RBライプツィヒ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 RBライプツィヒ 66 19 9 6 63 29 34 34
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.25
27:00
DFBポカール
決勝
RBライプツィヒ 0 - 3 バイエルン
2019.05.18
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ブレーメン 2 - 1 RBライプツィヒ
2019.05.11
22:30
ブンデスリーガ
第33節
RBライプツィヒ 0 - 0 バイエルン
2019.05.03
27:30
ブンデスリーガ
第32節
マインツ 3 - 3 RBライプツィヒ
2019.04.27
22:30
ブンデスリーガ
第31節
RBライプツィヒ 2 - 1 フライブルク
基本データ

正式名称:RBライプツィヒ

原語表記:RasenBallsport Leipzig e.V.

創立:2009年

ホームタウン:ライプツィヒ

チームカラー:白/赤

関連ニュース
thumb

RBライプツィヒ、チェルシーの大器アンパドゥがレンタル加入へ!

RBライプツィヒが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。ドイツ『スカイ・スポーツ』は19日、同選手が加入に向けてメディカルチェックを受診していると報じた。 現在、チェルシーは日本でのプレシーズンツアーを行っている最中だが、アンパドゥはその遠征メンバーを外れていた。そして、フランク・ランパード新監督は、明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見の場で、「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、同選手の移籍の可能性を認めていた。 その新天地に関しては、チェルシーのレジェンドである元イングランド代表DFのジョン・テリー氏がコーチを務めているプレミアリーグ昇格組のアストン・ビラが候補に挙がっていたが、アンパドゥは同世代の英国産タレントが活躍しているドイツの地を武者修行の場に選んだようだ。 なお、昨年9月にチェルシーと新たな5年契約にサインしているアンパドゥのライプツィヒ移籍に関しては、買い取りオプションなどは付いておらず、通常のレンタルとなる。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、チェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、昨シーズンはヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 また、高次元のフットボールセンス、身体能力を併せ持ちセンターバックと守備的MFのいずれのポジションでも将来を嘱望される逸材は、2017年11月にデビューを飾ったウェールズ代表ですでに8キャップを刻んでいる。 2019.07.20 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、PSGからMFエンクンクを獲得! 「プレースタイルが完全にマッチする」

Bライプツィヒは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ライプツィヒはエンクンクの獲得に際して移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部をPSGに支払うようだ。 下部組織時代の2010年から9年間を過ごしたPSGを離れて初の国外移籍を選択したエンクンクは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「RBライプツィヒのユニフォームを着ることができて本当に幸せな気分だよ。これまでこのクラブに関する多くのことを聞いてきたんだ。そして、このクラブが志向するプレースタイルと自分のスタイルが完全にマッチすることを確信しているよ」 「新たなチームメートに関して、ケビン・オギュスタンとデヨール・ウパメカーノはパリで、ノルディン・ムキエレとはU-21代表で一緒にプレーしているんだ。だから、このクラブに早く馴染めると思っているよ」 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されていた。一時は今冬にも獲得に動いたアーセナル行きが噂されていたものの、若手タレント発掘に定評があるライプツィヒ入りが決定した。 2019.07.18 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、アーセナル関心のエンクンク獲得が決定的に!

RBライプツィヒがパリ・サンジェルマン(PSG)のU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)の獲得を決定的なモノにしたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でPSG退団が有力視されるエンクンク。その新天地に関してはPSGで指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが有力視されてきた。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した同クラブは緊縮財政を強いられており、その他の補強ポジションを優先し、現時点では同選手から撤退した模様だ。 その間隙を突いて一気に交渉を進めたのは、国内外の若手タレントに触手を伸ばすライプツィヒ。『レキップ』が伝えるところによれば、両クラブは今週初めに移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部という条件で合意に至ったという。 また、エンクンク自身も移籍を了承しており、18日にも現地でメディカルチェックを受診し、5年契約にサインする見込みだ。 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されている。 2019.07.17 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、エバートンからFWルックマン獲得へ! 昨夏からの交渉が実を結ぶ

RBライプツィヒが、エバートンに所属するU-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(21)の獲得を決定的なモノとしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は、両クラブが2250万ポンド(約30億2000万円)でクラブ間合意に至ったと伝えている。 チャールトンでプロキャリアをスタートさせたルックマンは、2017年1月にエバートンに完全移籍。すぐさまトップチームデビューを飾ったものの、ポジションを得るまでには至らず、昨年2月にはライプツィヒにレンタルで加入。 すると、持ち味の爆発的なスピードと勝負度胸満点の仕掛けを武器にブンデスリーガ11試合5ゴール4アシストを記録するなど、印象的な活躍を披露。そのため、昨夏ライプツィヒは完全移籍での買い取りをオファーも、エバートン側を納得させる額を掲示できなかった。 そして、昨シーズンはエバートンにレンタルバックしたルックマンだが、マルコ・シウバ監督の信頼を得ることはできず、公式戦24試合で1ゴールを記録もリーグ戦でのスタメンはわずか3試合のみとなっていた。 なお、FIFA U-20ワールドカップでU-20イングランドの初優勝に貢献したルックマンだが、先日行われたU-21欧州選手権ではメンバー外となっており、今後はインパクトを残したドイツでのプレーを通じて、フル代表への道を目指すことになる。 2019.07.17 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、ライプツィヒ退団の19歳フランス人ウインガーを獲得

リヨンは9日、ライプツィヒを退団していたニコラス・フォンテイン(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。 左ウイングを主戦場とするフォンテインは、2016年夏にエビアンからライプツィヒに移籍。ライプツィヒではトップチームでの出場機会がなかった中、契約満了によりこの夏に退団していた。世代別のフランス代表ではU-16から選出され、U-18まで選ばれていた。 2019.07.10 03:37 Wed
twitterfacebook




順位表

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

得点ランキング