コスタリカは最終節勝利も3位敗退に…パラグアイは3連敗で終戦【コパ・アメリカ2024】

2024.07.03 12:07 Wed
最終戦白星も敗退のコスタリカ
Getty Images
最終戦白星も敗退のコスタリカ
コパ・アメリカ2024のグループD最終節が3日に行われ、コスタリカ代表パラグアイ代表を2-1で下した。

コロンビア代表が2連勝で突破を決め、残り1枠を勝ち点4のブラジル代表と争う同1のコスタリカ。連敗で敗退が決定済みのパラグアイとしては一矢報いたい試合だったが、3分に左サイドからのクロスにカルボがヘディングシュートをゴール右に決め、コスタリカが先手を奪う。
最高の形でスタートを切ったコスタリカは攻めの手を緩めず、7分にも後ろからの組み立てで前進していくと、敵陣左サイドからドリブルを仕掛けていったアルコセルが抜け出し、バイタルエリア右から右足ミドル。これがゴール左に決まり、早いうちの突き放しにも成功してみせる。

スタートからよもやの連続失点で躓いたパラグアイだが、そこから反撃ムードに。敵陣に攻め入る時間を増やして崩しにかかるが、コスタリカもタイトな守りを続け、なかなか攻め切れず。だが、そのパラグアイは後半もボールを握るなかで、交代も駆使して動かしにかかる。

すると、55分に敵陣中央からの崩しを最後はボックス左のソサが右足フィニッシュ。ゴール右を突いたボールが吸い込まれ、パラグアイが後半の早いうちに1点を返すと、その後もコスタリカを攻め立て、61分にもカウンターから再びソサがゴールに迫ったりとペースを握る。
その後、互いに交代の動きを活発化させるなか、パラグアイが圧をかけ続けるが、コスタリカがGKセケイラのビッグセーブも光らせ、逃げ切りに成功。今大会初勝利でグループステージの戦いを締めくくり、吉報を待ったが、引き分けのブラジルが2位通過を決め、3位敗退となった。

コスタリカ代表 2-1 パラグアイ代表
【コスタリカ】
フランシスコ・カルボ(前3)
ジョシマル・アルコセル(前7)
【パラグアイ】
ラモン・ソサ(後10)

■最終順位(勝ち点/得失点)
1.コロンビア代表 7/+4
2.ブラジル代表 5/+3
3.コスタリカ代表 4/-2
4.パラグアイ代表 0/-5

フランシスコ・カルボの関連記事

フェイエノールトがコスタリカ代表DFジェイランド・ミッチェル(19)を獲得するようだ。 ミッチェルはコスタリカ1部・アラフエレンセに所属する187cmのセンターバック。2月のA代表デビューから、19歳にしてそのまま主軸となり、コパ・アメリカ2024にも参戦した。 そのコパ・アメリカ。 ミッチェルは代表主将のDFフランシスコ・カルボ、またDFフアン・パブロ・バルガスと鉄板の3バックを形成し、グループステージ全3試合にフル出場。惜しくも敗退したが、ブラジル代表との0-0ドローに大きく貢献している。 クラブキャリアは母国から出たことがないが、オランダ『Voetbal International』によると、ユベントス、アトレティコ・マドリー、クラブ・ブルージュなどがスカウトを派遣。その特徴としては「圧倒的な身体能力」だという。 そして、コスタリカのコパ・アメリカ敗退で欧州上陸がグッと近づいた格好に。獲得に漕ぎ着けたのはフェイエノールトで、まもなく5年契約を結ぶ運びになったとのことだ。 2024.07.04 19:05 Thu
コスタリカサッカー連盟(FCRF)は3日、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたポーランド代表メンバー26名を発表した。 日本代表と同じグループEに属するコスタリカ。ルイス・フェルナンデス・スアレス監督は、パリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや元アーセナルのFWジョエル・キャンベル、サンダーランドに所属する18歳MFジェウィソン・ベネット、守備の要であるDFフランシスコ・カルボといった主力を順当に招集した。 一方で、韓国代表との国際親善試合でドーピングの陽性反応が見つかったMFオルランド・ガロ・カルデロンはメンバー外となった。 コスタリカは11月23日にスペイン代表と、同27日に日本代表と、12月1日にドイツ代表と対戦する。今回発表されたコスタリカ代表メンバー26名は以下のとおり。 ◆コスタリカ代表メンバー 26名 GK ケイロル・ナバス(パリ・サンジェルマン/フランス) パトリック・セケイラ(ルーゴ/スペイン) エステバン・アルバラド(エレディアノ) DF カルロス・マルティネス(サン・カルロス) ケンドル・ワストン(サプリサ) ケイシェル・フラー(エレディアノ) オスカル・ドゥアルテ(アル・ワフダ/サウジアラビア) フアン・パブロ・バルガス(ミジョナリオス/コロンビア) ダニエル・チャコン(コロラド・ラピッズ/アメリカ) ロナルド・マタリタ・ウラテ(シンシナティ/アメリカ) ブライアン・オビエド(レアル・ソルトレイク/アメリカ) フランシスコ・カルボ(コンヤスポル/トルコ) MF ジェウィソン・ベネット(サンダーランド/イングランド) ブランドン・アギレラ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) アンソニー・エルナンデス(プンタレナス) アルバロ・サモラ(サプリサ) ジョウスティン・サラス(サプリサ) ロアン・ウィルソン(ムニシパル・グレシア) ダグラス・ロペス(エレディアノ) ジェルソン・トーレス(エレディアノ) イェルツィン・テヘダ(エレディアノ) セルソ・ボルヘス(アラフエレンセ) ブライアン・ルイス(アラフエレンセ) FW ジョエル・キャンベル(クラブ・レオン/メキシコ) ヨハン・ベネガス(アラフエレンセ) アンソニー・コントレラス(エレディアノ) 2022.11.04 06:30 Fri

記事をさがす

フランシスコ・カルボの人気記事ランキング

1

コスタリカは最終節勝利も3位敗退に…パラグアイは3連敗で終戦【コパ・アメリカ2024】

コパ・アメリカ2024のグループD最終節が3日に行われ、コスタリカ代表がパラグアイ代表を2-1で下した。 コロンビア代表が2連勝で突破を決め、残り1枠を勝ち点4のブラジル代表と争う同1のコスタリカ。連敗で敗退が決定済みのパラグアイとしては一矢報いたい試合だったが、3分に左サイドからのクロスにカルボがヘディングシュートをゴール右に決め、コスタリカが先手を奪う。 最高の形でスタートを切ったコスタリカは攻めの手を緩めず、7分にも後ろからの組み立てで前進していくと、敵陣左サイドからドリブルを仕掛けていったアルコセルが抜け出し、バイタルエリア右から右足ミドル。これがゴール左に決まり、早いうちの突き放しにも成功してみせる。 スタートからよもやの連続失点で躓いたパラグアイだが、そこから反撃ムードに。敵陣に攻め入る時間を増やして崩しにかかるが、コスタリカもタイトな守りを続け、なかなか攻め切れず。だが、そのパラグアイは後半もボールを握るなかで、交代も駆使して動かしにかかる。 すると、55分に敵陣中央からの崩しを最後はボックス左のソサが右足フィニッシュ。ゴール右を突いたボールが吸い込まれ、パラグアイが後半の早いうちに1点を返すと、その後もコスタリカを攻め立て、61分にもカウンターから再びソサがゴールに迫ったりとペースを握る。 その後、互いに交代の動きを活発化させるなか、パラグアイが圧をかけ続けるが、コスタリカがGKセケイラのビッグセーブも光らせ、逃げ切りに成功。今大会初勝利でグループステージの戦いを締めくくり、吉報を待ったが、引き分けのブラジルが2位通過を決め、3位敗退となった。 コスタリカ代表 2-1 パラグアイ代表 【コスタリカ】 フランシスコ・カルボ(前3) ジョシマル・アルコセル(前7) 【パラグアイ】 ラモン・ソサ(後10) ■最終順位(勝ち点/得失点) 1.コロンビア代表 7/+4 2.ブラジル代表 5/+3 3.コスタリカ代表 4/-2 4.パラグアイ代表 0/-5 2024.07.03 12:07 Wed
2

フェイエノールトがコスタリカ代表の19歳主軸CBミッチェルを確保…コパ・アメリカではブラジル零封に貢献

フェイエノールトがコスタリカ代表DFジェイランド・ミッチェル(19)を獲得するようだ。 ミッチェルはコスタリカ1部・アラフエレンセに所属する187cmのセンターバック。2月のA代表デビューから、19歳にしてそのまま主軸となり、コパ・アメリカ2024にも参戦した。 そのコパ・アメリカ。 ミッチェルは代表主将のDFフランシスコ・カルボ、またDFフアン・パブロ・バルガスと鉄板の3バックを形成し、グループステージ全3試合にフル出場。惜しくも敗退したが、ブラジル代表との0-0ドローに大きく貢献している。 クラブキャリアは母国から出たことがないが、オランダ『Voetbal International』によると、ユベントス、アトレティコ・マドリー、クラブ・ブルージュなどがスカウトを派遣。その特徴としては「圧倒的な身体能力」だという。 そして、コスタリカのコパ・アメリカ敗退で欧州上陸がグッと近づいた格好に。獲得に漕ぎ着けたのはフェイエノールトで、まもなく5年契約を結ぶ運びになったとのことだ。 2024.07.04 19:05 Thu
3

ケイロル・ナバスやキャンベルら主力が順当に選出! 日本代表と同組のコスタリカ代表が登録26名を発表!《カタールW杯》

コスタリカサッカー連盟(FCRF)は3日、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたポーランド代表メンバー26名を発表した。 日本代表と同じグループEに属するコスタリカ。ルイス・フェルナンデス・スアレス監督は、パリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや元アーセナルのFWジョエル・キャンベル、サンダーランドに所属する18歳MFジェウィソン・ベネット、守備の要であるDFフランシスコ・カルボといった主力を順当に招集した。 一方で、韓国代表との国際親善試合でドーピングの陽性反応が見つかったMFオルランド・ガロ・カルデロンはメンバー外となった。 コスタリカは11月23日にスペイン代表と、同27日に日本代表と、12月1日にドイツ代表と対戦する。今回発表されたコスタリカ代表メンバー26名は以下のとおり。 ◆コスタリカ代表メンバー 26名 GK ケイロル・ナバス(パリ・サンジェルマン/フランス) パトリック・セケイラ(ルーゴ/スペイン) エステバン・アルバラド(エレディアノ) DF カルロス・マルティネス(サン・カルロス) ケンドル・ワストン(サプリサ) ケイシェル・フラー(エレディアノ) オスカル・ドゥアルテ(アル・ワフダ/サウジアラビア) フアン・パブロ・バルガス(ミジョナリオス/コロンビア) ダニエル・チャコン(コロラド・ラピッズ/アメリカ) ロナルド・マタリタ・ウラテ(シンシナティ/アメリカ) ブライアン・オビエド(レアル・ソルトレイク/アメリカ) フランシスコ・カルボ(コンヤスポル/トルコ) MF ジェウィソン・ベネット(サンダーランド/イングランド) ブランドン・アギレラ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) アンソニー・エルナンデス(プンタレナス) アルバロ・サモラ(サプリサ) ジョウスティン・サラス(サプリサ) ロアン・ウィルソン(ムニシパル・グレシア) ダグラス・ロペス(エレディアノ) ジェルソン・トーレス(エレディアノ) イェルツィン・テヘダ(エレディアノ) セルソ・ボルヘス(アラフエレンセ) ブライアン・ルイス(アラフエレンセ) FW ジョエル・キャンベル(クラブ・レオン/メキシコ) ヨハン・ベネガス(アラフエレンセ) アンソニー・コントレラス(エレディアノ) 2022.11.04 06:30 Fri

コスタリカ代表の人気記事ランキング

1

コスタリカは最終節勝利も3位敗退に…パラグアイは3連敗で終戦【コパ・アメリカ2024】

コパ・アメリカ2024のグループD最終節が3日に行われ、コスタリカ代表がパラグアイ代表を2-1で下した。 コロンビア代表が2連勝で突破を決め、残り1枠を勝ち点4のブラジル代表と争う同1のコスタリカ。連敗で敗退が決定済みのパラグアイとしては一矢報いたい試合だったが、3分に左サイドからのクロスにカルボがヘディングシュートをゴール右に決め、コスタリカが先手を奪う。 最高の形でスタートを切ったコスタリカは攻めの手を緩めず、7分にも後ろからの組み立てで前進していくと、敵陣左サイドからドリブルを仕掛けていったアルコセルが抜け出し、バイタルエリア右から右足ミドル。これがゴール左に決まり、早いうちの突き放しにも成功してみせる。 スタートからよもやの連続失点で躓いたパラグアイだが、そこから反撃ムードに。敵陣に攻め入る時間を増やして崩しにかかるが、コスタリカもタイトな守りを続け、なかなか攻め切れず。だが、そのパラグアイは後半もボールを握るなかで、交代も駆使して動かしにかかる。 すると、55分に敵陣中央からの崩しを最後はボックス左のソサが右足フィニッシュ。ゴール右を突いたボールが吸い込まれ、パラグアイが後半の早いうちに1点を返すと、その後もコスタリカを攻め立て、61分にもカウンターから再びソサがゴールに迫ったりとペースを握る。 その後、互いに交代の動きを活発化させるなか、パラグアイが圧をかけ続けるが、コスタリカがGKセケイラのビッグセーブも光らせ、逃げ切りに成功。今大会初勝利でグループステージの戦いを締めくくり、吉報を待ったが、引き分けのブラジルが2位通過を決め、3位敗退となった。 コスタリカ代表 2-1 パラグアイ代表 【コスタリカ】 フランシスコ・カルボ(前3) ジョシマル・アルコセル(前7) 【パラグアイ】 ラモン・ソサ(後10) ■最終順位(勝ち点/得失点) 1.コロンビア代表 7/+4 2.ブラジル代表 5/+3 3.コスタリカ代表 4/-2 4.パラグアイ代表 0/-5 2024.07.03 12:07 Wed
2

コスタリカに3発快勝のコロンビアが連勝で決勝T進出【コパ・アメリカ2024】

コパ・アメリカ2024グループD第2節、コロンビア代表vsコスタリカ代表が28日に行われ、3-0でコロンビアが快勝した。 4日前に行われた初戦のパラグアイ代表戦を2-1で逃げ切って白星スタートとしたコロンビアは2選手を変更。ボレと負傷したルクミに代えてコルドバとクエスタを起用した。 一方、ブラジル代表相手にゴールレスドローに持ち込んだコスタリカは、ブレネスに代えてマドリガルのみを変更した。 5バックで構えるコスタリカに対し、ルイス・ディアスやハメス・ロドリゲスを先発起用したコロンビアが時間の経過とともに押し込む流れとすると、20分に決定機。 ルイス・ディアスの左クロスを受けたハメス・ロドリゲスがボックス中央からコントロールシュート。枠の右を捉えていたが、GKセケイラのファインセーブに阻まれた。 それでも28分にPKを獲得。ボックス右に抜け出したコルドバがGKセケイラと接触して倒された。これをルイス・ディアスが決めてコロンビアが先制した。 さらに34分、CKの流れからD・サンチェスがボレーで追加点に迫ったコロンビアがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、重鎮キャンベルを投入して前がかるコスタリカに対し、カウンターを狙うコロンビアが59分にリードを広げる。アリアスの左CKからD・サンチェスのヘディングシュートが決まった。 さらに4分後、コロンビアが一気にリードを広げる。ハメス・ロドリゲスのスルーパスでボックス右に抜け出したコルドバがシュートを決めきった。 その後、ハメス・ロドリゲスをお役御免としたコロンビアは、76分にルイス・ディアスのパスを受けたアスプリージャがGKとの一対一となる決定機を演出。 これはシュートを決めきれなかったコロンビアだったが、3-0で快勝。2連勝として決勝トーナメント進出を決めている。 コロンビア 3-0 コスタリカ 【コロンビア】 ルイス・ディアス(前31)【PK】 ダビンソン・サンチェス(後14) ジョン・コルドバ(後18) 2024.06.29 08:51 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly