ラージョ・バジェカーノ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 ラージョ・バジェカーノ 32 8 8 22 41 70 -29 38
基本データ

正式名称:ラージョ・バジェカーノ・デ・マドリード

原語表記:Rayo Vallecano de Madrid

創立:1924年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:赤/白

関連ニュース
thumb

香川真司は希望のスペインでプレー継続可能? マドリッド本拠地のラージョやフエンラブラダが興味か

移籍の噂が絶えないレアル・サラゴサのMF香川真司(31)だが、自身が望むスペインでのプレーの道も残されているようだ。 移籍が噂される香川だが、自身のSNSを通じて「噂はたくさんあるが、今すべきことに集中していく」とし、「僕は真のサラゴサの選手として、全てのトレーニングセッションをしっかりやっていきたいと思う」とサラゴサに身を捧げる決意を表明した。 しかし、高額なサラリーとパフォーマンスが見合っていないとされ、支出削減を目指すサラゴサにとってネックとなっていることも事実。移籍期間が終了する10月5日まで、サラゴサは香川の放出を目指すとされている。 その香川には、カタールに加え、サウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーが来ている状況。しかし、本人は一貫してスペイン国内でのプレーを希望している。 スペインのクラブでは、ラ・リーガに昇格したカディスが香川に興味を持っているとされてきたが、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のクラブも香川に興味を持ち、問い合わせをしてきたようだ。 スペイン『ElDesmarque』によると、香川に興味を持っているのは、ログロニェス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダなど複数クラブとのこと。サラゴサを離れることになっても、スペインでプレーする道が残されているという。 2019-20シーズンにドルトムントからレアル・サラゴサへ加入した香川。セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。 ビザの手続きの影響でチームへの合流が遅れた香川は、ルベン・バラハ監督を迎えた新チームで出遅れ、プレシーズンマッチのメンバーにも入っていない状況。監督の信頼を勝ち取ることができても、クラブの財政面を逼迫している事実は拭えない。好条件のオファーがあればクラブは放出を容認する意向だが、どのような結末を迎えるだろうか。 2020.09.19 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

後半45分間が6カ月ぶりに再開…新型コロナウイルスの影響もあり史上“最も長く延期された試合”に

スペインで珍しい記録が生まれた。スペイン『アス』が伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により3月から中断していたものの、再開が決まったラ・リーガ。その再開初戦は、ラ・リーガ2部のラージョ・バジェカーノとアルバセテによる中断試合の後半からとなった。 元々、この試合は2019年12月15日に行われていたものの、アルバセテの元ウクライナ代表FWロマン・ゾズリャに向けたラージョファンの暴言により、ハーフタイムで中断。後半のみが延期されるという措置が取られていた。 ゾズリャは2017年、レアル・ベティスからラージョにレンタル移籍していたが、ナチズム信奉者という疑いがかけられ、わずか16時間半でレンタル移籍が解除になっていた。 ことの発端は、ドニプロからベティスに加入した際、ゾズリャが来ていた服にネオナチ団体のマークがついていた報じられたこと。しかし、実際は勘違いであり、そのマークはウクライナに関する記章であり、ゾズリャに対しての誤解が生まれてしまった。 このことを報じていたメディアは誤解であったと謝罪。ゾズリャ本人も関与を否定したものの、一度信じたファンからの非難が止むことはなく、心無い声が送られ続けることとなった。 この試合ではそんな“古巣”に凱旋したゾズリャに、ラージョファンから執拗な暴言が浴びせられ、主審ホセ・アントニオ・ロペス・トカ氏の度重なる警告が無視された結果、試合が中断されていた。 延期となった試合の後半は、2月に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で再延期。今回ようやく6月10日に行われることが決定した。 そして、元の日程から6カ月の延期となったこの試合は、フットボール史上“最も長く延期された試合”という記録を樹立したようだ。 ちなみに、これまでの記録はスコットランドのカップ戦でエアドリーvsストランリアーの試合が1カ月以上悪天候が続いたことにより33回延期された試合だった。 2020.06.04 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

悲願の優勝まであと2つ…モチベーションを持続させるレッズ智将の策とは

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、新型コロナウイルスの影響でサッカーから身を置いている状態でもモチベーションを持続させる為に行っている策を明かした。イギリス『メトロ』が伝えている。 現在無期限中断中のプレミアリーグにおいて、リバプールはあと2勝で優勝という位置に付けていた。何度もリーグ制覇してきたビッグクラブだが、最後にイングランドの頂に立ったのは1989-90シーズン。即ち、1992年に発足したプレミアリーグでの優勝は一度もないということだ。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2WG1udWFUQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 悲願のプレミア制覇が手に届くところまで来ていたが、新型コロナによって阻まれた。最悪の場合、今シーズンが無効となることもあり得るようだ。 そんな中でも選手たちのモチベーションを留めておくため、クロップ監督はコミュニケーションアプリの『WhatsApp』を使ってこんなことをしているようだ。 「チャンピオンズリーグを優勝した時のビデオを見せるようにしている。私のYouTubeリストに入れてある4分ぐらいの動画なんだが、それをグループチャットで共有しているんだ。『これが我々だ』という言葉を添えてね」 「バルセロナ戦やマンチェスター・シティ戦、レスター・シティ戦の映像も送ることもある。本当に素晴らしい試合だった。3分満たない程度の動画だがね」 「それから奴らに『君たちの最高の試合はなんだい?』と聞くと、たくさんの素晴らしい動画が送られてくる」 「その多くがチャンピオンズリーグの優勝パレードの動画だ。それを皆が楽しみ、そして改めて同じ方向へ進み始めるのさ」 2020.04.18 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

過去の誤解から激しい侮辱…スペイン2部で試合が途中で中止に

ラ・リーガ2部の試合がハーフタイムで中止された。原因は相手ファンからの容赦ない罵声だった。 事件が起きたのは、15日に行われたラ・リーガ2部のラージョ・バジェカーノvsアルバセテの一戦。ラージョのファンがアルバセテのウクライナ代表FWロマン・ゾズリャに対し、ナチスだとのチャントを歌ったのだ。 ゾズリャは、2017年1月にレアル・ベティスからラージョ・バジェカーノへとレンタル移籍。しかし、この際にもラージョファンから猛抗議があり、わずか16時間半でレンタル移籍が解除になっていた。 ことの発端は、ドニプロからベティスに加入した際、ゾズリャが来ていた服にネオナチ団体のマークがついていた報じられたこと。しかし、実際は勘違いであり、そのマークはウクライナに関する記章であり、ゾズリャに対しての誤解が生まれてしまった。 メディアは誤解であったと謝罪し、ゾズリャ本人も関与を否定したがそれでも非難はやまず。約3年越しに同じ問題が再燃することとなってしまった。 リーグはこの件を受け、「重大な侮辱と脅威」が与えられたとし、両チームはホセ・アントニオ・ロペス・トカ主審へ試合中止を求めたようだ。 「ラージョ・バジェカーノ、アルバセテ、リーガ・エスパニョーラのサポートにより、審判はバレカスでの試合を中断した」 「この決定は、我々の論争と我々全員が愛するスポーツの価値を守ることを目的としている」 勝手な憶測から風評被害を受け続けているゾズリャ。ファンの行き過ぎた行動は悲しいものだ。 2019.12.16 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司の僚友ウジョアもスペイン2部へ、ラージョヘレンタル移籍

ラージョ・バジェカーノは2日、パチューカに所属するアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョア(32)の加入を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となる。 ウジョアは、2002年に母国アルゼンチンでプロデビュー後、2008年から欧州に挑戦。2014年夏にブライトン&ホーブ・アルビオンからレスター・シティに加わり、2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献した。 しかし、2018-19シーズンは出場機会が減り、2019年1月に古巣ブライトンにレンタル移籍。それでも、公式戦12試合2得点にとどまり、レンタル期間が終了していた。 レスターを退団したウジョアは、8月にはメキシコの強豪クラブであるパチューカへの加入が発表されていたが、ラージョへの加入が決定した。 ブライトン加入前の2013年までアルメリアに所属していたウジョアにとって、約6年半ぶりのスペイン復帰。1シーズンでの1部復帰を目指すラージョにとっては、2018-19シーズンまで在籍していたベンフィカのスペイン人FWラウール・デ・トーマスに代わる活躍が期待される。 <span data-gns-video="https://d00030400.gamecity.ne.jp/cws/lite/ad/20190902_gns/190902news.mp4" data-gns-video-caption="岡崎の僚友ウジョアもスペイン2部へ、ラージョヘレンタル移籍"></span> 2019.09.02 22:35 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング