バルセロナ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 バルセロナ 0 0 0 0 0 0 0 0
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-09-27
28:00
ラ・リーガ
第3節
バルセロナ vs ビジャレアル

ラ・リーガ
第2節
アスレティック・ビルバオ vs バルセロナ

ラ・リーガ
第4節
セルタ vs バルセロナ

ラ・リーガ
第5節
バルセロナ vs セビージャ

ラ・リーガ
第6節
ヘタフェ vs バルセロナ
基本データ

正式名称:FCバルセロナ

原語表記:Futbol Club Barcelona

愛称:バルサ、ブラウグラーナ(青とエンジ)、アスルグラーナ(青とエンジ)

創立:1899年

ホームタウン:バルセロナ

チームカラー:青、エンジ

関連ニュース
thumb

レンタル移籍を勧められたバルサMFプッチ、クーマン監督のオススメ新天地はアヤックス?

バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチ(21)が、アヤックスに行く可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 バルセロナ下部組織出身で、2018年12月にトップチームデビュー。新たな攻撃の一角として、バルサの将来を担う逸材として注目を集めているプッチだが、ロナルド・クーマン監督からは出場機会を増やすためにレンタル移籍を勧められている状況だ。 ジョアン・ガンパール杯のメンバー外になったことから戦力外とも見られたが、クーマン監督は戦力外を否定。しかし、バルセロナBではプッチには物足りず、ファーストチームでは出場機会が満足に与えられないことから、武者修行させ成長を促したい意向があると語った。 年齢的にも継続してプレーを続け、成長し続けることが必要だと考えられるプッチ。バルセロナでベンチに座り続けることを避けさせたいため、プッチと代理人との話し合いの場を持つようだ。 そんな中、クーマンのコーチングスタッフとスポーツ面から見た最善の移籍先はアヤックスであると見られており、移籍となれば成長に大きな影響を与えると考えられている。 現時点でアヤックスからのオファーはないものの、クーマン監督はエリク・テン・ハグ監督の下でプッチをプレーさせたい意向があるようだ。 クーマン監督のチームには、フレンキー・デ・ヨング、セルヒオ・ブスケッツ、ミラレム・ピャニッチが中盤を形成し、プッチよりもカルレス・アレーニャの方が序列が上の状況。1つ前のポジションでは、リオネル・メッシ、フィリペ・コウチーニョ、アントワーヌ・グリーズマン、アンス・ファティ、ペドリと多くの選手がいる状況だ。 2020.09.21 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサFWブラースヴァイトがトレーニングで負傷、シーズン初戦アウトか

バルセロナのデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトが開幕戦を欠場する可能性があるようだ。 クラブの発表によると、ブラースヴァイトは19日に行われたジョアン・ガンペール杯後のトレーニングで負傷したとのこと。20日に検査を受けた結果、左大腿四頭筋前直筋の損傷が確認されたとのことだ。 なお、クラブは全治を発表していないものの、ケガの具合を見て全治を判断するとのことだ。 ブラースヴァイトは、ヒムナスティック・タラゴナ、ジローナとのフレンドリーマッチに出場。しかし、ジョアン・ガンペール杯は出場していなかった。 ブラースヴァイトは今年の冬に特例が認められレガネスからバルセロナへ完全移籍。控えの位置づけながら、ラ・リーガで11試合に出場し1ゴールを記録していた。 2020.09.21 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサDFセメド、ウルブス移籍か 39.1億円で成立迫る

バルセロナに所属するポルトガル代表DFネウソン・セメド(26)のウォルバーハンプトン移籍が実現しそうだ。 セメドは2017年にベンフィカからバルセロナに加入。公式戦通算124試合の出場実績を誇る右サイドバックだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で財政難に陥るバルセロナは補強資集めを強いられ、売却に動いているとみられる。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ウォルバーハンプトンとバルセロナは交渉中だが、移籍金2900万ポンド(約39億1000万円)で取引成立に近づいている模様。セメドはまだ合意に至っていないが、選手次第で移籍が決まる様相だという。 ウォルバーハンプトンは今夏、右ウィングバックの主力だったアイルランド代表DFマット・ドハーティを手放しており、その穴埋めに着手。そこでセメドに白羽の矢が立てられたと思われる。 なお、セメドの代理人はウォルバーハンプトンに在籍する多くの選手を顧客に持つジョルジュ・メンデス氏だ。 2020.09.21 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル移籍迫るビダル、メッシが別れを惜しむ 「ドレッシングルームは寂しくなりそう」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがインテル移籍秒読みのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)に別れのメッセージを送った。 今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想から外れ、移籍が濃厚だったビダル。移籍先の筆頭と目されたインテルが20日に選手の現地到着を報告した。 2018年から2季にわたり、ビダルと共闘したバルセロナの主将メッシは自身のインスタグラム(leomessi)を通じて、別れを惜しみ、新天地での成功を願った。 「君とは対戦でしか知らなかったが、いつもフェノーメノのような存在に感じた。幸運にも個人的に出会うことができ、さらに驚かされたよ。多くを共有した2年間だったし、君の存在は本当に大きなものだった。ドレッシングルームは寂しくなりそうだ。新たなクラブで迎える新たなステージでの活躍を祈っている。また必ず会おう」 なお、事前の報道によると、ビダルは年俸600万ユーロ(約7億4000万円)の2年契約でインテル入りする模様。セリエA挑戦は2011〜2015年まで過ごしたユベントス時代以来2度目となる。 2020.09.21 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ビダルのインテル移籍が目前に! クラブがミラノ到着を発表

バルセロナで構想外になっているチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(33)のインテル移籍が実現しようとしている。イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。 今シーズンから指揮を執るロナルド・クーマン監督の構想外になっているビダル。先日には、かねてから興味を示していたアントニオ・コンテ監督が率いるインテルがバルセロナとの交渉の末に口頭合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、インテルは20日にビダルがミラノ・リナーテ空港に到着したことを公式ツイッターで報告。『フットボール・イタリア』によれば、メディカルチェックは21日の朝に行われるとのことだ。 なお既報では、ビダルは1シーズンあたり600万ユーロ(約7億4000万円)の給与で2年契約を結ぶと見られている。 ビダルは2018年8月にバイエルンからバルセロナへ完全移籍。2シーズンで公式戦96試合に出場し11ゴール10アシストを記録していた。 2011年7月から2015年7月まで在籍したユベントス時代にはコンテ監督とともに仕事をし、3度のセリエA優勝を一緒に成し遂げていた。 2020.09.21 05:50 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング