スタンダール・リエージュ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 スタンダール・リエージュ 8 2 2 2 8 10 -2 6
基本データ

正式名称:スタンダール・リエージュ

原語表記:Royal Standard de LIEGE

ホームタウン:リエージュ

チームカラー:赤 白

関連ニュース
thumb

セリエA昇格組のクロトーネ、ルーマニア代表FWドラグシュを買取OP付きレンタルで獲得

新シーズンをセリエAで戦うクロトーネは15日、スタンダール・リエージュのルーマニア代表FWデニス・ドラグシュ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2018年9月にルーマニア代表デビューを飾っているストライカー兼ウインガーのドラグシュは、昨年夏に母国のヴィトルルからスタンダール・リエージュに完全移籍。ただ、スタンダールではリーグ戦わずか2試合の出場に終わっていた。 クトローネは新シーズンに向けてアヤックスからアルゼンチン人DFリサンドロ・マガジャン(26)や、カリアリを退団していた元イタリア代表MFルカ・チガリーニ(34)、コゼンツァを退団していたフランス人FWエマニュエル・リビエール(30)らを獲得している。 2020.09.15 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵が途中出場もベールスホットは完敗で今季初黒星を喫す…《ジュピラー・プロ・リーグ》

鈴木武蔵の所属するベールスホットは30日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節でスタンダール・リエージュと対戦し、0-3で敗戦した。鈴木は78分からプレーした。 開幕3連勝で首位に立つベールスホットが、無敗で3位に位置するスタンダール・リエージュを迎えた一戦。今夏に北海道コンサドーレ札幌から加入した鈴木武蔵はベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に試合を動かしたのはアウェイチーム。32分、ファイとのパス交換でボックス右から侵入したラスキンの折り返しをアベナッティに流し込まれた。 先制を許したベールスホットは、69分に決定機。ブルダンとのパス交換でボックス左深くまで侵入したティスダリがGKとの一対一を迎えたが、シュートは枠の上に外した。さらにティスダリは、75分にもハレイミアの右クロスから決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の左に外れた。 ビックチャンスを逃したベールスホットは直後に失点を許す。77分、中盤でボールを受けたラスキンのスルーパスで抜け出したレスティエンヌがボックス右から侵入すると、冷静にゴール左隅にシュートを沈めた。 リードを広げられたベールスホットは、78分にサヌーシを下げて鈴木を投入。すると82分、味方の横パスをバイタルエリア中央に走り込んだ鈴木がミドルシュート。さらにこのクリアを敵陣で拾うと、ボックス右横でパスを受けたティスダリの折り返しを再び鈴木が狙ったが、これは左ポストを直撃した。 すると83分、スタンダール・リエージュはレスティエンヌの右クロスをファーサイドのウラレがヘディングで叩き込み、勝負を決定づける3点目を記録した。 結局、ベールスホットは最後までゴールネットを揺らすことが出来ず0-3で完敗。今季初黒星を喫している。 ベールスホット 0-3 スタンダール・リエージュ 【スタンダール・リエージュ】 アベナッティ(前32) レスティエンヌ(後32) ウラレ(後38) 2020.08.31 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノ、スタンダール・リエージュからコソボ代表DFヴォイヴォダを獲得

トリノは27日、スタンダール・リエージュからコソボ代表DFメルギム・ヴォイヴォダ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 スタンダール・リエージュの下部組織出身のヴォイヴォダは、187cmの恵まれた体躯と足元の技術に長けた攻撃的な右サイドバックだ。シント=トロイデンやムスクロンを経て、昨夏に古巣へ帰還を果たした25歳は、昨シーズンの公式戦30試合で1ゴール4アシストをマーク。今シーズンもここまでリーグ戦全試合にフル出場していた。 また、コソボ代表ではここまで22試合に出場し1ゴールを挙げるなど、主力として活躍している。 なお、ヴォイヴォダには今夏の移籍市場で右ウイングバックの主力を務める2選手の退団が噂されるアタランタが獲得に動いており、個人間合意に至ったと伝えられていたが、最終的な新天地はトリノとなった。 2020.08.28 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタ、2選手流出懸念の右WBの後釜確保へ! コソボ代表DFヴォイヴォダ加入へ

アタランタは今夏に2選手の流出が危惧される右ウイングバックの後釜候補を確保したようだ。 今シーズンのセリエAで3位、チャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初のベスト8進出を果たしたアタランタだが、今夏の移籍市場に向けてはオランダ代表MFハンス・ハテブール(26)、ベルギー代表DFティモシー・カスターニュ(24)と右ウイングバックの主力を務める2選手に退団の可能性が取り沙汰されている。 そういった中、セリエA屈指のスカウト網を誇るベルガモのクラブのレーダーに引っかかったのが、スタンダール・リエージュに所属するコソボ代表DFメルギム・ヴォイヴォダ(25)だ。 スタンダール・リエージュの下部組織出身のヴォイヴォダは、187cmの恵まれた体躯と足元の技術に長けた攻撃的な右サイドバックだ。シント=トロイデンやムスクロンを経て、昨夏に古巣へ帰還を果たした25歳は、昨シーズンの公式戦30試合で1ゴール4アシストの数字を残していた。 また、コソボ代表ではここまで22試合に出場し1ゴールを挙げるなど、主力として活躍している。 体格やユーティリティー性などハテブールと非常に近いプロフィールを持つヴォイヴォダだが、より推進力に長けたオランダ代表に対して、正確な両足のキックや相手の逆を取る形の仕掛け、インナーラップを多用するなど、よりテクニカルで多彩な印象だ。 そのアタランタの新戦力候補は『gazetaolle』でクラブとの個人間での合意を認めている。 「アタランタの代表が僕に会うために2、3回ベルギーに来たよ。彼らと条件面で同意し、現在は2つのクラブが細部を詰めている段階さ。月曜日(17日)の話し合いの後に何かが決まると思う。他にも3つのクラブが関心を示してくれているけど、アタランタが間違いなくベストな候補だね」 なお、イタリアとベルギーの双方メディアの情報をまとめると、移籍金に関してはボーナスを含め400~600万ユーロ(約5億~7億6000万円)。契約期間は4年か5年となる見込みだ。 2020.08.17 15:06 Mon
twitterfacebook
thumb

S・リエージュ、過去にソシエダやレンヌを指揮したモンタニエ氏を招へい

スタンダール・リエージュは10日、フィリップ・モンタニエ氏(55)の新指揮官招へいを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、シーズン途中での打ち切りとなったジュピラー・プロ・リーグを5位で終えたスタンダール・リエージュ。 今月8日にミシェル・プロドーム監督(61)の退任および副会長としての残留を発表していたクラブは、来季からの新監督にフランス人指揮官のモンタニエ氏を指名した。 2012-13シーズンのラ・リーガでレアル・ソシエダをチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に導いた実績を持つモンタニエ氏は、以降スタッド・レンヌやノッティンガム・フォレスト、U-20フランス代表監督を歴任。今年2月下旬まではリーグ・ドゥ(フランス2部)のRCランスを指揮していた。 2020.06.10 19:34 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング