【CLグループA総括】バイエルン余裕突破もユナイテッドがまさかの最下位で敗退

2023.12.15 12:00 Fri
バイエルンとコペンハーゲンが決勝T進出
Getty Images
バイエルンとコペンハーゲンが決勝T進出
グループAでは本命と見られたバイエルンが余裕の首位通過としたが、マンチェスター・ユナイテッドがまさかの最下位に終わった。最終節、三つ巴の争いを制したのはデンマーク王者コペンハーゲン。格上のユナイテッド、ガラタサライを制して見事決勝トーナメント進出を果たした。
PR
■順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バイエルン[16/5/1/0/6]
2.コペンハーゲン[8/2/2/2/0]
3.ガラタサライ[5/1/2/3/-3]
4.マンチェスター・ユナイテッド[4/1/1/4/-3]
◆余裕突破も最後まで手を抜かず~バイエルン~
Getty Images

今季の目玉補強だったFWケインがCLでも期待通りの働きを見せて4ゴール。首位通過を決めたバイエルンを牽引した。コペンハーゲンの堅守には2戦とも苦戦していた印象だったが、ユナイテッド、ガラタサライ相手には主導権を握り、順当に4連勝した。4節終了時で早々に首位通過を決めたものの、その後の2試合もバイエルンらしく手を抜かず主力を投入。全勝は逃したが、5勝1分けで難なくグループステージ突破を決めた。

◆組織守備で番狂わせ~コペンハーゲン~
Getty Images

格上のユナイテッド、ガラタサライを抑え、13季ぶりにグループステージ突破を決めた。昨季はマンチェスター・シティ、ドルトムント、セビージャが同居した厳しいグループを戦い、ホームではいずれもドローに持ち込んだ。その自信が今季のユナイテッド戦、ガラタサライ戦の勝利に繋がったようだ。北欧らしい組織的な守備が売りのデンマーク王者が番狂わせの2位通過を決めた。

◆タレント揃いも組織力で劣る~ガラタサライ~
Getty Images

FWザハ、MFツィエク、DFアンヘリーニョら実力者を獲得し、元々在籍していたFWイカルディ、MFメルテンス、GKムスレラとタレント揃いだったガラタサライ。ハマった時の爆発力は感じたが、守備面での脆さなど組織力では突破を許したコペンハーゲンに劣る印象だった。攻撃面では10ゴールと十分な結果だっただけに13失点を喫した守備陣の改善があれば、来季以降楽しみなチームになる予感だ。
◆オナナ乱調響き痛恨の最下位敗退~マンチェスター・ユナイテッド~
Getty Images

CLではテン・ハグ監督肝入りで補強したGKオナナの乱調が際立ってしまった。初戦のバイエルン戦でのミスを皮切りに、続く第2節ガラタサライ戦もミスがあり、痛い連敗スタートとなった。そのまま立て直しが利かず、最終節に突破の可能性をわずかに残したものの1勝1分け4敗でELにも回れず屈辱の最下位敗退となった。

PR
関連ニュース

クラマリッチがハットでホッフェンハイムが欧州カップ戦出場へ、逆転負けのバイエルンは3位フィニッシュ【ブンデスリーガ】

バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、2-4で逆転負けした。 前節ヴォルフスブルク戦をズボナレクのトップチーム初弾などで勝利した2位死守を目指すバイエルン(勝ち点72)は、ケインら大半の主力が負傷欠場となった中、テルを最前線に2シャドーにミュラーとゴレツカを配す[3-4-2-1]で臨んだ。 ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内キープを目指す7位ホッフェンハイム(勝ち点43)に対し、開始40秒にテルにビッグチャンスが訪れたバイエルンは4分に先制する。アルフォンソ・デイビスの左クロスをファーサイドのミュラーがダイレクトで折り返し、テルのヘディングシュートが決まった。 さらに2分後、一気にリードを広げる。テルのスルーパスを受けたボックス内のアルフォンソ・デイビスがGKとの一対一を制した。 しかし2分後、ホッフェンハイムがすかさず1点を返す。GKノイアーのパスを敵陣ボックス内でカットした流れから最後はバイアーが押し込んだ。 ここからホッフェンハイムが盛り返すと、30分にはバイアーが枠内シュートで牽制。さらに33分、ダイアーのミスクリアからベブが枠内シュートと攻勢を強めていった。 パブロビッチの負傷によりズボナレクを投入したバイエルンは38分、ゴレツカに絶好機もミュラーの右クロスに合わせたシュートはGKバウマンの好守に阻まれる。 さらに42分、ズボナレクの落としからミュラーが際どいボレーを放った中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、53分にアルフォンソ・デイビスのカットインシュート、61分にミュラーのカットインシュートと悪くない入りを見せていたバイエルンだったが、68分に同点とされる。 スローインのクイックリスタートの流れからベブのクロスをクラマリッチが押し込んだ。ここから一気にホッフェンハイムに流れが傾くと、終盤の85分に逆転弾。サイド攻撃で揺さぶった流れから最後はクラマリッチがシュートを蹴り込んだ。 そして2分後にクラマリッチがハットトリックとなる4点目を決めて勝負あり。ホッフェンハイムが7位をキープし、DFBポカールの結果次第(レバークーゼンが優勝)でEL出場が決まる状況となった。 一方、敗れたバイエルンはシュツットガルトにかわされ3位フィニッシュとなっている。 2024.05.19 00:53 Sun

ユーロ出場は大丈夫? 背中負傷のケインは最終節欠場…トゥヘル監督「状態はさらに悪化している」

バイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインだが、状態が良くないようだ。 ブンデスリーガ12連覇を逃したバイエルン。チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝進出に後一歩まで行きながらも、レアル・マドリーに敗れて敗退。今シーズンの無冠が決定した。 トーマス・トゥヘル監督の退任も近づき、残すは最終節のみ。アウェイでのホッフェンハイム戦が18日に控えている。 試合を前にした記者会見ではトゥヘル監督が選手の状況について言及。ケインの欠場を明言し、背中の状態が良くないことを明かした。 「ハリー・ケインは主治医の治療を受けている。彼は行けない。マドリードではすでに症状が限界まで悪化していた。状態はさらに悪化しており、彼はチームにいない」 ケインは8日のCL準決勝2ndレグのマドリー戦に出場も、85分に交代。先週末のヴォルフスブルク戦はメンバー外となっていた。 詳しい状態は明かされていないが、ユーロ2024に臨むイングランド代表にとっても心配なところ。ガレス・サウスゲイト監督は、21日にメンバーを発表する予定となっており、ケインの状態は気掛かりなところだろう。 今シーズンからバイエルンでプレーするケインは、公式戦45試合で44ゴールと結果を残したが、タイトルとは再び縁がなく、バイエルンですら無冠というシーズンに終わってしまった。 なお、そのほかにもレロイ・サネ、ジャマル・ムシアラ、エリック・マキシム・チュポ=モティング、キム・ミンジェ、サシャ・ブイ、ラファエル・ゲレイロ、セルジュ・ニャブリも不在だという。 2024.05.17 22:33 Fri

バイエルン、交渉決裂でトゥヘル続投はなし…最終節前会見で「バイエルンを離れることになる」

来シーズンの続投の可能性も伝えられたトーマス・トゥヘル監督(50)だが、今シーズン限りでのバイエルン退団の意向を改めて発表した。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中、多くの主力選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、トゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けていた。 当初は続投で合意に達する可能性が高いと思われたが、最終的に両者は条件面で歩み寄ることができなかった。 そして、18日にブンデスリーガ最終節のホッフェンハイムとのアウェイゲームを控える中、今季最後の試合前公式会見に出席したトゥヘル監督は、「これがゼーベナー通り(クラブハウス)での最後の記者会見」と、改めて今季限りでの退任を明言した。 「話し合いはあったが、合意には至らなかった。したがって、2月の(退任の)決定はまだ有効だ」 「ここ数週間のフィードバックは、我々が今後も協力し続けていくための話し合いの基礎となったが、合意に達することはできなかった。ただ、理由を話すつもりはない」 「2月の合意は有効であり、私はバイエルンを離れることになる」 なお、トゥヘル監督続投の可能性が潰えたことで、バイエルンはブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督、元指揮官のハンジ・フリック氏の再招へいを含め、新たな動きが必要となった。 2024.05.17 19:14 Fri

レアルはDFデイビスへの興味薄れる…狙いはジローナDFミゲル・グティエレスの買い戻しか

今シーズンはラ・リーガを制し、チャンピオンズリーグ(CL)も決勝まで駒を進めているレアル・マドリー。今夏の移籍市場でも多くの選手の去就が注目されている。 カルロ・アンチェロッティ監督の下、36度目のリーグ制覇したチームだが、すでに夏にはパウメイラスのブラジル代表FWエンドリッキの加入が決定。また、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの加入も濃厚と見られている。 一方で、ベテランのドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表のMFルカ・モドリッチの去就が注目されることに。両者とも契約満了となるが、再び延長するのかどうかを検討しているとされている。 そんな中で注目を集めるのがサイドバックの補強だ。 スペイン『COPE』によると、左サイドバックの補強として筆頭と見られていたバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)だが、現在は興味を持っていないという。 デイビスは2025年夏にバイエルンとの契約が満了を迎え、フリーで獲得が可能に。本人もバイエルンとの契約を更新する気がないことから、本人との間には障壁はない状況。1年待つ形になるという。 一方で、左サイドバックにはジローナのDFミゲル・グティエレス(22)を連れ戻したい意向があるとのこと。マドリーのアカデミーで育ち、2022年7月にファーストチーム昇格。その後すぐにジローナに完全移籍していた。 今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し2ゴール6アシストを記録。ラ・リーガで最も傑出したSBの1人として名を馳せているが、マドリーは買い戻しのオプションをプレシーズンに行使する可能性があるという。 今の左サイドバックにはフランス代表DFフェルラン・メンディ(28)がおり、DFフラン・ガルシア(24)とのポジションを争わせる可能性もあるようだ。 いずれにしても、夏は忙しくなりそうなマドリー。どういった動きそ見せるのか注目だ。 2024.05.17 18:05 Fri

退任から一転バイエルンと続投に向け交渉中のトゥヘル監督、2026年夏までの新契約を要求か

バイエルン続投の可能性が高まるトーマス・トゥヘル監督(50)だが、契約期間が焦点になっているようだ。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中で、マヌエル・ノイアーやトーマス・ミュラー、ハリー・ケイン、ジャマル・ムシアラら多くの選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、現在はトゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ウリ・ヘーネス名誉会長との関係にこそ懸念があるものの、トゥヘル監督もまた続投を希望。ただし、当初の契約期間であった2025年夏までではなく、2026年夏までの新契約を要求しているとのことだ。 バイエルンがこの条件に応じさえすれば、交渉は順調に進む可能性が高い模様。クラブとしてはブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督にも目を向けつつ、トゥヘル監督の続投を最優先にしたい構えであり、近いうちに大きな決断がされると考えられる。 2024.05.16 18:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly