ブライトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ブライトン 29 6 11 12 32 40 -8 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
ブライトン vs アーセナル

プレミアリーグ
第31節
レスター・シティ vs ブライトン

プレミアリーグ
第32節
ブライトン vs マンチェスター・ユナイテッド

プレミアリーグ
第33節
ノリッジ vs ブライトン

プレミアリーグ
第34節
ブライトン vs リバプール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
ウォルバーハンプトン 0 - 0 ブライトン
2020.02.29
21:30
プレミアリーグ
第28節
ブライトン 0 - 1 クリスタル・パレス
2020.02.22
24:00
プレミアリーグ
第27節
シェフィールド・ユナイテッド 1 - 1 ブライトン
2020.02.08
26:30
プレミアリーグ
第26節
ブライトン 1 - 1 ワトフォード
2020.02.01
24:00
プレミアリーグ
第25節
ウェストハム 3 - 3 ブライトン
基本データ

正式名称:ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

原語表記:Brighton Hove Albion Football Club

愛称:シーガルズ

ホームタウン:Brighton Hove

チームカラー:青と白

関連ニュース
thumb

ブライトンで3人目のコロナ感染者

ブライトンは10日、新たな新型コロナウイルス感染者が選手の中から確認されたことを発表した。 3月下旬に初の感染者が報告されたブライトン。陽性反応が出たのは今回でチームでは3人目。クラブのCEOを務めるポール・バーバー氏が以下のように説明している。 「残念ながら、9日に3人目の陽性反応が出てしまった。選手たちはこの数週間にわたってあらゆる対策を講じてきたが、未だに練習が始められない状況となっている。我々は他にもウイルスに感染した選手を抱えている」 現在、プレミアリーグは6月上旬の再開を目指して協議を重ねているが、バーバー氏は中立地での開催を反対する人物の1人だ。 2020.05.10 19:08 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ中立地開催案、残留争うブライトンが反対を主張

今季の残り日程消化を目指すプレミアリーグが中立地開催案を検討していると報じられる中、残留を争うブライトンが反対を主張している。ブライトンの最高経営責任者(CEO)を務めるポール・バーバ氏のコメントをイギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じた。 新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、選手たちの移動の距離を最小限にすることが可能な中立地開催案だが、残留を争っているクラブからすれば貴重なホームゲームの機会が奪われ、公平性に欠けると主張している。 「無観客でプレーすることに関しては、残りの試合を消化するために必要な措置であることは十分に理解できる。だが、シーズン終盤の重要な時期に中立地でプレーすることは、リーグ戦の公平性を完全に欠くものだと我々は考えている。戦い慣れた環境でプレーできないことは明らかに不利を被る」 29試合を消化した段階で15位に位置するブライトンは、降格圏の18位ボーンマスとは2ポイント差。残り5試合がホーム戦、4試合がアウェイ戦開催予定となっている。 プレミアリーグは8~10のスタジアムを中立地候補としているようだが、詳細はロックダウンの緩和が行われる予定の7日以降に再度話し合いを行うと報じている。 2020.05.04 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

昨年に両親を亡くしたブライトン指揮官、コロナ禍続く中でのリーグ再開検討に不快感

ブライトンを率いるグラハム・ポッター監督は、コロナ禍が続く中、プレミアリーグ再開に向けた話し合いが行われていること自体に不快感を示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るうイギリスでは、感染者数が15万人に迫り、死者数も2万人を超えるなど深刻な被害を受けている。 その状況下において3月中旬から中断を強いられているプレミアリーグに関しては、6月8日に無観客でのリーグ再開を目指し、7月27日にシーズン終了を目指しているとの報道が出るなど、再開に向けた動きも出ている。 昨年、両親を相次いで亡くし、命の重要性を誰よりも実感するブライトン指揮官は、現時点でフットボールを優先すべきではないと強い口調で語る。 「今は個人的にかなり困難を感じている。国内の2万人の人たちが命を落としている中、フットボールに関する話が同時進行で語られている」 「多くの場合、遺族は亡くなった人たちの手を握ってあげることさえできない。それは本当に悲痛なことだ」 「私は両親を失うという自分の経験から、それがいかに困難であるかをよく理解していると思う。しかし、ウイルスによって多くの人たちが亡くなった事実。それを避けるため全員がもっと何かできたと考えると、堪らない気持ちだよ…」 「この状況において、フットボールをいつ再開するか、どのように安全を確保するか。そんなことは我々が検討すべき最も重要なことではないよ」 「我々がそういった話をしている傍らでは、多くの人たちが命の危険に晒されるという恐ろしい現実があるんだ。そして、遺族は愛する人が亡くなったときに手を握ってあげることさえもできない」 「現在、我々はそういった人たちがいる中でリーグ再開に向けた話し合いをしていることを、しっかりと心に留めておかなければならない」 イギリス全体がコロナウイルスの脅威を克服しない限り、プレミアリーグを再開すべきではないとの見解を示したポッター監督。 その一方で、フットボールを生業とする1人として、無事再開にこぎ着けた際には、誰にとっても感動的な瞬間になると主張している。 「無観客開催だとしても、最終的に安全が確保された形でプレミアリーグを再開できたとすれば、きっとフットボールをプレーするということだけでエモーショナルな雰囲気を味わえるはずだ」 「それは誰にとっても非常にエモーショナルな瞬間となるはずだ。それは我々が心待ちにしていることだ。しかし、それ自体が大きな挑戦だ」 2020.04.26 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏迫るブライトン会長がプレミア再開について言及「急ぐのは適切でない」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのトニー・ブルーム会長がプレミアリーグの再開についてコメントした。 世界中の国々と同様に、3月上旬を最後に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け延期措置が続いているプレミアリーグ。当初は早期再開を目指していたものの、無期限の延期となり、再開時期が不透明になっている。 リーグの再開時期、そしてそもそも再開すべきなのかどうか等、現在も様々な議論がされている中、残留争いをしているクラブの1つであるブライトンのブルーム会長が、クラブのインタビューで自身の見解を語った。 ブルーム会長は、リーグ戦は最後まで完了させることが望ましいとしつつも、以前多くの犠牲者が出ている現状での再開を急ぐのは「適切でない」としている。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVa3ZsMjUwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 「我々を含め、プレミアクラブの過半数はシーズンを完了させることを望んでいる。それが当初から進めていたことだ」 「我々が降格圏に近い順位に位置していることも理解しているが、リーグ全体の統一性を保つため、最後まで終わらせることが良いと思う」 「しかし、大きな問題があることも事実。特に延期が続けばさらに深刻になるだろう」 「すぐにフットボールが再開されることは考えられない。ウイルスに感染している人々が大勢おり、病院が圧迫されている中でリーグが再開されるのは適切ではない」 「したがって、我々は政府と保健当局と密接に連絡を取り合っているプレミアリーグからの指示を待っている」 「国全体として、再開しても安全だと確証が取れた時に再開されることが良いと思うが、その時期がいつなのかは分からない」 「6月末で切れる契約についても大きな問題がある。これからどうなるのか、私には検討もつかないが、我々は準備を進めなくてはならない」 「グレアム(・ポッター監督)と選手にとってシーズンの再開に備えることは非常に難しい。我々は降格圏まで2ポイントしか差がないが、時が来た時、残りの9試合に向けて準備しなくてはならない」 2020.04.21 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

5歳の少年が貯金全額を使って選手獲得を直接交渉…相手クラブの会長は真剣に検討

自分が愛する選手をチームに留めたいと思ったことは、サッカーファンならば誰しもがあることだろう。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドのファンである5歳のダニエル・オートンくんが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのポール・バーバー会長へ一通の手紙を送った。 ダニエルくんは、ブライトンからレンタル移籍でリーズに加入しているイングランド人DFベン・ホワイト(22)の大ファンとのこと。シーズン終了後には契約期間が切れ、ブライトンへと復帰することになるが、リーズへの売却を直談判するために手紙を送った。 「親愛なるポール。僕は5歳で、リーズ・ユナイテッドのファンです。僕は、現在僕たちのチームに貸し出している、あなたの選手についてこの手紙を書いています」 「問題となる選手は、僕のお気に入りの選手、ベン・ホワイトです。もし、可能であれば、どうか、どうか、シーズンの終わりにベンを譲ってください」 「貯金箱にあるすべてのペニー(イギリスの通貨)を数えました。ぼくは15.07ポンド(約2000円)を持っています。もし、役に立てれば」 ベン・ホワイトは今シーズンのチャンピオンシップで37試合に出場し2ゴールを記録。センターバックでプレーし、守備の要としてチームの首位に貢献。プレミアリーグ昇格へ守備のキーマンとなっている。 ブライトンはこの手紙が届いたことを公表。真剣に検討した結果を声明として発表した。 「君が好きなリーズ・ユナイテッドが、我々の選手であるベン・ホワイトを購入するために支援するためのオファーの手紙に感謝します」 「クラブをサポートするために、すべての財産を提供するということは、非常に素晴らしいことであり、君は稀に見る若い才能を見るとても優れた目を持っている。おそらく、君の将来の仕事は選手のスカウトかもしれない」 「我々は君からの親切なオファーに値するため、真剣に考えました。しかし、グラハム・ポッター監督やテクニカルディレクターのダン・アシュワースは、どちらもベンを将来の計画に非常に重要な選手と考えています。そのため、我々は、リーズ・ユナイテッドへベンを売却することはできません」 「しかし、ダニエル、我々に手紙を書くために時間を割いてくださり、改めて感謝します。君と君の家族、そしてすべてのリーズ・ユナイテッドに関わる人にとって、最高のことは、我々が再びサッカーをプレーしているのを見ることができることです」 「その間、我々は君と君の家族が安全で健康を維持できることを望みます」 ダニエルくんの熱烈なオファーは惜しくも届かなかったが、大好きなベン・ホワイトにもその想いは届いたはずだろう。 2020.04.19 12:10 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング