オナイウ阿道が得点源のオセール、1年でのリーグ・アン復帰&リーグ・ドゥ優勝

2024.05.11 11:50 Sat
オセールFWオナイウ阿道
Getty Images
オセールFWオナイウ阿道
元日本代表FWオナイウ阿道を擁するオセールが2季ぶりのリーグ・アン復帰を決めた。
PR
今季のリーグ・ドゥもあと2試合というなか、勝ち点で並ぶ2位サンテチェンヌと3位アンジェをそれぞれ6ポイント差で抑え込み、首位に立つオセール。10日に行われた第37節ではアミアンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。
3連勝ストップのオセールだが、3位サンテチェンヌも引き分けに終わり、最終節を残してリーグ・アン自動昇格圏の2位以内が確定。さらにオセールの引き分け結果により、4ポイント差の2位アンジェも逆転がなくなり、優勝が決まった。

なお、アミアン戦に78分までプレーしたオナイウは今季のオセールでチームトップの12ゴールをマーク。昨年11月に行われた第14節のサンテチェンヌ戦でハットトリックをやってのけたりとチームの1年での1部返り咲きに貢献した。

PR
関連ニュース

リーグ・アン勢参戦のクープ・ドゥ・フランスR64の対戦カード決定

クープ・ドゥ・フランスのラウンド64の組み合わせ抽選会が11日に行われ、32カードが決定した。 リーグ・アン勢が参戦となる今ラウンド。前大会王者のトゥールーズは5部のシャンベリー・サヴォワ、優勝候補筆頭のパリ・サンジェルマンは6部のUSルヴェルとの対戦が決定した。 また、MF伊東純也とFW中村敬斗を擁するスタッド・ランスは4部のディナン・レオンと、FW南野拓実を擁するモナコは同じ1部のRCランスと対戦することになる。さらに、FWオナイウ阿道が在籍するリーグ・ドゥのオセールは、リーグ・アン勢のニースと激突する。 なお、3回戦は来年1月初旬に開催予定だ。クープ・ドゥ・フランス3回戦の対戦カードは以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス3回戦 対戦カード アミアン(2) vs モンペリエ リール vs ゴールデン・ライオン(6) USサントメール(6) vs ランス・セントアン(5)orダンケルク(2) サルグミーヌ(6) vs ヴァランシエンヌ(2) ティオンヴィル(5) vs マルセイユ フェニエ・ウルノワ(4) vs USクヴィイー(2) シャンブリー・テル(4) vs ラシン・クラブ・ド・フランス(4) ギャンガン(2) vs スタッド・レンヌ リヨン・ラ・デュシェール(5) vs ル・ピュイ・フット(4) シャンベリー・サヴォワ(5) vs トゥールーズ ロリアン vs ソショー(3) スタッド・ブレスト vs アンジェ(2) USフール(5) vs サンプリースト(5) ルーアン・キュイゾー(5) vs FCルーアン(3) CAポンタルリエ(5) vs リヨン ニース vs オセール(2) RCランス vs モナコ ル・アーヴル vs カーン(2) SOロモランタン(4) vs CSル・ムル(6) メス vs クレルモン オリンピック・アレス(4) vs パリFC(2) オルレアン(3) vs ニーム(3) オントントSSG(5) vs ボルドー(2) ASファブレーグ(6) vs トレリサックFC(4) ベルジュラック・ペリゴール(4) vs リブルヌ(4) ディエップ(5) vs スタッド・ラヴァル(2) パウ(2) vs ナント USルヴェル(6) vs パリ・サンジェルマン ディナン・レオン(4) vs スタッド・ランス アヴォワーヌ・シノン・シネ(4) vs ストラスブール シャラン(5) vs ロデーズ(2) ヴァンデ・レ=ゼルビエ(4) vs ドゥヴル=ラ=ディヴランド(7)orシャトールー(3) ※()内は所属カテゴリー 2023.12.13 00:11 Wed

オナイウ阿道が仏2部のオセールへ完全移籍!3年契約を締結

リーグ・ドゥ(フランス2部)のオセールは28日、トゥールーズから元日本代表FWオナイウ阿道(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間で、背番号は「45」を着用する。 ジェフユナイテッド千葉でキャリアをスタートさせたオナイウ。浦和レッズ、レノファ山口FC、大分トリニータ、横浜F・マリノスでプレー。2021年6月には日本代表デビューを飾ると、同年7月にトゥールーズへ完全移籍した。 リーグ・ドゥでヨーロッパのキャリアをスタートさせたオナイウは、リーグ戦38試合に出場し10ゴール、クープ・ドゥ・フランスでは5試合で2ゴールと目覚ましい活躍を披露し、チームのリーグ・ドゥ優勝に大きく貢献。 しかし、リーグ・アン初挑戦となった昨シーズンは、途中出場が中心ながらリーグ戦34試合に出場し2ゴールを記録。チームも残留を決めると共に、クープ・ドゥ・フランスでは1957年以来2度目となる優勝に貢献していた。 なお、8月時点でトゥールーズには34名の選手が所属しており、移籍期間が終了するまでの間にスリム化したい考えがクラブにはあり、残り1年の契約でチームを去る意向を示していたオナイウは放出候補の1人となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】オナイウ阿道のトゥールーズでの活躍</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Top 10 des attaquants de Ligue 1 les plus performants dans les duels aériens<a href="https://twitter.com/hashtag/TribuAJA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TribuAJA</a> <a href="https://t.co/FTJ7q29yYG">pic.twitter.com/FTJ7q29yYG</a></p>&mdash; AJ Auxerre (@AJA) <a href="https://twitter.com/AJA/status/1696229013319032919?ref_src=twsrc%5Etfw">August 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.08.29 07:10 Tue

ジブリル・シセが古巣オセールに帰還! パートタイムのFWコーチに

元フランス代表FWのジブリル・シセ氏(41)が古巣オセールに帰還を果たした。 オセールは3日、シセ氏がパートタイムでファーストチームとリザーブチームのストライカーコーチを務めることを発表した。 これまでオセールやマルセイユ、リバプール、QPRなどで活躍したシセは、2015年に現役を引退。その後、2017年にスイス3部リーグのイヴェルドン・スポールで現役復帰を果たすと、2018年夏には当時新設されたばかりのイタリアクラブ、ACヴィンチェンツィア1902へ加入。そして、2019年夏には2度目の引退を決断。以降は、コンサートDJとしてアメリカの大物歌手マライア・キャリーとも共演を果たすなどセカンドキャリアを謳歌。 だが、依然として現役に未練があったのか、2021年にはアメリカのナショナルプレミアサッカーリーグ(NPSL)のパナシナイコス・シカゴで、2度目の現役復帰。だが、3カ月ほどのプレーで完全にスパイクを脱ぐ決断を下した。 現在、指導者としてのキャリアを希望するシセ氏はUEFAのコーチングライセンス取得を目指しており、古巣のファーストチームを率いるクリストフ・ペリシエ監督らと連携しながら後輩の指導に励むことになる。 2022-23シーズンのオセールは38試合35得点の得点力不足がリーグ・ドゥ降格の要因となっており、レジェンドストライカーの指導による攻撃陣の活性化が1年でのリーグ・アン復帰へのカギを握る可能性もありそうだ。 2023.07.04 13:28 Tue

ムバッペの2ゴールで逃げ切ったPSGが3連勝でリーグ連覇に王手!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は21日、リーグ・アン第36節でオセールと対戦し2-1で勝利した。 今節の結果次第で優勝がほぼ確定する首位のPSG(勝ち点81)は、圧勝したアジャクシオ戦の先発から出場停止のハキミをザイール=エメリに変更した以外は、同じ先発メンバーを採用した。 1部残留を目指す16位オセール(勝ち点34)に対し、PSGは開始早々に先制する。6分、ファビアン・ルイスの縦パスをボックス内で受けたムバッペがゴール前まで切り込み、ゴール右上にシュートを突き刺した。 幸先よく先制したPSGは8分にも、バイタルエリア右でパスを受けたメッシがワンタッチで中央に送ると、エキティケがスルーしたボールをペナルティアーク内のムバッペがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール右に突き刺さった。 その後も主導権を握ったPSGだが、38分にピンチ。左クロスのクリアボールをボックス右手前のラヴェロソンがダイレクトシュートで狙うと、これがクロスバーを直撃した。 迎えた後半、PSGは早い時間に1点を返される。51分、GKラドゥのロングフィードを最前線のダ・コスタが頭でつなぐと、DFの裏に抜け出したシナヨコがボックス内まで切り込み、冷静にシュートを流し込んだ。 さらにPSGは53分にアクシデントに見舞われる。右モモ裏を痛めたエキティケがピッチに座り込むと、そのままプレー続行不可能となりヴィティーニャが緊急投入された。 膠着状態が続く中、PSGは75分に再びピンチを迎える。75分、ボックス左横のダ・コスタが中央に送ったパスを受けたアンが節妙なターンでセルヒオ・ラモスをかわしシュート。しかし、これはGKドンナルンマの好セーブで難を逃れた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。ムバッペの2ゴールで逃げ切ったPSGが、リーグ連覇に王手をかけた。 2023.05.22 05:45 Mon

マルセイユが首位PSGと5pt差に! サンチェスも逆転Vに闘志 「強く信じている」

マルセイユのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがリーグ・アン制覇へ闘志を燃やしている。フランス『RMC Sport』が伝えている。 マルセイユは4月30日にホームで行われた第33節のオセール戦で2-1と勝利。今シーズンからマルセイユの一員となったサンチェスは29試合で12得点をマークしてきたなか、この日も77分に逆転弾を決め、チームの勝利に貢献している。 その一方、同日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)とロリアンの一戦は、PSGが格下ロリアンにホームで1-3と不覚を取る結果に。これにより、残り5試合で首位PSGと2位マルセイユのポイント差が「5」に縮まった。 2009-10シーズンを最後にリーグ・アン制覇から遠ざかるマルセイユだが、13年ぶりの悲願に向けてチャンスが拡大。PSG敗戦の一報を耳にした上でオセール戦に臨んでいたサンチェスは、試合後のインタビューで逆転優勝への望みを捨てていないと断言した。 「ついにPSGと5ポイント差のところまできた。これは間違いなく僕たちのモチベーションとなる。僕としても、より首位に近づきたいよ。何より、僕たち自身がタイトル獲得を信じ、団結して戦い続けなくてはならない。僕は達成可能だと強く信じているよ」 また、この力強い言葉を耳にした同僚DFジョナタン・クラウスはロッカールームに戻り、「より良い結果を望んできただろう? だが、それは僕たち次第であり、他人(PSG)次第でもある。だから、僕たちにできるのは各々が自分自身に集中することだけだ」とチームメイトに演説したという。 リーグ・アンの直近8試合で無敗をキープし、とうとうPSGの背中が見えてきたマルセイユ。俄然、モチベーションが高まったようだ。 2023.05.01 18:34 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly