ニューカッスル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ニューカッスル 35 9 8 12 25 41 -16 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
ニューカッスル vs シェフィールド・ユナイテッド

プレミアリーグ
第31節
ニューカッスル vs アストン・ビラ

プレミアリーグ
第32節
ボーンマス vs ニューカッスル

プレミアリーグ
第33節
ニューカッスル vs ウェストハム

プレミアリーグ
第34節
マンチェスター・シティ vs ニューカッスル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
24:00
プレミアリーグ
第29節
サウサンプトン 0 - 1 ニューカッスル
2020.02.29
24:00
プレミアリーグ
第28節
ニューカッスル 0 - 0 バーンリー
2020.02.22
24:00
プレミアリーグ
第27節
クリスタル・パレス 1 - 0 ニューカッスル
2020.02.16
25:30
プレミアリーグ
第26節
アーセナル 4 - 0 ニューカッスル
2020.02.01
24:00
プレミアリーグ
第25節
ニューカッスル 0 - 0 ノリッジ
基本データ

正式名称:ニューカッスル・ユナイテッドFC

原語表記:Newcastle United Football Club

愛称:マグパイズ、トゥーン・アーミー、ダーティー・スカンク

創立:1881年

ホームタウン:ニューカッスル

チームカラー:白・黒

関連ニュース
thumb

ベニテスがニューカッスル帰還を検討? 元エバートン2選手獲得を希望か

ラファエル・ベニテス氏(60)が古巣ニューカッスルへの帰還を希望しているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が報じている。 現在、サウジアラビア共同事業体によるクラブ買収合意で話題を集めているニューカッスル。 仮に買収が決定した場合でも、今シーズンに関してはスティーブ・ブルース監督の続投が濃厚と見られている。その一方で、新シーズンに関しては前トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ氏を筆頭に錚々たるビッグネームが新指揮官候補として挙がっている。 その中で『テレグラフ』はマグパイズの監督人事に関して、2016年3月から昨シーズンまで指揮を執り、現在は中国スーパーリーグの大連一方で指揮官を執るベニテス氏が復帰を希望していると報じている。 ベニテス氏はニューカッスル在任期間、“ドケチオーナー”と揶揄されるマイク・アシュリー氏から適切なサポートを受けられない中、堅実なチーム作りで1年でのプレミアリーグ復帰、翌年のプレミアリーグ残留に導くなど、サポーターからの信頼は厚い。 ただ、ニューカッスル帰還に向けては新オーナーの意向と共に、大連一方への違約金、高額なサラリーの支払いが必要となるようだ。 また、ベニテス氏は復帰にあたってチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)の出場権を争えるスカッドの構築を求めており、その補強候補として元エバートンの2選手の獲得を希望しているようだ。 その1人目はマンチェスター・シティに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズ(25)。ベニテス氏は以前からストーンズを高く評価しており、レアル・マドリー監督時代には当時エバートンに在籍していた同選手の獲得をリクエストしていた。 2人目はチェルシーのイングランド代表MFロス・バークリー(26)。早熟の天才と評されたイングランド代表MFは、10代前半からマージーサイドでは逸材として知られており、ベニテス氏はリバプール監督時代に引き抜きを画策していたという。 現時点でストーンズ、バークリー共に獲得の可能性は未知数だが、いずれも所属クラブでのポジション争いで苦戦を強いられており、来夏にユーロ2020を控える中で出場機会が必要な状況だ。また、両クラブも適切なオファーが届いた場合、売りに出す可能性は十分にありそうだ。 2020.05.25 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル行き噂のリュカ、代理人が退団の可能性を否定

バイエルンに所属するフランス代表DFリュカ・エルナンデス(24)の代理人が退団の可能性を否定している。 昨夏、アトレティコ・マドリーからブンデスリーガ史上最高額となる8000万ユーロ(約94億円)で加入したリュカ。シーズン序盤戦は主力としてプレーも、昨年10月末に右足首じん帯部分断裂の重傷を負い、約3カ月の長期離脱を強いられた。 すると、今年2月の戦列復帰以降はカナダ代表MFアルフォンソ・デイビス、オーストリア代表DFダビド・アラバのレフティーコンビがそれぞれ左サイドバック、左センターバックでハイパフォーマンスを披露している影響もあり、控えに甘んじる状況が続く。 そういったバイエルンでの苦境もあって、先日にドイツ『ビルト』はサウジアラビア共同事業体によるクラブ買収が決定的なニューカッスルが今夏の目玉補強のひとつとしてリュカの獲得に動いているとの憶測を伝えていた。 しかし、リュカの代理人を務めるマヌエル・ガルシア・キロン氏は、ドイツ『スカイ』で前述の報道を否定している。 「リュカは何処にも行かない。間違いなく、バイエルンに留まる」 なお、バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は先日、「リュカは以前にケガに悩まされていた。現状はトレーニングで優れたパフォーマンスを見せることが重要だ。そして、彼の姿勢に非常に満足している」と、今後の復調への期待を口にしている。 2020.05.24 14:06 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイルは移籍するのか…ベルバトフが予想! ニューカッスル行きの憶測にも見解示す

元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の去就に見解を示した。スペイン『マルカ』が報じている。 2013年のレアル・マドリー入り以降、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験するベイル。しかし、ケガ癖による稼働率の悪さだけでなく、熱心なゴルフ愛好家としての一面や、クラブ軽視とも言動がファンの反感をより集め、近年は退団の憶測が相次いで湧き上がっている。 ベイルは2022年夏までの現行契約を全うする意思だというが、今季終了後も移籍の噂が取り沙汰されており、依然として去就不透明なまま。ベルバトフ氏はイギリス『Betfair』に連載中のコラム内でベイルについて、レアル・マドリーで正当な評価を受けていないと主張した。 「レアル・マドリーでの彼のゴール率は本当に目を見張るものがある。いくつかのゴールにおいてもアメージングなものだった。平均的な選手だと、決められない類のゴールだ」 「リバプールとのチャンピオンズリーグ決勝で決めたゴールを見てくれ。あの得点は彼のクオリティを物語るものだ。今の場所で周りから感謝を感じないなら、出て行く」 また、ベイルを巡ってはサウジアラビア資本の買収が迫り、多額の資金を投じて強豪クラブ入りを目指すとみられるニューカッスルの関心が噂に。しかし、ベルバトフ氏はかつてトッテナムで一緒にプレーしたベイルのレアル・マドリー残留を予想した。 「当然ながら、ニューカッスルとレアル・マドリーは比べられない。ニューカッスルが彼を手に入れたいのなら、彼らが今、何を築こうとしているのかを示す必要がある」 「指揮官も彼と繋がれる人物でないとダメで、新たな人物を連れてこないといけないかもしれない。(マウリシオ・)ポチェッティーノを招へいするなら、素晴らしいスタートになる」 「しかし、彼らはベイルに対して、他にどんな選手を獲得しようとしているのかを説明していく必要も出てくる。それらの全てに目を通して、好めば、移籍を考えるかもしれない」 「しかしながら、私は彼がレアル・マドリーに残ると思っている」 2020.05.24 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ロジャーズ監督との再タッグを望むローズ「チルウェルが移籍してくれないことには…」とジョーク

ニューカッスルでプレーするイングランド代表DFダニー・ローズが、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督との再タッグを希望している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 両者の関係は2008-09シーズンまで遡る。ローズは2007年にトッテナムに加入した後、2009年3月からワトフォードにレンタル。シーズン終了までの2カ月の間、ロジャーズ監督に師事していた。 そんなわずかな時間だったが、若かりしローズが受けた影響は大きかったようで、再びロジャーズ監督の下で働きたいという希望を明かした。 「2カ月間、彼と一緒に仕事ができたことは素晴らしい経験だった。18歳か19歳だった僕はこれまで一度もあんな練習をしたことがなかったんだ」 「トレーニングに対する彼の工夫は凄かったよ。彼とはいつかまた一緒に仕事がしたいと僕はいつも言ってきた」 そこで、レスターへの移籍の可能性について問われたローズは、「まず、どこかのチームがベン・チルウェルを買わないとね」と冗談を返した。 冬の移籍市場でレンタル加入したニューカッスルではここまで公式戦6試合に出場しているローズ。トッテナムとの契約は2021年までとなっているが、夢を実現させることはできるだろうか。 2020.05.22 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジルのレジェンドがベイルのニューカッスル行きを推す「スーパースターに返り咲ける」

ブラジルのレジェンドであるリバウド氏が、レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの今後について考えを語った。 ジネディーヌ・ジダン監督にはあまり重用されず、ファンからもブーイングを受けるなど、マドリーでの孤立を深めているベイル。メジャーリーグ・サッカー(MLS)や中国へのビッグマネーでの移籍の噂が立つ中、本人は2022年まで残る契約を全うしたいとの意向を示している。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVTngwRVM2WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、サウジアラビア王室をバックにもつ投資ファンドによるクラブ買収話が進んでいるとされるニューカッスルは、買収成立後の豊富な資金力を活かして、ベイルの獲得を画策しているとされており、プレミアリーグへの復帰もオプションの一つとされている。 自らがアンバサダーを務めるイギリスのオンライン賭博会社『Betfair』のインタビューを通して、ベイルの状況について考えを語ったリバウド氏は、同選手はヨーロッパに留まって活躍を続けるべきだとコメント。ニューカッスルで再びスーパースターの座に返り咲くことができると述べた。 「ガレス・ベイルがMLSクラブへ売りに出されていて、彼がアメリカへの移籍を考えているという噂があるが、私の考えでは彼はまだ30歳であり、MLSへ行く前にヨーロッパのフットボール界でまだ実力を示すことができると思う」 「先発メンバー入りする機会が減っているベイルは、この夏にクラブが更なる補強をすることを考えれば、彼のマドリーでのキャリアは終わりに差し掛かっている。ここ数年の内部での揉め事によって、クラブはもう彼を大きな仕事を任せられる選手として見ていないだろう」 「こうしたことから、彼がマドリーを去ることはかなりの確率で起こると思う。しかし彼はまだヨーロッパに少なくともあと2、3年は残るべきだと思うし、今の彼にとってはプレミアリーグがベストのオプションだと思う」 「ニューカッスルはこの夏、新しいオーナーがやってきて、大きな資金力を手にすることにはずだ。そして彼らこそベイルがスーパースターとしての地位を取り戻し、かつ高額な給与を手にすることができる素晴らしい新天地になり得るだろう」 「彼にとって自分がまだトップクラスの選手であると証明し、世界でも最高の選手の1人であると証明するチャンスになるだろう。だからもしオファーが来たら、彼はそれを受けるべきだ。ニューカッスルであれば彼はチームの顔になるだろうし、生まれ変わったチームで、素晴らしいシーズンを送ることができるはずだ」 2020.05.22 14:15 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング