スウォンジー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 スウォンジー 33 8 9 21 28 56 -28 38
基本データ

正式名称:スウォンジー・シティAFC

原語表記:Swansea City Association Football Club

愛称:The Swans

創立:1912年

ホームタウン:スウォンジー

チームカラー:黒、白

関連ニュース
thumb

ハーランドの渋い夢が実現! 憧れのミチュからサイン入りユニフォーム届く!

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、子供の頃の憧れのプレーヤーからサイン入りユニフォームをゲットすることに成功した。『ESPN』が伝えている。 今シーズン、前所属先のレッドブル・ザルツブルクで完全にブレイクを果たした19歳の怪物は、今冬にステップアップを果たしたドルトムントでもその勢いはとどまることを知らず。直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではパリ・サンジェルマン(PSG)を相手にチームを勝利に導く2ゴールを挙げ、早くもスーパースターの風格を見せ始めている。 そのハーランドは先日、子供の頃の憧れのプレーヤーとしてスウォンジー・シティのカルトヒーローである元スペイン代表FWミチュという意外な名前を挙げ、その渋すぎる選択が大きな話題を集めていた。 そして、現在スペイン3部のブルゴスでスポーツ・ディレクターを務めるミチュは今回、ハーランドの名前とドルトムントで背負う17番がプリントされたブルゴスのユニフォームに自身のサインをしてプレゼント。 これに対して、ハーランドは自身の公式ツイッターを通じて、「ワオ、なんて素晴らしいレジェンドなんだ!」と感謝の気持ちを綴ると共に、「初めまして」とミチュをモジった『#Nice2Michu』のハッシュタグを付けて憧れの人に粋な挨拶をした。 ミチュの愛称で知られるミゲル・ペレス・クエスタは、2011-12シーズンに在籍したラージョでラ・リーガ37試合で15ゴールを挙げる活躍をみせ、一気に台頭。その翌年に加入したスウォンジーではプレミアリーグ初挑戦で35試合18ゴールを挙げる圧巻の活躍をみせ、2013年にスペイン代表デビューも飾った。 しかし、以降は度重なるケガの影響などもあって一気にパフォーマンスレベルを落とすと、その後はさしたる成績を残すことができず、2017年に31歳という若さで現役を引退していた。 なお、今回のハーランドの発言によって、再脚光を浴びることになったミチュは、先日にスペイン『オンダ・セロ』で同選手への感謝を口にすると共に、その将来性に太鼓判を押す以下のようなコメントを残していた。 「(憧れの選手と明かしたことについて)それは名誉なことだね。ハーランドは今後ワールドクラスのプレーヤーになるはずだ。彼はすでに私よりもずっと良いプレーヤーさ」 「スウォンジー時代には本当に素晴らしい1年を過ごすことができた。ただ、ハーランドのここ最近のセンセーショナルな活躍は記憶にないね。たぶん、彼以外ではムバッペぐらいじゃないかな」 「彼には素晴らしい将来が待っているはずさ。現在、彼は成功を焦っているわけではなく、正しいステップを踏んでいると思う。ドルトムントは本当に素晴らしいクラブだけど、個人的には彼が今後ヨーロッパで5本の指に入るトップクラブでプレーする姿を見られると思っている」 いわゆる“記録よりも記憶に残る選手”というミチュの儚くも眩い輝きは素晴らしかったが、ハーランドには今後も末永い活躍を期待したいところだ。 <div id="cws_ad">◆ハーランドの渋い夢が実現!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wow what a legend!! <a href="https://twitter.com/hashtag/Nice2Michu?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Nice2Michu</a> <a href="https://t.co/Ryn0vEk4tf">https://t.co/Ryn0vEk4tf</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1231951062287966208?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2020.02.26 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ハーランドの憧れの人が渋い! スワンズのカルトヒーローを推す

現在、フットボール界で最もセンセーショナルな若手の1人であるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、子供の頃の憧れのプレーヤーにスウォンジーで一時代を築いたカルトヒーローの名前を挙げた。 今シーズン、前所属先のレッドブル・ザルツブルクで完全にブレイクを果たした19歳の怪物は、今冬にステップアップを果たしたドルトムントでも加入後の公式戦7試合で11ゴールとその勢いはとどまることを知らず。直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではパリ・サンジェルマン(PSG)を相手にチームを勝利に導く2ゴールを挙げ、早くもスーパースターの風格を見せ始めている。 そのハーランドはPSG戦後に、自身の憧れのプレーヤーがユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドであることを明かし、フットボール界屈指のストイックな男として知られる同選手の栄養管理や生活習慣を参考にしていることを明かした。 多くのフットボーラーとしてC・ロナウドやFWリオネル・メッシに憧れることは至極当然なことだが、ハーランドはC・ロナウドを憧れのプレーヤーに挙げる以前に元スペイン代表FWミチュという意外な選手の名前を挙げていた。 ミチュの愛称で知られるミゲル・ペレス・クエスタは、2011-12シーズンに在籍したラージョでラ・リーガ37試合で15ゴールを挙げる活躍をみせ、一気に台頭。その翌年に加入したスウォンジーではプレミアリーグ初挑戦で35試合18ゴールを挙げる圧巻の活躍をみせ、2013年にスペイン代表デビューも飾った。 しかし、以降は度重なるケガの影響などもあって一気にパフォーマンスレベルを落とすと、その後はさしたる成績を残すことができず、2017年に31歳という若さで現役を引退していた。 いわゆる“記録よりも記憶に残る”、カルトヒーローだったミチュに対して、多くのスワンズファンやプレミアファンと同様に魅了された1人が、同じ左利きの大型ストライカーのハーランド。イギリス『SPORTbible』によると、ハーランドは過去に自身の公式『インスタグラム』で自身の画像にミチュの名前を文字ったタグ付けを行っていたという。 また、以前の囲み取材では、「キャリア初期の憧れのプレーヤーは誰だった?」との質問に対して、「ミチュだよ。スウォンジーで彼のプレーを観ることが大好きだった。彼は左利きで大柄であり、決定的なフィニッシャーだったからね」と、ミチュのファンだったことを公言している。 なお、ミチュが全盛期を過ごしたスウォンジーの公式『ツイッター』は前述の記事を引用するとともに、「ミチュに魅了されたのは君だけじゃないよ、アーリング!」と、まるで自分のことを褒められたかのような反応を見せていた。 2020.02.21 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、スワンズのウェールズ代表CBに関心か?

マンチェスター・シティがスウォンジー・シティに所属するウェールズ代表DFジョー・ロドン(22)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今冬の移籍市場でセンターバックの補強を見送ったシティだが、現スカッドで最も手薄なポジションでもあり、今夏の移籍市場では間違いなく補強を行うと思われる。 その中でベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス、ボーンマスのオランダ代表DFナタン・アケ、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリらの名前がすでに挙がっている。 だが、『デイリー・メール』は、その4選手らと共にチャンピオンシップ(イングランド2部)で活躍するウェールズ代表DFが新たな候補に挙がっていると主張している。 スウォンジーの下部組織からトップチームデビューを飾ったロドンは、193cmの大型センターバック。現指揮官であるスティーブ・クーパー監督から“生粋のDF”と評される守備者として能力の高さに加え、昨シーズンまでチームを率いたグラハム・ポッター監督(現ブライトン)の薫陶を受け、現シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ同様にビルドアップでも存在感を放つ万能型との評価を得ている。 すでにエバートンやレスター・シティ、アーセナル、チェルシーらプレミアリーグのライバルが関心を示す逸材に対して、シティも同様に強い関心を示しているようだ。 現時点でオファーや代理人との接触など具体的な動きは出ていないが、シティは今夏に行われるユーロ2020本大会でも活躍が期待されるロドンの動向を今後も注視していく構えだ。 2020.02.06 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

19歳若手FWが主審にイエローカードを提示!? さらに名物主審をイジる強心臓

武者修行に出ているリバプールの若手ストライカーが、思わぬ珍プレーを見せた。 冬の移籍市場で、リバプールからスウォンジーへとレンタル移籍したU-21イングランド代表FWリアン・ブリュースターが、主審へイエローカードを突きつけたのだ。 スウォンジーは1日、チャンピオンシップ(イングランド2部)の第30節でプレストン・ノースエンドと対戦。ブリュースターはこの試合に先発出場する、1-0で迎えた33分にゴールを奪い、試合は1-1のドローに終わった。 そんなブリュースターが珍プレーを見せた理由は、主審がイエローカードを落としたから。ピッチ上にポツンと落ちているイエローカードを見つけると、そそくさと駆け寄り拾い上げ主審の元へ。その途中、おどけたブリュースターは、大事なカードを落としたジェフ・エルトリンガム主審に対し、拾ったイエローカードを提示した。 ちなみに、ブリュースターはこの試合でイエローカードを受けており、おあいこと言ったところだろうか。 さらにブリュースターは、この映像を自身のツイッター(@RhianBrewster9)で引用リツイートし、「マイク・ディーンのエネルギーに迫る」とコメント。プレミアリーグの主審を務め、カードの提示数が多いことで有名なマイク・ディーン氏をイジるという強心臓ぶりも見せている。 しかし、冗談であっても主審にイエローカードを提示するという行為は、過去の事例を見てみると意外とリスキーな行為であるとネット上ではさらに話題になっている。 有名な事例では、トッテナムのレジェンドで元イングランド代表MFポール・ガスコインが、1995年のレンジャーズ所属時代、今回のように主審が誤って落としたイエローカードを拾い、返すついでに冗談でイエローカードを提示。すると主審のダギー・スミス氏は、不敬行為と捉えたのか、ガスコインは本当にイエローカードを提示されてしまった。主審がユーモアを受け入れられない余裕のなさも問題ではあるが、その他にも一発退場になった選手も存在するなど、少々リスキーな冗談になっている。 今回のエルトリンガム主審は冗談が通じる審判だったのは、ブリュースターにとっては幸運なことで、後半開始早々に、同選手が危険なタックルでイエローカードを受けていることを考えるとなおさらラッキーだったと言えるだろう。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/RhianBrewster9?ref_src=twsrc%5Etfw">@RhianBrewster9</a> pulled a Paul Gascoigne and gave the referee a yellow card <a href="https://twitter.com/hashtag/EFLonQuest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EFLonQuest</a> - Saturdays at 9pm | <a href="https://twitter.com/hashtag/Swans?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Swans</a> | <a href="https://twitter.com/SwansOfficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@SwansOfficial</a> <a href="https://t.co/yqWAS3l8iI">pic.twitter.com/yqWAS3l8iI</a></p>&mdash; Quest (@QuestTV) <a href="https://twitter.com/QuestTV/status/1223704331213516800?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.02.03 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがボルハ・バストンを獲得! スウォンジーからのフリー加入

アストン・ビラがスウォンジーからスペイン人FWボルハ・バストン(27)を無銭移籍で獲得したことを発表した。 バストンはアトレティコ・マドリーでプロデビュー後、母国スペインの複数クラブを渡り歩き、2016年8月に当時のクラブレコードである移籍金1550万ポンドでスウォンジー・シティ入り。2017年夏からマラガやアラベスをレンタルで転々した後、今シーズンからスウォンジー復帰を果たすと、ここまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)20試合6得点を記録している状況だった。 アストン・ビラは今シーズン、ここまでプレミアリーグ16位に位置。この冬に残るシーズンでの巻き返しに向け、元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナや、元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターをそれぞれレンタルで獲得するなど強化を図っている。 2020.02.01 10:40 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング