日本

日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-06-03
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第7節
日本 vs ミャンマー
2021-06-07
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第9節
日本 vs タジキスタン
2021-06-15
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF最終節
日本 vs キルギス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.30
19:30
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第8節
モンゴル 0 - 14 日本
2021.03.25
19:20
国際親善試合
日本 3 - 0 韓国
2019.11.14
20:15
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第5節
キルギス 0 - 2 日本
2019.10.15
21:15
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第4節
タジキスタン 0 - 3 日本
2019.10.10
19:35
カタール・ワールドカップ アジア2次予選
グループF第3節
日本 6 - 0 モンゴル
基本データ

正式名称:日本代表

原語表記:JAPAN

愛称:SAMURAI BLUE

創立:1921年

ホームタウン:東京

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

新国立競技場で日本代表として初試合となるなでしこ、高倉麻子監督も意気込み「恥ずかしい試合はできない」

なでしこジャパンの高倉麻子監督が、11日に行われる国際親善試合のパナマ女子代表戦に向けた前日記者会見に出席した。 なでしこジャパンは、8日に行われた国際親善試合のパラグアイ代表戦で7-0で圧勝。力の差を見せつける形となった。 仙台での一戦を終え、中2日での試合となり、東京オリンピック本番を想定したスケジュールでの戦いとなる。 高倉監督は中2日での試合に向けて「中2日で久しぶりの試合の後で移動もあったりする中、オリンピックを想定しながら進んでいますが、パラグアイ戦の反省点であったり上手くできたことを共有しながら、また少しフレッシュな力を入れながら、明日の試合は攻守ともに修正のかかったゲームをしたいと思います」とコメント。「何れにしても自分たちからアクションを起こして、たくさんの変化を生みながらゴールを目指していく姿を見せて欲しいですし、守備でも球際で負けない姿を見せてゲームを進められればと思います」と語り、チームへの期待を口にした。 7-0と大勝したパラグアイ戦についての反省は「守備のところでは、3ラインで揃わなかった部分があるので、その辺のちょっとしたポジショニングの修正は話をしました」とコメント。「攻撃のところでも、様々な形を作ることはできましたが、最後決めきることができなかったので、そこでも嘘をつくというか、相手の力を逆手に取った遊び心あるフェイントも必要じゃないかな」と語り、「ただ、貪欲にシュートを打つことを大切にしたいので、あまり慎重になりすぎずにゴールに向かっていく強い姿勢を出せればと思います」と、攻守ともに課題がありながらも積極的なプレーをする必要があると語った。 中2日で移動を伴う試合となるが「実際に移動があって、中2日でというのは、アメリカ遠征でもありましたけど、オリンピックが近づいてきてやれているのは、今まさに時間があまりないなと、お昼にスタッフと話していました」と語り、想像していた以上に時間がないことを体感したとのこと。「どのタイミングでミーティングをするとか分析をするのが一番良いのかは昼に話をしていました」とチームスケジュールを考える必要があると語った。 それでも「移動が入る場合は選手の疲労度を取ることが最優先ですし、修正をかける部分はどうやってやるべきかは、学びながら今やれているので、参考になっています」と本番を想定できているとコメント。「明日どういった選手のパフォーマンスが出るかで、終わった時点で色々総括してオリンピックに向かっていければと思います」とし、テストを終えた段階でこの先の対応を考えたいとした。 パラグアイ女子代表戦前には「チームの骨格を保ちながら」と今回のメンバー構成について語っていたが、「オリンピックに向かってのチーム作りですので、骨格を保ちながらとは考えていますが、すごくみんな調子が良いので、使ってみたい選手が増えているのも確かです」と語り、試したい選手が多いとコメント。「90分という限られた時間の中で、見てみたい組み合わせだったり、途中からでも機能していくかを見たい選手だったり、ポジションでどれぐらい役割をこなすことができるかも見ていきたいというのが多くあります」とし、試したいことが増えていると明かした。 1年間試合で試す機会がなかったことも影響していると語った高倉監督。「試合がなかなかなかったので、ちょっと欲張りな発想になるかもしれませんが、選手には短い時間でも与えられた役割を発揮してもらいたいと言っています」とし、「交代選手も6人いるので、うまく使いながらチーム全体的な底上げをしたいと思います」と、ベースと保ちながらチャレンジすることは変わらないと語った。 パナマ女子代表もフィジカルに優れた相手となるが、なでしこジャパンについては「全体的なパワーアップといいますか、パワーのところでフィジカル的な要素はずっと課題にしていて選手が取り組む中で、パススピードや個々の当たりの部分はだいぶ良くなってきていると感じていますし、ホテルで選手と触れ合った時に大きな選手が増えたなと頼もしく感じています」とフィジカル面でも向上していると感じているとコメント。「本番で大切な球際で勝ちきれるかを見れると思いますし、ゴール前でも打ち切れる力やテクニックに変化が生まれてくれば良いなと思います」とパナマ戦でもデュエルの部分などを見たいとした。 今回のチームではミランでプレーするMF長谷川唯が9日に合流。この日が初練習となったが「イタリアに行って新しい環境の中でプレーをしてくれていますが、あまり久々という感じはしませんでしたし、時差ボケもなく本来通りの良いプレーをしていたので、チャンスがあればグラウンドで存分に力を発揮してもらいたいなと思います」とコメント。ミランでプレーした変化を見たいと期待を寄せた。 今回の試合は新国立競技場で開催。東京オリンピックの決勝の舞台でプレーすることとなる。新国立競技場については、「オリンピックの決勝で実際にやる会場ですし、新しくできたスタジアムだったので、チーム全体でかなり盛り上がりました」と選手たちも興奮気味だったとコメント。「ロッカーでも選手たちが盛り上がっている感じもあって、グラウンドに最初入った時も天気が良かったので、ここで試合をまたやりたいという気持ちになったと思ったので、そういった意味でも国立でやれることは大きいと思います」とし、「明日は存分に力を発揮してくれるんじゃないかなと思います」と明日の試合へ期待を寄せた。 監督としては「初めて入ったんですけど、すごく素敵なスタジアムだなと思って、だいぶ盛り上がりました」と興奮したと明かし、「デザインも素敵でしたし、芝も本当にきれいで、ある選手に聞いたら『今までで一番だ』と言っていたので、私も中で練習の時にボールを蹴ってみましたが、コントロールミスは明日選手たちはしないと思います」と素晴らしい環境だとコメント。「そんなグラウンドでやる選手は幸せだと思いますし、その選手の背中を十分押してあげられるゲームになればと思います」と良い結果を残したいとも語った。 オリンピック決勝のイメージなどについては「ここに戻ってきたいなというのは強く思いましたし、1回試合ができるということは、オリンピックになった時にまた勝ち進む中で、イメージを広げていければと思います」と、しっかりと本大会で戦って、再び最後に戻ってきたいと語った。 パラグアイ戦では力の差を立ち上がりから感じたが、パナマ戦も同様の可能性がある。力の差がある中で、緩みが生まれる可能性については「そういった中での緩んでいるつもりはないと思いますが、テンポが上がらない時に、どういった選手のプレーでチームを鼓舞していくか。それができる選手が現れないといけないと思います」と選手たちが自分たちで修正できる必要があるとコメント。「こちらから声を発したりは横からできますが、ゲームが始まってからはほぼ選手にゲームは渡しているので、どういう風にチームをしていきたいのかは選手と話はしていて変化は見えているので、停滞気味な流れの時にどうするのかを投げかけて、選手の自制を上げていく作業をしないといけないと思います」とし、「国立ですから、選手が燃えないわけはないと思って、鼓舞していければと思います」と選手たちの奮起に期待を寄せた。 また、この試合が日本代表としては全てのカテゴリーで初めて新国立競技場でプレーすることとなる。その点については「A代表や年代別のオリンピックの代表、なでしことある中で、一番最初に試合ができることは名誉なことだと思います。先頭を切って試合をするからには、恥ずかしい試合はできないと思います」とコメント。「歴史を刻む上でも、心を込めて全力で戦いたいと思います」とし、パナマ戦への士気を高めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】1年ぶりの実戦でなでしこジャパンが7発快勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1h9h2p6jt7c631c45crms1ay3h" async></script> 2021.04.10 21:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.69】19歳でのカタール行きはあるのか?「ポスト・長友佑都」の呼び声高き17歳!/中野伸哉(サガン鳥栖/DF)

「俺の見立ては結構当たるんだよね。彼はA代表になる可能性が非常に高い選手の1人。クオリティも人間性も抜群だからね」 槙野智章(浦和)や菅原由勢(AZ)、久保建英(ヘタフェ)など数々の名選手を育てたU-17日本代表の森山佳郎監督が太鼓判を押した“彼"というのは、3月のU-24アルゼンチン2連戦に17歳で初招集された中野伸哉(鳥栖)。日本サッカー界で最も不足していると言われる左利きの左サイドバック(SB)だ。 とはいえ、左利きと言っても、右足も同レベルに蹴れるのが逸材の強み。だからこそ、左右のどちらのサイドに入っても全く違和感がない。4月7日のJ1・川崎フロンターレ戦を見ても、スタート時は3バックの右に入っていたが、攻撃時は右SB同等の高い位置を取ってプレー。最前線の酒井宣福目がけて蹴り込んだ前半10分のクロスに象徴されるように、攻撃姿勢を鮮明にしていた。 後半に入り、最終ラインの中央に位置していた田代雅也がレアンドロ・ダミアンの決定的機会を阻止して一発退場になった後は、4バックの左SBへ移動。敵のポジションを見ながら自らも上がっていく。得点機をお膳立てするようなラストパスやクロスは出せなかったものの、2020年J1&天皇杯王者を敵に回してもまるで物怖じすることなくプレー。90分フル出場を果たした。 これで今季開幕からリーグ戦8試合連続スタメン。J1初黒星を喫した2日のセレッソ大阪戦後には「シンプルな技術ミスが多くて修正できなかった。後ろにいる僕らがしっかりとコントロールしていかないといけない」と反省の弁も口にしていた。向上心がひと際高い分、目につくのは収穫より課題の方。その謙虚さが森山監督の言う「優れた人間性」なのだろう。 将来有望の若武者が頭角を現したのは、鳥栖U-15に所属していた13歳の時。2016年にU-13Jリーグ選抜で中国遠征に参加し、2017年ナショナルトレセンU-14に参加。同年から森山監督率いるU-15代表入りし、2019年U-17ワールドカップ(W杯)まで軸を担うなど、順調に階段を駆け上がってきた。そして2020年には16歳で2種登録され、8月1日のFC東京戦でプロデビュー。影山雅永監督率いるU-19日本代表のコアメンバーにも位置付けられた。 だが、ご存じの通り、新型コロナウイルスの影響で同代表が参戦するはずだったアジア予選も2021年U-20W杯(インドネシア)の中止が決定。鳥栖の先輩である松岡大起や本田風智ら2001年世代は大きな打撃を受けた。 しかしながら、2003年生まれの中野はその次のU-20W杯を目指せる年齢だ。むしろ今の時期は鳥栖の活動に専念した方がベターかもしれない。 「1年後には海外に行き、2~3年後にはA代表に入りたい」と野望を抱く本人にとっても、クラブで実績を残して近未来の欧州行きを叶える方が先決。そう考えながら今季は目の前のゲームを1つ1つこなしている状況ではないか。 川崎戦で示した通り、Jリーグトップと肩を並べられるパフォーマンスを維持しているのは確かだ。普通の17歳であれば、ブラジル代表歴のあるレアンドロ・ダミアンらと戦えば萎縮したり、強度で見劣りしたりするものだが、強心臓の男にはそんな素振りを一切、見せない。 U-24代表合宿でも、2つ上の久保から「先輩には敬語じゃなくていいよ。僕も敬語を使っていないから」とアドバイスされたというが、そんな助言がなくても、彼にはプレッシャーも気負いも遠慮もない。そのメンタルに実績と経験値が伴ってくれば、本当に2~3年後のA代表入りはあるかもしれない。場合によっては、1年7カ月後の2022年カタールW杯滑り込みもないとは言えない。 実際、2008年から13年間、日本代表の左SBを担い続けてきた長友佑都(マルセイユ)の後継者探しは本当に深刻なテーマだ。3月代表シリーズでも、FC東京の後輩・小川諒也が抜擢され、代表定着への一歩を踏み出したところだが、「欧州組との差を感じた」と本人も述懐する通り、まだ超えなければならないハードルは少なくない。U‐24代表の方でも旗手怜央(川崎)、古賀太陽(柏)がテストされたが、旗手は守備に難を抱え、古賀は攻撃面で物足りなさを感じさせた。 こうしたライバルに比べると、中野伸哉は多彩な役割をこなせるし、両足で正確なキックを蹴れて、攻撃のお膳立てにも関与できるという魅力がある。さらに際限ない伸びしろがある。 「僕が目指す海外の選手はリバプールの(アンドリュー・)ロバートソン選手です」 こう公言する中野にしてみれば、目指すべき領域は高いが、貪欲に前へ前へと突き進んでいくはず。そうやって世界に羽ばたく彼の姿をぜひとも見てみたい。 10代から注目される日本人選手は、小野伸二(札幌)にしても、香川真司(PAOK)にしても、久保にしても、何らかの挫折を味わうケースが多い。中野もそういう時期は来るだろうが、それを乗り越えてこそ、本物のワールドクラスになれる。近い将来の長友超えを果たすべく、今を大事にしてほしい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.04.10 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表候補メンバーが発表! キャンプには中村憲剛ロールモデルコーチが帯同

日本サッカー協会(JFA)は9日、U-17日本代表候補メンバーを発表した。 U-17日本代表候補は、4月12日〜15日にかけてトレーニングキャンプを実施。森山佳郎監督の下、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行う。 今回は、先日JFAと契約した中村憲剛ロールモデルコーチも参加することとなる。 ◆U-17日本代表候補メンバー GK 松原快晟(カマタマーレ讃岐U-18) デューフエマニエル凛太朗(流通経済大学付属柏高) 涌井寿大(大宮アルディージャU18) 須田純弥(東福岡高) DF 杉田隼(横浜FCユース) 溝口修平(鹿島アントラーズユース) 坂本光(ルーテル学院高) 小澤晴樹(大宮アルディージャU18) アッパ勇輝(日本大学藤沢高) 足立凱(柏レイソルU-18) 小川遼也(カターレ富山U-18) 西野奨太(北海道コンサドーレ札幌U-18) 寺阪尚悟(ヴィッセル神戸U-18) 植田悠太(京都サンガF.C.U-18) 竹内諒太郎(サガン鳥栖U-18) 大川佳風(流通経済大学付属柏高) 石川晴大(清水エスパルスユース) MF 梶浦勇輝(FC東京U-18) 山市秀翔(桐光学園高) 山崎太新(横浜FCユース) 越道草太(サンフレッチェ広島ユース) 荒井悠汰(昌平高) 土橋公哉(浦和レッズユース) 福井太智(サガン鳥栖U-18) 北村一真(国見高) 大迫塁(神村学園高) 髙橋隆大(静岡学園高) 大関友翔(川崎フロンターレU-18) 廣井蘭人(帝京長岡高) 橋本陸斗(東京ヴェルディユース) FW 福田師王(神村学園高) 南野遥海(ガンバ大阪ユース) 小林俊瑛(大津高) 前澤拓城(大宮アルディージャU18) アジズブライアン瑛太(ジェフユナイテッド千葉U-18) 貴田遼河(名古屋グランパスU-18) 2021.04.09 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【最新FIFAランキング】日本は1つ下がるもアジア最高位キープ、デンマークがトップ10入り

国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。 3月には各国で代表チームが活動。日本代表も韓国代表との国際親善試合やモンゴル代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦った。 1位から6位までは2月から変動せず。しかし、6位にはイタリア代表が入り、10位から3つランクアップ。また、デンマーク代表が12位から2つランクアップし、トップ10入りを果たした。 日本代表は2月の27位から1つ下げて28位となったが、依然としてアジアで1位をキープ。アジア2位には31位でイラン代表、39位に韓国代表、41位にオーストラリア代表と続いている。 なお、今回からランキングの精度を高めるために小数点以下2桁までポイントが計算されるようになり、カメルーン代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表、カーボベルデ代表とUAE代表の2組のみが並んでいるとのことだ。 ◆4月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.イタリア(10) 8.アルゼンチン(7) 9.ウルグアイ(8) 10.デンマーク(12) 11.メキシコ(10) 12.ドイツ(13) 13.スイス(16) 14.クロアチア(11) 15.コロンビア(15) 16.オランダ(14) 17.ウェールズ(18) 18.スウェーデン(20) 19.チリ(17) 20.アメリカ(22) 21.ポーランド(19) 22.セネガル(20) 23.オーストリア(23) 24.ウクライナ(24) 25.セルビア(30) 26.チュニジア(26) 27.ペルー(25) 28.日本(27) 29.トルコ(32) 30.ベネズエラ(28) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(28) 2.イラン(31) 3.韓国(39) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(58) 6.サウジアラビア(65) 7.イラク(68) 8.UAE(73) 9.中国(77) 10.シリア(79) 2021.04.08 21:22 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこデビューの18歳MF木下桃香、想いを強める「心に残るプレー、面白いプレーができるように」

なでしこジャパンのMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が、パラグアイ女子代表戦を振り返った。 なでしこジャパンは8日、ユアテックスタジアム仙台でパラグアイと対戦。7-0で快勝を収めた。 2020年3月の2020 SheBelieves Cup以来、約1年ぶりの試合となったなでしこジャパン。東京オリンピックまで残された時間が少ない中、快勝を収めた。 なでしこジャパンデビューを果たした木下が試合後にオンライン取材に応対した。 85分に杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)に代わってピッチに立ち、デビューを果たした木下。「ベンチでアップしている時も準備はしていたので、出るとなった時はそこまで緊張することなかったです」とあまり緊張はなかったとのこと。短い時間でのプレーとなったが「自分の得意とするパスは出せましたが、守備やゴールに絡む部分は、大きな課題があるかなと思いました」と、少ないプレー時間でも課題を見つけたと語った。 そんな中、終盤にはボックス内でFW田中美南(レバークーゼン)とお見合いになるシーンもあったが「美南さんが相手が背負っていて、落としてもらって打とうかと思ったんですが、あそこから振り向きざまのシュートがあるので、自分は出しゃばらずに判断を任せようと思いました」と語り、先輩を前に少し遠慮したことを明かした。 今回が代表デビューとなったが今後については「今まで試合に出たことがなく、今日デビューしてよりオリンピックへの思い、なでしこジャパンにこれからも選ばれたい思いは凄く強くなりました」とコメント。「もう1試合、新国立競技場であるので、そこで試合に少しでも出て、見ている皆さんの心に残るプレー、面白いプレーができるように頑張りたいです」と語り、11日に予定されているパナマ女子代表戦への意欲も語った。 デビューのピッチに立つ際に高倉麻子監督からは「まずはデビュー戦だねというのと、遠慮せずに思い切ってゴール目指してやってこいという言葉をかけられました」と、激励のコメントをかけられた事を明かした木下。これまでのアンダー世代との違いについては「アンダー世代とは会場の雰囲気や相手のレベルもそうですし、雰囲気は全然違うなと感じました」とし、「今日は点差が開いていたのもあって、思ったより緊張せずに入れた感じです」と、雰囲気の違いは感じたようだ。 短い時間だったが「与えられた時間の中でやることをやらないといけないです」と語り、「出場時間が限られることはわかっていたので、その中で少しでも良いプレーを出せればと思って入りました」とコメント。「なかなかそういう機会は多くなかったですが、今日の何分間でより頑張りたいと強く思ったので、貴重な時間だったと思います」と素直にデビューできた事を喜びながらも、想いを強めたという。 パナマ戦については「国立でできることはすごく嬉しいですし、会場の雰囲気がすごく楽しみです」とコメント。「次の試合も出場時間はわからないですが、自分なりに良い準備をして、出たら少しでも観客のみなさんに楽しんでもらえるプレーができるように、準備していきたいです」と語り、魅せるプレーを意識したいと語った。 2021.04.08 21:01 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング