ポルトガル

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.17
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第6節
クロアチア 2 - 3 ポルトガル
2020.11.14
28:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第5節
ポルトガル 0 - 1 フランス
2020.10.14
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第4節
ポルトガル 3 - 0 スウェーデン
2020.10.11
27:45
UEFAネーションズリーグ リーグA グループ3
第3節
フランス 0 - 0 ポルトガル
2020.10.07
27:45
国際親善試合
ポルトガル 0 - 0 スペイン
基本データ

正式名称:ポルトガル代表

原語表記:Portugal

ホームタウン:リスボン

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

代表戦でもゴールを量産し続けるC・ロナウドがスイス戦で決めた鮮やかなハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドがネーションズリーグ準決勝で決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3ZTNKNnBYTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たし、その後移籍したレアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産しているC・ロナウド。その活躍は代表チームでも変わらず、ヨーロッパの選手として初となる代表通算100ゴールを達成するなど、得点を量産している。 そんなC・ロナウドは、2019年6月5日に行われたUEFAネーションズリーグ準決勝のスイス戦でも、ハットトリックを決めている。 まずは0-0で迎えた25分、ボックス前やや左の位置でポルトガルがFKのチャンスを得ると、キッカーのC・ロナウドが直接シュート。無回転気味の強烈なシュートは、低い弾道からさらに強烈に落ちながらゴール右に決まり、先制ゴールとなった。 続いて1-1と同点に追いつかれて迎えた88分、ボックス内右に侵入したMFベルナルド・シウバの折り返しのパスを受けたC・ロナウドは、ダイレクトシュートを放つ。強烈なシュートは、GKのニアポストを抜き、見事な勝ち越しゴールとなった。 最後は直後の90分、カウンターからポルトガルが再びチャンスを作ると、シウバのパスに抜け出したC・ロナウドがボックス内に侵入。キレのあるシザースからの鋭いターンでDFを引きはがし、シュートチャンスを作ると、右足の強烈なシュートをゴール右に突き刺し、鮮やかなハットトリックを達成してみせた。 試合はC・ロナウドの全得点を挙げる活躍で、ポルトガルが3-1で勝利している。 2021.01.08 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

代表でも変わらぬ活躍を見せるC・ロナウドが決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドが代表戦で決めた圧巻のハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwdXB3RlYzUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たし、その後移籍したレアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産しているC・ロナウド。その活躍は代表チームでも変わらず、ヨーロッパの選手として初となる代表通算100ゴールを達成するなど、得点を量産している。 そんなC・ロナウドは、2019年11月14日に行われたユーロ2020予選のリトアニア戦では、圧巻のハットトリックを決めている。 まずは開始早々の7分、C・ロナウドが自ら獲得したPKを決め、幸先よく先制点を挙げる。 続く22分、FWゴンサロ・パシエンシアのパスを受けたC・ロナウドが、強烈なカーブのかかったミドルシュートをボックスの外から叩き込み、2点目をマークする。 最後は、5-0と大量リードを奪って迎えた65分、ボックス内でMFベルナルド・シウバのパスを受けると、ゴール右に冷静にシュートを流し込み、圧巻のハットトリックを決めてみせた。 試合はC・ロナウドのハットトリックを含む大量6ゴールを挙げたポルトガルが、6-0と大勝を収めている。 2020.12.27 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが偉業キャリア通算750ゴール達成に歓喜「全てのチームメイトと監督に感謝」、対戦相手にも感謝

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、偉業を達成した。 ユベントスは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でディナモ・キエフと対戦。試合は3-0で勝利した。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウド2020-21シーズンゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> この試合に先発出場したC・ロナウドは1-0で迎えた57分にボックス右から侵入したキエーザの折り返しを流し込んで追加点を奪っていた。 今シーズンは公式戦8試合で10ゴールとゴールを量産しているC・ロナウドだが、このゴールがキャリア通算750ゴール目のメモリアルゴールとなった。 C・ロナウドは自身のSNSを更新し、750ゴール達成を喜ぶとともに、800ゴールへ意気込みを語った。 「750ゴール、750の幸せな瞬間、750のサポーターの笑顔。この驚くべき数字に到達するのを助けてくれた全てのチームメイトと監督に感謝します」 「僕を毎日より懸命に働かさせてくれた全ての対戦相手にも感謝します」 「しかし、何よりも僕の素晴らしい家族のおかげです。常に、僕の最高の瞬間と最悪の瞬間に一緒にいてくれた」 「次の目的地は800ゴール。行こう!最後まで」 C・ロナウドは、スポルティング・リスボンで5ゴール、マンチェスター・ユナイテッドは118ゴール、レアル・マドリーで450ゴール、ユベントスで75ゴールを記録。ポルトガル代表では102ゴールを決めている。 ◆所属別のゴール数 スポルティング・リスボン(2002-2003) 31試合5ゴール マンチェスター・ユナイテッド(2003-2009) 292試合118ゴール レアル・マドリー(2009-2018) 438試合450ゴール ユベントス(2018-) 97試合75ゴール ポルトガル代表(2003-) 168試合102ゴール <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.03 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ルベン・ジアスの劇的弾でポルトガルが10人のクロアチアに逆転勝利!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3最終節のクロアチア代表vsポルトガル代表が17日に行われ、2-3でポルトガルが勝利した。 前節、リーグA残留を争うスウェーデンに惜敗したグループ3位のクロアチア(勝ち点3)は、その試合からスタメンを6人変更。2トップにペリシッチとヴラシッチ、トップ下にパシャリッチを据えた[4-3-1-2]を採用。中盤は右からコバチッチ、ログ、モドリッチと並んだ。また、最終ラインの4人はスウェーデン戦から一新された。 一方、すでにリーグA残留を決めている2位ポルトガル(勝ち点10)は、前節のフランス代表戦からスタメンを5人変更。3トップにフェリックス、C・ロナウド、ジョタを据えた[4-3-3]を採用し、中盤はアンカーにダニーロ、インサイドハーフにモウティーニョとブルーノ・フェルナンデスを起用した。 立ち上がりから一進一退の展開となる中、先にチャンスを迎えたのはクロアチア。22分、ヴラシッチの右クロスをペリシッチが頭で折り返すとゴール前のパシャリッチが右足で合わせたが、これはルベン・ジアスのブロックに阻まれた。 するとクロアチアは、29分に先制に成功する。右サイドを持ち上がったヴラシッチのクロスがR・セメドのクリアミスを誘うと、ボックス右でこぼれ球を拾ったパシャリッチの折り返しをコバチッチがシュート。一度は相手GKに弾かれたが、再び反応したコバチッチが押し込んだ。 先制を許したポルトガルは39分、バイタルエリア手前でFKを獲得するとブルーノ・フェルナンデスが素早く浮き球をボックス内へ送る。シュコリッチのクリアミスをボックス内で拾ったダニーロが胸トラップから右足ボレーで狙ったが、シュートは相手GKの好セーブに防がれた。 迎えた後半、1点を追うポルトガルはブルーノ・フェルナンデスを下げてトリンコンを投入。すると51分、バイタルエリア手前でパスを受けたC・ロナウドがログに後方からのタックルで倒されると、このプレーで2枚目のイエローカードを受けたログが退場処分となる。 数的優位となったポルトガルは、C・ロナウドが直接FKでゴールを狙うと、相手GKの弾いたボールをゴールエリア右手前のR・セメドがダイレクトで折り返し、最後はルベン・ジアスが流し込んだ。さらに60分には、ルベン・ジアスのロングパスでボックス左深くまで抜け出したジョタの折り返しをフェリックスが流し込み、逆転に成功した。 逆転されたクロアチアは、64分にパシャリッチを下げてブレカロを投入。すると65分、コバチッチのパスで右サイドを抜け出したユラノビッチの折り返しをボックス内で収めたヴラシッチが落とすと、ボックス手前に走り込んだコバチッチがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 同点に追いつかれたポルトガルは71分、フェリックスとマリオ・ルイを下げてベルナルド・シウバとカンセロを投入。79分には、トリンコンのシュートを相手GKが弾いたこぼれ球をに反応したベルナルド・シウバに決定機が訪れたが叩きつけたシュートは枠の上に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ポルトガルは90分、ショートコーナーからモウティーニョがクロスを上げると飛び出したGKがファンブル。こぼれ球に反応したルベン・ジアスが無人のゴールへボールを流し込んだ。 結局、これが決勝点となりポルトガルがクロアチアに逆転勝利。敗戦したクロアチアだが、得失点差でスウェーデン代表を上回り、辛くもリーグA残留を決めた。 2020.11.18 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

現記録保持者アリ・ダエイ、C・ロナウドの代表得点記録更新を確信

元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏(51)が、自身が持つ代表通算得点記録更新に近づくポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)について言及した。 現役時代にペルセポリスといった国内クラブ、バイエルンやヘルタ・ベルリンで活躍したアジア歴代最高のストライカーとも評されるダエイ氏。とりわけ、イラン代表での活躍は圧巻で、149試合の国際Aマッチ出場で通算109ゴールを記録。この数字は国際Aマッチにおける通算得点記録の世界記録となっている。 この偉大な得点記録の更新は不可能かに思われたが、現在更新に迫っているのが、世界最高のフットボーラーの一人と評されるC・ロナウドだ。 C・ロナウドはここまでポルトガル代表で168試合に出場し102ゴールを挙げている。2020年の残りの代表戦では17日のUEFAネーションズリーグ、クロアチア代表戦のみとなっており、今年中の記録更新は不可能と言えるが、2021年中の達成は十分に可能と思われる。 そして、ダエイ氏はイタリア『tuttomercatoweb』のインタビューを通じて、C・ロナウドが自身の記録を更新することを確信していると語っている。 「彼を直接祝福したいと思っているよ。ロナウドはこれまでにポルトガルで102ゴールを決めており、私の記録を上回ると確信している。ただ、7ゴールの差があることもわかっているよ」 「彼のような偉大なプレーヤーが私の記録を破ることになれば、それは私にとっても本当に名誉なことだよ。ロナウドはこの時代だけでなく、歴代最高のプレーヤーの1人だからね。彼は文句なしの怪物だからね」 2020.11.17 17:54 Tue
twitterfacebook

順位表



得点ランキング