ストラスブール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ストラスブール 38 11 5 11 32 32 0 27
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-04-05
リーグ・アン
第31節
ストラスブール vs アンジェ
2020-04-12
リーグ・アン
第32節
ニース vs ストラスブール
2020-04-26
リーグ・アン
第34節
レンヌ vs ストラスブール
2020-05-03
リーグ・アン
第35節
ストラスブール vs マルセイユ
2020-05-10
リーグ・アン
第36節
ニーム vs ストラスブール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.02.29
28:00
リーグ・アン
第27節
モンペリエ 3 - 0 ストラスブール
2020.02.22
28:00
リーグ・アン
第26節
ストラスブール 0 - 0 アミアン
2020.02.16
23:00
リーグ・アン
第25節
リヨン 1 - 1 ストラスブール
2020.02.09
25:00
リーグ・アン
第24節
ストラスブール 3 - 0 スタッド・ランス
2020.02.05
27:00
リーグ・アン
第23節
トゥールーズ 0 - 1 ストラスブール
基本データ

正式名称:RCストラスブール

原語表記:Racing Club de Strasbourg

創立:1906年

ホームタウン:ストラスブール

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

ストラスブール川島永嗣に第二子! インスタで報告

ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣(37)が1日、自身のインスタグラム(eijikawashima01)で第二子となる女児の誕生を報告した。 川島は「先日、無事に娘が産まれました。この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です。そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」と綴った。 代表通算81キャップを誇り、2018年からストラスブールでプレーする川島は2014年9月に一般女性と入籍。2015年12月に第一子となる男児を授かった。 2020.06.01 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、ティエリ・ローレイ監督との契約を1年延長!

ストラスブールは21日、ティエリ・ローレイ監督(56)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 現役時代にバランシエンヌやソショー、モンペリエなどでプレーしてきたローレイ監督は、2016年5月にストラスブールの監督に就任した。 指導者としてのキャリアを始めたのは現役最後のクラブとなったモンペリエだった。その後、2007年に3部リーグのセトで監督として本格始動。アミアンやアルル=アヴィニョンを経て就任したアジャクシオでは、リーグ・アン昇格へ導くも2015-16シーズンにリーグ・ドゥへ降格し解任の憂き目に。 そして16-17シーズン、当時リーグ・ドゥだったストラスブールに就任したローレイ監督は1年目で見事に優勝に導き、10年ぶりのリーグ・アン昇格を果たした。 3シーズン連続で1部残留となった今季、ここまで11勝5分け11敗で11位に位置している。 2020.03.22 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で延期となったストラスブールvsPSGの代替え日が18日に決定

フランス・プロリーグ機構(LFP)は11日、延期となっていたリーグ・アン第28節ストラスブールvsパリ・サンジェルマン(PSG)の代替日を発表した。 同試合は7日に開催が予定されていたが、ストラスブールの所在するフランスのバ=ラン県が発令した新型コロナウイルス(COVID-19)に関する規制を理由に延期未定となっていた。 LFPの発表によれば、代替日は同月18日に決定。試合は無観客で行われるという。 PSGは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのドルトムント戦(H)、15日にニース戦(H)、22日にマルセイユ戦(A)が控えており、約半月で4試合という超過密日程となっている。 2020.03.12 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響でストラスブールvsPSGの試合が延期に…フランスでは初

フランス・プロリーグ機構(LFP)は6日、リーグ・アン第28節のストラスブールvsパリ・サンジェルマン(PSG)の試合を延期にすることを決定した。 新型コロナウイルスの影響がついにフランスにも波及。7日に予定されていた上記の試合が延期未定となった。この決定は、コロナウイルスに関するフランスのバ=ラン県の規制によるものだと、LFPは説明している。 世界中で猛威を振るう新型肺炎によって中国をはじめ日本でもサッカーだけでなくあらゆるスポーツで延期や無観客試合が余儀なくされている。欧州ではイタリアではすでにセリエAなどの日程の変更が強いられており、フランスでは今回が初のケースとなった。 2020.03.07 07:15 Sat
twitterfacebook
thumb

約5カ月ぶりのスタメン出場も4失点…GK川島永嗣「ブーイングされて当たり前」《キリンチャレンジカップ2019》

今年6月に開催されたコパ・アメリカ以来、約5カ月ぶりに日本代表のゴールマウスを守ったストラスブールGK川島永嗣。失点シーンは難しかったとはいえど4失点を喫した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1pj2dn4y87nvm1o15h1xdc13qp" async></script></div> 「選手がこれだけ変わっている中で、立ち上がりで失点したことで、流れをうまく持って行かれてしまったかなと」試合を振り返る川島。「うまくいきそうで、自分たちのミスだったりとか、危険なシーンを作られていた。後半はあれだけよくできたので、前半のうちに修正できればよかったかなと思います」と、後半の内容が良かっただけに最悪の前半を悔やんだ。 失点を重ねたことについては「距離感がそもそも、攻撃の部分でも守備の部分でも、人に行っているようでも相手に上手くスペースを使われていました」とコメント。この内容にパナソニックスタジアム 吹田に駆け付けたファンも納得いかず、前半が終わると大ブーイングを浴びせた。 「ブーイングされて当たり前だと思いますし、内容もそうですし、結果も含めて当たり前だと思います。選手はそれを受け止めて後半に臨みました」とサポーターの行動に理解を示し、「自分たちが満足する結果や内容では全くなかったです」と自分たちも苦い前半の展開であったと語った。 36歳244日で歴代3位の年長出場記録となったベテラン守護神だが、「これだけ前半と後半の内容が違う試合はなかなかないと思います」と珍しい経験だと語る。 それでも、「経験しなければ前には自分たちも進めないですし、今、自分を含めて今のチームに新しい血を入れられるのは、新しい選手しかいないので、チームをより強くしていくためには、今日出た選手たちがもっともっと突き上げて行かなければいけない部分があると思います」と力説。レギュラー組を脅かす存在が生まれることで、チームが成長するとの持論を述べた。 一方で、「自分のように経験ある選手が、伝えなければいけないと思いますし、引っ張って行かなければいけないと思います」と猛省する川島。「自分たち自身も、もちろん個もそうですけど、チームとしても、やっぱり学ばなければいけないかなと思います」と今回の教訓を今後に繋げていく覚悟を示した。 2019.11.20 06:55 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング