カディス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 カディス 44 11 11 16 36 59 -23 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.21
28:00
ラ・リーガ
第38節
レバンテ 2 - 2 カディス
2021.05.16
25:30
ラ・リーガ
第37節
カディス 1 - 3 エルチェ
2021.05.11
26:00
ラ・リーガ
第36節
オサスナ 3 - 2 カディス
2021.05.08
25:30
ラ・リーガ
第35節
カディス 2 - 1 ウエスカ
2021.05.02
25:30
ラ・リーガ
第34節
グラナダ 0 - 1 カディス
基本データ

正式名称:カディスCF

原語表記:Cadiz Club de Futbol

愛称:ロス・アマリージョス(黄色),エル・サブマリーノ・アマリージョ(黄色い潜水艦)

創立:1910年

ホームタウン:カディス

チームカラー:青/黄

関連ニュース
thumb

カディスがレアルからMFカルデロンをフリーで獲得、カスティージャで40試合出場

カディスは27日、レアル・マドリーのMFマルティン・カルデロン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 カルデロンはフリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 セビージャの下部組織からマドリーの下部組織へと移籍したカルデロン。2018年7月にレアル・マドリー・カスティージャへと昇格すると、2020年8月からはポルトガルのパソス・フェレイラへとレンタル移籍を経験する。 パソス・フェレイラでは、プリメイラ・リーガで8試合に出場していた。 マドリーのファーストチームでは出場機会がないものの、カスティージャでは40試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 また、U-19スペイン代表としても3試合に出場した経験を持つ。 2021.07.28 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

カディスが左SBアルサメンディア獲得! パラグアイ代表としてコパ・アメリカでもプレー

カディスは8日、パラグアイのセロ・ポルテーニョからパラグアイ代表DFサンティアゴ・アルサメンディア(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 セロ・ポルテーニョの下部組織出身のアルサメンディアは2015年にトップチームデビュー。以降は左サイドバックや左サイドハーフを主戦場に公式戦103試合に出場している。 また、2019年3月にデビューを飾ったパラグアイ代表ではここまで14試合に出場。コパ・アメリカ2021では4試合に出場し、攻守両面で持ち味の推進力や粘り強い対人守備を見せていた。 2021.07.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表FWネグレドがカディスと契約延長! 久々のリーガでチーム最多8ゴールの活躍

カディスは22日、元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(35)との契約延長を発表した。新たな契約期間は来季までとなる。 ネグレドは通算21キャップ10得点のスペイン代表歴を持つ生粋のゴールハンター。ラージョでプロキャリアをスタート後、レアル・マドリー、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ベシクタシュなどを渡り歩き、2018年9月にアル・ナスル入りした。 そして、昨夏の移籍市場で今季からラ・リーガ昇格のカディスに1年延長オプションが付随した単年契約で加入。カディスの補強第一号となり、自身5季ぶりのラ・リーガ復帰を果たした。 久々に母国でプレーしたネグレドだが、35試合の出場でチーム最多の8ゴールを記録。リーガ通算100得点以上の実績を持つストライカーとして期待通りの働きをみせ、最終的に11勝11分け16敗の12位フィニッシュと健闘したカディスに大きく貢献した。 2021.05.23 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

カディスの元アルゼンチン代表MFが現役引退…かつてアトレティコでもプレーした35歳

カディスに所属する元アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデス(35)が今季限りでの現役引退を表明した。 A・フェルナンデスは母国の名門であるリーベルプレートで2006年にキャリアをスタート。サンテティエンヌやベレス・サルスフィエルド、セルタを渡り歩くと、2016年夏にアトレティコ・マドリー入りした。 しかし、右ヒザの前十字じん帯断断裂という大ケガを負い、チームの構想から外れると、2018年冬から北京人和へ。中国で2年間を過ごした後、昨年6月にカディス入りして、ラ・リーガ2部2試合の出場で1部昇格に貢献した。 今季も公式戦11試合に出場しているA・フェルナンデスは20日の引退会見で「僕はここに、フットボールを辞める決断を下したのをみんなに伝える。これは僕がずっと考えていたオプションだ」と述べ、その経緯と感謝を口にした。 「僕は以前にも引退の意向を会長や監督、チームメイトに伝えた。そうすると、チーム内での僕の重要性はプレーヤーとしてだけではないということをみんなが教えてくれた。もう1度考え直してほしいと言われたから、一人で、そして家族と一緒によく考えたんだ」 「そして僕は個人的な目標と願望で、その決断を先延ばしにすることにした。元気になって戻ってきたかったし、毎日の競争にまた、身を置きたかったんだ」 「しかし、自分に正直にならないといけないね。体力的には問題ないし、多くの人から励ましも受けているけど、僕は無理をしない性格だ。正直なところ、いつも僕の心を揺さぶってきた欲求や、必要以上の情熱がもう感じられないんだ。このステージを閉じるのが僕にとってのふさわしい生き方なんだろう」 「会長、監督、そしてチームメイトには感謝している。彼らは私のために、私は彼らのために、困難な1年を過ごしてきた。彼らはいつも私の心の中にいて、友人と呼ぶべき存在だ。皆に会えてとても嬉しかった。今はただ、感謝の気持ちを伝えたい」 2021.05.21 11:32 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組対決に敗れたウエスカは降格圏を脱出できず…岡崎は2試合ぶりの途中出場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは8日、ラ・リーガ第35節でカディスと対戦し1-2で敗戦した。岡崎は85分から出場している。 前節のソシエダ戦で4試合ぶりの白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点30)が、12位カディス(勝ち点40)のホームに乗り込んだ一戦。ウエスカの岡崎は4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、カディスが28分にゴールに迫る。アカポの左クロスがDFに当たり中央へ流れると、これをボックス中央で拾ったアレホが落とすと、イサ・カルセレンがボックス外からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 一方のウエスカは、ポゼッションでこそカディスを上回ったが、決定機を作るには至らずに時間が経過。するとカディスは、43分にセットプレーからスコアを動かす。右CKをニアサイドでロサーノがフリックすると、最後はファーサイドに走りこんだマウロが頭でゴールに流し込んだ。 先制を許したウエスカだったが、前半アディショナルタイム1分に敵陣左サイドでラファ・ミルがパスを受けると、相手GKの位置を確認しロングシュート。GKレデスマも必死に戻ったがわずかに届かず、シュートはそのままゴールネットに突き刺さった。 このまま前半終了かと思われたが、その1分後にカディスが勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファリのロングフィードでボックス中央左に抜け出したマルバシッチが飛び出したGKを引きつけラストパス。これをロサーノがゴールに流し込み、カディスが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、1点ビハンドのウエスカはモスケラとヴァヴロを下げてセルヒオ・ゴメスとペドロ・ロペスを投入。さらに59分には、マフェオを下げてエスクリチェをピッチに送り出した。 すると64分、ガランのロングスローからボックス中央左のサンドロ・ラミレスがオーバーヘッドシュートを狙うもこれはミス。さらにこのこぼれ球を拾ったシオバスのシュートは右ポストに嫌われた。 その後も膠着状態が続く中、ウエスカは85分にガストン・シルバを下げて岡崎を投入。89分には中盤からのロングフィードをボックス手前の23が頭で繋ぐと、ボックス中央右の岡崎がハーフボレーで狙ったが、ミードがズレた力のないシュートはGKにキャッチされた。 結局、ウエスカは最後までゴールをこじ開けることはできず。カディスとの昇格組対決に敗れたウエスカは、降格圏を脱出することができなかった。 2021.05.09 03:33 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング