6戦連発中の絶好調ホイルンドが2~3週間の離脱、シティとのダービー欠場濃厚に

2024.02.24 00:00 Sat
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが筋肉系の負傷により2~3週間するようだ。エリク・テン・ハグ監督が明かしている。
PR
テン・ハグ監督は「大きなケガではないが、強度の高いトレーニングはリスクになる。今は待つ必要がある」とコメント。
ホイルンドはプレミアリーグ6戦連発中と絶好調でユナイテッドの4連勝に大きく貢献していた。

ユナイテッドは24日にプレミアリーグ第26節エバートン戦、28日にFAカップ5回戦ノッティンガム・フォレスト戦を戦った後、3月3日にマンチェスター・シティとのダービーを控えるが、ホイルンドを起用できない可能性が濃厚となった。

PR
関連ニュース

4戦未勝利のユナイテッド、テン・ハグ監督はチームに一貫性求める「もっとうまくやるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が引き分けに終わったボーンマス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 逆転でのトップ4フィニッシュを目指す6位ユナイテッドは、プレミアリーグで3試合勝ちなしの中、13日の第32節でボーンマスと対戦。序盤の先制を許すも、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスのゴールで追いついたが、すぐさま追加点を許し、1点ビハインドで試合を折り返した。 後半にはイングランド代表MFコビー・メイヌーのシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。これをブルーノ・フェルナンデスが決めて再び追いついたが、あわやPK献上のピンチを迎えながら最後まで勝ち越しゴールも奪えず、2-2のドロー決着となった。 試合後、テン・ハグ監督は多くのチャンスを許してしまった前半の内容を反省。ハーフタイムを経て修正できたと振り返っている。 「我々のチームには立ち直る力やキャラクターがある。我々は勝ちたい。そして我々は2度劣勢から反撃したが、それでも劣勢に立たされてしまった。全くもって不必要なことだ。ボールを失ってはいけないところで3回も失ってしまった」 「我々は必ずしも組織的ではなかった。特に右サイドだ。多少のギャップがあり、相手はそこから利益を得ることができた。我々はもっとうまくやるべきだった」 「後半は良くなった。より責任を負うようになり、サイドも抑えた。後半は2つのことを指示した。1つは、チャンスを作るためにフォーメーションやポジションを乱さず、不安定にならないこと。もう1つは守備の面で自分の仕事をすることだった」 しかし、4試合連続未勝利で7位に後退し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏から遠のく結果に。テン・ハグ監督がチームに求めるのは、1試合通じての奮闘だ。 「この結果は十分ではない。それはわかっている。シーズン終盤に差し掛かってこの結果は十分ではないことはわかっている。そして実際、我々は今日もこれ以上の結果に値しなかった」 「前半にあれだけのチャンスを許せば、チームとしてそれ以上の価値はない。主導権を握らなければならない。チャンスを与えてはいけない。試合をコントロールし、自分のためにゴールを決めなければならない」 「我々は今、問題を抱えているが、自分たちのレベルでプレーしているし、自分たちのレベルにおいてはとても良いプレーができている。しかし、アディショナルタイムまで試合全体を通じてそれをやらなければならない。今日は違った。劣勢に立たされて反撃することになった」 2024.04.14 10:23 Sun

2度のビハインドを追いつくもユナイテッドが痛恨ドローで3戦勝利なし…【プレミアリーグ】

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第32節でボーンマスと対戦し2-2の引き分けに終わった。 リーグ戦3試合勝利のない6位ユナイテッド(勝ち点49)は、前節のリバプール戦と同じスタメンを採用。1トップにホイルンドを据え、2列目に右からガルナチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードを並べた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 前節のルートン・タウン戦で連勝がストップした12位ボーンマス(勝ち点41)に対し、ユナイテッドは16分に失点する。中盤でガルナチョのトラップが大きくなったところをセネシが突っつくと、最前線で反応したソランケがボールを収めると、ペナルティアーク内まで切り込み、シュートをゴール左隅に流し込んだ。 すぐに反撃に出るユナイテッドだったが、なかなか決定機まで持ち込めず拮抗した展開が続く。それでも31分、右クロスのこぼれ球を拾ったラッシュフォードのパスからボックス右深くまで侵入したガルナチョがクロスを供給。ザバルニーにディフレクトし、ふわりと浮いたボールをブルーノ・フェルナンデスが左足ボレーで叩き込んだ。 試合を振り出しに戻したユナイテッドだったが、36分に再び失点する。セネシのパスを左サイド高い位置で受けたクライファートがボックス左から侵入。カットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に吸い込まれた。 勝ち越しを許したユナイテッドは、43分にもアダム・スミスの右クロスからケルケズのヘディングシュートがクロスバー直撃。さらに追加タイム4分には、左FKの二次攻撃からクライファートに決定機を許したが、シュートはGKオナナのセーブに救われた。 迎えた後半、1点を追うユナイテッドはガルナチョを下げてアマドを投入。すると64分、ボックス左手前まで切り込んだメイヌーがシュートを放つと、R・クリスティにディフレクトしたボールがボックス内のA・スミスの右腕に当たると、主審はPKを宣告。このPKをブルーノ・フェルナンデスが難なくゴール右隅に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。このまま試合終了かと思われたが、ユナイテッドは試合終了間際にピンチ。 ボーンマスは95分、4の浮き球のパスを敵陣でケルケズが落とすと、ドリブルで仕掛けたR・クリスティがボックス付近でカンブワラに身体をぶつけられて倒される。主審はすかさずPKを宣告したが、VARの末にボックス手前でのファウルと判定され、PKは取り消された。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のビハインドを追いついたユナイテッドだが、最後まで勝ち越しゴールが奪えず、リーグ戦3試合未勝利となった。 2024.04.14 03:50 Sun

チェルシーが1年間で代理人に支払った額は143億円超! 総額782億円のプレミアリーグで圧倒的首位も成績は2年連続で低迷

世界最高峰のリーグとしても知られ、最も裕福なリーグともされるプレミアリーグ。2023年1月の移籍市場から、2024年1月までの移籍市場で、代理人や仲介業者へ各クラブが支払った金額が明らかになった。 イングランドサッカー協会(FA)によれば、プレミリーグのクラブが支払った合計額は4億950万ポンド(約782億円)とのこと。最も支払っているのは、チェルシーで7514万524ポンド(約143億4500万円)だったとのことだ。 チェルシーは2022年夏にトッド・ベーリー氏がオーナーになってから選手の移籍に10億ポンド(約1909億3500万円)以上を支払っている。 2位はマンチェスター・シティで6062万6025ポンド(約115億7500万円)、3位がマンチェスター・ユナイテッドで3405万4001ポンド(約65億円)を支払っている。3位のユナイテッドの時点で、チェルシーの半分以下の金額となっている。 なお、4位はリバプールで3150万211ポンド(約60億円)、5位はアーセナルで2476万875ポンド(約47億2500万円)となっており、チェルシーの支出がいかに結果につながっていないかを示すランキングとなってしまっている。 ◆代理人手数料ランキング 1位:チェルシー/7514万524ポンド(約143億4500万円) 2位:マンチェスター・シティ/6062万6025ポンド(約115億7500万円) 3位:マンチェスター・ユナイテッド/3405万4001ポンド(約65億円) 4位:リバプール/3150万211ポンド(約60億円) 5位:アーセナル/2476万875ポンド(約47億2500万円) 6位:アストン ヴィラ/2116万122ポンド(約40億3500万円) 7位:トッテナム/1973万1099ポンド(約37億7000万円) 8位:ニューカッスル/1888万1923ポンド(約36億円) 9位:ボーンマス/1599万9925ポンド(約30億5500万円) 10位:ウェストハム/1388万365ポンド(約26億5000万円) 11位:ウォルバーハンプトン/1339万2541ポンド(約25億6000万円) 12位:ノッティンガム・フォレスト/1306万3455ポンド(約25億円) 13位:フルアム/1206万2906ポンド(約23億円) 14位:ブライトン&ホーヴ・アルビン/1139万3102ポンド(約21億7500万円) 15位:クリスタル・パレス/1108万2430ポンド(約21億1500万円) 16位:エバートン/1062万3224ポンド(約20億3000万円) 17位:ブレントフォード/814万7957ポンド(約15億5500万円) 18位:バーンリー/694万4589ポンド(約13億2500万円) 19位:シェフィールド・ユナイテッド/512万7509ポンド(約9億8000万円) 20位:ルートン・タウン/202万146ポンド(約3億8500万円) 2024.04.13 15:15 Sat

【プレミアリーグ第33節プレビュー】優勝&トップ4争い左右するアーセナルvsアストンビラ

先週末に行われた第32節ではマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの名門対決がドローに終わった一方、アーセナルとマンチェスター・シティがいずれも勝ち点3を積み上げた結果、得失点差で上回ったアーセナルが首位に再浮上した。 上位クラブにとってUEFAコンペティション準々決勝の谷間で難しい判断を迫られる中で臨む今節は、優勝争いとトップ4争いを左右する首位のアーセナル(勝ち点71)と5位のアストン・ビラ(勝ち点60)の上位対決に注目が集まる。 アーセナルは前節、敵地でブライトンと対戦し3-0の快勝。FWサカのPKで先制すると、MFハヴァーツ、途中出場のFWトロサールと効果的に得点を重ねて難敵撃破に成功した。ただ、ミッドウィークにホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦は2-2のドローに終わった。サカとトロサールが公式戦2試合連続ゴールを挙げた一方、ミス絡みの失点と宿敵ケインにPKを決められた結果、ホームで勝利を逃した。 すでにブンデスリーガ優勝逸が決定的なバイエルンが今週末に主力を温存し、ホーム開催の2ndレグに万全の状態で臨むことが濃厚だが、プレミアリーグで熾烈なタイトルレースを繰り広げるガナーズは前回対戦で敗れた難敵とのリベンジマッチとなるため、大幅なターンオーバーは見込めず。メンバーの入れ替えはDF冨安健洋、FWガブリエウ・ジェズス、トロサールといった数人のみとなりそうだ。その中でハイインテンシティの攻防をしっかりと制することができるか…。 対するアストン・ビラは前節、ブレントフォードとのホームゲームを3-3のドローで終えた。主砲ワトキンスの2ゴールにFWロジャーズの加入後初ゴールで3ゴールを挙げた一方、2点リードからの3連続失点と守備が崩壊し、痛恨の勝ち点逸となった。これで1試合未消化のトッテナム(勝ち点60)に得失点差で上回れて5位転落となった。 それでも、直近のカンファレンスリーグ(ECL)ではリールとのホームでの初戦をワトキンス、マッギンのゴールによって2-1と先勝。公式戦3試合ぶりの勝利でバウンスバックを図ると共にアドバンテージを手にした。アーセナル同様に週明けのリターンレグを想定した戦いが求められるが、ワトキンスやマッギン、MFドウグラス・ルイスらを除き替えが利かない選手は少なく、エメリ監督としてはプレータイムや状態を見ながら臨機応変の起用が可能となるはずだ。 アストン・ビラのアシストを期待しつつ、首位再浮上を目指す2位のリバプール(勝ち点71)は、14位のクリスタル・パレスとのホームゲームで公式戦3試合ぶりの白星を目指す。前節、ミス絡みの失点と決定力不足によってユナイテッド相手に勝ち点1にとどまったクロップのチーム。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)では要塞アンフィールドでアタランタにまさかの0-3の惨敗。昨年2月のレアル・マドリー戦以来、約14カ月ぶりとなるホームでの黒星を喫した。 その得点力を考えれば、週明けのリターンレグでの逆転の可能性は残されているが、まずは今回のパレス戦でしっかりと白星を取り戻したい。守護神アリソン、DFアレクサンダー=アーノルド、MFバイチェティッチ、FWジョタと4人の主力クラスの復帰によって質の高いターンオーバーが可能となるが、直近2試合で5失点の守備の立て直しと共に、大量得点が必要なアタランタ戦に繋がるような前線のオプション構築も意識したい。 3位のマンチェスター・シティ(勝ち点70)はCLレアル・マドリー戦を控える中、降格圏の18位ルートン・タウン相手にリーグ3連勝を狙う。前節はパレス相手にMFデ・ブライネの2ゴール1アシストの活躍によって4-1の快勝を収めたシティ。サンティアゴ・ベルナベウで行われたマドリー戦では一時逆転を許す難しい展開の中、MFフォーデンとDFグヴァルディオルのゴラッソで逆転。その後の失点で逃げ切りには失敗したが、難所で3-3のドローに持ち込んだ。対マドリーのホームゲームではこれまで3戦全勝と相性は良く、良いイメージを持ってリターンレグに臨めるはずだ。 1カ月半前にFAカップで6-2の圧勝を収めたルートンとの一戦では体調不良からの回復が見込まれるデ・ブライネ、マドリー戦で完全に沈黙したFWハーランドとその前回対戦で爆発したアタッキングデュオの再びの躍動に期待したい。なお、前節のボーンマス戦で先発出場したDF橋岡大樹は新天地デビュー戦で対峙したシティズンズ相手にリベンジを目指すことになる。 前節、ノッティンガム・フォレストを破って4位に返り咲いたトッテナムは、8位のニューカッスルとのアウェイゲームで連勝を目指す。前節は格下相手に前半苦戦したものの、DFファン・デ・フェン、DFペドロ・ポロのディフェンス陣の値千金のゴールで3-1の勝利を収めたポステコグルーのチーム。今回の一戦では昨季1-6の屈辱的な惨敗を喫した因縁のセント・ジェームズ・パーク攻略を図る。今季のリーグ前回対戦を4-1で快勝し溜飲を下げたが、やはり因縁の地でしっかりとシーズンダブルを達成したい。守備陣に多くの負傷者が出ているエディ・ハウ率いるマグパイズ相手に自慢の攻撃力で押し切りたいところだ。 逆転でのトップ4へこれ以上の取りこぼしは許されない6位のマンチェスター・ユナイテッドは、前回対戦で0-3の惨敗を喫した12位のボーンマス相手にリーグ4戦ぶりの白星を狙う。DFヴァラン、DFエバンスの離脱によってディフェンスラインは火の車だが、リバプール戦でその才能の片りんを示したDFカンブワラ、圧巻のゴールを記録したMFメイヌーら若手を中心に難敵チェリーズに勝ち切りたい。 9位のチェルシーは、PSR違反によって減点処分が「6」から「8」に新たに変更となった16位のエバートン相手に2戦ぶりの白星を目指す。前々節はユナイテッド相手に劇的な4-3の逆転勝利を挙げたブルーズだが、前節は最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手に2度のリードを守り切れず、痛恨の2-2のドローに終わった。著しく安定感を欠くポチェッティーノのチームは、この試合後にFAカップ準決勝のシティ戦を皮切りに、アーセナル、トッテナムとのダービーを含む強豪5連戦に臨むため、是が非でも白星を取り戻したい。 その他ではレバークーゼンとのELのリターンレグを控えるウェストハム、残留争い直接対決となるブレントフォードvsシェフィールド・ユナイテッドといった戦いにも注目したい。 ◆プレミアリーグ第33節 ▽4/13(土) 《20:30》 ニューカッスル vs トッテナム 《23:00》 ブレントフォード vs シェフィールド・ユナイテッド バーンリー vs ブライトン マンチェスター・シティ vs ルートン・タウン ノッティンガム・フォレスト vs ウォルバーハンプトン 《25:30》 ボーンマス vs マンチェスター・ユナイテッド ▽4/14(日) 《22:00》 リバプール vs クリスタル・パレス ウェストハム vs フルアム 《24:30》 アーセナル vs アストン・ビラ ▽4/15(月) 《28:00》 チェルシー vs エバートン 2024.04.13 12:00 Sat

「マンチェスターの男」とOBらしいエールも…ルーニー氏が後輩ラッシュフォードの現状に「幸せそうじゃない」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドもイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの現状を心配した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 自己ベストの公式戦30ゴールを叩き出した昨季から一転して、再び不振に陥るラッシュフォード。今季のある時期にはナイトクラブでの遊び呆けがすっぱ抜かれるなど、ライフスタイルも良くない形で注目されるなか、シーズン終盤になっても不安定な戦いに終始するチームとともに、個人としても悩ましい日が続く。 このままいけば、夏に迫るユーロ2024の代表入りも確実とは言い切れず。13年在籍のユナイテッドでクラブの歴代最多得点記録記録を打ち立て、レジェンドの1人に数えられるウェイン・ルーニー氏の目には後輩FWの姿がどう映るか。『Premier League Productions』でOBらしい願望とともに、私見を述べた。 「彼はすごく難しいシーズンを過ごしている。世界でもトップクラスの選手になるだけの能力と資質を兼ねるのは誰もが知るところだがね」 「それがもどかしさを駆り立てるね。昨季は多くのゴールを決めた。だが、今季は調子が上がってこない。プレー中も幸せそうに見えないんだ。クラブを離れて新たなスタートを切るのが最善の選択肢なのか? だが、彼はマンチェスターの男だ」 「私としてはあのクラブでキャリアを軌道に乗せ、ゴールを決め続け、トロフィーに貢献する姿が見たい。だが、難しいシーズンなのは確かだ」 若かりし頃にプレーしたルーニー氏から心配の声が上がりつつ、「マンチェスターの男」とエールも送られ、キャリアの帰路に立つラッシュフォード。今季も残りわずかだが、ここから奮起なるか。 2024.04.13 11:10 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly