2019.06.13 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

EL予選参加のローマがICC参加断念…フィオレンティーナが代役に

ローマは12日、今夏参戦予定だったインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2019への参加断念を発表した。なお、ローマの不参加に伴い、フィオレンティーナの参加が決定している。 2013年からアメリカで始まったビッグクラブが参戦するプレシーズンマッチのICC。 以前から同大会の常連だったローマは今夏、グアダラハラ(メキシコ)、アーセナル(イングランド)、ベンフィカ(ポルトガル)の3クラブと共にアメリカラウンドに参戦する予定だった。 しかし、今シーズンのセリエAを6位で終えたローマは、来シーズンにヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの参加が決定しており、日程面の問題でほぼ同時期に開催されるICCへの参加断念を決めた。 当初、ローマは現地時間7月16日にグアダラハラ戦、同20日にアーセナル戦、同24日にベンフィカ戦を戦う予定になっていた。しかし、前述のEL予選2回戦が7月25日に開催されるため、日程上参加が不可能となった。 なお、パウロ・フォンセカ新監督の下、巻き返しのシーズンに臨む新生ローマは、6月下旬から新シーズンに向けて始動する予定だ。 2019.06.13 00:52 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜にペッレグリーニに関心か

アーセナルが、ローマに所属するイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニ(22)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア方面の情報をもとにイギリス『ミラー』が報じている。 2017年にサッスオーロからローマに復帰したペッレグリーニ。足元の技術に優れたテクニカルなアタッキングMFは、今シーズンの公式戦33試合で4ゴール7アシストを記録した。 そんなペッレグリーニに対して、ユベントス移籍が決まっているウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の後釜探しに奔走しているアーセナルが関心を寄せている模様。すでに、代理人と接触しているとも伝えられている。 ペッレグリーニの推定契約解除金は2700万ポンド(約37億2000万円)。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなかったアーセナルは今夏、選手の売却費用を除き4500万ポンド(約62億円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられていることから2回の分割払いで獲得を目指すようだ。 一方のローマは、新契約の締結を引き換えに、ペッレグリーニを副キャプテンの座に任命することで、慰留に務める模様。同選手には、トッテナムやインテルも関心を示しているが、果たしてガナーズは、ラムジーの後釜として獲得する事ができるだろうか。 2019.06.12 16:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング