ブライトン&ホーヴ・アルビオン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ブライトン&ホーヴ・アルビオン 41 9 14 15 40 46 -6 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
24:00
プレミアリーグ
第38節
アーセナル 2 - 0 ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2021.05.18
27:00
プレミアリーグ
第37節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 3 - 2 マンチェスター・シティ
2021.05.15
28:00
プレミアリーグ
第36節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 1 - 1 ウェストハム
2021.05.09
20:00
プレミアリーグ
第35節
ウォルバーハンプトン 2 - 1 ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2021.05.01
23:00
プレミアリーグ
第34節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 2 - 0 リーズ
基本データ

正式名称:ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

原語表記:Brighton Hove Albion Football Club

愛称:シーガルズ

ホームタウン:Brighton Hove

チームカラー:青と白

関連ニュース
thumb

アーセナルがベン・ホワイトの獲得を発表!背番号は「4」を着用

アーセナルは30日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからイングランド代表DFベン・ホワイト(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とだけ明かしており、背番号は4を着用する。 なお、イギリス『BBC』によれば移籍金は5000万ポンド(約76億2600万円)とのことだ。 ブライトンの下部組織出身のホワイトは昨シーズンにレンタル加入したリーズ・ユナイテッドで台頭。182cmと体格には恵まれていないものの、プレミアリーグのセンターバックでトップレベルのスピードなどアスリート能力が高く、地上戦でも空中戦においても高いデュエルの勝率を記録している。 また、鬼才マルセロ・ビエルサ監督、現指揮官のグラハム・ポッター監督という、2人の智将から攻守両面で多くのことを学んでおり、ビルドアップも魅力の現代的なセンターバックとして昨季は公式戦39試合出場と主力に定着した。 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベンは我々のトップターゲットだったので、彼との契約が完了したことは素晴らしいことだ。ベンは知的なディフェンダーで、ボールを足元に置くことに非常に慣れている。彼のプレースタイルは我々のスタイルにぴったりと合うだろう。彼がクラブの将来的な長期計画の中心となることを、我々全員が楽しみにしている」 2021.07.31 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

三笘獲得噂のブライトンがバルサFW獲得に動く! 移籍金問題なしも選手の説得必要か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがバルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(30)の獲得に動いているようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 今夏、前線の刷新を目指すブライトンでは先日に川崎フロンターレのU-24日本代表MF三笘薫(24)の獲得報道も出ていた。ただ、三笘に関しては日本代表でのプレー経験がないため、イギリスの労働許可が下りず、トニー・ブルーム会長が所有するベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズにレンタル移籍することが濃厚とされている。 そのブライトンは新シーズンに向けた即戦力の候補として、ブラースヴァイトの獲得に動いているという。 2020年2月にレガネスからバルセロナに加入したブラースヴァイトは、ここまで公式戦53試合に出場し、8ゴールと思うような結果を残せておらず、今夏の移籍市場においては放出候補の一人に挙がっている。 そのため、バルセロナは今夏の移籍市場においてブラースヴァイトの売却を考えている。 この状況を受け、ブライトンはアーセナルへの売却が迫るイングランド代表DFベン・ホワイトの巨額の売却益を利用し、元ミドルズブラのストライカーの獲得に動く構えだ。 バルセロナは移籍金を1500万ユーロ(約19億5000万)程度に見積もっており、ブライトンとしては十分に獲得可能な金額だという。 ただ、ブラースヴァイト自身はイングランド帰還を検討しているものの、移籍先はブライトンではなくウェストハムやウォルバーハンプトンという、より競争力のあるクラブを希望しているという。 したがって、移籍実現に向けてはブラースヴァイトの説得が重要になるはずだ。 2021.07.18 18:19 Sun
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト、ブライトンから元エールディビジ得点王のFWジャハンバクシュを獲得!

フェイエノールトは17日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するイラン代表FWアリレザ・ジャハンバクシュ(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までで、1年の延長オプションが付随している。 ダマシュ・テヘランでプロデビューしたジャハンバクシュは、2013年の夏にオランダのNECへ移籍。その後、2015年の夏にAZに加入すると2017-18シーズンにはエールディビジで21ゴールを記録し、リーグ得点王に輝いた。 この実績が評価され、2018年の夏にブライトンへ完全移籍したジャハンバクシュだったが、ブライトンではケガに悩まされレギュラーを確保できず。昨季もプレミアリーグ21試合に出場したが、スタメンはわずか6試合にとどまっていた。なお、ブライトンでの通算成績は公式戦61試合でわずか4ゴールとなっていた。 2013年10月にデビューしたイラン代表では、通算44キャップを誇り、2度のワールドカップ(2014,2018)に出場している。 2021.07.18 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン、アヤックスから身長2m超のU-21蘭代表GKを獲得!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは16日、アヤックスからU-21オランダ代表GKキエル・スヘルペン(21)の獲得を発表した。契約期間や移籍金等については明らかにされていない。 スヘルペンは地元クラブのエメンから2019年に引き抜かれる形でアヤックス入りした2m超えの大型GK。今季もリザーブチームでのプレーがメインだったが、トップチームで公式戦4試合に出場した。 また、2018年から世代別のオランダ代表でも活躍。先のU-21欧州選手権では5月下旬から6月上旬にかけての決勝トーナメントこそ出番なしに終わったが、3月のグループステージ3試合に先発した。 グラハム・ポッター監督はクラブ公式サイトで「キエルをこのクラブに迎え入れることができ、嬉しい限りだ。以前から注視してきた選手であり、多くの特長を持っている」と活躍を期待した。 「彼のサイズだけじゃなく、イングランドのフットボールに慣れるにつれ、すべての面で良くなろうとしてくれると考えている。一緒に働けるのが楽しみだ」 2021.07.17 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ベン・ホワイト獲得へ! ブライトンと基本合意の報

ブライトン&ホーヴ・アルビオンでプレーするイングランド代表DFベン・ホワイト(23)のアーセナル行きが実現しそうだ。 昨季のプレミアリーグで8位に終わり、新シーズンでの巻き返しが求められるアーセナル。そこに向けてのスカッド刷新が取り沙汰されるなか、補強ポイントのひとつに挙がるセンターバックの新戦力として、心境著しいベン・ホワイトの名が浮上している。 ホワイトは昨夏にレンタル先のリーズ・ユナイテッドからブライトンに復帰。マルセロ・ビエルサ監督に続き、グラハム・ポッター監督の下で才能を磨きをかけ、ビルドアップも魅力の現代的なセンターバックとして公式戦39試合出場と主力に定着した。 そんなホワイトは負傷者の離脱に伴う追加招集でユーロ2020のイングランド代表メンバーに滑り込み。チームが準優勝という結果を残した今大会で最終的に出番が回ってこずに終わったなか、その間もアーセナルの獲得に向けた動きが指摘されてきた。 そして、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、アーセナルは5000万ポンド(約75億8000万円)の移籍金額でブライトンと基本合意。これまで2度のオファーを打診して、いずれも撃沈したが、今月に入っても交渉を続け、ついに合意点を見いだした模様だ。 なお、ホワイトは休暇から戻ってくる26日以降にアーセナル移籍に向けてのメディカルチェックを受ける見込みだという。 2021.07.17 10:35 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング