問題児・イハッターレンがチェコの名門に加入…「スラビアは彼に2度目のチャンスを与えたい」

2023.12.05 06:00 Tue
プラハの名門での再起期待されるイハッターレン
Getty Images
プラハの名門での再起期待されるイハッターレン
問題児として知られるオランダ人MFモハメド・イハッターレン(21)がチェコのスラビア・プラハに加入した。

スラビア・プラハは4日、イハッターレンが3年間の延長オプション付きの1年契約で加入したことを発表した。
2020年9月にオランダ代表招集歴もあるイハッターレンは2021年夏にPSVからユベントスに4年契約で加入。ただ、ユベントスでプレーすることはなく、サンプドリア、アヤックスにレンタル移籍した。

しかし、10代の頃に最愛の父を亡くし、それ以降メンタルに問題を抱えていた問題児はサンプドリアで無断帰国、行方不明騒動を起こし、昨年11月には元ガールフレンドへの脅迫容疑で逮捕。さらに2月には同じ女性への暴行容疑により、オランダ国内で再逮捕されていた。

その後、ユベントスとの契約を解除し、フリーとなっていたかつての神童は今年8月にトルコのサムスンスポルに加入。しかし、加入から数時間後には「合意した条件の変更など受け入れ難い要求」との理由でクラブから契約解除を言い渡されていた。
こういった数々の素行問題が確認されたなか、イハッターレンの獲得に踏み切ったスラビア・プラハは、「スラビアは彼に2度目のチャンスを与えたいと考えています。彼は自分自身の練習に取り組んでおり、プロフットボールに戻りたいと考えています。彼には家族的な背景があり、成功への大きな動機があります」と、獲得の経緯を説明した。

ただ、クラブとして問題児との契約のリスクは考慮しており、契約は主にパフォーマンスベースとなり、ファーストチームでの出場数などに応じて給与の金額や延長オプション行使の有無が決定されるという。

21歳という若さではあるものの、さすがにスラビア・プラハでも問題を起こすようなことがあれば、今後プロキャリアを継続していくことはかなり困難となるだけに、リスク承知で受け入れてくれたプラハの名門でのイハッターレンの更生、再起を心から願いたい。
関連ニュース

ローマがGS勝利締めも昨季に続く2位通過…スラビア・プラハが首位通過決める【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)のグループG最終節、ローマvsシェリフが14日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-0で勝利した。 前節、セルヴェット相手の痛恨ドローによって自力での首位通過の可能性が消滅した2位のローマは、他力本願の状況で最下位が決定しているシェリフをホームで迎え撃った。週末にボローニャとのセリエA上位対決を控えるなか、モウリーニョ監督はフィオレンティーナ戦から先発7人を変更。共にボローニャ戦をサスペンションで欠場するルカクやザレフスキに加え、バックラインでは主力を起用した。 逆転突破へ大量ゴールが必要なホームチームは立ち上がりに続けて右サイドを破って決定機を作り出すが、仕留め切ることができない。それでも、相手陣内で攻勢を続けると、早い時間帯にゴールが生まれる。 11分、アワールのライン間を通す絶妙なスルーパスでボックス左に抜け出したザレフスキが左足でグラウンダーのクロスを供給すると、ファーにフリーで飛び込んだルカクが右足ワンタッチで押し込んだ。 早々の先制点で相手が前に出てくることを期待したが、シェリフは失点以降も後ろ重心の戦いを継続。これによって押し込む状況は継続しながらも、なかなか攻め切れない。だが、32分には中央のレナト・サンチェスからの浮き球スルーパスに反応したザレフスキがゴール至近距離で懸命に足を延ばしてボレーシュート。これはGKの好守に阻まれるが、こぼれに詰めたベロッティが頭で押し込んだ。 その後、アンケイエの裏への抜け出しで迎えたピンチをGKスヴィラールのビッグセーブで凌いだローマは、2点リードで試合を折り返した。 ハーフタイムに首位スラビア・プラハの大量リードという情報を共有したか、後半はあまりリスクを冒すことなくゲームコントロール優先の戦い方にシフトしたローマ。それでも、徐々に前に出てきた相手を引っくり返す形でルカクや途中出場のエル・シャーラウィが決定機に顔を出す。 後半半ばを過ぎると、モウリーニョ監督はジョレンテ、ベロッティら週末のボローニャ戦に出場する主力を下げてパガーノやピジッリ、マンニーニと若手を投入。ボーヴェを3バックの左に移すなどスクランブルな布陣で試合の残りを戦う。 その後、もうひと盛り上がりがほしいオリンピコの空気を受け、攻撃のギアを上げたローマはルカクのお膳立てから93分にピジッリが嬉しいトップチーム初ゴールを記録。最終的に昨季に続く2位通過となったが、今後の戦いに弾みを付けている。 また、同日行われたスラビア・プラハvsセルヴェットは、ホームのスラビア・プラハが4-0で快勝した。なお、セルヴェットのDF常本佳吾は62分からプレーした。 この結果、スラビア・プラハの首位通過、3位セルヴェットのカンファレンスリーグ(ECL)の決勝トーナメントプレーオフ行きが決定した。 2023.12.15 04:56 Fri

「何も気に入らない」アウェイで惨敗のローマ、モウリーニョ監督は選手たちに箝口令「誰も話す必要はない」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、スラビア・プラハ戦の敗戦に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 9日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG 第4節でローマはアウェイでスラビア・プラハと対戦した。 3連勝で臨んだこの試合。勝てばグループステージ突破が見える中、試合は難しい展開に。調子が上がらない中ゴールレスで前半を終えると、50分にヴァーツラフ・ユレチカにゴールを許し失点。74分にも追加点を許し、2-0で敗れた。 これにより、ローマはスラビア・プラハに抜かれて2位に転落となった。 試合後、アンドレア・ベロッティが「個性が欠けていた」と語っていたことについて、何が足りなかったかを聞かれたモウリーニョ監督は「全てだ」とコメント。チームのパフォーマンスが勝利に値しなかったとし、選手たちには喋らせないことを決めたとした。 「あまり話したくない。メディアに話さないという選手たちの決断は、私の決断だった。ガッロ(アンドレア・ベロッティ)が話したのは、試合直後だったからだ」 「私が言うこと以上に言うことはないので、誰も話す必要はない。この結果は、スラビア・プラハにとっては良い意味で当然の結果であり、我々にとっては悪い意味で当然の結果だ」 「何も気に入らなかった。私はすでにロッカールームで選手たちと話した。試合のアドレナリンが出ている状態で来るので、普段はそんなことはしない。ただ、ピッチから遠く離れた上から試合を見たと言う事実は、私に冷静さを与えてくれた。だから、選手たちと話すことができた」 「私が言ったことは、我々の間のことだ。スラビアの選手たちには正直でありたい。彼らは2-0の勝利に値した」 2023.11.10 10:55 Fri

低調ローマがスラビア・プラハに完敗で2位転落…ルカクのEL連続得点もストップでデルビーに弾み付けられず【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)のグループG第4節、スラビア・プラハvsローマが9日にシノー・ティップ・アレナで行われ、ホームのスラビア・プラハが2-0で勝利した。 グループステージ3連勝で首位を走るローマは、勝利で2節を残しての決勝トーナメント進出が決定する2位のスラビア・プラハとの一戦に臨んだ。今週末に宿敵ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレを控えるなか、2-1の劇的勝利を飾ったレッチェ戦から先発4人を変更。フル稼働のクリスタンテやディバラをベンチに置いたものの、ルカクやマンチーニ、ボーヴェといった主力を起用した。 立ち上がりはホームサポーターが作り出した熱狂的な空気に後押しされたスラビア・プラハが押し込む入りに。守勢のローマは自陣深くで奪ったボールをなかなかベロッティ、ルカクの2トップに繋げず、前がかる相手を引っくり返すことができない。 前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。以降もボールを握って攻勢を仕掛けるスラビア・プラハが主導権を握るが、中央を固めるローマの堅守を前に外回りの攻撃に終始。再三のクロスやセットプレーがことごとく撥ね返される状況でゴール前のキティルの鋭い反転シュートなどで惜しい場面こそ作ったものの、攻撃が停滞してしまう。 一方、要所を締める守備は機能したローマだったが、攻撃に関しては決定機はおろか前半45分間で1本もシュートを打てない厳しい内容となった。 迎えた後半、アワールとエル・シャーラウィを下げてクリスタンテ、カルスドルプを同時投入したローマ。しかし、立ち上がりの50分には先制点を許す。プロヴォドの左クロスに反応したマソプストのヘディングシュートはGKスヴィラールのビッグセーブで凌ぐが、ファーでこぼれを拾ったキティルの折り返しをゴール前のユレチカに押し込まれた。 この失点直後にはボックス左に抜け出したベロッティがようやくファーストシュートを記録するが、これはGKの守備範囲。以降はやや相手陣内でのプレーを増やしていくが、なかなかチャンスの糸口を掴めない。 この苦境を受け、68分にはベロッティを下げて切り札のディバラを投入。そのディバラは投入直後にボックス内でクリスタンテのヘディングでの落としを左足ダイレクトで狙うが、これを枠に飛ばせない。 すると、74分にはペナルティアーク付近でドルレイの横パスを受けたマソプストにゴール前の密集を抜く見事なグラウンダーのミドルシュートを左隅に叩き込まれ、追加点まで奪われる。 これで当該成績で並ばれ、全体の得失点差で2位に転落したジャッロロッシは、レナト・サンチェスに加え、トップチームデビューとなるジョアン・コスタとより攻撃色の強い選手を続けてピッチに送り込む。 だが、一連の交代も攻撃を活性化させるまでには至らず。逆にカウンターから幾度もピンチを招くが、ここはGKスヴィラールを中心に粘りの対応で凌いだ。 しかし、最終盤にかけても相手に脅威を与えるような攻撃を見せられなかったローマは、ルカクのEL連続ゴール記録も「14」でストップ。この結果、ほぼ主力を使いながらも敵地で完敗したローマは今季EL初黒星。心身ともにダメージが残る敗戦によって週末のデルビーに不安を残す形となった。 2023.11.10 05:18 Fri

ELで全勝継続! 首位攻防戦制したモウリーニョ「常にコントロールできた」

ローマがヨーロッパリーグ(EL)グループステージ全勝を続けた。 グループGの2試合を戦って2戦2勝のローマ。26日の第3節では同じく全勝中のスラビア・プラハをホームに迎え撃ち、2-0と勝利した。 首位攻防戦を制したローマ指揮官はエドアルド・ボーヴェの開始1分弾にロメル・ルカクの追撃弾で勝利を引き寄せた前半の出来に満足しているようだ。 『UEFA.com』によると、今週末のセリエAで控えるインテル戦に向けても弾みのジョゼ・モウリーニョ監督はこう振り返っている。 「プレッシングは相手のプレーを防ぐための手段で、前半はうまくいったね。後半はエネルギーとインテンシティが落ちてしまった」 「分刻みでプレーする選手がいたし、そこで明らかにインテンシティが落ち込んだ。スラビアは我々の陣地でプレーしたが、常にコントロールできたよ」 また、全得点をアシストしたステファン・エル・シャーラウィを「彼はどこでもプレーできる」を評し、欠かせぬ戦力と語った。 「我々にとって非常に役立つ選手であり、いくつかの問題を抱えるチームにとって重要な存在。スラビアは(アンドレア・)ベロッティの先発を考えていたかもしれない」 そして、ルカクには「彼はどこでも、どんな大会でもゴールを決められる。彼がチームにいると、勝つチャンスが増えるんだ」と信頼を口にしている。 2023.10.27 09:59 Fri

ボーヴェ電光石火弾にルカクが驚異のEL14戦連発! GS3連勝のローマが週末インテル戦に弾み【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節、ローマvsスラビア・プラハが26日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。 前回大会準優勝のローマはグループステージ2連勝と上々の滑り出しを見せる。今節からは同じく2連勝で首位に立つスラビア・プラハとの連戦に臨んだ。今週末にインテルとのビッグマッチを控えるなか、1-0で競り勝った直近のモンツァ戦からは先発5人を変更。GKにスヴィラールを起用したほか、両ウイングバックにチェリク、ザレフスキを起用。ジョレンテを3バックに入れ、クリスタンテを中盤に戻し、ルカクの相棒にはエル・シャーラウィを据えた。 グループG注目の首位攻防戦は開始早々に動く。キックオフから45秒過ぎ、エル・シャーラウィが相手陣内左サイド高い位置でボールを奪取。内側でサポートに入ったボーヴェが横パスを受け、ボックス手前左から右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール右上隅の完璧なコースを射抜いた。 生え抜きMFの鮮烈な一撃によって最高の滑り出しとなったローマは、アウェイチームの反撃を冷静に撥ね返しながらカウンターを軸に追加点を目指す。すると17分、ハーフウェイライン付近で相手と入れ替わったエル・シャーラウィの突破からボックス左でラストパスを受けたルカクがニア上へ強烈な左足のシュートを突き刺し、エバートン、インテル時代から継続するEL連続ゴールを14試合に更新した。 効率よく得点を重ね完全に試合の主導権を掌握したローマは、以降も冷静にゲームをコントロール。相手にボールを持たせながら自陣でしっかりと撥ね返し、以降もアワールやエル・シャーラウィを起点にフィニッシュまで持ち込む。ただ、エル・シャーラウィやルカクのボックス付近での決定機は相手DFの最後の粘りに遭い、前半の内に勝負を決める3点目は奪えなかった。 迎えた後半、殊勲のボーヴェを下げてパレデスをハーフタイム明けに投入したローマ。この交代でよりゲームコントロールに重きを置きながら、アルゼンチン代表MFの展開力を活かした攻撃で試合を決めるゴールを目指す。 序盤の守勢を凌いだ後、得意のカウンターを繰り出していくと、63分にはペナルティアーク付近でチェリクから丁寧な横パスを受けたエル・シャーラウィに決定機。しかし、狙いすました右足のダイレクトシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 その後、70分を過ぎてエル・シャーラウィ、ルカクらをベンチに下げて逃げ切り態勢に入ったローマは、危なげなくスラビア・プラハの攻撃を撥ね返していく。試合終了間際にはベロッティに決定機が訪れたが、ボックス右からニアを狙ったシュートは相手GKの好守に阻まれ、最後まで3点目を奪うことはできず。 それでも、スラビア・プラハとの首位攻防戦を制しグループステージ3連勝を飾ったローマは、良い形でインテルとのビッグマッチに臨む形となった。 2023.10.27 06:08 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly