ザルツブルク

結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.02.25
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
ビジャレアル 2 - 1 ザルツブルク
2021.02.18
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
ザルツブルク 0 - 2 ビジャレアル
2020.12.09
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第6節
ザルツブルク 0 - 2 アトレティコ・マドリー
2020.12.01
26:55
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第5節
ロコモティフ・モスクワ 1 - 3 ザルツブルク
2020.11.25
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第4節
バイエルン 3 - 1 ザルツブルク
基本データ

正式名称:レッドブル・ザルツブルク

原語表記:FC Red Bull Salzburg

ホームタウン:ザルツブルク

チームカラー:紫 白

関連ニュース
thumb

堂安律所属のビーレフェルト、奥川雅也を買取OP付きレンタルで獲得! 指揮官も期待膨らませる

ビーレフェルトは31日、レッドブル・ザルツブルクに所属するMF奥川雅也(24)の加入を発表した。移籍形態は買い取りオプション付きの半年レンタルとなる。 奥川は京都サンガF.C.下部組織出身で、2015年からトップチームに昇格すると、同年夏にザルツブルクの実質的なリザーブチームにあたるリーフェリンクに加入。その後、マッテルスブルクやホルシュタイン・キールへのレンタルを経て、2019年夏にザルツブルク復帰を果たした。 2019-20シーズンは公式戦33試合に出場して11ゴールを記録。今季もここまで公式戦14試合に出場して3得点の数字を収めたが、徐々に出番が限定的となり、移籍の可能性も浮上している状況だった。 ウーベ・ノイハウス監督は「堂安律に似たタイプの選手で、クリエイティブかつ豊富なアイデアを持って前に道を探していける。フィニッシュだけでなく、組み立ても強み。我々の得点力は高まるはずだ」とPSVからレンタル加入中であるMF堂安律の名を挙げ、期待を口にした。 ビーレフェルトは今季、2006-07シーズン以来のブンデスリーガ復帰。18試合を消化した時点で5勝2分け11敗の15位に位置している。 2021.01.31 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

メンバー外続く奥川雅也、ザルツブルクSDが移籍の可能性を明かす

ザルツブルクに所属する日本代表MF奥川雅也(24)が移籍する可能性があるようだ。 2019-20シーズンの奥川は、オーストリア・ブンデスリーガで23試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、チャンピオンズリーグでも4試合に出場した。 シーズン途中にはエースとして活躍していたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがドルトムントへ、日本代表FW南野拓実がリバプールへと移籍。後半戦は主軸としてチームを支えていた。 今シーズンもシーズン序盤はリーグ戦やチャンピオンズリーグでも出場を重ね、11月には日本代表に初招集を受ける。しかし、チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出たために見送りに。その頃からメンバー外になることが増えた奥川は、今年に入ってもメンバー外が継続。ここまでリーグ戦7試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグでも3試合に出場し1ゴールを記録するに終わっていた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリストフ・フロイント氏は、選手の去就についてコメント。オーストリア『スカイ・スカイスポーツ』で奥川についても言及した。 「彼は昨シーズンは本当によくプレーしたが、現在はあまりプレーできていない」 「彼はとても優れた選手だが、競争は激しい状況だ」 「何かが起こる可能性を否定するつもりはない」 奥川は2015年7月に京都サンガF.C.からザルツブルクのリザーブチームに当たるリーフェリングへと加入。マッテルスブルクへのレンタル移籍を経ると、2018年7月にザルツブルクに加入した。 2018年8月からはドイツのホルシュタイン・キールへとレンタル移籍。2019年6月にザルツブルクへと復帰し、公式戦通算47試合で14ゴール8アシストを記録している。 果たして奥川はどこに移籍することになるだろうか。 2021.01.29 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今季のCLグループステージのベストゴールは? 編集部がトップ10を選出!

世界最高峰のサッカーが楽しめるUEFAチャンピオンズリーグ。ラウンド16は2月に再開する。 昨シーズンは集中開催でノックアウトステージを行なったCLだが、今シーズンは短い期間でグループステージを消化することに。月2試合のペースで過密日程ながら、最高峰の戦いが行われた。 グループステージでは289ゴールが誕生。今回は、その中でも衝撃的なゴールを10個選んで紹介したい。 <span class="paragraph-title">10.アレクサンドル・エロヒン/ゼニト</span> グループF第3節 vsラツィオ 32分:1-0 ボックス左でボールを持ったユーリ・ジルコフが左足でクロス。ボックス中央でFWアルチョム・ジューバが肩でつなぐと、MFダレル・クジャイェフがヘッドで繋ぐ。 これをライン裏でジューバが再びヘディングでつなぎ、最後はエロヒンが豪快にジャンピングボレーで叩き込んだ。 <span class="paragraph-title">9.アラサン・プレア/ボルシアMG</span> グループB第3節 vsシャフタール・ドネツク 26分:0-3 ボックス左を攻め立てたボルシアMGはマイナスのパス。これをボックス内でMFフロリアン・ノイハウスがスルー。すると、後方で待ち構えたFWアラサン・プレアが右足一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 <span class="paragraph-title">8.ウェストン・マッケニー/ユベントス</span> グループG第6節 vsバルセロナ 20分:0-2 ボックス内右角でパスを受けたMFフアン・クアドラードが浮き球のパス。ニアサイドでFWクリスティアーノ・ロナウドが囮になると、ボックス中央でマッケニーが豪快にジャンピングボレーを叩き込む。 <span class="paragraph-title">7.ルイス・ディアス/FCポルト</span> グループC第1節 vsマンチェスター・シティ 14分:0-1 ハーフウェイライン付近で味方がパスカット。そこからパスを受けたルイス・ディアスは、ドリブルを仕掛けると、左サイドから中央へカットイン。そのままボックス内に侵入すると、相手をかわしながらボックス右からシュート。これが逆サイドネットに決まった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoTXVWYXF3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">6.コランタン・トリソ/バイエルン</span> グループA第1節 vsアトレティコ・マドリー 66分:3-0 ボックス手前からのFKは相手のブロックに阻まれる。しかし、こぼれ球を拾ったボックスやや手前から右足一閃。丁寧にミートされたシュートは、名手ヤン・オブラクの手の届かないゴール右隅に突き刺さる。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZUDNuSDZWNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">5.ブリール・エンボロ/ボルシアMG</span> グループB第4節 vsシャフタール・ドネツク 46分:3-0 FKから浮き球のパスをゴール前に送ると相手DFがヘディングでクリア。これがボックス内で浮き球になると、エンボロが豪快にバイシクルシュート。これが見事に決まる <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NTA3S1E5SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">4.ドゥシャン・タディッチ/アヤックス</span> グループD第3節 vsミッティラン 13分:0-2 0-1でアヤックスがリードして迎えた12分にミッティランがバックパスの反則。ボックス内で間接FKを得ると、相手の全選手がゴールラインに並ぶ中、タディッチが豪快に左足を振り抜く。これがネットを揺らし、大きな壁をぶち破ってのゴールをなった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFZER5RnRrQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">3.ブルーノ・フェルナンデス/マンチェスター・ユナイテッド</span> グループH第4節 vsイスタンブール・バシャクシェヒル 7分:1-0 左CKを獲得したユナイテッド。ゴール前にクロスを上げるも、ニアサイドでクリア。しかし、この流れたボールをボックス手前でブルーノ・フェルナンデスが右足一閃。鋭いシュートがネットに突き刺さり、ユナイテッドが先制する。 <span class="paragraph-title">2.ドミニク・ショボスライ/ザルツブルク</span> グループA第1節 vsロコモティフ・モスクワ 45分:1-1 左CKを獲得すると、サインプレーでボックス左角にいたショボスライへグラウンダーのパスがわたる。 ショボスライは落ち着いて右足を振り抜くと、クロスバーを叩いたシュートがそのまま決まり、見事に同点に追いつく。 <span class="paragraph-title">1.ルカ・モドリッチ/レアル・マドリー</span> グループB第1節 vsシャフタール・ドネツク 54分:1-3 3点ビハインドのマドリーだったが、54分にボックスからやや離れた位置でマルセロからのパスを受けたモドリッチがプレスにきた相手DFをかわすとシュートモーションへ。すると、ブロックに入った相手をもう1人かわすと、ややブレた態勢から右足一閃。強烈なミドルシュートの前に相手GKアナトリー・トルビンは一歩も動けず。ゴール右隅の止められないコースへと決まった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvbWVaTzRFYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.01.25 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ザルツブルク、過去に半年間在籍のDFベルナルドがブライトンからレンタルで帰還

レッドブル・ザルツブルクは19日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからブラジル人DFベルナルド(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2014年に母国のレッドブル・ブラガンチーノでプロデビューしたベルナルドは、2016年1月にザルツブルクへ移籍。ザルツブルクでは、半年間の在籍で公式戦26試合に出場。その後、RBライプツィヒを経て2018年夏からブライトンでプレー。公式戦50試合に出場していた。 4年半ぶりの古巣帰還となったベルナルドは、クラブ公式サイトを通じてザルツブルクでの新たな意気込みを口にしている。 「2016年はここで短くて楽しい時間を過ごせた。(スポーツ・ディレクターの)クリストフ・フロイントから電話があったとき、その申し出を断ることはできなかったよ。これからの挑戦を楽しみにしているよ」 「クラブは以前に比べて大きく変わったね。今はオーストリアのチャンピオンであるだけでなく、ヨーロッパの舞台でも有名だね」 2021.01.19 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノア、若手CBオンゲネをザルツブルクからレンタル!

レッドブル・ザルツブルクは15日、カメルーン代表DFジェローム・オンゲネ(23)が今シーズン終了までジェノアにレンタル移籍することを発表した。 ソショーでプロキャリアをスタートしたオンゲネはシュツットガルトを経て2017年夏にザルツブルクへ完全移籍。ここまで公式戦93試合に出場するなど、屈強なフィジカルを売りとするセンターバックとして主力を担っている。 一方、今シーズンもセリエAで残留争いに身を置く17位のジェノアは、残留に向けた新戦力としてオンゲネの獲得直前に、オランダ代表MFケビン・ストロートマンをマルセイユからレンタルしている。 2021.01.16 01:48 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング