RBライプツィヒ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 RBライプツィヒ 50 15 5 3 43 20 23 23
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-03-06
23:30
ブンデスリーガ
第24節
フライブルク vs RBライプツィヒ
2021-03-10
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
リバプール vs RBライプツィヒ
2021-03-13
23:30
ブンデスリーガ
第25節
RBライプツィヒ vs フランクフルト
2021-03-19
28:30
ブンデスリーガ
第26節
ビーレフェルト vs RBライプツィヒ
2021-04-03
25:30
ブンデスリーガ
第27節
RBライプツィヒ vs バイエルン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.03
28:45
DFBポカール
準々決勝
RBライプツィヒ 2 - 0 ヴォルフスブルク
2021.02.27
26:30
ブンデスリーガ
第23節
RBライプツィヒ 3 - 2 ボルシアMG
2021.02.21
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ヘルタ・ベルリン 0 - 3 RBライプツィヒ
2021.02.16
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
RBライプツィヒ 0 - 2 リバプール
2021.02.12
28:30
ブンデスリーガ
第21節
RBライプツィヒ 2 - 1 アウグスブルク
基本データ

正式名称:RBライプツィヒ

原語表記:RasenBallsport Leipzig e.V.

創立:2009年

ホームタウン:ライプツィヒ

チームカラー:白/赤

関連ニュース
thumb

DFBポカールベスト4進出のライプツィヒ、ナーゲルスマンは「最後まで戦ってくれた」チーム称賛

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、カップ戦での勝利に歓喜している。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは3日に行われたDFBポカール準々決勝で、ヴォルフスブルクと対戦。ブンデスリーガでも上位争いを繰り広げる相手に対して前半は拮抗した展開となったが、63分に先制点を奪う。試合終了間際にはFWファン・ヒチャンが2点目を決め、2-0で勝利。この結果、ライプツィヒはDFBポカールベスト4進出が決定。クラブ初タイトルに向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督は、チーム全体のパフォーマンスに満足しているとコメント。そのうえで、1点目のアシストを記録するなど印象的な活躍を見せたFWアレクサンデル・セルロートを特に称えている。 「選手たちは今日、非常に良いゲームをしてくれたと思う。チームにしっかりコミットしていたと思うし、最後まで戦ってくれた。こうした姿勢は、私もピッチ脇でお手本にしたい」 「先週のボルシアMG戦でもそうだったが、アレックス(アレクサンデル・セルロート)は今日も非常によくやってくれた。試合に大きな影響を与えてくれたと思う」 「本来のアレックスがようやくチームに来てくれたと感じているよ。彼は堅い守備を誇るチーム相手に、多くのチャンスを作ってくれるんだ。それから、ゴールを決めてくれたファン・ヒチャンについても嬉しく思っている」 2021.03.04 12:44 Thu
twitterfacebook
thumb

Y・ポウルセン&ファン・ヒチャン弾でヴォルフスブルクを下したライプツィヒがベスト4進出!《DFBポカール》

DFBポカール準々決勝のライプツィヒvsヴォルフスブルクが3日に行われ、2-0で勝利したライプツィヒが準決勝進出を決めた。 3回戦でブンデス2部のボーフムを下したライプツィヒは、直近のボルシアMG戦からスタメンを2人変更。ザビッツァーとハルステンベルクに代えてカンプルとクロステルマンをスタメンで起用。 一方、3回戦でシャルケを下したヴォルフスブルクは、直近のヘルタ・ベルリン戦からスタメンを1人変更。ポングラチッチに代えてブルックスがスタメンに名を連ねた。 リーグ戦で好調な両者の一戦は、徐々にボールの主導権を握ったライプツィヒが先にチャンスを迎える。12分、ボックス右でパスを受けたダニ・オルモのクロスをゴールエリア左のエンクンクが頭で合わせたが、これはGKカスティールスがファインセーブ。 さらに18分には、左スローインをボックス手前のY・ポウルセンがヒールで繋ぐと、ボックス左に抜け出したエンクンクのクロスをクライファートがヘディングシュート。しかし、叩きつけたボールは相手GKの正面を突いた。 対するヴォルフスブルクは23分、右CKのクリアボールをボックス右手前のシュラーガーがダイレクトクロス。これをファーサイドで受けたK・ムバブが胸トラップからシュートを狙うと、エンクンクにアフターで足をスパイクされる。一度プレーは流されたものの、オンフィールドレビューの結果、このファウルでPKが与えられた。しかし、キッカーのヴェグホルストは芝で軸足を滑らせたこともあり、シュートを大きく外した。 ピンチを脱したライプツィヒは、32分にクロステルマンのロングパスでDFの裏に抜け出したエンクンクのラストパスを受けたクライファートがボックス右からゴール左隅にシュートを決めたが、エンクンクがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 前半終了間際、ヴォルフスブルクはラクロワのスルーパスに抜け出したシュテフェンが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKグラーチのブロックに阻まれ、前半はゴールレスドローで終了した。 迎えた後半、ライプツィヒはオルバンを下げてハイダラを投入。すると52分、敵陣でバックパスをカットしたエンクンクのヒールパスでボックス左に抜け出したY・ポウルセンにチャンスが訪れたが、シュートはGKカスティールスのブロックに阻まれた。 以降は一進一退の攻防が続く中、ライプツィヒの圧巻のロングカウンターが発動する。63分、自陣で右クロスのこぼれ球を拾ったセルロートがY・ポウルセンとのパス交換で右サイド抜け出すと、中央を駆け上がったY・ポウルセンへ横パスを通す。これを受けたY・ポウルセンがボックス内まで持ち上がると、冷静にシュートを決めきった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、試合終盤にライプツィヒが決定機を迎える。88分、ボックス右深くまで侵入したセルロートのクロスをニアに走り込んだフォルスベリが合わせると、GKセルロートが弾いたボールをゴールエリア左手前のファン・ヒチャンがダイレクトで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ヴォルフスブルクを下したライプツィヒが2年ぶりの準決勝進出を決めた。 また、同日に行われたDFBポカール準々決勝もう一試合のエッセン(4部)vsホルシュタイン・キール(2部)は0-3でキールが勝利している。 2021.03.04 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが2点のビハインドからボルシアMGに劇的逆転勝利《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは27日、ブンデスリーガ第23節でボルシアMGをホームに迎え、3-2で逆転勝利した。 前節ヘルタ・ベルリンに3-0と快勝して首位バイエルンに2ポイント差とした2位ライプツィヒ(勝ち点47)は、Y・ポウルセン、エンクンク、ダニ・オルモの前線で臨んだ。 3日前のチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティに0-2と完敗した8位ボルシアMG(勝ち点33)に対し、前がかる入りとしたライプツィヒだったが、5分にPKを献上する。ボックス左に侵入してきたエンボロをウパメカノが倒してしまった。 このPKをホフマンに決められて先制されたライプツィヒは8分にハルステンベルクが決定的な枠内シュートを放つも、ゴールライン前にカバーに入っていたギンターの好カットに阻まれた。 すると19分には追加点を奪われる。ショートカウンターを受けた流れからエンボロのヘディングシュートがテュラムに当たってゴールに吸い込まれた。 2失点を受けて、ライプツィヒがより重心を前にする展開となったものの、前半のうちに反撃に転じることはできず0-2でハーフタイムに入った。 迎えた後半、ザビッツァーに代えてセルロートを前線に投入したライプツィヒは50分、そのセルロートがネットを揺らすも、VARの末にハンドがあったとしてノーゴールに。 それでも57分に正真正銘のゴールが生まれる。ハルステンベルクの左クロスからエンクンクが押し込んだ。 さらに66分、ライプツィヒが一気に追いつく。セルロートの落としを受けた中央のY・ポウルセンがミドルシュートを叩き込んだ。 同点として攻勢のライプツィヒは77分、直前に投入されていたフォルスベリが直接FKを狙い、見事なシュートが枠を捉えるも、ここはGKゾンマーのビッグセーブに阻まれてしまう。 劣勢のボルシアMGはプレアとシュティンドルを投入。しかし、終盤にかけてもライプツィヒが攻勢に出ると、試合終了間際の追加タイム3分に逆転する。 FKの流れから左サイドのエンクンクがクロスを上げると、ファーサイドのセルロートがヘッドで押し込んだ。これが決勝点となってライプツィヒが劇的勝利。首位バイエルンとの2ポイント差を維持した。 2021.02.28 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒで急成長のアンヘリーニョがペップを批判「飼い殺そうとしていた」

ライプツィヒのスペイン人DFアンヘリーニョがマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督を批判している。 今月12日にシティからライプツィヒへの完全移籍が決まったアンヘリーニョ。2019年夏から2020年冬にかけてグアルディオラ監督の下でプレーしたアンヘリーニョは、同監督についてライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督と比較しながらドイツ『キッカー』に持論を述べた。 「両監督には大きな違いがある。ナーゲルスマン監督は全選手と緊密にコミュニケーションを取っている。率直で気さくな人柄だね。戦術に関しては両者共にボールを持つことを好み、即時奪回を求めている点が共通している」 「ただ、ナーゲルスマン監督は自信を与えてくれた一方、グアルディオラ監督は違った。彼は僕を飼い殺そうとしていた。良いプレーができなかったら次にチャンスが来ることはなかった。もちろん、グアルディオラ監督からも多くを学んだ。その反面、思うようなプレーができなかったんだ」 「ナーゲルスマン監督にはとても感謝している。選手は信頼してくれる監督に報いたいと思うものだ。今後も一緒に仕事ができればと思う。グアルディオラ監督とは6カ月仕事をしたが、もう十分だよ。二度と経験したくないね」 ナーゲルスマン監督の下で花開いたアンヘリーニョは今季、公式戦31試合の出場で8ゴール11アシストと躍動している。 2021.02.25 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、モウリーニョの解任考慮? 後任にナーゲルスマン名前も監督交代には大きなハードル…

トッテナムがジョゼ・モウリーニョ監督(58)の後任としてRBライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督(33)をリストアップしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 2019年11月からトッテナムの指揮を執り、今季で2年目のモウリーニョ監督。チームは今季のプレミアリーグにおいて、昨年11月中旬から12月中旬にかけて首位を走る時期もあったが、いまやチャンピンズリーグ(CL)出場圏内の4位ウェストハムとも9ポイント(1試合未消化)の差が生まれ、10勝6分け8敗の暫定9位に沈む。とりわけ、直近のリーグ戦6試合で1勝5敗と深刻な低迷に陥っている。 EFLカップで決勝進出、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16進出をほぼ決定しており、まだまだ挽回のチャンスは十分にあるが、今後のヴォルフスベルガー、バーンリー、クリスタル・パレス、フルアムと格下相手の4連戦がひとまずポルトガル人指揮官の今後の去就を見定める判断材料となるようだ。 そして、ダニエル・レヴィ会長はモウリーニョ監督の解任に動く場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任後にも後任候補に挙がっていたナーゲルスマン監督の招へいを目指すようだ。 ホッフェンハイム、ライプツィヒで確かな手腕を発揮する青年監督は、国内外のビッグクラブ行きも噂される卓越した戦術家であり、先日にはプレミアリーグ行きにも関心を示していた。 ただ、2023年まで契約を残すモウリーニョ監督を解任する場合、巨額な違約金が必要なこと。同じくライプツィヒと2023年まで契約を残すナーゲルスマン監督には契約解除条項がなく、引き抜きには同じく巨額の違約金が必要なことから、監督交代を実現させるためには非常に大きなハードルがある。 2021.02.23 23:18 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング