ブライトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ブライトン 34 9 7 18 32 53 -21 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-23
27:45
プレミアリーグ
第33節
トッテナム vs ブライトン
2019-04-27
25:30
プレミアリーグ
第36節
ブライトン vs ニューカッスル
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
アーセナル vs ブライトン
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
ブライトン vs マンチェスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
23:00
プレミアリーグ
第35節
ウォルバーハンプトン 0 - 0 ブライトン
2019.04.16
27:45
プレミアリーグ
第31節
ブライトン 0 - 2 カーディフ
2019.04.13
23:00
プレミアリーグ
第34節
ブライトン 0 - 5 ボーンマス
2019.04.06
25:30
FA杯
準決勝
マンチェスター・シティ 1 - 0 ブライトン
2019.04.03
27:45
プレミアリーグ
第27節
チェルシー 3 - 0 ブライトン
基本データ

正式名称:ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

原語表記:Brighton Hove Albion Football Club

愛称:シーガルズ

ホームタウン:Brighton Hove

チームカラー:青と白

関連ニュース
thumb

シーズン4冠を狙うシティ、開始早々のジェズス弾で6大会ぶりの決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準決勝のマンチェスター・シティvsブライトン&・ホーヴ・アルビオンが6日に行われ、1-0でマンチェスター・シティが勝利した。この結果、シティは6大会ぶりの決勝進出を決めた。 準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のスウォンジーに辛勝したシティは、ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第33節のカーディフ戦も主力を温存しながら完勝。公式戦13連勝中のシティは、カーディフ戦から先発を7人変更。ザネやマフレズ、フェルナンジーニョらに代えてスターリングやシルバ、ベルナルド・シウバらが先発に名を連ねた。 一方、準々決勝でチャンピオンシップ所属のミルウォールにPK戦の末に勝利したブライトンは、ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第27節延期分のチェルシー戦で完敗。リーグ戦2連敗中のブライトンは、マーレイやダフィ、プレパーをスタメンで起用した。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシティが開始早々に先制する。4分、サイドチェンジを右サイドでベルナルド・シウバが落とすと、これ受けたデ・ブライネが素早くクロスを供給。これが相手DFとGKの間をすり抜けるとファーサイドから駆け上がったガブリエウ・ジェズスがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制後もボールを支配し主導権を握ったシティだが、その後は自陣で守りを固めるブライトン守備陣を崩しきれず、試合は膠着。それでもシティは35分にオタメンディ、40分にベルナルド・シウバがゴールに迫ったが、追加点は生まれず。前半は1-0で終了した。 迎えた後半、シティは前半途中に右足を痛めていたウォーカーを下げてダニーロを投入。しかし、後半最初にゴールに迫ったブライトンだった。54分、ノッカールの右CKをゴール左で競り合ったダフィが頭で落とすと、ゴール前のマーレイが押し込みに行くが、ボールはラポルテが先にクリアした。 ピンチを凌いだシティは64分、ボックス手前で受けたスターリングが右足のコントロールショットでゴール左を狙ったが、これはGKライアンの好セーブに阻まれる。 追加点の遠いシティは、65分にデ・ブライネを下げて守備的なフェルナンジーニョをピッチに投入。さらに80分にはメンディを下げてストーンズをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入る。 そして、ここ2戦無得点が続く相手の脆弱な攻撃をきっちり跳ね返し続け1-0で勝利。シティが6大会ぶりの決勝戦進出を決めると共にシーズン4冠に向けて前進した。 2019.04.07 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで3発快勝のチェルシーがリーグ2連勝!《プレミアリーグ》

チェルシーは3日、プレミアリーグ第27節延期分でブライトン&・ホーヴ・アルビオと対戦し、3-0で勝利した。 EFLカップ(カラバオカップ)決勝戦のため延期となっていた一戦。直近に行われた第32節のカーディフ戦を2-1で勝利したチェルシーは、その一戦から先発を7人変更。イグアインやペドロ、ウィリアン、バークリーらに代えてジルーやアザール、ロフタス=チーク、カンテらを先発に起用。また、注目のハドソン=オドイはプレミア初スタメンとなった。 3トップに右からハドソン=オドイ、ジルー、アザールと並べ試合に臨んだチェルシーは11分、カンテのパスを受けたハドソン=オドイがボックス右からシュート。これは相手DFに当たり枠を外れる。さらに27分には、アスピリクエタの右クロスをジルーが頭で合わせたが、これは枠の左に外れた。 膠着状態が続く中、チェルシーは38分に決定機。右サイドボックス深くから侵入したハドソン=オドイのクロスをニアに走り込んだジルーがワンタッチで流し込んだ。 迎えた後半も立ち上がりから一進一退が続く。そんな中、56分にバイタルエリアでパスを受けたジョルジーニョがゴール右前に浮き球のパスを供給すると、走り込んだハドソン=オドイが頭で合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 すると60分、ジョルジーニョのパスをロフタス=チークがワンタッチではたくと、これを受けたアザールがボックス中央からゴール右へコントロールショットを突き刺した。さらに64分にも、ボックス手前でパスを受けたロフタス=チークがゴール右にミドルシュートを突き刺し、3点目。 リードを広げたチェルシーは、73分にアスピリクエタを下げてザッパコスタ、82分にロフタス=チークを下げてコバチッチ、84分にアザールを下げてウィリアンを投入。その後も危なげない試合運びを見せたチェルシーは、ホームでブライトンに完封勝利を飾った。 2019.04.04 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ホイビュルク弾で逃げ切ったサウサンプトンがリーグ戦連勝! フル出場の吉田は守備で貢献《プレミアリーグ》

吉田麻也の所属するサウサンプトンは30日、プレミアリーグ第32節でブライトン&・ホーヴ・アルビオと対戦し、1-0で勝利した。吉田はフル出場している。 16位のサウサンプトン(勝ち点30)が、15位ブライトン(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。3週間ぶりのリーグ戦となるサウサンプトンは、ケガ明けのイングスやウォード=プラウズ、バートランドらを先発で起用。吉田も2センターバックの一角として先発している。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、サウサンプトンは19分にチャンス。ヴァレリの右クロスを逆サイドで拾ったレドモンドがボックス左から切り込み右足を振り抜いたが、このシュートは相手GKの正面を突いた。 サウサンプトンは、34分にも左サイドを持ち上がったアームストロングの折り返しからイングスがボックス中央のシュート。さらに40分には、スルーパスでボックス左深くまで侵入したホイビュルクのクロスを中央のアームストロングが胸トラップから右足で狙ったが、共にシュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはサウサンプトン。53分、敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとボールを持ち上がったレドモンドのラストパスをボックス左で受けたホイビュルクが、ゴールエリア左まで切り込みシュートを流し込んだ。 ホームで先制を許したブライトンだが、徐々に反撃に転じる。すると71分、ボックス左深くから侵入したベルナルドの折り返しをマーレイが合わせたが、これは吉田がブロック。さらに72分にも、ノッカールの左クロスをボックス右のダフィが落とすと、ボックス手前で受けたモントーヤはカットインから左足でシュート。しかし、このシュートはクロバーを直撃した。 終盤にかけてもブライトンの猛攻を受けたサウサンプトンだが、ホイビュルクのゴールを守り切り1-0で勝利。残留争い脱出を狙う両者の対決はサウサンプトンに軍配が上がった。 2019.03.31 02:12 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎後半AT出場のレスターが7戦ぶりの白星! ロジャーズ新監督見守る中で待望の勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第28節、レスター・シティvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが26日にキング・パワー・スタジアムで行われ、ホームのレスターが2-1で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司は92分から途中出場した。 前節、クリスタル・パレスに1-4で大敗した12位のレスターは6戦未勝利(1分け5敗)となった後、24日にクロード・ピュエル前監督を解任。そして、今回の一戦が行われる直前に、セルティックとの契約を解除したブレンダン・ロジャーズ新監督の招へいを発表。その新指揮官が見守る中で行われた試合では16位のブライトンと対戦した。 マイク・ストーウェル暫定監督は前節からフックスとゲザルに代えてチルウェルとグレイを起用した以外、同じメンバーを起用。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりから攻勢を仕掛けるレスターは10分、中盤でバーンズのプレスバックで引っかけてショートカウンターに転じると、エンディディ、ティーレマンスと中央で短く繋いでボックス右フリーのグレイにスルーパスが通る。ここでグレイがGKとの一対一を制して先制点とした。 早い時間帯の先制点で勢いづくホームチームは左サイドのバーンズ、右サイドのグレイが積極果敢な縦への仕掛けを見せて決定機を創出。その流れからヴァーディやグレイがフィニッシュに絡むが、相手GKライアンの好守に遭う。 一方、守勢が続くブライトンも26分にグロスのミドルシュートでゴールに迫ると、36分にはショートカウンターから相手守備を完全に崩してボックス中央でフリーのノッカールがシュート。だが、この決定的なシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 レスターの1点リードで折り返した試合は立ち上がりからオープンな展開に。開始直後にグレイの右クロスに反応したヴァーディが際どいヘディングシュートを放つと、直後の48分にはブライトンにこの試合最大の決定機。 相手陣内深くでボールを奪うと、ボックス右に抜け出したグロスが絶妙なヒールパスをゴール前に供給。これをフリーのマーレイがダイレクトで狙うが、大きくふかしてしまう。さらに、ヒールパスの際にハムストリングを痛めたグロスがプレー続行不可能となり、ビスマの緊急投入を余儀なくされた。 ややブライトンに流れが傾きつつある中、レスターの頼れるエースが魅せる。63分、ハーフスペース左でボールを受けたマディソンがボックス右のスペースを狙うヴァーディの足元へ絶妙なラストパスを出すと、巧みなワンタッチで勢いを殺さずに持ち出したヴァーディが右足の渾身のシュートを突き刺した。 このゴールで大きく勝利に近づいたかに思われたレスターだが直後に失点。66分、右サイドのノッカールの折り返しがDFに当たってペナルティアーク付近にこぼれると、これを巧みなトラップで収めたプレパーがゴール左隅へ右足のシュートを突き刺した。 点差が縮まったことで試合はここからヒートアップ。逃げ切りを図るレスターはティーレマンスを下げて守備的MFメンディを投入し、より堅守速攻の色合いを強める。対するブライトンは攻撃的なカードを次々と切っていく。 試合終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、88分にはブライトンに絶好機。左サイドからのクロスにファーで反応したマーレイにシュートチャンスも、再びシュートをふかしてしまい、この試合2度目の決定機逸に。一方、レスターは92分にマディソンを下げて岡崎を投入するなど逃げ切り態勢に入ると、このまま2-1で試合をクローズ。 そして、ロジャーズ新監督が見守る中で攻守に躍動感を見せたレスターが7試合ぶりの白星を手にした。 2019.02.27 06:53 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーボ、ブライトンから元イタリア代表DFスケロットをレンタル移籍で獲得

キエーボは28日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元イタリア代表DFエセキエル・スケロット(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アルゼンチンリーグに属するバンフィールドの下部組織出身であるスケロットは、2008年夏にチェゼーナに移籍。翌年4月に欧州のリーグでのデビューを飾った。以来、イタリア国内での移籍を繰り返したスケロットは、アタランタ、カターニャ、インテル、サッスオーロ、パルマ、キエーボと、実に6クラブを渡り歩きセリエAで151試合、セリエB(イタリア2部)で40試合に出場。欧州トップリーグでの豊富な経験を持っている。 2015年8月には無所属となったが、同年11月にスポルディング・リスボンに入団すると、約1シーズン半で公式戦43試合に出場し、10アシストを記録。2017年9月に加入したブライトンでは、約1シーズン半で公式戦23試合に出場していた。 2019.01.29 00:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング