G大阪に新加入のFWウェルトンが1試合出場停止、前所属の未消化分を引き継ぎ

2024.02.22 20:30 Thu
開幕戦は出場停止となるG大阪のウェルトン
Getty Images
開幕戦は出場停止となるG大阪のウェルトン
Jリーグは22日、ガンバ大阪に加入したFWウェルトンに関して、出場停止処分を下すことを発表した。

ウェルトンは、レフスキ・ソフィアから今シーズンG大阪に完全移籍で加入していた。
24日に開幕戦のFC町田ゼルビア戦を迎える中、Jリーグは前所属クラブでの出場停止を引き継ぐことを発表。1試合の出場停止となることを発表した。

ウェルトンは、レフスキ・ソフィア在籍中にブルガリア1部リーグ(ファースト・プロフェッショナル・フットボールリーグ)で1試合の出場停止処分を下されていた。

移籍はしたものの、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づき、また、FIFA規律委員会の別段の決定により、移籍先の国・チームにて未消化の出場停止処分を消化するとされており、開幕戦が出場停止となった。
ウェルトンは22日にチームの全体練習に合流。ブラジル生まれで、両利きのサイドアタッカー。2022-23シーズンはブルガリア1部で30試合に出場。今シーズンも16試合で3ゴール4アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選では6試合2ゴールを記録していた。
関連ニュース

「勝って反省できるのは良い」苦しみ抜いてホーム初勝利の横浜FM、天野純は「学びの多いゲーム」と振り返る

横浜F・マリノスのMF天野純が、ガンバ大阪戦を振り返った。 10日、明治安田J1リーグ第3節延期分で、横浜FMはG大阪をホームの日産スタジアムに迎えた。 AFCチャンピオンズリーグ(CL)で日本勢として唯一勝ち残っている横浜FM。その影響で延期となっていた試合が消化された。 試合は前半はG大阪が押し込む展開に。相手のプレスの前になかなかボールを運べず、ボール奪取の強度も低く押し込まれる展開となる。 それでもゴールレスで折り返すと、後半に修正。すると53分、押し込んでいた中でアンデルソン・ロペスがボックス内から蹴り込み先制に成功。その後G大阪に反撃されるが、アディショナルタイムに植中朝日が隙を突いてダメ押しゴール。2-0で勝利を収めた。 試合後にメディアの取材に応じた天野。難しいパフォーマンスとなった中、試合を振り返り、勝利したことが良かったとした。 「前半はチームとしてもなかなか上手くいかず、イージーなミスも多くて、なかなか自分たちのリズムにならなかったです。結果的に勝てたので、勝って反省できることは良かったです」 これで連勝。ホームで初勝利となったが、内容が悪くても結果を残せるチームの力については「悪いなりに失点しないところだったり、チャンスで決め切るというところだったり、勝者のメンタリティがついてきているかなと思います」と語り、成長していると感じるようだ。 インサイドハーフとして出場した天野だが、相手のマークの前にあまり良い状態でボールをもらえずに終わった。 「対策を取られた中で、マンツーマンでも個で剥がせるクオリティもありますし、もう1回映像を見て修正して、対策されることはあると思うので、やり続けないといけないです」と振り返り、良くなかった部分を改善していくようだ。 一方で、後半先制した直後にFW植中朝日を投入。喜田拓也とのダブルボランチ気味に立ち位置が変化した。 「もう少しビルドアップを安定させたいのかなと思ったんですが、先制点がそのタイミングで取れたので、ちょっとチームとしても守りに入ったというか、ロングボールが多くなってしまいました」 「チーム全体として繋がりのあるポジションや連携がとれなかったので課題が残りました」 下がった位置でのゲームメイクとなった後半。天野はポイントとして「自分のところでボールを失わない、前に運ぶところ、キー坊(喜田拓也)との繋がりの部分だったりを意識しました」と振り返った。チームとして両サイドを上手く使えるようになり、最前線のアンデルソン・ロペスにボールがよく通るようになったのも、1つの変化と言えるだろう。 未消化だった試合を終え4位に位置する横浜FM。次は、中2日で湘南ベルマーレと対戦する。 「(今日の試合が)良くなかったことは確かですし、しっかりと上手く対策されることもあると思うので、自分たちがどうしていくか、学びの多いゲームでした」と振り返る天野。「なんと言っても勝って反省できることは本当に大きいので、リーグ戦で連勝すれば1試合少ない中で良い順位につけていたので、首位を狙っていきたいです」と語り、しっかりと反省をして、3連勝に向かうとした。 <span class="paragraph-title">【動画】勝負強さと決定力を見せつけたアンデルソン・ロペスの先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="deErlUeg7cw";var video_start = 262;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.11 07:30 Thu

「『ありがとう』と同時に『ごめんなさい』」 “元戦友”から決勝ゴール奪取のアンデルソン・ロペス、試合後のやりとり明かす

横浜F・マリノスのエースがチームを今季初の連勝に導いた。 横浜FMは10日にガンバ大阪をホームに迎え撃っての明治安田J1リーグ第3節延期分に望み、2-0で勝利。この試合で掴んだ3ポイントで勝ち点13に伸ばし、首位FC町田ゼルビアに迫る4位に浮上した。 そんなG大阪戦ではボールこそ握れど、うまく攻め切れずにカウンターを食らってと相手優勢の流れが続き、シュート数(11本と21本)、CK数(3回と11回)でいずれも大差をつけられる内容だった。 試合後のハリー・キューウェル監督からも「正直、自分たちの内容で進められなかった」との声が聞こえてくる戦いだったが、チームに漂う重い空気を払拭したのがアンデルソン・ロペスだった。 アンデルソン・ロペス自身も沈黙が続いたが、53分に山根陸からの浮き球をうまく受け、反転からの左足で均衡を破り、後半アディショナルタイムの植中朝日による勝負を決める一発につないだ。 勝敗の分かれ目だった決定力で違いとなり、2戦連発弾となる今季5ゴール目でチームを救ったブラジリアンストライカーは「今日は難しい試合だった」と振り返り、自身の得点も解説した。 「ガンバのディフェンスが本当に強くて、タフで、僕らのサッカーできない前半だったけど、後半はちょっと変わって、やりたいことができるようになり、リクから素晴らしいクロスが来て、うまくターンでき、得点につながった」 このゴールは昨季まで共闘した一森純の牙城を打ち破ってのもの。試合後のロッカールームでは一森が挨拶に来て、話す機会があったようだ。 「彼からは『ナイスゴール』との言葉をもらったけど、僕からは『ありがとう』と同時に『ごめんなさい』と言わせてもらったよ。去年まではチームメイトで、切磋琢磨してタイトルのために戦った仲間だった。今日は僕らが勝てて良かったと思う」 そんな横浜FMの主砲はここまでの公式戦11試合すべてで先発。J1においては開幕から全7試合でフルタイム出場が続く。今後もACLがあり、タイトなスケジュールだが、「とても状態が良くて、100%の状態」と問題なしとした。 試合後のキューウェル監督からは「彼は何を言っても、『常に試合に出たい』と言ってくる」と連続起用の経緯説明がなされており、その件をぶつけられると、「そうだね。怒ったのかもしれないね」と冗談を飛ばし、こう続けた。 「冗談はさておき、監督が決めたことはいつだって尊重している。監督とは今週、試合前に話をして、身体の状態も良いし、疲れもないと言った。疲れているなら監督に言うし、状態が良かったから使われて良かったよ。次の試合も出たいなと思う」 今季もここまで7試合で5ゴールを積み上げ、2年連続のJ1得点王にも期待十分の背番号10。ケガをしないよう願うばかりだが、J1とACLの二兎を追う今季のチームにとって、頼もしい限りだ。 2024.04.11 07:15 Thu

「悲しい結果」 シュート21本で横浜FM凌駕も0ゴールのG大阪、ポヤトス監督が思うフィニッシュ精度を高める手立ては?

ガンバ大阪が迫力ある攻撃を仕掛けるも報われず、今季初の連敗だ。 10日の明治安田J1リーグ第3節延期分が日産スタジアムで行われ、横浜F・マリノスと対戦したG大阪。序盤から高い守備意識をうまく速攻につなげ、シュートで終わるリズムある攻撃を展開したが、終わってみれば0-2のスコアで唇を噛んだ。 宇佐美貴史が流動的に動きながら、味方のお膳立てに回れば、自らも果敢に鋭いフィニッシュを放っていき、間違いなくリードしたが、ゴールを割れず。最終的に横浜FMの11本に対して、21本ものシュート数を記録したが、いずれも空砲だった。 内容面も敵将のハリー・キューウェル監督から「正直、自分たちの内容で進められなかった」との感想が口を突くほどだったが、それに伴わない結果となってしまったダニエル・ポヤトス監督も「悲しい結果になってしまった」と総括している。 「素直にマリノスを上回り、マリノスよりも良かった試合だったと思う。チャンス数だったり、相手陣地でボールを持ったり、ゲームを支配する点では確実に上回ったが、マリノスはアンデルソン・ロペスがたったのワンチャンスをモノにした」 「自分たちはチャンス数があったにもかかわらず、ゴールを決めきれなかったところがある。失点に関しては自分たちが同点に追いつこうと攻めにいったわけで、ああいった失点は仕方ない。結果は本当に満足できないが、チームが示した姿、戦う姿勢というところは誇りに思うし、満足している」 監督が言うように、ここ2試合と比べても迫力のある戦いを展開したが、決定力を改善できず、これで3試合ノーゴール。ゴール期待値で上回りながら無得点だった前節の北海道コンサドーレ札幌戦もだが、フィニッシュ精度の低さが目につく。 人選なのか、戦術なのか、手を入れる必要があるが、指揮官は「今日、明日、明後日で改善できるものではなく、難しさを感じる。ただ、一瞬一瞬で選手たちがベストな判断をしていくこと」と継続の必要性を説いた。 攻撃陣ではエースの宇佐美がここ数年とは違い、キレあるパフォーマンスで復活を印象づけるG大阪。昨季最多タイ61失点の守りもここまで安定し、ゴールに向かっていく迫力もある。決定力不足をいかに改善していくかが今後の鍵になりそうだ。 次節は中3日でサガン鳥栖とのホーム戦。次も落とすようだと、4年連続の残留争いを強いられかねないが、4試合ぶりの得点で5試合ぶりの勝利なるか。 2024.04.11 07:00 Thu

「難しい試合だった」決定力の差で苦戦を制した横浜FM、キューウェル監督は選手のメンタルを称える「選手たちの姿勢が素晴らしい」

横浜F・マリノスのハリー・キューウェル監督が、ガンバ大阪戦を振り返った。 10日、明治安田J1リーグ第3節延期分で、横浜FMはG大阪をホームの日産スタジアムに迎えた。 AFCチャンピオンズリーグ(CL)で日本勢として唯一勝ち残っている横浜FM。その影響で延期となっていた試合が消化された。 試合は前半はG大阪が押し込む展開に。相手のプレスの前になかなかボールを運べず、ボール奪取の強度も低く押し込まれる展開となる。 それでもゴールレスで折り返すと、後半に修正。すると53分、押し込んでいた中でアンデルソン・ロペスがボックス内から蹴り込み先制に成功。その後G大阪に反撃されるが、アディショナルタイムに植中朝日が隙を突いてダメ押しゴール。2-0で勝利を収めた。 試合後の記者会見に臨んだキューウェル監督は、苦しんだ試合だったと振り返り、G大阪の戦い方を称えた。 「難しい試合になってしまった。ガンバも簡単にはやらせてくれず、前半からコンパクトさ、常に隙を窺ってチャンスを作ろうと相手がしてきた」 「正直、自分たちの内容で前半はスタートからできず、ここまでプッシュし合いながら、過密日程でやってきた中で、常に自分たちがやりたいように思うようにいかないこともたまにはあると思っている」 「後半に入った時、やろうとしているいつもの動き、球際に向かうスピードなどやろうとしていることができた」 「エドゥアルドが最後に犠牲になったが、チームのためにピッチに戻ると言った。あれだけ強いメンタルを持つ選手がいるというのは、自分たちにとっても心強い。古臭いかもしれないが、根性も必要だ」 「ガンバも本当に素晴らしい試合を繰り広げたと思うし、自分たちを苦しい状況にしたチームだった。結果的に最後の最後に結果を残して、勝ち点3を取れたことは良かったと思う」 苦しみながらも、少ないチャンスを決め切り勝利した横浜FM。この試合でも貴重な先制ゴールを決めたアンデルソン・ロペスは、2試合連続ゴールを決め、シーズン5点目を決めた。 リーグ戦では7試合にフル出場。ACLもほとんどフル出場を果たしている状況であり、過密日程ながらフル稼働中だ。 しかし、キューウェル監督は「彼は常に何を言っても試合に出たいと言っている」と、結果を残している中で、試合に出たがっているとコメント。チームのために戦うというメンタリティを歓迎するとした。 「今日の内容に関しては、自分たちが思ったような内容ではなかった。その中でも彼がフィジカル的な強さ、ボールを持った時の違いというのは、今日のような試合でも見せてくれた。その中で、しっかり焦れずにゴールを決めたり結果を残している」 「彼の出たいという気持ちというのは、彼だけじゃなく他の選手たちも、どんな状況でも俺を出してくれという姿勢を見せてくれている」 「この状態でロペスを少し休ませた場合、彼は間違いなく『なぜ俺を外すんだ?』と言ってくると思う。毎試合毎試合、このチームで、この素晴らしいファンのためにも、みんなが全部の試合に出たいという姿勢がチームにはある」 「その中で、しっかり自分がやるんだ、休んでいる場合じゃないという選手たちの姿勢も素晴らしく、メンタルの強さ、試合の重要性というのはどういう状況でも任せられる。ロペスだけじゃなく、他の選手も同様に見ている」 チーム全体の士気の高さを称えるキューウェル監督。終盤に足を痛めてピッチを出ながらも、その後にプレーに復帰したDFエドゥアルドの行動にもその気持ちが見えていた。 ケガの状態については「実際にメディカルのチームとまだしっかりと会話をしたわけではなく、彼も神戸戦にもいて、今日も90分プレーした。正直言って、攣っただけかもしれない。何が原因なのかはこちらに知らされてはいない」とし、「明日の朝になれば、少し詳細が見えてくると思う」と、この先ケガの状態がわかるとコメント。 「あの時の状況で素晴らしいメンタルの強さをチームのために、ゲームファーストで考えられる選手だなと感じた」と、エドゥアルドの犠牲心を称えた。 「自分の中では見た瞬間、交代もできないし、1人少ない状況でやらなければいけないと思ったが、すぐに立ち上がって、『俺はできる。まだ試合は終わっていない。ピッチに戻してくれ』と言った素晴らしい選手の1人だ」と称え、「そして、全体で戦った中で、2点目が取れた。そういうところで、何かのために自分が犠牲になるという強い気持ちは、こういう世界では大事だと思っているし、そういう選手が自分は好きだ」とコメント。それでも「無理をさせることはまずない」と、重傷である可能性は少ないと判断したとした。 <span class="paragraph-title">【動画】勝負強さと決定力を見せつけたアンデルソン・ロペス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="deErlUeg7cw";var video_start = 262;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.11 06:45 Thu

横浜FMが今季初連勝! 決めきれぬG大阪をエース2戦連発弾など2ゴールで破る【明治安田J1第3節】

明治安田J1リーグ第3節の延期試合が10日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜F・マリノスがガンバ大阪を2-0で下した。 2試合ぶりの勝利を掴み、今季初の連勝がかかる7位横浜FM。前節から6選手が入れ替わり、村上悠緋、天野純が今季初先発したほか、2027年加入内定で特別指定選手の塩貝健人がベンチ入りした。 初黒星からの仕切り直しを図る12位G大阪も唐山翔自を今季初先発のピッチに。そのほか、ターンオーバーの前節から宇佐美貴史やウェルトンが先発復帰したほか、一森純が凱旋試合の最後尾を務めた。 横浜FMが参戦するACLとの兼ね合いにより、この日のナイトゲームとして改めて開催される運びとなった一戦。横浜FMが繋ぎから崩しにかかるなか、G大阪は速い仕掛けで一気に相手ゴールに襲いかかる。 横浜FMがどう崩すかという局面が多いが、ボールを奪ったら一気に持ち上がるG大阪はその中心を担う宇佐美が存在感。4分にウェルトンのチャンスをお膳立てすれば、13分、17分と自らもフィニッシュを放つ。 その後もネタ・ラヴィの右足ミドルなど、G大阪の思い切りの良い攻撃が際立つなか、横浜FMも21分に左サイドからの折り返しに山根が右足一閃。GK一森も見送るだけだったが、惜しくも左ポストを叩く。 34分にも右サイドを経由した繋ぎから、バイタルエリア右のアンデルソン・ロペスが落とすと、天野が右足ダイレクト。ゴール右下を突いたボールだったが、ここはGK一森が見事なセーブで凌いでみせる。 シュート数、枠内、CK数でどれも上回るG大阪は前半のうちに一歩前に出たいなか、45+1分にも右サイドからのクロスを大外で拾ったウェルトンが中に切り込み、右足。だが、ミスショットに終わる。 後半も勢いよく立ち上がったのはG大阪。早々の46分に細かいつなぎから唐山が振り向きざまのフィニッシュに持ち込めば、その1分後のカウンターからウェルトンもゴールに迫り、51分にも宇佐美が左足を振る。 だが、ここまで沈黙のアンデルソン・ロペスがワンチャンスを仕留める。左サイド深くの山根陸が中に切り込み、ボックス中央にパスを出した53分、中谷進之介を背負いながら収めたアンデルソン・ロペスが反転からの左足で横浜FMに先制点をもたらす。 横浜FMがエースの2戦連発となる今季5ゴール目で先手をとったなか、G大阪も敵陣右サイドでFKの62分に宇佐美がパスにしたボールをボックス右のウェルトンがゴール前に折り返し、三浦弦太がプッシュ。だが、オフサイドで認められず。 そんなG大阪は65分に宇佐美がボックス左から中に切り込み、右足フィニッシュを放っていくが、惜しくもゴール右の外に。そのなか、57分の食野亮太郎に続いて、イッサム・ジェバリとダワンを送り出す。 横浜FMがもうひと刺しを狙って、宮市亮や植中朝日、小池龍太、そしてデビューの塩貝をピッチに送り込んだなか、攻めの手を緩めないG大阪は71分の左CKもウェルトンの枠内ヘッドにつなげるが、ゴールが遠く。 75分にもダワンの大きな展開が左サイドのウェルトンにつながり、フィニッシュに持っていったG大阪だが、ここも枠に飛ばず。80分にもボックス左の宇佐美が折り返したボールにイッサム・ジェバリが右足で合わせるが、クロスバーの上に外す。 その後も我慢の時間が続くなど、苦戦模様だった横浜FMだが、後半アディショナルタイムのカウンターから植中が左足でネットを揺らして勝負あり。今季初の連勝を成し遂げ、4位浮上に成功。3戦連続ノーゴールのG大阪は今季初の連敗となり、4試合勝利なしとなった。 横浜F・マリノス 2-0 ガンバ大阪 【横浜FM】 アンデルソン・ロペス(後8) 植中朝日(後45+8) <span class="paragraph-title">【動画】マリノスエースがワンチャンスを仕留める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>質と違いを見せましたエースストライカー<br>\<br><br>まさにマリノス、まさにアンデルソン・ロペス<br>左サイドの攻略から中央で仕留めたのはNo.10<br><br>明治安田J1リーグ第3節<br>横浜FM×G大阪<br>Live on DAZN <a href="https://t.co/XxVZmAhaCd">pic.twitter.com/XxVZmAhaCd</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1778019793020363191?ref_src=twsrc%5Etfw">April 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.10 21:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly