リバプール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 リバプール 82 27 1 1 66 21 45 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第32節
マンチェスター・シティ vs リバプール

プレミアリーグ
第34節
ブライトン vs リバプール

プレミアリーグ
第30節
エバートン vs リバプール

プレミアリーグ
第31節
リバプール vs クリスタル・パレス

プレミアリーグ
第35節
リバプール vs バーンリー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.11
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 2ndレグ
リバプール 2 - 3 アトレティコ・マドリー
2020.03.07
21:30
プレミアリーグ
第29節
リバプール 2 - 1 ボーンマス
2020.02.29
26:30
プレミアリーグ
第28節
ワトフォード 3 - 0 リバプール
2020.02.24
29:00
プレミアリーグ
第27節
リバプール 3 - 2 ウェストハム
2020.02.18
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 1stレグ
アトレティコ・マドリー 1 - 0 リバプール
基本データ

正式名称:リバプール FC

原語表記:Liverpool Football Club

愛称:レッズ

創立:1892年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

行き場を無くすカリウスにヘルタ・ベルリンが興味か

リバプール所属のドイツ人GKロリス・カリウス(26)にヘルタ・ベルリンが興味を示しているようだ。『GOAL』が伝えている。 悪夢となった2017-18シーズンのレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝以降、2年間ベシクタシュにレンタルしていたカリウス。この2シーズンで公式戦67試合に出場するなど守護神としてゴールマウスを守ってきたものの、ファンからの誹謗中傷や給与未払いなど、何かと問題がつきまとっていた。 そんな最中の今月4日、カリウスはインスタグラムでベシクタシュと契約を解消したことを発表。契約上、リバプールに戻ることになるが、同クラブにはGKアリソン・ベッカーが君臨しているほか、今年6月に契約満了を迎えることから今夏の退団が濃厚と見られている。 現状で最も移籍の可能性が高いとされるヘルタ・ベルリンではルネ・ヤルシュテインが正GKを務めているが、今年で36歳と引退を考慮する時期に差し掛かっている。セカンドGKのトーマス・クラフトも31歳と高齢だ。再起を図るカリウスがリスタートするには良い環境かもしれない。 2020.05.25 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールMFチリベジャが今夏フリーでナント移籍へ!

リバプールに所属するスペイン人MFペドロ・チリベジャ(23)がフランスのナントにフリートランスファーで加入する見込みだ。 バレンシアの下部組織出身のチリベジャは2013年にリバプールのアカデミーに加入。2015年9月のヨーロッパリーグでトップチームデビューを飾るなど、そのキック精度の高さから“シャビ・アロンソ2世”として期待を集めていた。 しかし、以降はトップチームの分厚い選手層に阻まれ、トップチーム定着とはならず。ゴー・アヘッド・イーグルス、ヴィレムIIというエールディビジのクラブ、母国2部のエストレマドゥーラ(手続きの問題で出場なし)と、武者修行を繰り返していた。 今シーズンはプレミアリーグの出場はないものの、若手や控え選手中心のスカッドで臨んだFAカップとEFLカップで合計5試合に出場していた。 チリベジャとリバプールの現行契約は今シーズン終了までとなっているが、フランス『20 Minutes』が伝えるところによれば、クラブからの契約延長オファーを固辞しているという。 そして、以前から新天地候補に挙がっているナントへのフリートランスファーに向けて27日にもメディカルチェックを受診するようだ。なお、両者は2023年6月30日までの3年契約を結ぶ予定だ。 2020.05.25 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ヒチャンが南野拓実に続いてマージサイドに? エバートンの関心報道

ザルツブルクに所属する韓国代表MFファン・ヒチャン(24)が今冬にリバプール入りした日本代表MF南野拓実に続いて、プレミアリーグ挑戦を果たすかもしれない。 イギリス『リバプール・エコー』がエバートンの関心を主張。エバートンは新型コロナウイルスの影響による経済的損出により、トレードや無銭移籍の需要の高まりが予想される次の移籍市場での新戦力候補として、ザルツブルクの攻撃陣をリードするファン・ヒチャンを注視しているという。 そのファン・ヒチャンは今季、公式戦29試合13得点16アシストの活躍を披露。今冬に移籍した南野やノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(現ドルトムント)とともに評価を高め、多くの憶測が浮上したが、話が具体化せず、現在もザルツブルクでプレーしている。 エバートンは新型コロナウイルスの影響で経済的な打撃を受けて財政が厳しく、当初に予定した補強プランの再考を余儀なくされている模様。“量よりも質”を優先した立ち回りを視野に入れており、以前から関心を抱くファン・ヒチャンがターゲット入りした模様だ。 なお、今冬にファン・ヒチャン獲得に乗り出したウォルバーハンプトンだが、ザルツブルクは同時期に南野とハーランドを手放したこともあり、オファーを拒否。ファン・ヒチャンとの契約は2021年までとなっている。 2020.05.25 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールvsアトレティコは新型コロナ感染拡大の引き金に? 試合後に地元病院で死者増加

試合開催の判断が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に影響があったという経過が報告されたようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えた。 問題となっているのは、3月11日にアンフィールドで行われたリバプールvsアトレティコ・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグだ。 この試合には、アトレティコのファン3000人がスペインからイングランドへとやってきており、マージーサイドでの感染拡大につながった可能性が指摘されている。 インペリアル・カレッジ・ロンドンとオックスフォード大学のデータによると、スペインでは当時64万人の感染者があり、イギリスでは10万人に近づいていた。 この試合後、マージーサイドではCOVID-19の入院患者と死者の数は、NHS(国民保健サービス)の評価によると、試合後の5週間で地元病院での死亡率が大幅に増加したとみられている。 同日にフランスで行われたパリ・サンジェルマンvsドルトムントの試合は、無観客で行われていたが、リバプールvsアトレティコを通常通り開催したことが非難されていた。 この件に関しては、リバプールの市議会も独自で調査を行うことをすでに発表しており、イギリス政府関係者も「興味深い仮説」であると発言していた。 2020.05.24 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルバトフが後輩ハフェルツに助言 「いつかプレミアで見たいが、今ではない」

元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏が、古巣レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(20)の去就についてコメントした。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 今夏の移籍市場で国内屈指の強豪バイエルンに加え、リバプールやチェルシーといったプレミアリーグのクラブの注目を集めているハフェルツ。先日には「大きな一歩を踏み出す準備はできている」と、今夏のステップアップに前向きな姿勢を見せている。 さらに、ブンデスリーガ再開初戦となった18日の第26節ブレーメン戦(4-1で勝利)では2得点の活躍で勝利に導き、前述のビッグクラブに対して更なるアピールとなった。 しかし、レバークーゼンのクラブOBであり、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとプレミアリーグでも活躍を見せたベルバトフ氏は、頼もしい後輩のポテンシャルを高く評価しながらも、このタイミングでのステップアップは時期尚早と考えているようだ。 元ブルガリア代表FWは、イギリス『Betfair』に連載中のコラム内でハフェルツにアドバイスを送っている。 「リバプールやチェルシーなどのチームが彼に興味を持っているという話がたくさん出ている。そういう時期だからこそ、より慎重にならなければならない。噂に気を取られることなく、試合だけに集中すべきだ」 「彼には十分な素質がある。このままの活躍を続ければ、さっきほど話したようなクラブが今後も興味を抱き続けるはずだ」 「今はブンデスリーガに注目が集まっているし、ゴールを決めて良いプレーをすれば、リバプールのようなチームがほしがるのは当然のことだ」 「いつかハフェルツをプレミアリーグで見たいと思っているが、今ではない。彼には少し早すぎると思う。もっと多くの試合に出て多くのゴールを決めるところが見たい。そして、より自信を付けて成熟度を高めるべきだ」 なお、先日にはベルバトフ氏と同じく元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏も、今夏の残留を助言している。偉大なるクラブOBにレバークーゼンから働き掛けがあったかは不明だが、ハフェルツにとっては去就選択の大きな参考になるかもしれない。 2020.05.23 20:56 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング