ストラスブール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ストラスブール 42 11 9 18 48 58 -10 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
28:00
リーグ・アン
第38節
ストラスブール 1 - 1 ロリアン
2021.05.16
28:00
リーグ・アン
第37節
ニース 0 - 1 ストラスブール
2021.05.09
22:00
リーグ・アン
第36節
ストラスブール 2 - 3 モンペリエ
2021.04.30
28:00
リーグ・アン
第35節
マルセイユ 1 - 1 ストラスブール
2021.04.25
22:00
リーグ・アン
第34節
ストラスブール 1 - 2 ナント
基本データ

正式名称:RCストラスブール

原語表記:Racing Club de Strasbourg

創立:1906年

ホームタウン:ストラスブール

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

バレンシア退団のガメイロが13年ぶりに古巣ストラスブールへ帰還!「僕の故郷」

ストラスブールは18日、バレンシアを退団した元フランス代表FWケビン・ガメイロ(34)をフリーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、背番号は「9」を着用する。 ストラスブールの下部組織出身のガメイロは、2005年にトップチームに昇格。その後、ロリアン、パリ・サンジェルマン(PSG)、セビージャ、アトレティコ・マドリーでのプレーを経て、2018年夏にバレンシアへ完全移籍。 3シーズンを過ごしたバレンシアでは、準主力として通算121試合に出場し24ゴール12アシストを記録。契約最終年となった昨季は、細かなケガに悩まされながらもラ・リーガ27試合に出場し4ゴールを挙げていた。 13年ぶりの古巣帰還となった元フランス代表FWは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ストラスブールに復帰できてとても嬉しいよ。このシャツを着て、またサポーターに会えることを誇りに思っているよ。僕はクラブが悪い時期も常にチームを追いかけていた。そして戻ってくるべき時が来た。ストラスブールは僕の故郷だ。僕はここでトレーニングを受け、プロとして最初の一歩を踏み出し、そして妻と出会ったんだ」 2021.07.19 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ストラスブールがコートジボワール代表MFを再レンタル! 昨季は公式戦30試合に出場

ストラスブールは16日、モナコからコートジボワール代表MFジャン=ユード・アオル(27)を1年間のレンタル移籍で獲得した。今回の契約には買い取り義務付きオプションが付随している。 なお、フランス『L'Alsace』が伝えるところによれば、移籍金は300万ユーロ(約3億9000万円)程度になる見込みだという。 リールBでキャリアをスタートしたアオルはオルレアンを経て2017年1月にストラスブールへ加入。同クラブのリーグ・アン昇格に貢献し、翌シーズンも主力として活躍すると、2018年にモナコへのステップアップを果たした。 身長187㎝と恵まれた体格を持ち、ボランチを主戦場とするレフティーは、モナコでは思うように出場機会を得られず。一昨季はサンテチェンヌ、昨季はストラスブールにレンタル移籍に出されていた。 昨季の公式戦30試合に出場するなど主力として残留に貢献した古巣で引き続きプレーすることになったアオルは、「ストラスブールは僕にすべてを与えてくれたクラブだ。ここで続けていけること、そして満員のメノーにサポーターと共に戻ってこられることをとても嬉しく思うよ」と、新たな決意を口にしている。 2021.07.17 14:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、マルセイユから若手CBペランをレンタル!

ストラスブールは14日、マルセイユからフランス人DFリュカ・ペラン(22)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 地元出身で幼少期からマルセイユの下部組織に在籍していたペランは、2019年9月に行われたディジョン戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームで公式戦13試合に出場し、今年4月のモンペリエ戦では待望のリーグ・アン初ゴールも挙げていた。 また、昨シーズンまでマルセイユに在籍していた日本代表DF酒井宏樹(現浦和レッズ)は187cmのセンターバックに関して、「とても若い選手ですが、落ち着いていて、安定感があって安心感もあります」と、そのパフォーマンスを評価していた。 そして、新シーズンは日本代表GK川島永嗣の同僚として昨季15位のストラスブールの最終ラインを支えることになる。 2021.07.14 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表戦にも出場したセルビア代表DFミトロビッチがヘタフェに完全移籍

ヘタフェは6日、ストラスブールのセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 ミトロビッチはツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身。ファーストチームに昇格することなくスロベニアのペトルチャルカへと完全移籍。その後、チェコのズブロヨフカ・ブルノ、セルビアのメタラツを経て、2012年にベルギーのコルトレイクへと加入する。 その後、ベンフィカやレアル・バジャドリー、フライブルク、ヘントでプレーすると、2018年7月からストラスブールでプレーしていた。 リーグ・アンでは89試合に出場し3ゴール1アシスト。ジュピラー・プロ・リーグでは84試合で6ゴールを記録。ストラスブールでは日本代表GK川島永嗣と、ヘント時代はFW久保裕也とチームメイトとしてプレーしていた。 また、セルビア代表としても26キャップを記録。6月に行われた日本代表との試合にもキャプテンとして出場していた。 2021.07.06 18:56 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表GK川島永嗣がストラスブールと2年間の契約延長「全力を尽くしていきたい」

ストラスブールは12日、日本代表GK川島永嗣(38)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。 大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた川島は、2004年1月に名古屋グランパスへと完全移籍。しかし、当時日本代表の守護神だったGK楢崎正剛の前にポジションを掴めないでいると、2007年1月に川崎フロンターレへと移籍。正守護神として活躍する。 2010年7月に海を渡りベルギーのリールセへと完全移籍。その後ははスタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メスへと移籍を繰り返し、2018年8月にストラスブールへと加入した。 ストラスブールではポジションを失うこともありながら、今シーズンはリーグ・アンで24試合に出場。チームを残留に導く活躍を見せていた。 川島は自身のインスタグラムでも契約延長を報告している。 「この度ストラスブールと2年契約延長をしました。このクラブで自分の挑戦を続けられる事、そしてクラブからの信頼に心から感謝しています」 「ここからがまたスタート。ストラスブールというクラブと共に夢を共有し、叶えるために全力を尽くしていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】川島永嗣、ストラスブールでのセーブ集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SQTm_LO9t14";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.06.12 19:55 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング