古巣対決の久保建英が敵ファンにも大人気!マイクが拾ったカタコトの日本語も話題「ありがとうって言ってる?」

2024.02.20 12:55 Tue
古巣マジョルカと対戦したレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英
Getty Images
古巣マジョルカと対戦したレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が敵地のファンからも歓声を浴びた。
PR
18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。久保にとってはレンタルとはいえ計2シーズンを過ごした古巣との対決となった。
フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールもマーク。チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献していたが、ゴールを決めても喜びを露わにすることはなかった。

古巣への敬意を示した久保だが、試合後にはマジョルカのサポーターたちからの久保人気も明らかになった。

ソシエダの選手たちがドレッシングルームへと戻っていく中、着ていたユニフォームを脱ぎながらマジョルカのサポーターたちのもとへと歩いていく久保。どうやらマジョルカ時代の知人にユニフォームをプレゼントする約束をしていたようだ。
そんな久保に対し、マジョルカサポーターの子どもたちも大興奮。目を輝かせて久保とハイタッチを交わしていた。

その様子はソシエダの公式YouTubeチャンネルでも公開されており、SNS上のファンからは「タケがマジョルカでも愛されてたのがよくわかる」、「ほっこり」、「レンタル先でこんなに愛されるってすごいな」と反響。また、映像に「アリガトー」と久保に向かって叫ぶような大きな声もはいっており、「ありがとうって言ってる?」と注目を集めていた。




PR
1 2
関連ニュース

谷川萌々子がミドル弾に門脇真依が追加点!日本人2人揃い踏みでローゼンゴードは開幕戦5発大勝

ローゼンゴードのなでしこジャパンMF谷川萌々子とFW門脇真依が、開幕戦の勝利に貢献した。 13日から14日にかけて開幕節が行われたダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)。ローゼンゴードはホームにヴィットショーを迎え、5-0と大勝した。 谷川は中盤でフル出場し、門脇は最前線で先発して65分までプレー。ともに1得点をマークしている。 オリビア・シャフのPKで25分に先制したローゼンゴードはその6分後、谷川が追加点を奪取。門脇のプレッシングから高い位置で奪い切ると、キャロライン・セゲルの横パスを受けた18歳は、ペナルティアークから左足を一閃。得意のミドルシュートを右隅へ沈めた。 前半のアディショナルタイムには門脇もネットを揺らす。セットプレーの二次攻撃から谷川のパスで左ポケットを使い、シャフが低いクロスを送ると、リア・オーリングがスルーしたボールをきっちり蹴り込んだ。 後半にも2点を追加したローゼンゴードは、大量5点を奪っての白星スタート。スウェーデン・カップ準決勝における逆転敗退の鬱憤を晴らしている。 <span class="paragraph-title">【動画】谷川萌々子が得意のミドルシュートでリーグ戦初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Momoka Tanikawa dubblar ledningen på Malmö IP <br><br>Den 18-åriga japanskan gör succé i <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/R6TyyWKa1z">pic.twitter.com/R6TyyWKa1z</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779504841221460336?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】鮮やか連係から門脇真依が仕上げて追加点奪取!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Kadowaki sätter dit trean för <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/dfvvhndAbb">pic.twitter.com/dfvvhndAbb</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779508221654212794?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 16:10 Mon

小山史乃観が開幕戦で加入後初得点!タップインゴールでユールゴーデンでの初勝利も掴む

ユールゴーデンIFのU-20日本女子代表MF小山史乃観が加入後初ゴールをマークした。 2月にセレッソ大阪ヤンマーレディースからユールゴーデンへ加入した小山。AFC U20女子アジアカップを準優勝で終えて再びチームに合流し、3月24日のスウェーデン・カップで海外公式戦デビューを果たしていた。 リーグ開幕戦となった13日のダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)、ホームでのトレッレボリ戦にも2列目で先発フル出場。早速結果も残した。 テレーズ・オースランドが29分に先制点を奪い、リードして迎えた59分、ユールゴーデンはトーヴ・アルムクヴィストが持ち運んでのミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールに小山が詰めた。 味方のシュート後に、こぼれる可能性を考えて唯一足を止めなかった小山。ゴールシーン以外にもチャンスに絡み、クラブ公式レポートでも「試合中常に活躍しており、この試合で彼女がネットを揺らしたのは必然だった」と、評している。 このまま試合を終えたユールゴーデンは、2-0で開幕戦白星スタート。小山にとっても加入後初勝利となった。 <span class="paragraph-title">【動画】小山史乃観が開幕戦で加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7j5922SUq_4";var video_start = 64;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 15:15 Mon

鎌田大地はやはり退団の意志が固い? 3試合連続先発で序列に変化も延長OPは行使せずか…新天地にはドイツ2クラブも浮上

クラブ内での序列に変化が出始めている日本代表MF鎌田大地(27)だが、やはり今シーズン限りでラツィオを退団する見込みだという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 フランクフルトを退団し今シーズンからラツィオに加入した鎌田。セリエA初挑戦となった今シーズンは、開幕からスタメン起用され、第3節で初ゴールを記録するなど、順調なスタートを切ったかに思われた。 しかし、徐々に出番が減り、ベンチスタートが増えた中、マウリツィオ・サッリ監督の下ではチャンスに恵まれない状況に。1月には移籍の話もあったが残留するなどした中、そのサッリ監督が成績不振でチームを離れ、イゴール・トゥドール監督が就任した。 すると、トゥドール監督は鎌田を評価。リーグ戦では3試合連続で先発起用され、80分、90分、90分と多くの時間を与えられている。 加えて、10番を背負うMFルイス・アルベルトが退団の意志を示し、ライバルが1人減る展開に。それでも、鎌田は1年契約を全うしてラツィオを離れると見られている。 鎌田とラツィオの契約は1年だが、延長オプションも付帯しているとのこと。ただ、このオプションを発動する権利はクラブ側ではなく、鎌田側が持っているとのことで、現時点で行使する意思がないようだ。 なお、鎌田の新天地にはドイツの2クラブが浮上。昨シーズンまでプレーしたフランクフルト、そして予てから獲得に関心を持っており、日本代表DF板倉滉、U-23日本代表FW福田師王が所属するボルシアMGの名前が挙がっている。 2024.04.15 12:45 Mon

相馬勇紀がGK中村航輔からゴール! 左ワイドから一対一を仕掛けて今シーズン3点目

カーザ・ピアの日本代表MF相馬勇紀が、日本人対決でシーズン3ゴール目を記録した。 14日、プリメイラ・リーガ第29節でカーザ・ピアはアウェイでポルティモネンセと対戦した。 相馬は2シャドーの一角で先発出場。ポルティモネンセは、GK中村航輔、MF福井太智が揃って先発出場。日本人対決が実現した。 試合は前半からポルティモネンセがペースを握り、2点を先行。カーザ・ピアは苦しい展開となる中、34分に相馬が躍動した。 左のワイドにポジションを取った相馬は、パスを受けると一対一を仕掛けてボックス内に侵入。右足を振り抜くと、ブロックに入った相手DFに当たってディフレクトし、ネットを揺らした。 GK中村もシュートには反応していたが、逆を突かれてセーブできず。相馬にとっては今シーズン3点目となった。 なお、試合はその後カーザ・ピアが追いつき2-2のドローとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】相馬勇紀がカットインからゴール!GK中村航輔もセーブできず</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GOVbL-uZHVg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 11:50 Mon

“悪夢の0-6”で「人生最悪の一週間」…でもアヤックスはフェイエノールトを応援? EL出場権懸けた小川&佐野NECとの攻防

アヤックスのU-21オランダ代表MFケネス・テイラーが、“悪夢の0-6”を振り返った。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 アヤックスは14日、オランダ1部・エールディビジ第30節でトゥベンテと対戦。31分に先制されるも、59分にブライアン・ブロビーが同点弾、81分にステーフェン・ベルフワインが逆転PK弾を決め、2-1で勝利を飾った。 そんなアヤックスだが、昨季から過渡期に突入し、今季も一時は2部リーグ降格圏に足を踏み入れるほど低迷。その後持ち直すも、前節ライバルのフェイエノールトに0-6と惨敗を喫した。 名門らしからぬ戦いぶりに全世界がショックを受けたわけで、それは当事者も同じ。トゥベンテ戦後に“悪夢の0-6”を振り返ったのは、近い将来の欧州5大リーグ行きも見据えるホープ、21歳テイラー。個人レベルでも大きな挫折だったようだ。 「言うまでもなく、今日(トゥベンテ戦)のテーマは、あの試合(フェイエノールト戦)からの立ち直りをアピールすることだった…。人生で最も酷く落ち込んだ日になったし、先週一週間は人生で最も暗い一週間だったんだ…」 一方で、アヤックス陣営にとってしばらくは思い出したくもない「フェイエノールト」だが、21日に小川航基&佐野航大が所属するNECナイメヘンとのKNVBベーカー(カップ戦)決勝があり、ここでフェイエノールトが勝てば、アヤックスは恩恵を受けることになる。 すでに来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保しているフェイエノールト。NECに勝てば、本来ならKNVBベーカー王者に付与されるヨーロッパリーグ(EL)出場権(予選プレーオフなし)が、リーグ5位に代替付与されることとなり、現状その5位につけているのがアヤックスなのだ。 テイラーはこの件について「そうだね…奇妙な状況だし、目も背けたい。けど、フェイエノールトが勝てば事実として僕らの利益になる可能性が高い。より高い欧州の舞台に立つのは僕たちの目標だ」とコメントする。 NECは現状リーグ6位。5位アヤックスとの勝ち点差は「1」となっている。23-24シーズン最佳境はオランダに目を向け、アヤックスと小川&佐野NECのEL出場権を巡る攻防に注目してみるのもいいかもしれない。 2024.04.15 11:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly