バルセロナ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 バルセロナ 87 26 9 3 90 36 54 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.25
28:00
コパ・デル・レイ
決勝
バルセロナ 1 - 2 バレンシア
2019.05.19
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
エイバル 2 - 2 バルセロナ
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
バルセロナ 2 - 0 ヘタフェ
2019.05.07
28:00
CL決勝トーナメント
準決勝2ndレグ
リバプール 4 - 0 バルセロナ
2019.05.04
27:45
リーガエスパニョーラ
第36節
セルタ 2 - 0 バルセロナ
基本データ

正式名称:FCバルセロナ

原語表記:Futbol Club Barcelona

愛称:バルサ、ブラウグラーナ(青とエンジ)、アスルグラーナ(青とエンジ)

創立:1899年

ホームタウン:バルセロナ

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース
thumb

バルサ、来日メンバー26名を発表! 安部裕葵もメンバー入り!《Rakuten Cup》

FCバルセロナは20日、日本で行われるRakuten Cupに向けた招集メンバーを発表した。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。エルネスト・バルベルデ体制3年目を迎える新シーズンのプレシーズンでは、日本開催のRakuten Cupで7月23日に埼玉スタジアム2002でチェルシーと、27日にノエビアスタジアム神戸で元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャらを擁するヴィッセル神戸と対戦する。 その大会に臨むメンバーとして、26名を招集。コパ・アメリカ2019に出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらを除く主力選手の他、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらに加えて、鹿島アントラーズから加入したFW安部裕葵もメンバーに名を連ねた。 ◆バルセロナ来日メンバー GK 1.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン 13.ネト 25.イニャキ・ペーニャ DF 2.ネウソン・セメド 3.ジェラール・ピケ 6.ジャン=クレール・トディボ 15.クレマン・ラングレ 18.ジョルディ・アルバ 20.セルジ・ロベルト 23.サミュエル・ユムティティ 26.サム・アラウホ 28.ギジェム・ジャメイ MF 4.イバン・ラキティッチ 5.セルヒオ・ブスケッツ 12.ラフィーニャ 19.カルレス・アレーニャ 21.フレンキー・デ・ヨング 16.オリオル・ブスケッツ 22.モンチュ 24.アレックス・コジャド 8.リキ・プッチ FW 11.ウスマーヌ・デンベレ 14.マウコム 17.アントワーヌ・グリーズマン 7.カルレス・ペレス 27.安部裕葵 2019.07.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、元守護神ビクトル・バルデスのフベニルA新監督就任を発表!

バルセロナは19日、元スペイン代表GKのビクトル・バルデス氏(37)のフベニルA(U-19チーム)新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。なお、今回の契約には1年間の契約延長オプションが付随している。 バルセロナの育成組織ラ・マシアで育ったバルデス氏は、正守護神としてバルセロナでプレー。2014年3月に右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うと、7月に退団。その後は、マンチェスター・ユナイテッドやスタンダール・リエージュ、ミドルズブラでプレーし、2017年8月に現役を引退していた。 10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けたバルデス氏は、この間に6度のリーガエスパニョーラ制覇、3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇、2度のクラブ・ワールドカップ(CWC)制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼ全て獲得してきた。 引退後は、マドリッドに本拠地を置くラージョ・マハダオンダでコーチを務める傍ら、スペインサッカー連盟が元代表選手やトップリーグで10年以上活躍した人物のために用意しているエリートコースに進み、コーチングライセンス取得に励んでいた。2018年5月にはUEFA BとUEFA Aライセンスを取得していた。 2019.07.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うバルサ、PSGに121億円+2選手のオファー

バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の獲得に向け、オファーを提示したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏に続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたことで、実現の可能性が日に日に高まっている。 そのネイマールの有力な移籍先として挙がるのが、古巣のバルセロナだ。獲得時に記録した史上最高額の移籍金2億ポンド(約269億5000万円)以上を求めているとされるPSGに対して、9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを提示したという。 バルセロナは譲渡可能選手として、MFフィリペ・コウチーニョ(27)、FWウスマーヌ・デンベレ(22)、MFイバン・ラキティッチ(31)、DFネウソン・セメド(25)、FWマウコム(22)、DFサミュエル・ユムティティ(25)の6選手を挙げたとみられる。 なお、ネイマールを巡っては先日、選手の代理人とユベントスの会談が取り沙汰されたが、そうした事実はなく、バルセロナとの接触のみが確認されているとのことだ。 2019.07.19 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、バルサが買い戻したククレジャを買い取りOP付きのレンタルで獲得

ヘタフェは18日、バルセロナのU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(20)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は600万ユーロ(約7億2500万円)とのことだ。 ククレジャは2日前、バルセロナによってエイバルから400万ユーロ(約4億8500万円)で買い戻されていた。 エスパニョールのユースから2012年7月にバルセロナの下部組織に入団したククレジャは、2018年7月にトップチームへと昇格すると、同年8月にエイバルへとレンタル移籍。2018-19シーズンはエイバルで左サイドバックや左サイドハーフなどでレギュラーとしてプレーし、リーガエスパニョーラで31試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。そしてシーズン終了後、エイバルに200万ユーロ(約2億4300万円)で買い取られていた。 なお、将来的にヘタフェがククレジャを他クラブに完全移籍させた場合、40%の移籍金がバルセロナに入るとのことだ。 2019.07.19 05:50 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、F・デ・ヨング、ネト…バルベルデが新顔たちへの期待語る

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、新顔たちについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。新シーズンに向けてはアトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、バレンシアからブラジル代表GKネトを獲得した。 そんな新戦力3選手について指揮官のバルベルデ監督は、バルセロナ公式チャンネルで印象や期待について語っている。 「(デ・ヨングについて)彼は昨シーズン、アヤックスで素晴らしいレベルでプレーした。彼はミッドフィルダーに新鮮さを加えてくれる選手でもあり、将来を担う選手だ。すでに経験豊富なクオリティを持っており、我々のようなスタイルを兼ね備えているからだ」 「(グリーズマンについて)リーガエスパニョーラでのプレー経験がある選手だ。その面では、デ・ヨングより安定しているだろう。彼は速く、そしてうまくスペースに入っていくことができる素晴らしいフィニッシャーだ」 「大いに信頼している。我々はこのようなタイプの選手にどれだけの価値があるのかを理解しているし、即座にパフォーマンスを発揮してくれることを期待しているよ」 「(ネトについて)ゴールの前で安全をもたらしてくれる。経験豊富なGKで、テア・シュテーゲンと共に働くのに理想的な選手だ」 2019.07.18 11:25 Thu
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング