堂安先発フライブルク、主砲グレゴリッチュ弾を守り抜いて5試合ぶり勝利【ブンデスリーガ】

2023.12.04 01:33 Mon
Getty Images
フライブルクは3日、ブンデスリーガ第13節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。フライブルクのMF堂安律は84分までプレーしている。
PR
前節ダルムシュタットに1-1のドローに終わって4試合勝利から見放されている9位フライブルク(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグでは堂安のゴールでオリンピアコスに大勝。そのフライブルクは堂安がフラットな[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。
16位マインツ(勝ち点8)に対し、開始4分にアジョルクのヘディングシュートをGKアトゥボルが好守で阻止したフライブルクは守勢の入りとなると、11分にはリヒターのボレーでゴールに迫られる。

そして17分にもピンチ。スルーパスでボックス左への侵入を許したバレイロに決定的なシュートを許したが、ここも守護神アトゥボルが凌いだ。

序盤の劣勢をアトゥボルの好守で耐えたフライブルクは23分、堂安のカットインシュートでゴールに迫ると、27分にはグレゴリッチュが左ポスト直撃のシュートを放った。
ハーフタイムにかけてはフライブルクが盛り返した中、追加タイム1分にはグレゴリッチュに決定機が訪れるもヘディングシュートは右ポストに直撃し、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、開始6分にエッゲシュタインがスローインの流れから好機を迎えたフライブルクだったが、小康状態で時間は経過していく。

そんな中69分、フライブルクに先制点。スローインの流れからボックス内のグレゴリッチュがボレーで蹴り込んだ。

終盤にかけてもマインツに反撃を許さないフライブルクは84分に堂安がピッチを後にした中、追加タイム2分にはサライがGK強襲のシュートで牽制。

1点を死守したフライブルクがリーグ戦5試合ぶりの勝利としている。

PR
関連ニュース

堂安フル出場のフライブルクがアウグスブルクに逆転負け…【ブンデスリーガ】

堂安律の所属するフライブルクは25日、ブンデスリーガ第23節でアウグスブルクと対戦し1-2で敗戦した。堂安はフル出場している。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグのRCランス戦を延長戦の末に勝利しラウンド16へ駒を進めた8位フライブルク(勝ち点29)は、その試合からスタメンを3人変更。堂安は[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 リーグ戦4試合勝利のない15位アウグスブルク(勝ち点23)に対し、開始早々にピンチを迎える。4分、バルガスのパスでボックス左から侵入したイアゴが堂安に寄せられながらもシュートを放つと、これが右ポストを直撃。 ピンチを凌いだフライブルクは18分、ボックス左から侵入したグリフォが切り返した場面でイェンセンに倒されると、主審はPKを宣告。このPKをグリフォがゴール左隅に決めた。 その後はポゼッションで上回るアウグスブルクにやや押し込まれる展開が続いたが、自陣で集中した守りを見せるフライブルクは決定機を作らせず。前半はフライブルクの1点リードで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、フライブルクは62分にホーラーのパスで左サイド深くまで駆け上がったグリフォの折り返しに堂安が飛び込んだが、右足で合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。 追加点が欲しいフライブルクは、66分にグレゴリッチュとギンターを下げてR・サライとマケンゴを投入。しかし、スコアを動かしたのはアウグスブルクだった。 72分、イアゴのパスで左サイド深くまで駆け上がったA・マイアーがクロスを供給。これをゴールを背にしながらもティーツが左足で上手く合わせると、GKアトゥボルの弾いたボールをウドゥオカイがゴールに押し込んだ。 その後、76分に最後の交代でグリフォとロールを下げてヴァイスハウプトとシディリアをピッチに送り出したフライブルクだが、81分に再び失点を許す。右サイドから斜めのドリブルで持ち上がったデミロビッチのパスを受けたエンゲルスがボックス中央左から侵入し、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 逆転を許したフライブルクは、終盤にかけてもなかなかシュートシーンを生み出すには至らず。試合はそのまま1-2でタイムアップ。痛恨の逆転負けを喫したフライブルクはリーグ戦5試合勝利なしとなった。 2024.02.26 05:45 Mon

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri

ELベスト16が決定! 堂安らPO突破で日本人5選手が参戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 3シーズン連続の対戦で注目を集めたFW上田綺世を擁するフェイエノールトと昨季準優勝チームのローマの対戦は、PK戦を制したローマが三度フェイエノールト撃破に成功した。 また、2ndレグで大逆転勝利を挙げたMF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカ、優勝候補のミランといった強豪が順当にラウンド16進出を決めた。 この8チームに加え、MF三笘薫を擁するブライトン、MF遠藤航を擁するリバプール、レバークーゼン、アタランタら各グループ首位チームが次ラウンドから参戦する。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ELプレーオフ結果 スタッド・レンヌ 3-2(AGG:3-5) ミラン フライブルク 3-2(AGG:3-2) RCランス トゥールーズ 0-0(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ 2-3(AGG:6-5) ブラガ ローマ 1-1(AGG:2-2[PK:4-2]) フェイエノールト スポルティングCP 1-1(AGG:4-2) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ 4-1(AGG:6-4) ガラタサライ マルセイユ 3-1(AGG:5-3) シャフタール ◆ELラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 ミラン(イタリア) フライブルク(ドイツ) ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ローマ(イタリア) スポルティングCP(ポルトガル) スパルタ・プラハ(チェコ) マルセイユ(フランス) ▽ストレートイン[グループ首位] ウェストハム(イングランド) ブライトン(イングランド) レンジャーズ(スコットランド) アタランタ(イタリア) リバプール(イングランド) ビジャレアル(スペイン) スラビア・プラハ(チェコ) レバークーゼン(ドイツ) 2024.02.23 08:13 Fri

劇的展開で延長に持ち込んだフライブルクが逆転勝利でラウンド16へ駒を進める!【EL】

堂安律が所属するフライブルクは22日、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグでRCランスと対戦し3-2で勝利した。堂安はフル出場している。 15日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたフライブルクは、前回対戦のスタメンから負傷したカイテルをシディリアに変更した以外は同じメンバーを採用。堂安は[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 ラウンド16進出の懸かった一戦は、一進一退の展開が続くと目立った決定機がないまま時間が経過。すると28分、フライブルクはセットプレーでのミスからRCランスに先制を許す。 自陣中盤でFKを与えると、フランコフスキのロングパスを飛び出したGKが中途半端な処理でボックス内にこぼすと、ダヴィド・コスタがダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。 先制を許したフライブルクは33分、敵陣右サイドで獲得したFKからR・サライがクロスを供給すると、ゴール前のDFメディーナに当たったボールが枠を捉えたが、GKサンバが好反応のセーブで弾くと右ポストを直撃。さらにボックス内で生まれた混戦から最後は堂安が右足で狙ったが、シュートは相手GKの正面を突いた。 このまま前半終了かと思われたが、フライブルクは追加タイムに失点する。追加タイム2分、グラディのロングフィードを対応したDFグルデがクリアミスを犯すと、こぼれ球を拾ったワイにそのままボックス内まで切り込まれ、冷静にゴールネットを揺らされた。 迎えた後半、2点を追うフライブルクはマケンゴとシディリアを下げてグレゴリッチュとヴァイスハウプトを投入。すると61分、ロングパスに反応したロールがボックス右でクサノフに倒されたが、主審はノーファウルの判定を下した。 その後も攻勢を続けるフライブルクは67分、敵陣左サイドで獲得したFKから堂安がクロスを供給すると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球をR・サライが豪快にゴールに蹴り込んだ。 1点を返して勢いづくフライブルクは、72分にも堂安の右クロスをファーサイドのグレゴリッチュが頭で合わせると、ゴール右に外れたボールを拾ったキューブラーが決定機を迎えたが、シュートはGKサンバのファインセーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、膠着状態が続く。するとフライブルクは89分、敵陣中盤でボールを受けたキューブラーがゴール前に入れたロングパスをグレゴリッチュが頭で合わせたが、これは相手GKが弾き出す。 このまま試合終了かと思われたが、ドラマは後半アディショナルタイムに生まれる。93分、中盤からのロングパスをボックス左の28が頭で折り返すと、R・サライのワンタッチパスでボックス左深くに抜け出したグレゴリッチュのクロスを堂安がボレーシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球を拾ったR・サライがゴール左に流し込んだ。 試合は2-2のまま延長戦に突入。その延長戦も主導権を握ったフライブルクが99分、GKアトゥボルのロングフィードを前線でホーラー、グレゴリッチュと頭で繋ぐと、ボックス内に抜け出したR・サライはエル・アヤナウィにつぶされたが、再びボールを拾ったグレゴリッチュが飛び出したGKをかわして冷静にゴールネットを揺らした。 結局、これが決勝点となり、3-2でタイムアップ。逆転勝利を飾ったフライブルクがELラウンド16へ駒を進めた。 2024.02.23 05:30 Fri

「眼福」「めっちゃくちゃカッコ良い!」三笘薫&堂安律が川口春奈さんとプーマ『PUMA ONE-LINE』のキャンペーンで共演!

PUMA(プーマ)が「PUMA ONE-LINE(プーマ ワン ライン)」コレクションのキャンペーンを22日からスタート。公開されたキャンペーンムービーが話題だ。 プーマ ワン ラインは、プーマを象徴するアパレルとして愛されているトラックスーツの“T7(ティーセブン)”からインスピレーションを受け、それらを現代風にアップデートしたコレクションだ。 プーマを象徴する1本ラインが共通であしらわれているデザインが特徴で、ずっと変わらないべーシックなアイテムを、“Daily”のその先に繋げていくコレクション「CORE HERITAGE(コアヘリテージ)」と、“ファッションとパフォーマンスの融合”というプーマの根底に流れる理念を体現したコレクション「TRN EDGE(トレイン エッジ)」の2つを含んだコレクションになっている。 キャンペーンビジュアルとムービーには、プーマファミリーである女優の川口春奈さんと三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、堂安律(フライブルク)が登場している。 キャンペーンビジュアルとムービーは、コレクションのコンセプトを表現するために、ブライトン近郊とフライブルクでも撮影したとのこと。今回が2度目の撮影となる三笘はモデルさながらのウォーキングやポージングも披露していたという。 そのキャンペーンビジュアルとムービーは、プーマジャパンの公式SNSでも公開。ファンからは「眼福」、「めっちゃくちゃカッコ良いーーー!!」、「三笘選手イケメンで爽やか」と反響が寄せられている。 今回のコレクションは、プーマストア 原宿キャットストリート、プーマストア大阪、プーマ公式オンラインストア、PUMA アプリ、一部取扱い店舗にて発売される。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫&堂安律が川口春奈さんと共演!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZgsM0c4ZBK8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 19:25 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly