ストラスブール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ストラスブール 39 11 6 16 42 50 -8 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-25
22:00
リーグ・アン
第34節
ストラスブール vs ナント
2021-05-01
リーグ・アン
第35節
マルセイユ vs ストラスブール
2021-05-08
リーグ・アン
第36節
ストラスブール vs モンペリエ
2021-05-15
リーグ・アン
第37節
ニース vs ストラスブール
2021-05-22
リーグ・アン
第38節
ストラスブール vs ロリアン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.18
22:00
リーグ・アン
第33節
ニーム 1 - 1 ストラスブール
2021.04.10
24:00
リーグ・アン
第32節
ストラスブール 1 - 4 パリ・サンジェルマン
2021.04.04
22:00
リーグ・アン
第31節
ボルドー 2 - 3 ストラスブール
2021.03.21
21:00
リーグ・アン
第30節
ストラスブール 1 - 2 RCランス
2021.03.14
23:00
リーグ・アン
第29節
レンヌ 1 - 0 ストラスブール
基本データ

正式名称:RCストラスブール

原語表記:Racing Club de Strasbourg

創立:1906年

ホームタウン:ストラスブール

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

「2度目の青春を過ごしている」守護神定着のストラスブールGK川島永嗣、正GK復帰で控えへ降格か

ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣(38)だが、出場機会を失う可能性があるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 2018年夏にストラスブールへと加入した川島は、第3GKとして加入後2シーズンでわずか1試合の出場にとどまっていた。 しかし、今シーズンは正守護神のベルギー人GKマッツ・セルスが負傷。さらに、フランス人GKのビンゴル・カマラとのポジション争いを制し、リーグ・アン22試合にフル出場。代役を見事に務めてきた。 そんな中、セルスが長期離脱から復帰。第29節のスタッド・レンヌ戦からはベンチ入りを果たしている。 21日に行われたリーグ・アン第30節のRCランス戦では川島が先発に起用されたものの、5分には右CKの対応を誤り、失点に繋がってしまう場面もあった。 次節以降、ティエリ・ローレイ監督がどちらを起用するかは不明だが、『レキップ』はセルスのコンディション次第では川島が控えに回る可能性を指摘した。それでも、代役を務めあげた川島に対し、「38歳になったにも関わらずストラスブールで2度目の青春を過ごしている」「セルスの確固たる代役」と存在感を示したベテランを称賛している。 <span class="paragraph-title">◆38歳川島がランス戦で超反応セーブ!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1uqzn8a7qr3dx1qkf82p2qjvcm" async></script> 2021.03.23 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがウパメカノ後釜確保! ストラスブールから逸材CBシマカンを獲得!

RBライプツィヒは22日、ストラスブールからフランス人DFモハメド・シマカン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「2」に決定。2021年7月1日付けでの加入となるシマカンは2026年6月30日までの5年契約にサインしている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 今年1月に右ヒザの関節鏡手術を受けて離脱中だが、今季のリーグ・アンでは19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを披露していた。 以前にはミランから強い関心を受けていた逸材は、来シーズンのバイエルン移籍が決定したフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜を担う。 ライプツィヒでスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は逸材センターバックの獲得に満足感を示している。 「モハメド・シマカンは、堅牢でダイナミックな万能型のディフェンダーだ。センターバックでもサイドバックでもプレー可能であり、まだ若く、多くの成長が期待できる。ストラスブールではすでに2シーズンにわたって主力として活躍し、ヨーロッパリーグでも経験を積んでいる。他のクラブが興味を示していたにもかかわらず、彼が我々を選んでくれたことを嬉しく思う」 一方、近年リーグ・アンの若手選手のステップアップの場となっているライプツィヒ入りを決断した20歳DFは、今回の移籍が自身にとってベストな選択だったと主張している。 「僕がRBライプツィヒを選んだのは、このクラブが自分のキャリアにとってベストだと思ったからなんだ。ここでは、可能な限り最高の方法で成長し続けることができ、毎日挑戦することができる」 「ブンデスリーガ、ライプツィヒ、そしてチームメイトやファンのみんなに会えることを楽しみにしているよ。自分の気持ちを決める前に何人かのプレーヤーと話をしたけど、彼らは良いことしか言っていなかったよ。できるだけ早く溶け込んで、クラブが大きな目標を達成するために自分の役割を果たしたいと思っている」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">+++ Verstärkung für die Defensive<br> <br>Mohamed <a href="https://twitter.com/hashtag/Simakan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Simakan</a> wechselt zur neuen Saison von Racing Straßburg zu <a href="https://twitter.com/hashtag/RBLeipzig?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RBLeipzig</a>. Der 20-jährige Innenverteidiger erhält einen Vertrag bis 2026.<br> <br>Bienvenue, Mohamed!<br> <br>Alle Infos zum Transfer<br> <a href="https://t.co/pFjZVxtArY">https://t.co/pFjZVxtArY</a> <a href="https://t.co/XrSHqcmdxc">pic.twitter.com/XrSHqcmdxc</a></p>&mdash; Die Roten Bullen (@DieRotenBullen) <a href="https://twitter.com/DieRotenBullen/status/1373983327519191040?ref_src=twsrc%5Etfw">March 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.22 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

10年前に日本代表レギュラーの座を掴んだグラーツに戻った川島永嗣「全然覚えていなかった(笑)」

9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 先陣を切って取材に応対したのは、チーム最年長であるGK川島永嗣(ストラスブール)。10月のオランダ遠征に引き続き招集されている。 オーストリアに来た印象については「10月に引き続いて、こういった形で日本代表の試合ができることは、今の日本代表にとっては予選に向けても、自分たちが成長していくという意味でも大切だと思うので、今ヨーロッパにいる選手しか来れない状況はありますが、チームとして成長できる時間にしたいと思っています」と、この先の成長に向けて大事な期間にしたいと語った。 10月のカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦では出場機会がなかった川島。しかし、代表活動は刺激を得られたという。 「去年の11月からなかなか活動できなかった中で、10月は久々にみんなの顔を見ることができて、活動がない中で、ニュースを通してだけじゃなくて、自分たちのチームメイトが実際にどういう成長を遂げているとか、どう過ごしているかを肌で感じられたと思いますし、そこで刺激を得られたのが10月だったと思います」 「年齢的には一番上ですが、若い選手も含めてそういった姿を見ることは刺激になりましたし、チームにも戻ってもモチベーションが高かったです。チームが成長する意味でも重要なので、良い形でこの11月のシリーズを迎えられると思います」 その川島だが、6日にはリーグ・アン第10節でマルセイユと対戦。DF酒井宏樹は出場停止により欠場となったが、DF長友佑都が右サイドバックとして先発フル出場を果たしていた。 自身はベンチで試合を見守ることとなったが、長友のプレーを間近で見たことについて「佑都とも代表で長くやらせてもらっていますし、色々な試合も練習も通して色々時間を過ごしていますが、佑都とこうやってフランスで出会えると思っていなかったので、彼の姿をマルセイユで対戦相手として見られたのはすごく嬉しかったです」と、率直にプレーを見られたことを喜んだ。 一方で、「自分自身もチームでチャンスを探っている中で、佑都もこういう形でポジション争いも厳しい中でやっていますが、ピッチの上に立っている姿は刺激になりました。そういう部分は代表に良い形で還元できればと思います」とし、ベテラン同士でも刺激しあえている事を明かした。 長らく日本代表の正守護神として活躍してきた川島だが、レギュラー奪取となったのは、2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前に行われたイングランド代表戦だった。 そのキッカケとなった試合が行われたのが、今回のキャンプ地であるグラーツ。試合はメルクール・シュピール・アレーナで行われたが、その点については「それは全然覚えていなかったです(笑)」とコメント。「あの時はどこでやるとか、どのスタジアムでやるかとかを考える余裕はなかったです」と、当時はその余裕がなかったと明かし、「今その話を聞いて感慨深くなっています」と笑顔を見せた。 改めて、自身の代表の原点とも言えるグラーツについては「そう考えると、そういう場所に戻ってこれたのは非常に感慨深いですし、日本代表として選手としてここに戻ってこれたことは非常に幸せだと思います」とコメント。「サッカーにおいては、物事はすぐ変わりますし、常に自分自身がパフォーマンスで貢献できなければ意味がないと思うので、11月もチームにしっかり貢献できるようにプレーしたいです」と改めて気を引き締めた。 また、グラーツはかつて日本代表を率いたイビチャ・オシム氏が在住している中、今回のメンバーでは唯一指導を受けていた川島。グラーツに来る際はオシム氏のことを思い出していたと明かした。 「ここに来る時に考えていたのはオシムさんのことでした。代表にいさせてもらう中で、オシムさんとやらせてもらった時間は特別でした。試合に出させてもらうことはなかったですが、色々な意味で大きな刺激をくれた人でした。オシムさんもストラスブールでプレーしていたので、そういった話もしたいなと思っていました」 今回の11月のキャンプは、来年3月に迫るカタール・ワールドカップ2次予選に向けた最後の調整の場ともなる。 川島は今回のキャンプについて「まだ他の選手が来ていないので話はしていないですが、前回は2試合を久々に集まって、短い時間の中でもやれたこと、結果を2試合目で残せたことは大きいことだと思います」とコメント。「ただ、自分たちが目指すものというか、それぞれのパフォーマンスはもっともっと良くなると思います。攻撃の部分でも自分たちがリスクを負ってやらないといけない部分もあるし、ダイナミックさを求めないといけないと思います。結果を求めながら、どういう質を追求していくかは、11月の2試合はより表現していかなければいけないと思います」とし、この2試合でも結果を求めて戦うと意気込んだ。 2020.11.09 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユが川島のストラスブールに辛勝、長友は公式戦7試合ぶりの出場《リーグ・アン》

リーグ・アン第10節、ストラスブールvsマルセイユが6日に行われ、0-1でマルセイユが辛勝した。ストラスブールのGK川島永嗣はベンチ入りも出場機会はなく、マルセイユのDF長友佑都はフル出場、酒井宏樹は出場停止のため欠場となった。 19位ストラスブール(勝ち点6)と5位マルセイユ(勝ち点15)による日本人在籍チーム同士の対戦。マルセイユは出場停止の酒井に代わって長友がスタメンとなり、公式戦7試合ぶりの出場となった。 長友が[4-4-2]の右サイドバックでスタートした中、マルセイユがやや押し気味に試合を進めたものの、前半はシュートを1本も打てず低調なままゴールレスで終了した。 迎えた後半、ストラスブールに押される展開となったマルセイユは58分にピンチ。カチのシュートが長友の足に当たってディフレクトし、右ポストに直撃した。 劣勢のマルセイユは66分、キュイザンスに代えてパイエを投入すると、72分にスコアを動かした。パイエの仕掛けを起点に、ペナルティアーク右のサンソンがボレーシュート。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さってマルセイユが先制した。 終盤にかけては守備に徹したマルセイユが何とか逃げ切り。格下ストラスブールに苦戦しながらも辛勝し、長友も勝利に貢献した。 2020.11.07 06:57 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング