リバプール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 リバプール 34 9 7 3 37 22 15 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-28
29:00
プレミアリーグ
第20節
トッテナム vs リバプール
2021-01-31
25:30
プレミアリーグ
第21節
ウェストハム vs リバプール
2021-02-03
29:15
プレミアリーグ
第22節
リバプール vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2021-02-07
25:30
プレミアリーグ
第23節
リバプール vs マンチェスター・シティ
2021-02-13
21:30
プレミアリーグ
第24節
レスター・シティ vs リバプール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.24
26:00
FAカップ
4回戦
マンチェスター・ユナイテッド 3 - 2 リバプール
2021.01.21
29:00
プレミアリーグ
第18節
リバプール 0 - 1 バーンリー
2021.01.17
25:30
プレミアリーグ
第19節
リバプール 0 - 0 マンチェスター・ユナイテッド
2021.01.08
28:45
FAカップ
3回戦
アストン・ビラ 1 - 4 リバプール
2021.01.04
29:00
プレミアリーグ
第17節
サウサンプトン 1 - 0 リバプール
基本データ

正式名称:リバプール FC

原語表記:Liverpool Football Club

愛称:レッズ

創立:1892年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

大不振リバプール、アレクサンダー=アーノルドは復調信じる「僕たちのリズムを取り戻したい」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、チームは不振からの脱却に必死で取り組んでいると明かしている。クラブ公式サイトが伝えた。 12月にはプレミアリーグ首位に立っていたリバプールだが、クリスマス後から絶不調に陥り、現在はリーグ5試合未勝利。順位は5位にまで転落し、タイトルどころか来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権すら逃しかねない状況だ。 また、24日に行われたFAカップ4回戦でもマンチェスター・ユナイテッドに敗れており、明るい兆しはなかなか見えてこない。こうした状況に、アレクサンダー=アーノルドも危機感を覚えていると語りつつ、チームは復調に向け必死に取り組んでいると強調した。 「僕たちは多くのことに取り組んでいるよ。この2、3年、高い基準を設定してきたから、周囲の人も自分たちも、それを維持して当たり前のようになっていると思う。だから、思うようにいかないときは他チームより目立ち、多くのことに目を向けられる」 「でも、それが僕らの担う責任だ。自分たちでも望んでいる勝ち点、必要としている勝ち点が得られていないのは理解しているよ。だから、なるべく早く自分たちのリズムを取り戻す必要がある。考え過ぎないようにしつつ、改善していきたいね。ここ数年続いたベストに戻りたいんだ」 「責めなければならないのは自分たちだけさ。結局のところ、僕たちは試合で勝ち点3を獲得し、勝利を手にするしかない。ここ数試合それができていない以上、自分たちのせいにするしかないね」 「あまり批判的になるのも良くないと思う。チャンスがあった試合は何度もあり、そこでもう少し点を取るべきだった。でも、それがフットボールだ。あまり深く考えず、自分たちを落ち込ませないようにしてきたが、やるべき必要があることは分かっているよ」 また、アレクサンダー=アーノルドは、28日に行われるプレミアリーグ第20節のトッテナム戦について言及。前回の対戦で勝利した相手に再び勝つことで、勢いを取り戻したいと意気込んだ。 「(前回のトッテナム戦は)今シーズンのベストゲームの1つだったね。タフな相手だが、対戦するときはいつも良い試合になっていると思う。勝ち点3を目標にしているし、自分たちが立てたプランを実行できれば、必ず成し遂げられると信じている」 「昨シーズンはゴールを決め、クリーンシートを達成し、1-0で勝利した場所だ。それをまた達成したい。スコアは気にしないし、4-3だろうと1-0だろうと構わないさ。僕たちは確実に、勝ち点3を獲得したいんだ。正しいメンタリティとパフォーマンスを発揮出来れば、そのチャンスは十分あるよ」 2021.01.27 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

急失速のリバプール、副将ミルナーはチームを鼓舞「ハードワークを続けるしかない」

リバプールで副キャプテンを務める元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、不振に陥るチームを鼓舞している。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは12月にプレミアリーグ首位に立ったものの、そこから急失速。現在はリーグ戦5試合未勝利の状況が続いており、順位も4位に転落している。また、24日に行われたFAカップ4回戦では、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドに敗れており、なかなか浮上のきっかけをつかめない状態だ。 こうしたチーム状況に対して、ユナイテッド戦フル出場を果たしたミルナーは、結果が出ない現状へのもどかしさを語りつつも、着実に調子は上向いていると強調している。 「(FAカップからの敗退には)失望している。これはカップ戦であり、重要なのは結果だけだからね。誇りに思えるプレーもあったが、防げたはずのゴールを与えてしまったことにはがっかりしているよ」 「ただ、今回の失望は、最近の試合に比べれば小さかったと思う。それは、今後の僕たちにとってプラスになると考えたいね」 また、ミルナーはチームが上手く機能していないと、さまざまな面で悪影響が生じることに言及。不調の時こそ、自分たちを見失わないようにしたいと語った。 「ここ数年のように連戦連勝を続けてきた時でも、なかには勝つに値しない試合がある。でも、思った通りに物事が進んでいる時は、何事も簡単に思えるものなんだ」 「そして、結果が思うように出ていない時は、以前できていたことが上手くいかなくなる。だからこそ、僕たちは意欲的にハードワークを続け、失望しても正しい反応をとり続ける必要がある」 「(ユナイテッド戦は)攻撃陣が懸命に働いて、いくつかの良いチャンスを作ってくれた。それに、アタッキングサードでのプレーはとても良かったと思う。今回はカップ戦だったけど、これがリーグ戦での調子を取り戻す第一歩になって欲しい」 2021.01.26 11:52 Tue
twitterfacebook
thumb

明暗くっきりのユナイテッドとリバプール、オーウェン氏は「2つチームの違い」に言及

かつてリバプールとマンチェスター・ユナイテッドでプレーした経験を持つ元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、明暗分かれる2つの古巣クラブを比較している。イギリス『ミラー』が伝えた。 リバプールはクリスマス直後から不調に陥り、現在リーグ5試合勝ちがない状況だ。加えて、その間のゴール数はわずか「1」と、深刻な得点力不足に悩まされている。一方、そのリバプールから首位を奪取したユナイテッドは、現在リーグ13試合負けなしと絶好調だ。 ここまで正反対の状態となっている両者は、24日に行われたFAカップ4回戦で対戦。点の取り合いとなった一戦は、MFブルーノ・フェルナンデスの決勝弾によって、ユナイテッドが3-2のスコアで勝利している。 両チームのOBであるオーウェン氏は、イギリス『BTスポーツ』でこの試合を振り返り、「オープンな試合だった」と評価。そのうえで、現在の両者の違いについてコメントした。 「リバプールの視点から見れば、残念な結果だったね。ただ、モハメド・サラーがユルゲン・クロップを喜ばせるような2ゴールを決めることはできた」 「私は今日、2つチームの違いが見られたと思う。一方(ユナイテッド)は非常に自信を持っており、現時点で素晴らしい形を見せている。もう一方(リバプール)は、ほんの少しの不調を抱えているね。今日はそれが、ほとんどの場面で影響を及ぼした」 また、オーウェン氏はこの試合で決勝ゴールを決めたB・フェルナンデスについて言及。途中交代で試合に入ったにもかかわらず、決定的な働きをした同選手を称賛している。 「サラーは2ゴールを決めたにもかかわらず、勝利を手にできなかったことを残念に思うだろう。スーパーサブとして、B・フェルナンデスが入ってきてしまったからね」 「B・フェルナンデスは普段はサブではないが、この試合では見事にゲームチェンジャーになってくれた。本当に素晴らしいフリーキックだったよ」 2021.01.25 15:44 Mon
twitterfacebook
thumb

“叫び声”でシュート直前のグリーンウッドを威嚇 リバプールDFロバートソンが必死の妨害も実らず

リバプールは24日に行われたFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。プレミアリーグではアンフィールドで69試合ぶりの敗戦を喫するなど、不振に陥るリバプール。この試合でもFWモハメド・サラーが2ゴールをマークしたものの、守備のミスがあり最終的に2-3で敗れた。 プレミアリーグでもここ5試合勝ちがなく、浮上のきっかけがつかめないリバプールだが、26分に同点に追いつかれたシーンでの、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのある行為が反響を呼んでいる。 ユナイテッド陣内でボールを奪われ、カウンターを発動されたリバプール。選手たちが必死に自陣に戻るも、FWマーカス・ラッシュフォードのロングパスでFWメイソン・グリーンウッドが右サイドを抜け出す。 グリーンウッドとGKアリソン・ベッカーとの1対1の場面になるが、シュートブロックに間に合わないと判断したロバートソンは後ろから思い切り叫び、大声でグリーンウッドを威嚇。集中力を逸らしてミスを誘おうとしていた。 しかし、19歳の逸材FWは冷静にゴール左へとシュートを流し込み、見事な同点ゴールを決めていた。 ロバートソンが後ろから叫んでいる姿には、イギリス『talkSPORT』も「ロバートソンの生意気な試み」と評した他、イギリス『ミラー』も「恥ずかしい試み」だとそのやや幼稚な妨害策に批判的に述べている。 <div id="cws_ad">◆ロバートソンがグリーンウッドを威嚇<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Andy Robertson tried to put Mason Greenwood off <a href="https://twitter.com/hashtag/MUNLIV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUNLIV</a> <a href="https://t.co/ye4JXba0wq">pic.twitter.com/ye4JXba0wq</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1353396505584017409?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てないリバプール、FAカップ敗退もクロップ監督は「チームへの信頼は揺るがない」と強調

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、FAカップ敗退を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日に行われたFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。プレミアリーグではアンフィールドで69試合ぶりの敗戦を喫するなど、不振に陥るリバプール。この試合でもFWモハメド・サラーが2ゴールをマークしたものの、守備のミスがあり最終的に2-3で敗れた。 この結果、FAカップ4回戦敗退となったリバプールは、プレミアリーグでもここ5試合勝ちがなく、浮上のきっかけがつかめない状況となっている。試合後のインタビューでクロップ監督は内容に一定の評価を示しつつ、結果を得るには改善が必要だと話した。 「望んでいた結果ではなく悔しいね。勝つためには最高のプレーが必要だった。実際は最高ではなかったが、良い方向へのステップはたくさん踏めたと思う。試合のスタートは良かったが、決定的なミスがあったね」 「最初の失点では、攻撃的になり過ぎて守備がおろそかだった。カウンターの対応は改善しなければならない。2ゴールを決めたのは良かったが、相手は3ゴールを決め勝ち越し、我々は勝ち越していない。それが事実だ」 「2ゴール以外でも、得点できるチャンスはあった。深いブロックに対して、多くのチャンスを作れたのは良かったよ。ただ、今日は結果が求められており、必要なものだった。2ゴールが3失点の免罪符にはならない。こういう時は頑固に、何度も正しいことをしなければならない。何かを変えたいなら、努力が必要だ」 また、クロップ監督は1月に入ってから公式戦わずか1勝のチームに対して、いまだに信頼は揺るいでいないと強調。一方で、全員が状況打開に努力していく必要があると語っている。 「チームに対する私の信頼に疑いの余地はない。だが、信頼というのは自分たちを批判しないという意味ではないよ。『ここ数年、君は素晴らしかったから多少ミスはあっても気にしない』というわけではないんだ」 「心配する必要はない。我々はグループとして本当の意味で一体になっているからね。1人の選手の問題は、我々全員の問題だ。ここ数年の非常に良い結果について、今は誰も考えてくれないが、我々はまたフットボールの試合に勝とうとしている。それだけさ」 「今夜は自信の問題は見られなかった。ただ、我々が言っているのは、しばらく得点がなければ明確に自信に影響があるということだ。世界最高のストライカーだって皆、得点できない瞬間があったと言うだろう。それにどう対処するかが全てであり、我々は改善に取り組んでいる。どうか私を信じてほしい」 2021.01.25 11:03 Mon
twitterfacebook

順位表



得点ランキング