ニューカッスル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ニューカッスル 35 9 8 15 35 53 -18 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-24
20:30
プレミアリーグ
第33節
リバプール vs ニューカッスル
2021-05-02
22:00
プレミアリーグ
第34節
ニューカッスル vs アーセナル
2021-05-07
28:00
プレミアリーグ
第35節
レスター・シティ vs ニューカッスル
2021-05-12
27:45
プレミアリーグ
第36節
ニューカッスル vs マンチェスター・シティ
2021-05-15
23:00
プレミアリーグ
第37節
ニューカッスル vs シェフィールド・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.17
20:30
プレミアリーグ
第32節
ニューカッスル 3 - 2 ウェストハム
2021.04.11
20:00
プレミアリーグ
第31節
バーンリー 1 - 2 ニューカッスル
2021.04.04
22:05
プレミアリーグ
第30節
ニューカッスル 2 - 2 トッテナム
2021.03.20
29:00
プレミアリーグ
第29節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 3 - 0 ニューカッスル
2021.03.12
29:00
プレミアリーグ
第28節
ニューカッスル 1 - 1 アストン・ビラ
基本データ

正式名称:ニューカッスル・ユナイテッドFC

原語表記:Newcastle United Football Club

愛称:マグパイズ、トゥーン・アーミー、ダーティー・スカンク

創立:1881年

ホームタウン:ニューカッスル

チームカラー:白・黒

関連ニュース
thumb

初のCL出場を目指すウェストハムがニューカッスルに痛恨の敗戦 10人の中で2点差追い付くも…《プレミアリーグ》

ウェストハムは17日、プレミアリーグ第32節でニューカッスルと対戦し、アウェイで3-2で敗れた。 現在勝ち点55で来季のチャンピオンズリーグ出場圏内である4位に位置しているウェストハム。第25節から第29節にかけては、リーズ戦を挟んだトッテナム、マンチェスター・シティとユナイテッド、そしてアーセナルというビッグクラブとの連戦を2勝1分け2敗のイーブンで乗り切ると、ここ2試合は連勝中。前節はCL出場権を争うレスター・シティとの直接対決を3-2で制し、1ポイント差に迫った。 今季3度目の3連勝を狙う今節は、前節からスタメンを2名変更。レスター戦で負傷したクレスウェルとマスアクがベンチからも外れ、先発にはオグボンナとベン・ジョンソンが起用された。 ここ3試合はいずれも3得点しており、全て30分以内に先制しているウェストハムだが、この日はその30分を過ぎても得点どころか決定的なシーンがないまま試合が進んでいく。 逆にニューカッスルはサン=マクシマンの個人技を生かしてシンプルに攻撃。9分にボックス左でカットインからシュートに持ち込むと、23分には敵陣中央からドリブルを開始し、そのままシュートへ。30分を過ぎた時点でのシュート数は、ニューカッスルが7本、ウェストハムが3本となっている。 その中でウェストハムが枠内シュートを記録したのは、FKをドーソンが頭で合わせたシーン。マーク・ノーブルのクロスに飛び込んだが、シュートはGKの正面に飛んだ。 すると試合を動かしたのはやはりサン=マクシマンだった。36分、ウェストハムが最後尾でボールを回していたところ、ドーソンのトラップミスを見逃さなかったジョエリントンがセンターサークル内でボールを奪取。そのボールがサン=マクシマンに渡り、独力でボックスに侵入し放ったシュートはGKファビアンスキに止められたものの、シュートブロックに入っていたディオプに当たってオウンゴールとなった。 さらに、ボールを奪われた瞬間にドーソンがスライディングタックルでジョエリントンを倒していたプレーにイエローカードが提示され、累積2枚で早くも退場となってしまった。 1人少なくなったウェストハムはさらに、41分にニューカッスルのCKのシーンで変哲のないクロスをGKファビアンスキがキャッチミス。これをジョエリントンに押し込まれ、2失点目を喫してしまった。 非常に厳しい展開となったウェストハムだが、後半は意外にも攻勢に。58分にボーウェンが決定機を迎えると、66分にはベン・ジョンソンのクロスからコウファルがヘディングシュートでゴールに迫る。 後半は70分の時点でポゼッションは66%。シュート数はニューカッスルの2本に対し8本と、1人少ないチームとは思えない展開に。すると73分、CKの流れでボーウェンが右サイドから左足でクロスを入れると、ゴール前に残っていたディオプが頭で合わせてネットを揺らした。 これで1点差に詰め寄ったアウェイチームはさらに76分、クロスに対しスーチェクと競り合ったクラークの腕にボールが当たってPKを獲得。これをリンガードが決めて、10人の中で2点差を追いついた。 このまま勢いに乗って逆転の雰囲気が漂った矢先、ニューカッスルがM・ロングスタッフを下げてジョー・ウィロックを投入すると、リッチーが左サイドから上げたクロスをそのジョー・ウィロックが頭で押し込んで、再びホームチームが勝ち越した。 後がなくなったウェストハムに更なるアクシデント。頼みのリンガードが足を負傷し、交代を余儀なくされてしまった。この交代でランシーニ、後半アディショナルタイムにはフレデリックスを投入するも、8分の追加タイムも生かせず敗戦。ライバルチームに助け舟を出してしまう痛恨の敗戦となった。 2021.04.17 22:31 Sat
twitterfacebook
thumb

「カメラマンさえついていけない…」“快速ドリブラー”のフェイントに中継もボールを見失う…

ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンのテクニックに、相手選手だけでなくカメラマンまでもが騙された。 ドレッドヘアーとヘアバンドがトレードマークのフランス人アタッカーは、ボールを持った時の最初の選択肢がドリブルという生粋のドリブラーだ。 今シーズンは負傷により離脱期間も長く、プレミアリーグ18試合で3ゴール4アシストにとどまっているものの、そのドリブルの切れ味は衰えていない。 サン=マクシマンは11日に行われたプレミアリーグ第31節のバーンリー戦で1-0の1点ビハインドの57分に途中交代でピッチに入ると、59分に早速同点ゴールをアシストし、勢いに乗る。 そして64分、カウンターからセンターサークル付近でボールを持ったサン=マクシマンはそのままドリブルで持ち上がると、ボックス端でシュートフェイントのようなチョップを見せて相手DFジェームズ・タルコウスキをかわし、そのまま左足で逆転ゴールを決めた。 素晴らしい個人技だったが、15日にはニューカッスルの公式ツイッターが別角度からのサン=マクシマンのゴールシーンを公開。「カメラマンさえついていけない…」というキャプションとともに公開された映像には、サン=マクシマンのフェイントに引っ掛かり、ボールが飛ぶと思われた方向にレンズを向けたカメラの映像が映っていた。 もちろんそこにボールは映っておらず、カメラマンは1、2秒後に再びボールを持つサン=マクシマンにピントを合わせた。 ゴールの瞬間を逃さなかったのは、カメラマンの意地だったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】“快速ドリブラー”の超絶フェイントに百戦錬磨のカメラマンも騙される!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Even the cameraman can&#39;t keep up... <a href="https://t.co/x06hP2DzWt">pic.twitter.com/x06hP2DzWt</a></p>&mdash; Newcastle United FC (@NUFC) <a href="https://twitter.com/NUFC/status/1382614209595375616?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.16 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがモウリーニョ鬼門の地で痛恨ドロー…ケインが得点ランクトップの19点目も逃げ切り失敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、ニューカッスルvsトッテナムが4日にセント・ジェームズ・パークで行われ、2-2のドローに終わった。 現在、6位のトッテナム(勝ち点48)はインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のアストン・ビラ戦を2-0で快勝。ノースロンドン・ダービー、ディナモ・ザグレブ戦で喫した手痛い連敗を払しょくして中断期間に入った。そして、中断明け初戦で連勝を目指す今節は降格圏一歩手前の17位に低迷するニューカッスル(勝ち点28)と対戦した。 モウリーニョ監督は昨シーズンに初めて攻略した難所での一戦に向け、ビラ戦と全く同じメンバーを起用。代表招集を辞退したソン・フンミンが公式戦3試合ぶりにベンチに戻ってきたが、ケインとカルロス・ヴィニシウスの2トップを継続した。 [5-3-2]の守備的な布陣を採用したホームチームに対して、キックオフ直後から攻勢を仕掛けていくトッテナム。開始8分にはボックス左で仕掛けたケインが左足のシュートでニア上を狙うが、これはGKドゥブラフカのセーブに遭う。 ここから一気にトッテナムペースかに思われたが、ニューカッスルもジョエリントンとゲイルの2トップをターゲットにしたシンプルな攻撃で前がかりなアウェイチームを引っくり返して反撃を試みる。 19分にはシェルヴェイの右クロスをゴール前でフリーのゲイルがヘディングシュート。GKロリスが見事なワンハンドセーブで弾いたこぼれを左足で押し込みにかかるが、再びロリスに触られて左ポストを叩いたボールはロリスが何とかゴールラインぎりぎりで残した。 この絶好機を逸したニューカッスルだが、28分には相手陣内左サイドでタンガンガ、ダビンソン・サンチェスの不用意な縦パスを続けざまに引っかけると、ボックス左でルーズボールに反応したロングスタッフが冷静にボックス右でドフリーのジョエリントンにラストパスを送ると、難なく右足で流し込んだ。 信じがたいイージーミスからビハインドを背負ったトッテナムだが、頼れるエースが圧倒的な個の力で瞬く間に試合を引っくり返す。まずは30分、相手陣内でホイビュルク、エンドンベレ、ロ・チェルソとパスが繋がり、右サイドのロ・チェルソが斜めに入れたラストパスにケインが反応。DFとGKに当たってゴール前にこぼれたところを冷静に右足で流し込んだ。 さらに、34分には相手陣内中央で縦に持ち上がったエンドンベレからの斜めのパスをオフサイドラインぎりぎりで受けると、ボックス右からグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込み、リーグ得点ランク単独トップとなる19ゴール目を挙げた。 苦しみながらもケインの2ゴールによって逆転して試合を折り返したトッテナムは、ヴィニシウスに代えて負傷明けのソン・フンミンをハーフタイム明けに投入。この交代で1トップにケイン、2列目に右からルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンと並ぶ[4-2-3-1]に並びを変えた。 ただ、後半も流れを掴み切れないアウェイチームは開始直後にアルミロンに際どいミドルシュートを浴びるなど、ニューカッスルの攻勢に晒される。 劣勢を撥ね返したいポルトガル人指揮官は64分、存在感を欠いたルーカスを下げて出場停止明けのラメラを投入。この交代で徐々に押し返すと、67分には右CKの二次攻撃からゴール前のハイボールに反応したタンガンガが強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、これはアルミロンの決死のゴールカバーにはじき出される。 さらに、73分には1点目と似たような形からエンドンベレの斜めのスルーパスに抜け出したケインにハットトリックのチャンスも、ここはGKドゥブラフカにうまくコースを消された。 試合を決める3点目こそ奪えないものの、ようやく自分たちのリズムで試合を運べるようになったトッテナムは、84分にカウンターから絶好機。相手セットプレーを撥ね返してラメラが中央をドリブルで持ち上がり、ボックス左に走り込むケインにラストパス。ケインはバランスを崩しながらもニア下にシュートを飛ばすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 すると、ビッグチャンスを逸した直後の85分には前回対戦同様に土壇場で痛恨の同点ゴールを許す。左サイドでリッチーが上げたクロスをボックス内でジョエリントン、アルミロンに頭で合わせられてこぼれたところを途中出場のジョー・ウィロックに押し込まれた。 勝てば暫定ながらトップ4圏内の4位に浮上できるため、勝ち点1では許されないトッテナムは失点直後にベイルを投入。そのベイルは投入直後にボックス手前の好位置で得たFKを直接狙うが、これはボールを落とし切れない。さらに、92分には波状攻撃からレギロンの左クロスをファーサイドのラメラが右足で狙うが、惜しくもサイドネットを叩いた。 そして、試合はこのまま2-2でタイムアップを迎え、モウリーニョの鬼門セント・ジェームズ・パークで勝ち点3を逃したトッテナムは、4位浮上のチャンスを逃した。 2021.04.05 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルMFアルミロン、願望隠さず 「もっと戦えるチームでプレーしたい」

ニューカッスルのパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(27)が将来的なステップアップ願望を認めた。 メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドでの活躍を受け、2019年1月にニューカッスル入りしたアルミロン。これまでも複数有力クラブからの関心が取り沙汰されるドリブル突破が魅力のアタッカーだ。 今季もここまで公式戦30試合の出場で5得点3アシストと不動の地位を築くアルミロンだが、代理人であるダニエル・カンポス氏は昨秋に「パンデミックがなかったら、ほかの場所にいただろう」と述べ、移籍をほのめかた。 そうしたなか、アルミロンが26日に母国のラジオ局『ABC Cardinal』に出演すると、将来について自身のスタンスを明確に。「もっと戦えるチームでプレーしたい。ここで幸せで、居心地も良いんだけどね」と話した。 また、ニューカッスルでの日々についても「僕や家族は元気で、あまり外出しないようにしている。健康であるのを感謝しないとね。精神的にも元気で、ラ・アルビロハでプレーしたいよ」と語っている。 なお、ニューカッスルは今季のここまで7勝7分け15敗の17位に位置。直近の6試合で白星がなく、降格圏内の18位フルアムとわずか2ポイント差と残留争いを強いられている。 2021.03.27 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、アルミロン&サン=マクシマンが離脱…

ニューカッスルは2日、FWミゲル・アルミロンとFWアラン・サン=マクシマンが負傷したことを発表した。 両者は2月27日に行われたプレミアリーグ第26節のウォルバーハンプトン戦に先発出場したが、アルミロンは前半でヒザを負傷しハーフタイムで交代。一方のサン=マクシマンは、63分に鼠径部を負傷しピッチを後にしていた。 クラブの発表によれば、両者はこれから精密検査を受診し、メディカルチームと共にリハビリを実施するとのことだ。なお、復帰は4月以降になると明かしている。 主力2選手を欠くことになったニューカッスルは現在、降格圏の18位フルアムと3ポイント差の17位に位置している。 2021.03.03 01:03 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング