リバプール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 リバプール 69 20 9 9 68 42 26 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
24:00
プレミアリーグ
第38節
リバプール 2 - 0 クリスタル・パレス
2021.05.19
28:15
プレミアリーグ
第37節
バーンリー 0 - 3 リバプール
2021.05.16
24:30
プレミアリーグ
第36節
ウェスト・ブロムウィッチ 1 - 2 リバプール
2021.05.13
28:15
プレミアリーグ
第34節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 4 リバプール
2021.05.08
28:15
プレミアリーグ
第35節
リバプール 2 - 0 サウサンプトン
基本データ

正式名称:リバプール FC

原語表記:Liverpool Football Club

愛称:レッズ

創立:1892年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

“9番”のポジションでの目標を語るオックスレイド=チェンバレン「ゴールで貢献することが一番だ」

リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、新たな役割でチームに貢献することを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 オックスレイド=チェンバレンは昨シーズン、開幕前の負傷の影響もありプレミアリーグでの先発出場はわずか2試合のみと不本意なシーズンに。中盤の序列争いで後れを取る厳しい状況だったが、新シーズンには新たに“9番”としてのポジションが与えられる可能性がある。 実際、5月に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第37節バーンリー戦では9番の位置でプレーしており、シーズン初ゴールをマークした。新シーズンに向けた親善試合でも9番の位置で起用されており、29日に行われた親善試合のヘルタ・ベルリン戦でも1ゴールを記録している。 ヘルタ戦後のインタビューに応じたオックスレイド=チェンバレンは、まず3-4のスコアで敗れたヘルタ戦の課題に言及。そのうえで、新たなポジションでのプレーについては手応えを得ており、チームのFWロベルト・フィルミノのようにプレーしつつ貪欲にゴールを狙いたいと語った。 「ヘルタ戦は良かった点と悪かった点があったね。ゲームをうまくコントロールして素晴らしいフットボールをしたとは思うけど、大事なときにミスをしてしまい十分な力を発揮できなかった。相手は良いチームで、僕たちを苦しめたね。もっと安定したプレーが必要であり、シーズンに向け回復力も高めないといけない」 「(9番でのプレーは)新しい役割であり、とても楽しんでいる。それはより良質な中盤がプレーするのと似たようなものだね。ボビー(ロベルト・フィルミノ)はフットボール界の誰よりも上手に守備をこなしていると思うから、僕もこの役割に慣れるよう努力したい。彼がやっていることについていくのは、簡単ではないけどね」 「ポゼッションの面を見ると、今は良いポジションでボールを持てるから楽しいよ。もし、このポジションでプレーする機会が増えたら、ゴールで貢献することが一番の目標になる。僕もチームもまだ成長途中であり、まだまだやるべきことはある。それはこれからも増えていくだろうから、改善し続けていきたいね」 2021.07.30 12:23 Fri
twitterfacebook
thumb

2人のCB復帰を心から喜ぶクロップ「彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しい」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとイングランド代表DFジョー・ゴメスの復帰を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ファン・ダイクは昨年10月に行われたプレミアリーグのエバートン戦で、相手のチャージを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚したため手術を行い、シーズン絶望となった。そして11月には、ゴメスもイングランド代表での練習中に左ヒザを負傷。こちらも手術を行ったため、シーズンを棒に振っている。 守備の柱を立て続けに失ったことでプレミアリーグでは王座を奪われたリバプールだが、29日に行われたヘルタ・ベルリンとの親善試合で、ファン・ダイクとゴメスはどちらも69分から途中出場。チームにとっても懸命のリハビリを続けた選手本人にとっても、待望の復帰を果たしている。 試合自体は3-4で敗れ、ファン・ダイクは失点にも絡んでしまったものの、インタビューに応じたクロップ監督は2人のCB復帰について喜びのコメント。チームにとっても選手にとっても、重要な一歩になると語った。 「今はいい気分だね。4点目は、誰もが分かる明確なカウンターのシチュエーションであり、もっとうまく守ることもできただろう。でも、それだけだ」 「正確な数字は把握していないが、ヴィルヒルは260日ほど、ジョーはそれよりは短い期間だけどフットボールから離れていた。だから、彼らが戻ってこられたのは本当に嬉しいね。これは最初のステップであり、本当に重要な第一歩だ」 2021.07.30 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

親善試合で4失点のリバプール、クロップ監督はチーム状態に満足も「よりコンパクトにならなければ…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、親善試合で見られたチームの課題について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 8月から開幕する新シーズンに向け、現在オーストリアでキャンプを実施しているリバプールは、29日に行われた親善試合でヘルタ・ベルリンと対戦。チームはまだ調整段階ということもあり4失点を喫したが、新シーズンには“9番“の位置での起用も想定されるアレックス・オックスレイド=チェンバレンにゴールが生まれたほか、DFヴィルヒル・ファン・ダイクとDFジョー・ゴメスが長期離脱から復帰するなど収穫のある一戦になった。 試合後のインタビューでクロップ監督も、この試合で結果にこだわりはなかったとコメント。一方で、チームの課題については細かく分析している。 「これはあくまでプレシーズンだ。もちろん、私はフットボールの試合であれば勝ちたいと思っているがね。今夜の失点は明らかにさまざまな理由に基づくものだった。1点目は不要なFKとトリッキーな状況からだ。カオイムヒン(・ケレハー)も飛び出せたと分かっているだろう」 「2失点目は、コスタス(コンスタンティノス・ツィミカス)がチャレンジしなかったためボールが中に入ってしまったね。とはいえ、そこから我々はゲームに復帰して、本当に良いフットボールを見せたと思う。ハーフタイムで2-2になり、すべて順調だった」 「その後、相手にヨベティッチが入ってきてからは、明らかにクロスが多い状況になった。ロボ(アンドリュー・ロバートソン)が対処していたが、カート(カーティス・ジョーンズ)もそこにいるべきだった。2対1の状況でクロスを上げられるのは、防がなければならない。ボールが空中にあるときは対処が難しく、センターバックも少し判断を誤ったと思う、それだけさ。4失点目はカウンターによるものだった」 「我々は本当に良い瞬間を迎えているが、陣形をあらゆる状況でよりコンパクトにする必要がある。やるべきことはまだあるんだ。今はお互いの距離が離れ過ぎていることがあり、ちゃんとした感覚を得られていない。オックス(オックスレイド=チェンバレン)のゴールは素晴らしかったね。我々の得点自体は素晴らしいものだったが、もっと得点を奪えたと思う」 また、クロップ監督はチームがこれからオーストリアを離れフランスのエビアンでキャンプを行うことに言及。このキャンプでチームに所属する選手がほぼ全員トレーニングに合流することを喜び、プレミアリーグ開幕戦に向け準備をしたいと語った。 「エビアンでのキャンプで、ほぼ全員がチームに復帰するだろう。そうなれば、我々は準備に取り掛かることができる。チームはお互いに慣れていけるはずだ」 「(プレミアリーグ開幕戦の)ノリッジとのアウェイゲームは難しいスタートになるだろう。それは仕方のないことだ。去年もそうであり、今年も変わらないだろう。だからこそ、我々は戦う準備をしなければならない」 2021.07.30 10:52 Fri
twitterfacebook
thumb

9カ月半ぶりのピッチ…ファン・ダイクが感謝のメッセージ「285日前、プレーに戻るための旅をスタートさせた」

大ケガからカムバックを果たし、ついに実戦に戻ったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、感謝の気持ちを綴った。 リバプールは29日、ヘルタ・ベルチンとのプレシーズンマッチを行った。 試合は南野拓実がゴールを決めるなどした中、ヘルタ・ベルリンに新加入したモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチが2ゴールの活躍を見せ、4-3でヘルタが勝利していた。 この試合の残り20分、リバプールのピッチサイドには2人の交代選手が。それはファン・ダイク、そしてイングランド代表DFジョー・ゴメスとケガで離脱していた2人だった。 ファン・ダイクは、2020年10月17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦で右ヒザを負傷。前十字じん帯の損傷と診断され手術。シーズンを棒に振っていた。また、オランダ代表として出場が期待されていたユーロ2020も諦めることに。新シーズンのリバプールでのプレーに照準を合わせることを発表していた。 懸命のリハビリを続けてきたファン・ダイクは、プレシーズンのトレーニングキャンプにも参加。しっかりとメニューをこなし、復帰も近いとされてきた中、9カ月半ぶりに試合のピッチに立つこととなった。 ファン・ダイクは自身のツイッターで復帰を受けてコメント。周囲への感謝の気持ちを伝えた。 「285日前、僕はプレーに戻るための旅をスタートさせた。自分の気持ちを表現するのは難しいけど、多くの素晴らしい人々のサポートを受けられ、恵まれていたと伝えることが重要だ」 「ドクター、フィジオセラピスト、監督、スタッフは最初から僕のそばにいてくれた。僕にエネルギーを与え、僕が顔を下げないように支え続けてくれたチームメイト。ファンの愛情、サポート、そして励ましの言葉」 「そして何よりも僕の家族。彼らがいなければ何もできなかった。ありがとう」 「仕事はもう止まらない。まだ始まったばかりだ。僕たちは進み続ける」 <span class="paragraph-title">【動画】感動の瞬間!ファン・ダイクがピッチに戻る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After months of hard work together, back on the pitch together <br><br>A fitting moment <a href="https://t.co/l6WleegrRQ">pic.twitter.com/l6WleegrRQ</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1420840519647866881?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.30 09:52 Fri
twitterfacebook
thumb

南野弾で一時同点もヘルタ・ベルリンに競り負けたリバプールがPSM初黒星…

リバプールは29日、プレシーズンマッチ(PSM)でヘルタ・ベルリンと対戦し3-4で敗戦した。南野は前半のみプレー。42分にゴールを記録した。 2試合目のプレシーズンマッチとなるリバプールは、[4-3-3]のフォーメーションを軸に、GKはケレハー、4バックはアレクサンダー=アーノルド、マティプ、イブラヒマ・コナテ、ツィミカスが並び、アンカーにミルナー、インサイドハーフにN・ケイタとエリオットを配置し、サラー、南野、マネの3トップという布陣を組んだ。 立ち上がりは一進一退の展開となる中、リバプールが先に決定機を迎える。16分、サラーの右クロスをファーサイドのマネがヘディングシュートを叩きつけたが、シュートはGKシュウォローの好守に阻まれた。 すると21分、リバプールはセットプレーから失点を許す。右サイドでツィミカスがルケバキオを倒すと、これで獲得したFKからプラッテンハールトがクロスを供給。ファーサイドに走り込んだアスカシバルがすべり込みながらボールをゴールに押し込んだ。 しかし、ここでヘルタにアクシデント。シュートの際にGKケレハーと接触したアスカシバルが側頭部を蹴られ、治療を受けるもプレー続行不可能となり、25分にダリダが緊急投入された。 反撃に出たいリバプールだったが、再びスコアを動かしたのはヘルタだった。31分、サイドチェンジをボックス右横で受けたルケバキオがボックス内に走り込んだセルダーへパス。少し持ち上がったセルダーは角度のないところから右足を振り抜くと、このシュートが左サイドネットに突き刺さった。 10分で2失点を喫したリバプールだったが、37分に反撃。左サイドをオーバーラップしたツィミカスの折り返しからマネがシュート。一度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球に素早く反応したマネが2度目のシュートでゴールネットを揺らした。 1点を返し勢いづくリバプールは、42分にも敵陣でボールを奪ったN・ケイタのスルーパスをゴールエリア左横で受けたサラーがヒールパスで折り返すと、最後は走り込んだ南野がゴールに流し込んだ。 同点で迎えた後半、南野やコナテ、マティプらを下げてチェンバレンやロバートソンらを投入リバプールは、立ち上がりから攻勢を強める。すると55分、右サイドで獲得したFKからアーノルドがクロスを上げると、マネがヘディングシュートで合わせたが、シュートは相手GKが足で弾き出した。 その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着状態が続いたが、リバプールは66分に失点を許す。右サイド深い位置まで持ち上がったルケバキオの右クロスがヨベティッチがヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 失点したリバプールは69分、フィリップスを下げて右ヒザの前十字靭帯損傷から復帰したファン・ダイクを投入。しかし、80分にはファン・ダイクを振り切ったヨベティッチにこの試合2点目を決められ、万事休す。 リバプールは88分にチェンバレンのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。3-4でリバプールがプレシーズンマッチ初黒星を喫した。 ヘルタ・ベルリン 4-3 リバプール 【ヘルタ・ベルリン】 アスカシバル(前21) セルダー(前31) ヨベティッチ(後21,後35) 【リバプール】 マネ(前37) 南野拓実(前42) チェンバレン(後43) 2021.07.30 05:20 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング