レアル・マドリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 レアル・マドリー 40 12 4 3 34 16 18 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-09
29:00
ラ・リーガ
第1節
レアル・マドリー vs ヘタフェ
2021-01-14
29:00
スーペル・コパ
準決勝
レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ
2021-01-20
29:00
コパ・デル・レイ
3回戦
アルコヤーノ vs レアル・マドリー
2021-01-23
29:00
ラ・リーガ
第20節
アラベス vs レアル・マドリー
2021-01-30
24:15
ラ・リーガ
第21節
レアル・マドリー vs レバンテ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.09
29:00
ラ・リーガ
第18節
オサスナ 0 - 0 レアル・マドリー
2021.01.02
29:00
ラ・リーガ
第17節
レアル・マドリー 2 - 0 セルタ
2020.12.30
29:30
ラ・リーガ
第16節
エルチェ 1 - 1 レアル・マドリー
2020.12.23
27:45
ラ・リーガ
第15節
レアル・マドリー 2 - 0 グラナダ
2020.12.20
29:00
ラ・リーガ
第14節
エイバル 1 - 3 レアル・マドリー
基本データ

正式名称:レアル・マドリーCF

原語表記:Real Madrid Castilla Club de Futbol

愛称:メレンゲス(白いお菓子)、マドリディスタス、ブランコス(白)

創立:1930年

ホームタウン:マドリッド

チームカラー:白

関連ニュース
thumb

今季のCLグループステージのベストゴールは? 編集部がトップ10を選出!

世界最高峰のサッカーが楽しめるUEFAチャンピオンズリーグ。ラウンド16は2月に再開する。 昨シーズンは集中開催でノックアウトステージを行なったCLだが、今シーズンは短い期間でグループステージを消化することに。月2試合のペースで過密日程ながら、最高峰の戦いが行われた。 グループステージでは289ゴールが誕生。今回は、その中でも衝撃的なゴールを10個選んで紹介したい。 <span class="paragraph-title">10.アレクサンドル・エロヒン/ゼニト</span> グループF第3節 vsラツィオ 32分:1-0 ボックス左でボールを持ったユーリ・ジルコフが左足でクロス。ボックス中央でFWアルチョム・ジューバが肩でつなぐと、MFダレル・クジャイェフがヘッドで繋ぐ。 これをライン裏でジューバが再びヘディングでつなぎ、最後はエロヒンが豪快にジャンピングボレーで叩き込んだ。 <span class="paragraph-title">9.アラサン・プレア/ボルシアMG</span> グループB第3節 vsシャフタール・ドネツク 26分:0-3 ボックス左を攻め立てたボルシアMGはマイナスのパス。これをボックス内でMFフロリアン・ノイハウスがスルー。すると、後方で待ち構えたFWアラサン・プレアが右足一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 <span class="paragraph-title">8.ウェストン・マッケニー/ユベントス</span> グループG第6節 vsバルセロナ 20分:0-2 ボックス内右角でパスを受けたMFフアン・クアドラードが浮き球のパス。ニアサイドでFWクリスティアーノ・ロナウドが囮になると、ボックス中央でマッケニーが豪快にジャンピングボレーを叩き込む。 <span class="paragraph-title">7.ルイス・ディアス/FCポルト</span> グループC第1節 vsマンチェスター・シティ 14分:0-1 ハーフウェイライン付近で味方がパスカット。そこからパスを受けたルイス・ディアスは、ドリブルを仕掛けると、左サイドから中央へカットイン。そのままボックス内に侵入すると、相手をかわしながらボックス右からシュート。これが逆サイドネットに決まった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoTXVWYXF3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">6.コランタン・トリソ/バイエルン</span> グループA第1節 vsアトレティコ・マドリー 66分:3-0 ボックス手前からのFKは相手のブロックに阻まれる。しかし、こぼれ球を拾ったボックスやや手前から右足一閃。丁寧にミートされたシュートは、名手ヤン・オブラクの手の届かないゴール右隅に突き刺さる。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZUDNuSDZWNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">5.ブリール・エンボロ/ボルシアMG</span> グループB第4節 vsシャフタール・ドネツク 46分:3-0 FKから浮き球のパスをゴール前に送ると相手DFがヘディングでクリア。これがボックス内で浮き球になると、エンボロが豪快にバイシクルシュート。これが見事に決まる <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NTA3S1E5SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">4.ドゥシャン・タディッチ/アヤックス</span> グループD第3節 vsミッティラン 13分:0-2 0-1でアヤックスがリードして迎えた12分にミッティランがバックパスの反則。ボックス内で間接FKを得ると、相手の全選手がゴールラインに並ぶ中、タディッチが豪快に左足を振り抜く。これがネットを揺らし、大きな壁をぶち破ってのゴールをなった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFZER5RnRrQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">3.ブルーノ・フェルナンデス/マンチェスター・ユナイテッド</span> グループH第4節 vsイスタンブール・バシャクシェヒル 7分:1-0 左CKを獲得したユナイテッド。ゴール前にクロスを上げるも、ニアサイドでクリア。しかし、この流れたボールをボックス手前でブルーノ・フェルナンデスが右足一閃。鋭いシュートがネットに突き刺さり、ユナイテッドが先制する。 <span class="paragraph-title">2.ドミニク・ショボスライ/ザルツブルク</span> グループA第1節 vsロコモティフ・モスクワ 45分:1-1 左CKを獲得すると、サインプレーでボックス左角にいたショボスライへグラウンダーのパスがわたる。 ショボスライは落ち着いて右足を振り抜くと、クロスバーを叩いたシュートがそのまま決まり、見事に同点に追いつく。 <span class="paragraph-title">1.ルカ・モドリッチ/レアル・マドリー</span> グループB第1節 vsシャフタール・ドネツク 54分:1-3 3点ビハインドのマドリーだったが、54分にボックスからやや離れた位置でマルセロからのパスを受けたモドリッチがプレスにきた相手DFをかわすとシュートモーションへ。すると、ブロックに入った相手をもう1人かわすと、ややブレた態勢から右足一閃。強烈なミドルシュートの前に相手GKアナトリー・トルビンは一歩も動けず。ゴール右隅の止められないコースへと決まった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvbWVaTzRFYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.01.25 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

モドリッチが契約延長か? マドリー幹部が示唆「彼はこれからも多くを与えてくれるだろう」

レアル・マドリーの幹部であるエミリオ・ブトラゲーニョ氏が、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(35)の新契約締結を示唆した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズンはここまで公式戦25試合に出場して4得点2アシストを収めているモドリッチ。昨年9月に35歳を迎えており、現行契約が今シーズン限りまでとなっていることから去就問題が過熱している。 単年契約の噂が上がるも、未だ進展がなかったなか、ブトラゲーニョ氏がモドリッチの契約延長についてコメント。23日に行われたラ・リーガ第20節のアラベス戦(4-1で勝利)後に同試合での好パフォーマンスを評価するとともに残留をほのめかした。 「モドリッチのような選手がこのスポーツをより良いものにしている。前半の彼の(フェルラン・)メンディへのパスは素晴らしかった。彼が在籍していることは我々にとって贅沢なことだ」 「彼は我々に多くを与えてくれた。今もね。そしてこれからもだ」 一方、2012年夏にトッテナムから加入したモドリッチは以前に「マドリーでキャリアを終えたいと思っているし、契約延長が可能なことを願っている」と残留の意思を示していた。 2021.01.25 21:11 Mon
twitterfacebook
thumb

不遇のウーデゴールがアーセナルへ…25日にメディカルチェック

アーセナルとレアル・マドリーが、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)のレンタル移籍で合意したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 昨シーズンにレンタル加入したレアル・ソシエダで活躍し、満を持して今シーズンにマドリー復帰を果たしたウーデゴール。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼は勝ち取れず、ここまで公式戦9試合で367分のプレー時間にとどまっており、出場機会を求めて再レンタルを希望していると報道されていた。 そんななか、再レンタルを望むソシエダとともに、ウーデゴール獲得に乗り出していたアーセナルが250万ポンド(約3億6000万円)のレンタル料と給与負担でシーズン一杯のローン移籍を勝ち取ったようだ。 アーセナルはミケル・アルテタ監督が対談の中で説得。また、ウーデゴール自身もガナーズでの役割を理解しようと前向きな姿勢で臨んでいたという。25日にメディカルチェックを受診し、隔離期間なしで合流する予定だと伝えられている。 2021.01.25 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

快勝に導く2発のベンゼマ「ハードな1週間を経て、正しい軌道に乗れたね」

レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマがチームのバウンスバックを喜び、自信に繋がる試合だと振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーは23日に敵地で行われたラ・リーガ第20節でアラベスと対戦。新型コロナウイルスに感染したジネディーヌ・ジダン監督に代わり、アシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏が指揮を執る一戦だったが、4-1の快勝で飾り、公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。 この試合で2ゴールの活躍を披露したベンゼマは試合後、スーペル・コパ・デ・エスパーニャとコパ・デル・レイ敗退の苦渋を味わったチームが直後のリーグ戦でしっかりと勝利を掴み取った事実に満足感を示した。 「素晴らしい試合で、自信を掴むためにも良いものだった。今までと変わらずの努力を続けないと。難しい1週間を過ごした後だからこそだ」 4得点の攻撃面にも「僕らは日々、ゴールやクロス、パスのトレーニングをしている。今日はゴールが良い形で決まった。ハードな1週間を経て、正しい軌道に乗れたね」と手応えを口にすると、今季のラ・リーガ得点数を10ゴールに伸ばした自身にも言及した。 「(プレッシャー?) このチームにいたら、プレッシャーは常にあるもの。僕は常にチームメイトを助けたくて、今日はそうできた。でも、それは僕だけじゃなく、チームメイト全員がやっていることだ」 また、ラ・リーガ優勝の可能性を問われると、「僕らが見ているのは自分たちだけ。リーグ戦はまだ先が長いしね」と返している。 2021.01.24 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

4発快勝のレアル・マドリー、代行指揮のアシスタントコーチ「ジダンも選手たちの姿勢を評価」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督に代わり、指揮を執ったアシスタントコーチがチームの勝利に満足感を示した。 レアル・マドリーは23日に敵地で行われたラ・リーガ第20節でアラベスと対戦。新型コロナウイルスに感染したジダン監督のピンチヒッターとして、アシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏が指揮を執った一戦だったが、4-1の快勝で飾り、公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。 スペイン『マルカ』によれば、ベットーニ氏は試合後、コパ・デル・レイ敗退直後の一戦を勝利で飾り、喜びの心境を口にした。 「当然の勝利だ。ボールの主導権を握り、良いプレーをした。チームも真剣だった。非常に満足さ。交代に関して監督と電話でやりとり? 監督は彼(ジダン)であり、彼の考えを知りたかった」 また、1得点1アシストを記録したベルギー代表MFエデン・アザールについて「ケガで苦しい1シーズン半を過ごしてきた。マドリーだと難しいが、それでも辛抱強く見守らなければ」とコメント。また、ジダン監督も戦いぶりに満足している様子を明かした。 「彼は選手たちの試合に対する姿勢をすごく評価していた。自分に代わって、選手たちを称えるよう頼まれたが、それ以外に特別なことは何も言われていない。これから少し休み、次の試合を考えないとね」 2021.01.24 09:40 Sun
twitterfacebook

順位表



得点ランキング