ストラスブール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ストラスブール 3 1 0 6 6 16 -10 7
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-25
23:00
リーグ・アン
第8節
ブレスト vs ストラスブール
2020-11-01
23:00
リーグ・アン
第9節
スタッド・ランス vs ストラスブール
2020-11-07
リーグ・アン
第10節
ストラスブール vs マルセイユ
2020-11-21
リーグ・アン
第11節
モンペリエ vs ストラスブール
2020-11-28
リーグ・アン
第12節
ストラスブール vs レンヌ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.18
20:00
リーグ・アン
第7節
ストラスブール 2 - 3 リヨン
2020.10.04
22:00
リーグ・アン
第6節
ストラスブール 0 - 3 リール
2020.09.27
22:00
リーグ・アン
第5節
モナコ 3 - 2 ストラスブール
2020.09.20
22:00
リーグ・アン
第4節
ストラスブール 1 - 0 ディジョン
2020.09.12
28:00
リーグ・アン
第3節
サンテチェンヌ 2 - 0 ストラスブール
基本データ

正式名称:RCストラスブール

原語表記:Racing Club de Strasbourg

創立:1906年

ホームタウン:ストラスブール

チームカラー:青/白

関連ニュース
thumb

GK川島永嗣が偉大な先輩である川口能活コーチを語る「気持ち的にも大きな刺激になっている」

日本代表は6日、オランダのユトレヒトで2日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前に、GK川島永嗣(ストラスブール)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年11月以来の代表合流となった川島だが、今回の活動については「待ちに待った代表活動だと思います。選手、スタッフ含めてモヤモヤした気持ちでした。サッカーファンもこの時を待ち望んでいたと思います。みんなで合流できて嬉しいですし、試合に向けてみんなでやって行きたいと思います」と、久々の活動に気を引き締めた。 今回の遠征には、GKコーチとして日本代表で長らく守護神を務めた川口能活氏が帯同。かつて一緒にプレーした川島は「まずは僕も能活さんが引退されてから会うのが初めてですし、昨日話していて、2010年のワールドカップ以来会うのが初めてなんじゃないかというぐらい久々に会ったので、こういう場所で能活さんに会えるのは嬉しいですし、スタッフに入ってGK練習にいることは気持ち的にも大きな刺激になっています」とコメント。偉大な先輩からの指導を受けることが刺激になると語った。 今回はアフリカの2カ国との対戦となるが、川島は「アフリカの2チームということで、ヨーロッパの中でも大きなクラブでやっている選手も多いですし、経験も持ち合わせた良い2カ国だと思います」と印象をコメント。「それこそヨーロッパのチーム、南米のチーム、アフリカのチームという点では、アフリカのチームはリズムや技術的に優れた選手が多いので、自分たちがどう対応できるのか。ヨーロッパでやっている選手しかいない今回の中で、普通の基準として捉えてやらなければいけないかなと思います」と語り、日頃のチームでの経験、感覚を代表の場で見せる時だと語った。 コロナ禍では難しい日々を過ごしていた川島だが、その難しい時期については「多くの選手もそうですし、多くの人がそうですが、当たり前のことが当たり前でなくなったということは多かったと思います」とコメント。「ただ、色々な状況にやはり人は変化に対応していかなければいけません。その中で自分がアダプトできるかというのがあります」と適応していくことが重要だと語った。 また「難しいのはトレーニングできない、試合ができない、代表の活動ができないという中で、新しい環境の中でどれだけ高みを目指して、こういう期間を新たに物事を作る期間にできるかという意識でいました」とし、貴重な代表活動の場でしっかりと結果を残していきたいと意気込んだ。 今回の代表戦の意義については「僕自身は37歳ですが、子供たちが夢を抱くと同じように、日本代表というのはすべての人にとっての夢だと思います。そういう場所が1年間、多くの人に与えられなかったのは大きな時間のロスだと思います」とコメント。「試合をする姿を見せることが、子供達に一番良い影響を与えると思うので、試合をさせてもらえるのは僕たちにとっても多くの人にとって新たな希望になると思います」とし、希望を与えられる内容を見せたいとした。 2020.10.06 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「たくさんの夢を見させてくれて本当に本当にありがとう」GK川島永嗣が引退のDF内田篤人へメッセージ、代表活動での裏話も

ストラスブールの日本代表GK川島永嗣が、現役引退を発表した元日本代表DF内田篤人へメッセージを送った。 川島と内田は日本代表の一員として長らくチームメイトとしてプレー。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2014年のブラジル・ワールドカップとともに選出されていた。 また、内田は2010年7月に海を渡りドイツのシャルケへ、川島も同じタイミングでベルギーのリールセへ移籍し、その後はスタンダール・リエージュ、ダディー・ユナイテッド、メス、ストラスブールとヨーロッパでプレーを続けている。 川島は自身のインスタグラム(eijikawashima01)を更新し、引退する内田へメッセージ。思い出を綴るとともに、これからのキャリアにエールを送っている ◆川島永嗣のメッセージ 親愛なるあつとへ。 いつから仲良くなったんだろうか。 思い返せば初めて会ったのはあつとがまだ19歳の時。 代表キャンプの時、まだほっそりした身体から強烈なシュートを決められて、ものすごい身体能力を持っている事に驚かされた事を昨日の事のように思い出すよ。 代表キャンプの時は、勝手に部屋に来て、自分の好きな音楽をひたすらリピートして、勝手に昼寝して、勝手に帰ってく(笑) くだらない冗談でいつも笑ってたな。 あつとがシャルケにいる時、どう考えても海外向きじゃない性格のあつとが、周りの人から親しまれ、自分から積極的にコミュニケーションを取る姿を見て、自分を変えようと、並々ならぬ覚悟が裏側にある事を知った。 日本人で初めてチャンピオンズリーグの準決勝の舞台に立つ姿をスタジアムで観た時は、同じ日本人として選手として、大きな感動を与えてもらったよ。 ブラジルW杯の時。毎日増えていく膝のテーピングの数とは裏腹に。プレーでも態度でも一切そんな事は見せなかった。もし、その無理があつとの残りの選手生活を変えたとしても、あの姿やプレーを見せられるのは内田篤人だけだったと思う。 自分がチームが見つからずに苦しんでいる時。あつとがリハビリをしていて、その時ボソっと言った言葉は今でも励みになっているよ。 「えいじさんはチーム見つかればサッカーできるからいいじゃん」 ただただ、痛みもなくサッカーを目一杯できることが人生にとどれだけ喜びを与えてくれることか。 選手として、そして仲間として。たくさんの夢を見させてくれて本当に本当にありがとう。 そして本当に最後の最後まで怪我と向き合って本当によくやった。 寂しいけど。。 本当に寂しいけどな。 でも、あつとにとってはここからがまたスタート。 少しゆっくりして、また多くの人にこれからも夢を与えて続けて下さい。 2020.08.25 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ストラスブール川島永嗣に第二子! インスタで報告

ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣(37)が1日、自身のインスタグラム(eijikawashima01)で第二子となる女児の誕生を報告した。 川島は「先日、無事に娘が産まれました。この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です。そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です」と綴った。 代表通算81キャップを誇り、2018年からストラスブールでプレーする川島は2014年9月に一般女性と入籍。2015年12月に第一子となる男児を授かった。 2020.06.01 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、ティエリ・ローレイ監督との契約を1年延長!

ストラスブールは21日、ティエリ・ローレイ監督(56)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 現役時代にバランシエンヌやソショー、モンペリエなどでプレーしてきたローレイ監督は、2016年5月にストラスブールの監督に就任した。 指導者としてのキャリアを始めたのは現役最後のクラブとなったモンペリエだった。その後、2007年に3部リーグのセトで監督として本格始動。アミアンやアルル=アヴィニョンを経て就任したアジャクシオでは、リーグ・アン昇格へ導くも2015-16シーズンにリーグ・ドゥへ降格し解任の憂き目に。 そして16-17シーズン、当時リーグ・ドゥだったストラスブールに就任したローレイ監督は1年目で見事に優勝に導き、10年ぶりのリーグ・アン昇格を果たした。 3シーズン連続で1部残留となった今季、ここまで11勝5分け11敗で11位に位置している。 2020.03.22 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で延期となったストラスブールvsPSGの代替え日が18日に決定

フランス・プロリーグ機構(LFP)は11日、延期となっていたリーグ・アン第28節ストラスブールvsパリ・サンジェルマン(PSG)の代替日を発表した。 同試合は7日に開催が予定されていたが、ストラスブールの所在するフランスのバ=ラン県が発令した新型コロナウイルス(COVID-19)に関する規制を理由に延期未定となっていた。 LFPの発表によれば、代替日は同月18日に決定。試合は無観客で行われるという。 PSGは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのドルトムント戦(H)、15日にニース戦(H)、22日にマルセイユ戦(A)が控えており、約半月で4試合という超過密日程となっている。 2020.03.12 03:00 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング