ニーム

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ニーム 8 2 2 3 9 11 -2 7
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-25
23:00
リーグ・アン
第8節
ボルドー vs ニーム
2020-11-01
23:00
リーグ・アン
第9節
ニーム vs メス
2020-11-07
リーグ・アン
第10節
ニーム vs アンジェ
2020-11-21
リーグ・アン
第11節
スタッド・ランス vs ニーム
2020-12-05
リーグ・アン
第13節
ニーム vs マルセイユ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.16
28:00
リーグ・アン
第7節
ニーム 0 - 4 パリ・サンジェルマン
2020.10.04
20:00
リーグ・アン
第6節
モンペリエ 0 - 1 ニーム
2020.09.27
22:00
リーグ・アン
第5節
ニーム 1 - 1 RCランス
2020.09.18
28:00
リーグ・アン
第4節
リヨン 0 - 0 ニーム
2020.09.13
22:00
リーグ・アン
第3節
ニーム 2 - 4 レンヌ
基本データ

正式名称:ニーム・オリンピック

原語表記:Nimes Olympique

創立:1937年

ホームタウン:ニーム

チームカラー:赤/白

関連ニュース
thumb

王者PSG、リーグ再開戦で4得点大勝! ムバッペ2Gにフロレンツィは2試合連続ゴール《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、リーグ・アン第7節でニームと対戦し、敵地で4-0で勝利した。 代表ウィーク明け一発目となる試合。開幕連敗スタートから一転して4連勝と本来の調子を取り戻してきていたPSGは、中断前のアンジェ戦は新加入のフロレンツィやネイマールの2ゴールなどで6得点大勝を収めた。 それからちょうど2週間ぶりの一戦に、スタメンは今夏の移籍市場最終日に獲得が発表されたケアンやラフィーニャら新戦力を起用。一方で、エースのネイマールはブラジル代表の長距離移動による疲労を考慮して、ベンチ外となっている。 下馬評通りPSGが優位に試合を進める中、10分を過ぎたところで相手のタックルを受けたパレデスが負傷し続行不可能に。早くも交代カードを一枚切り、エレーラを緊急登板させた。 PSGが不測の事態に巻き込まれた一方、その直後にニームのランドレがラフィーニャに対し足裏タックルを見舞い一発退場に。すると数的有利となったアウェイチームがそこから猛攻を始める。 まずは24分、フロレンツィのクロスをムバッペがヘディングシュート。29分にはサラビアの右からのクロスをエレーラが頭で合わせてGKレネを強襲。 そして迎えた32分、相手の攻撃を躱してGKから素早くカウンターにつなげたPSGは、ピッチ中央からラフィーニャが見事なスルーパスを前線に通し、ムバッペがボックス左へ。最後はGKも抜き去ったムバッペがゴールに流し込み、先制に成功した。 その後も攻撃の手を緩めない王者は、38分にはフロレンツィがミドルシュート、40分にはケアンが決定機を迎えるが、GKレネの好セーブに阻まれる。このケアンのシュートが防がれた直後のCKでは、グイエのヘディングシュートが飛び出すがレネがビッグセーブ。43分のムバッペのヘディングもレネが右足一本で止めて見せた。 後半もPSGが優勢に試合を進めるものの、なかなか追加点を奪うことができない。およそ9割のポゼッションで相手を釘付けにする中、66分に左から上がったクロスをダイレクトで合わせたフロレンツィのボレーシュートが左ポストを直撃するシーンも。 1人少ないながらも水際で食い止め続けるニームは70分に反撃。左サイドの突破からクロスが上がると、エリアソンがワントラップからバイシクルシュート。これが後半初シュートとなったが、枠には飛ばなかった。 75分が過ぎ、そろそろ2点目が欲しいPSGは、フロレンツィのヘディングシュートが右ポストを叩いた直後の78分、途中出場のダグバが右サイドから上げたクロスをサラビアが折り返すと、ゴール前に飛び込んだフロレンツィがダイビングヘッドでねじ込み、欲しかった追加点をゲットした。 これで余裕が出来たPSGは、83分にムバッペが決定的な3点目を追加。88分にはサラビアにもゴールが生まれ、終わってみれば4得点大勝で、リーグ戦5連勝を収めている。 そして、この4日後にはチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦が控えている。 2020.10.17 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユに続き、ニームでもコロナ感染か…リーグ・アンは21日開幕

ニームは14日、クラブ内で新型コロナウイルス感染の疑いがあることを報告した。また、これに伴い、15日に予定されていたディジョンとの親善試合は中止されることになった。 フランスでは前日にマルセイユでもコロナ感染の疑いがあるとして、シュツットガルトとの親善試合を中止。フランス人DFジョルダン・アマヴィがその感染者と言われているが、ニームでは詳細は不明となっている。 ここ最近で感染が増えている新型コロナウイルス。先日にはバルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボが感染。ビルバオでは6人の感染が確認されており、また日本でもサガン鳥栖でクラスターが発生するなど、その脅威が再び猛威を奮いつつある。 なお、ニームやマルセイユのリーグ・アンは今月21日に新シーズンが開幕。なんとか感染拡大を抑えて欲しいところだが。 2020.08.14 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

降格圏ニームがドイツ2部からセネガル人FWコネを完全移籍で獲得

リーグ・アンのニームは22日、ブンデスリーガ2部のディナモ・ドレスデンから元U-20セネガル代表FWムサ・コネ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までとなる。 ムサ・コネは、母国セネガルのダカール・サクレ・クールから2015年10月にスイスのチューリッヒへと完全移籍。2018年1月からディナモ・ドレスデンでプレーして居た。 今シーズンはブンデスリーガ2部で16試合に出場し6ゴール1アシスト、DFBポカールでは2試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 また、U-20セネガル代表として2015年に行われたU-20ワールドカップにも出場。チームの4位に貢献していた。 ニームは、今シーズンのリーグ・アンで現在降格圏の19位に位置。プレーオフラインの18位アミアンとは勝ち点差3、残留圏の17位メスとは勝ち点差5となっている。 2020.01.23 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

レンヌの16歳逸材MFが8月のリーグ・アン月間最優秀選手候補に選出!

フランス・プロサッカー選手協会(UNFP)は9日、2019年8月のリーグ・アン月間最優秀選手候補3名を発表した。その3選手の中に16歳の逸材MFがノミネートされた。フランス『レキップ』が伝えている。 UNFPは9日、新シーズン初となるリーグ・アン月間最優秀選手候補としてスタッド・レンヌのアンゴラ人MFエドゥアルド・カマヴィンガ(16)、ニームのアルジェリア代表MFジネディーヌ・フェルハト(26)、トゥールーズのフランス人GKバチスト・レネ(28)の3選手を選出した。 その3選手の中で最も注目を集めるのが、先日にマンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムからの関心が伝えられたレンヌの16歳の超新星だ。 今年4月にプロデビューを飾ったカマヴィンガは、今シーズンも開幕からの4試合すべてでフル出場。第2節のパリ・サンジェルマン戦では絶対王者相手に中盤の主導権争いでチームに優位性をもたらす見事なパフォーマンスを披露し、決勝点までアシストしていた。 そして、守備的MFを主戦場にしながらも縦への推進力や身体能力、攻撃センスを持ち合わせることから、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバとも比較される逸材だ。 その他の候補者2選手に関しては、8月開催の4試合で1ゴール1アシストを記録するなど、右サイドからニームの攻撃を牽引し、鋭い仕掛けや攻撃センスで多くの見せ場を作ったフェルハト。4試合で5失点を喫したものの、それ以上のビッグセーブが際立っていたトゥールーズの守護神レネが高い評価を受けている。 2019.09.10 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

王者PSGがリーグ3連覇に向け快勝スタート《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、2019-20シーズンのリーグ・アン開幕節でニームと対戦し、3-0で勝利した。 昨シーズン、リーグ・アン連覇を達成するも国内タイトルは1冠に終わったPSG。3連覇を目指す新シーズンに向けては、先週末に行われたレンヌとのトロフェ・デ・シャンピオンを勝利するなど、順調な調整を見せている。 昇格組ながら昨シーズンを9位で終えたニームをホームに迎える開幕戦に向けてトゥヘル監督は、レンヌ戦からスタメンを2人変更。エレーラ、ムニエに代えてドラクスラー、チアゴ・シウバを先発で起用。なお、今夏に移籍が噂されているネイマールはベンチ外となった。 レンヌ戦同様に[4-3-3]の布陣を採用したPSGが、立ち上がりからボールを支配する。すると16分、ボックス左からカットインしたムバッペが右足を振り抜いたが、このシュートは相手GKは正面でキャッチ。 主導権を握るPSGは22分、サラビアの右CKが相手DFにクリアされたが、PSG側がボックス内でのハンドを主張。その後行われたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、サラビアのCKがゴール前のパブロ・マルティネスの手に当たっており、PSGがPKを獲得。このPKをカバーニがゴール左に決めた。 先制したPSGは、42分にも後方から持ち上がったディアロのスルーパスでボックス左深くまで抜け出したムバッペの折り返しをニアに走り込んだカバーニが合わせたが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 後半に入っても主導権を譲らないPSGは56分、マルキーニョスのロングパスをボックス左深くで受けたベルナトがマイナスの折り返しを供給すると、最後はムバッペがゴール左へシュートを突き刺した。 追加点を奪ったPSGは、64分にサラビアを下げてディ・マリアを投入。すると69分、左サイドで高い位置でヴェラッティがボールを奪うと素早く中央へパス。ボックス左手前でボールを受けたムバッペが、相手マークを引きつけボックス右に展開すると、最後は走り込んだディ・マリアが冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。 その後も危なげない試合運びを見せたPSGは、3点のリードを守り抜き試合終了。リーグ3連覇を目指すPSGが、新シーズンの初戦を快勝で飾った。 2019.08.12 06:00 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング