ニーム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 ニーム 15 4 3 13 16 41 -25 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-02-03
29:00
リーグ・アン
第23節
パリ・サンジェルマン vs ニーム
2021-02-07
23:00
リーグ・アン
第24節
ニーム vs モナコ
2021-02-13
リーグ・アン
第25節
ディジョン vs ニーム
2021-02-20
リーグ・アン
第26節
ニーム vs ボルドー
2021-02-27
リーグ・アン
第27節
ニーム vs ナント
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.16
25:00
リーグ・アン
第20節
マルセイユ 1 - 2 ニーム
2021.01.09
29:00
リーグ・アン
第19節
ニーム 0 - 1 リール
2021.01.06
27:00
リーグ・アン
第18節
ストラスブール 5 - 0 ニーム
2020.12.23
27:00
リーグ・アン
第17節
ニーム 1 - 3 ディジョン
2020.12.20
23:00
リーグ・アン
第16節
サンテチェンヌ 2 - 2 ニーム
基本データ

正式名称:ニーム・オリンピック

原語表記:Nimes Olympique

創立:1937年

ホームタウン:ニーム

チームカラー:赤/白

関連ニュース
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、植田直通デビュー戦予定のニーム戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は20日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、24日開催予定だったリーグ・アン第21節、ニームvsロリアンの開催延期を決定した。 フランス『Ouest-France』によると、すでに前節のディジョン戦の開催延期を余儀なくされていたロリアンは、18日にトレーニングに参加できたトップチームの選手が12名しかおらず、試合開催に必要な人員を用意することが難しいことから2戦連続での開催延期となったという。 なお、対戦相手のニームには日本代表DF植田直通が18日に加入しており、本来であればこのロリアン戦がデビュー戦となるはずだった。 2021.01.21 01:14 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表DF植田直通が仏1部ニームに期限付き移籍! 背番号は「27」

ニームは18日、セルクル・ブルージュから日本代表DF植田直通(26)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」を着用する。 2013年に大津高校から鹿島アントラーズに入団した植田は、2018年7月にセルクル・ブルージュへ完全移籍。在籍2年半で公式戦通算で55試合1ゴールを記録した。 今シーズンは序盤戦こそ出場機会を手にしていたものの、10月以降はメンバー外になる事も多く、ジュピラー・プロ・リーグ8試合の出場にとどまっていた。 ニームはここまで4勝3分13敗で18位。リーグ・アン最多の41失点で守備面の強化が必須な状況だが、植田は救世主になることができるのだろうか。 なお、リーグ・アンではストラスブールの日本代表GK川島永嗣、マルセイユのDF酒井宏樹、DF長友佑都に続いて今シーズン4人目の日本人選手となる。 2021.01.18 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表DF植田直通がリーグ・アンへ移籍か? 最下位のニーム移籍が近いと識者が明かす

セルクル・ブルージュに所属する日本代表DF植田直通(26)に移籍の可能性があるようだ。 植田は2018年7月に鹿島アントラーズからセルクル・ブルージュへと移籍。ここまで公式戦で55試合に出場し1得点を記録している。 今シーズンもジュピラー・プロ・リーグで8試合に出場している植田。しかし、10月以降はメンバー外になる事が多く、2試合の出場に終わっている状況だ。 その植田は、ここに来てリーグ・アンへの移籍が浮上しているとのこと。その行き先として名前が挙がっているのがニームだ。 フランスでコメンテーターやジャーナリストとして知られ、ニームに精通しているロマン・コレット=ガウディン氏が、自身のツイッター(@RomainCG75)で植田の移籍について言及している。 「日本代表のセンターバックである植田直通は、ニーム・オリンピックに接近している」 ニームは現在のリーグ・アンで最下位に1。19試合を終えて勝ち点12であり、残留ラインの17位ナントとの勝ち点差は「5」となっている。ただ、得点が14に対して失点は40とまずは守備の改善に着手することになるが、チームでの出場機会を得られていなくなっている植田が救世主となるだろうか。 2021.01.15 21:11 Fri
twitterfacebook
thumb

王者PSG、リーグ再開戦で4得点大勝! ムバッペ2Gにフロレンツィは2試合連続ゴール《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、リーグ・アン第7節でニームと対戦し、敵地で4-0で勝利した。 代表ウィーク明け一発目となる試合。開幕連敗スタートから一転して4連勝と本来の調子を取り戻してきていたPSGは、中断前のアンジェ戦は新加入のフロレンツィやネイマールの2ゴールなどで6得点大勝を収めた。 それからちょうど2週間ぶりの一戦に、スタメンは今夏の移籍市場最終日に獲得が発表されたケアンやラフィーニャら新戦力を起用。一方で、エースのネイマールはブラジル代表の長距離移動による疲労を考慮して、ベンチ外となっている。 下馬評通りPSGが優位に試合を進める中、10分を過ぎたところで相手のタックルを受けたパレデスが負傷し続行不可能に。早くも交代カードを一枚切り、エレーラを緊急登板させた。 PSGが不測の事態に巻き込まれた一方、その直後にニームのランドレがラフィーニャに対し足裏タックルを見舞い一発退場に。すると数的有利となったアウェイチームがそこから猛攻を始める。 まずは24分、フロレンツィのクロスをムバッペがヘディングシュート。29分にはサラビアの右からのクロスをエレーラが頭で合わせてGKレネを強襲。 そして迎えた32分、相手の攻撃を躱してGKから素早くカウンターにつなげたPSGは、ピッチ中央からラフィーニャが見事なスルーパスを前線に通し、ムバッペがボックス左へ。最後はGKも抜き去ったムバッペがゴールに流し込み、先制に成功した。 その後も攻撃の手を緩めない王者は、38分にはフロレンツィがミドルシュート、40分にはケアンが決定機を迎えるが、GKレネの好セーブに阻まれる。このケアンのシュートが防がれた直後のCKでは、グイエのヘディングシュートが飛び出すがレネがビッグセーブ。43分のムバッペのヘディングもレネが右足一本で止めて見せた。 後半もPSGが優勢に試合を進めるものの、なかなか追加点を奪うことができない。およそ9割のポゼッションで相手を釘付けにする中、66分に左から上がったクロスをダイレクトで合わせたフロレンツィのボレーシュートが左ポストを直撃するシーンも。 1人少ないながらも水際で食い止め続けるニームは70分に反撃。左サイドの突破からクロスが上がると、エリアソンがワントラップからバイシクルシュート。これが後半初シュートとなったが、枠には飛ばなかった。 75分が過ぎ、そろそろ2点目が欲しいPSGは、フロレンツィのヘディングシュートが右ポストを叩いた直後の78分、途中出場のダグバが右サイドから上げたクロスをサラビアが折り返すと、ゴール前に飛び込んだフロレンツィがダイビングヘッドでねじ込み、欲しかった追加点をゲットした。 これで余裕が出来たPSGは、83分にムバッペが決定的な3点目を追加。88分にはサラビアにもゴールが生まれ、終わってみれば4得点大勝で、リーグ戦5連勝を収めている。 そして、この4日後にはチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦が控えている。 2020.10.17 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユに続き、ニームでもコロナ感染か…リーグ・アンは21日開幕

ニームは14日、クラブ内で新型コロナウイルス感染の疑いがあることを報告した。また、これに伴い、15日に予定されていたディジョンとの親善試合は中止されることになった。 フランスでは前日にマルセイユでもコロナ感染の疑いがあるとして、シュツットガルトとの親善試合を中止。フランス人DFジョルダン・アマヴィがその感染者と言われているが、ニームでは詳細は不明となっている。 ここ最近で感染が増えている新型コロナウイルス。先日にはバルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボが感染。ビルバオでは6人の感染が確認されており、また日本でもサガン鳥栖でクラスターが発生するなど、その脅威が再び猛威を奮いつつある。 なお、ニームやマルセイユのリーグ・アンは今月21日に新シーズンが開幕。なんとか感染拡大を抑えて欲しいところだが。 2020.08.14 19:55 Fri
twitterfacebook

順位表



得点ランキング