南野拓実が2戦連発となる今季5点目! 競り勝ったモナコが3戦ぶりの白星【リーグ・アン】

2023.12.04 00:59 Mon
Getty Images
リーグ・アン第14節、モナコvsモンペリエが3日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、ホームのモナコが2-0で勝利した。なお、モナコのFW南野拓実はフル出場した。
PR
前節、首位のパリ・サンジェルマン相手に南野が1ゴール1アシストの活躍を見せるも2-5の大敗で2戦未勝利の3位モナコ。3試合ぶりの白星を目指すホームゲームでは、13位のモンペリエと対戦した。この試合で南野は[4-2-3-1]のトップ下で先発起用された。
立ち上がりから押し込む入りを見せたモナコは、好調の南野が早速決定的な仕事を見せる。9分、左サイドを持ち上がったヤコブスがボックス付近まで運んで折り返したボールを右からペナルティアーク付近に絞ってきたヴァンデウソンが強烈なシュート。これをGKルコントが前にはじくと、こぼれにいち早く詰めた南野が右足で蹴り込んだ。

南野の2試合連発となる今季5点目で先制に成功したモナコだが、15分にはディフェンスラインのミスからアル・ターマリにボックス内への侵入を許すが、ここはGKケーンの好守で凌ぐ。以降もカウンターを得意とする相手に数的不利や同数でのカウンターを許すが何とか凌ぐ。

20分を過ぎた辺りから再び攻撃のギアを上げると、幅を使った攻めから揺さぶってゴロビンの正確なコントロールシュートで古巣対戦のGKルコントを脅かして2点目に迫る。
その後、前半半ばから終盤にかけてはモナコの中盤での不用意なロストが目立ち始めてモンペリエが幾度も鋭いカウンターを仕掛けたが、ボックス内でやや手数がかかり過ぎたところをホームチームの守備陣が再三の身体を張ったシュートブロックで阻止。辛くも南野の先制点によるリードを維持した。

前半同様に勢い持って入ったモナコは南野を起点に縦に速い攻めで追加点を狙う。52分には南野がボックス手前から左足を振るが、これは枠を捉え切れない。さらに、60分には南野のお膳立てからゴロビンが放った鋭いグラウンダーのミドルシュートが枠の左へ向かうが、これは惜しくもポストを叩いた。

後半も時間の経過とともに試合が膠着し始めるなか、67分には南野がDFキキ・クヤテに危険な足裏を見せたタックルを右足首に受ける。幸いにも南野にケガはなかったものの、オンフィールド・レビューの結果、このラフプレーにレッドカードが掲示された。

これでリードに加えて数的優位まで得たモナコだが、粘るモンペリエの堅守速攻に手を焼きあわやPK献上や失点という決定機を許す。それでも、何とかリードを維持すると、試合終了間際の93分には高い位置でボールを奪い切った途中出場のベン・イェデルが一人でショートカウンターを完結し、ほしかった2点目を奪った。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、試合内容に課題を残したものの、南野の活躍によってモナコが3戦ぶりの白星を挙げている。



PR
1 2
関連ニュース

「遅かれ早かれ…」負傷交代後はベンチではなくスタンド観戦…別れ近づくムバッペにルイス・エンリケ監督「我々とはプレーしなくなるだろう」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの行動が話題を呼んでいる。 1日、リーグ・アン第24節でPSGはアウェイでモナコと対戦した。古巣との対戦に先発したムバッペは、ハーフタイムで交代。足首の問題を抱えての交代となったが、後半はベンチではなくスタンドで母親と共に観戦。すでに着替えも済ました状態だった。さらに、後半開始直後には誰かと電話をする姿も。チームが戦っている最中の行動としてはよろしい見方はされていない。 あまり良いパフォーマンスではなかったムバッペだったが、交代後の姿が話題に。シーズン終了後にレアル・マドリーへと移籍することが確実視されており、PSGとの関係がすでに破綻しているという見方もある。 チームとしても、退団するのであればいつまでも頼るわけには行かないムバッペ。今シーズンもリーグ・アンでは22試合で21ゴールを記録しているだけに、抜けた穴の大きさは明白だ。 フランス『レキップ』によれば、試合後にルイス・エンリケ監督もムバッペについて問われ、退団を考えて準備をしなければいけないとコメント。クラブ全体が別れを覚悟していると考えられる。 「来シーズン、守備、攻撃、戦術のあらゆるレベルでチームが良くなると確信している」 「ムバッペ?驚いているよ。遅かれ早かれ、我々は彼なしでプレーしなければならないだろうから最善の選択肢を見つけようとしている」 「遅かれ早かれ、彼はもう我々とはプレーしなくなるだろう。私は自分で決断を下さなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】負傷交代した直後、試合中にも関わらず笑顔で電話…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Kylian Mbappe was subbed off at half-time and this was him minutes later...<br><br>On the phone to Florentino Perez...? <a href="https://t.co/cAURkfgGd9">pic.twitter.com/cAURkfgGd9</a></p>&mdash; Football on TNT Sports (@footballontnt) <a href="https://twitter.com/footballontnt/status/1763681042353836425?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 15:45 Sat

南野拓実はフル出場でいくつか見せ場! 前後半で主導権入れ替わったモナコとPSGの上位対決は痛み分け【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、モナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が1日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、0-0のドローに終わった。なお、モナコのFW南野拓実はフル出場した。 前節、南野の2点に絡む活躍によってRCランスに3-2で競り勝った3位のモナコ。今節は首位を快走する“パリの巨人”相手の上位対決で勝利を狙った。南野はこの大一番で[4-4-2]の左サイドハーフで先発した。 一方、前節はスタッド・レンヌに土壇場PK弾で辛くも1-1のドローに持ち込んだPSG。週明けにレアル・ソシエダとのチャンピオンズリーグ(CL)のアウェイゲームを控えるなか、モナコとの上位対決で2試合ぶりの白星を目指した。レンヌ戦からは先発5人を変更。ダニーロやバルコラ、デンベレに代わってムキエレ、アセンシオ、ゴンサロ・ラモスが起用された。 首位チームに対して攻撃的な布陣で臨んだモナコが立ち上がりからアグレッシブにゴールを目指していく。開始5分にはアクリウシュの中盤でのパスカットからベン・イェデルのスルーパスに反応したバログンがボックス右に持ち込んで強烈なシュートを放つ。だが、これはGKドンナルンマの好守に遭う。 以降も攻勢を継続するホームチームでは16分に南野に見せ場。左CKの二次攻撃からペナルティアーク右でアクリウシュの横パスを受けた南野が右足のミドルシュートを狙うと、これがゴール右上隅を捉えるも、ここは再びPSG守護神のビッグセーブに阻まれる。 前半半ばを過ぎると、PSGもロングボールを使った背後への抜け出しやカウンターを起点に押し返していく。そこからボックス付近で足を振っていくが、決定機まであと一歩という状況。そういったなか、ハムストリングを気にしていたアセンシオがプレー続行不可能となり、39分にバルコラのスクランブル投入を余儀なくされた。 前半終盤にかけては再びギアを上げたモナコがショートカウンター、人数をかけた攻撃で続けてチャンスを作ったが、ボックス内でのベン・イェデル、アクリウシュの決定的なシュートはいずれもGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれ、前半のうちにリードを奪うことはできなかった。 迎えた後半、先に動きを見せたのは劣勢のPSG。ムバッペをベンチに下げてコロ・ムアニをハーフタイム明けに投入。今季限りでの退団が決定的なムバッペはかつての本拠地を懐かしむようにピッチの外を歩いて周回し、ベンチではなく家族と共にスタンドから観戦するという異例の振る舞いを見せた。 ただ、後半もモナコペースは変わらず、良い形の崩しからベン・イェデルや南野らが再三ボックス内へ侵入し、フィニッシュの場面を作り出す。 流れを変えたいルイス・エンリケ監督は60分、ゴンサロ・ラモス、リュカを下げてデンベレ、ヌーノ・メンデスを同時投入。この交代と相手の運動量低下によって徐々に押し込む時間帯を増やしていくが、コロ・ムアニやバルコラの再三のシュートはGKマイェッキの好守に阻まれる。 時間の経過と共に守勢を強いられるモナコは70分にアクリウシュを下げてベン・セギルを投入。この交代で南野は右にポジションを移した。この交代で好転させたいホームチームだったが、押し込まれる展開を脱せず。それでも、75分にはヴィティーニャの決定的なシュートをGKマイェッキのビッグセーブで凌ぐ。 その後、最終盤はモナコも盛り返して一進一退の攻防となったが、互いに相手の集中した守備を前に決勝点を奪うことはできなかった。この結果、前半モナコ、後半PSGと拮抗した上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2024.03.02 06:58 Sat

「間違いなくタキだ!」南野拓実のゴールがリーグ・アンの月間優秀ゴールにピックアップ!「お気に入りはどれ?」

リーグ・アンが公式X(旧ツイッター)で2月の優秀ゴールを3つピックアップ。モナコの日本代表MF南野拓実のゴールも選ばれている。 日本代表の一員として参加していたアジアカップ2023の敗退から、“中0日”でリーグ戦に出場し周囲を驚かせた南野は、2月のリーグ戦4試合に出場し1ゴール1アシストを記録。クラブの月間MVPに選ばれる活躍を見せた。 中でも圧巻だったのが25日のRCランス戦。30分にゴールネットを揺らした場面は後に相手のオウンゴールに訂正されたものの、PK奪取に加え、後半アディショナルタイムには、カットインから強烈な左足シュートをねじ込みチームを勝利に導く劇的なゴールを決めていた。 リーグ・アンは、「多くの決定的ゴールが生まれた2月!あなたのお気に入りはどれ?」と2月のリーグ戦で生まれたゴールの中から3つをピックアップ。RCランス戦の南野のゴールも選ばれている。 南野のゴール以外には、スタッド・ブレストのMFピエール・レース=メルがマルセイユ戦で決めたゴールと、スタッド・ランスのFWモハメド・ダラミーがMF伊東純也の代わりにキッカーを務めて冷静に決めたPKが選ばれている。 ファンからは、「間違いなくタキだ!」、「ミナミノ」、「明らかにタキだ」といったコメントも寄せられている。 ゴールの難易度だけでなく、後半アディショナルタイムの決勝ゴールということも踏まえ、素晴らしいゴールだった。 <span class="paragraph-title">【動画】一番すごいのはどれ?南野の劇的ゴラッソもピックアップされたリーグ・アンの月間優秀ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr"> De nombreux buts décisifs ont été marqués en février ! Lequel est votre préféré ? <a href="https://twitter.com/SB29?ref_src=twsrc%5Etfw">@SB29</a> <a href="https://twitter.com/AS_Monaco?ref_src=twsrc%5Etfw">@AS_Monaco</a> <a href="https://twitter.com/StadeDeReims?ref_src=twsrc%5Etfw">@StadeDeReims</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/BestTiming?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BestTiming</a> by <a href="https://twitter.com/oriswatches?ref_src=twsrc%5Etfw">@oriswatches</a> <a href="https://t.co/aMVn3yB7L4">pic.twitter.com/aMVn3yB7L4</a></p>&mdash; Ligue 1 Uber Eats (@Ligue1UberEats) <a href="https://twitter.com/Ligue1UberEats/status/1763299436094972208?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 12:05 Fri

「こんな顔だっけ?」「全然似てなくて…」モナコが投稿した南野拓実の画像にファンがツッコミ「ネタに振り切っててやばい」

RCランス戦での大活躍が話題を呼んだモナコの日本代表MF南野拓実。クラブの公式X(旧ツイッター)で披露された南野の画像もまた、話題を呼んでいる。 南野は、25日に行われたリーグ・アン第23節のRCランス戦にフル出場を果たした。30分にゴールネットを揺らした場面は試合後にオウンゴールに訂正されたものの、PK奪取など躍動すると、2-2で迎えた後半アディショナルタイムには、カットインから左足を一閃しゴール左隅に突き刺すゴラッソで今度こそゴール。チームを劇的勝利に導いていた。 その中、モナコはXの日本語版アカウントを更新。27日の「Pokémon Day(ポケモンデー、1996年2月27日に初代の『ポケットモンスター 赤・緑』が発売)」に合わせて、南野とポケットモンスターの人気モンスターあるピカチュウの画像を投稿した。 その画像が色々な意味で話題に。キャラクター化された南野の右肩に可愛らしいピカチュウが乗っかっている画像なのだが、モナコのユニフォーム姿のキャラクターの顔は、南野に似ても似つかない見た目になっているのだ。 これには、ファンも「ASモナコ公式、もうやりたい放題過ぎる!」、「モナ王全然似てなくて草」、「タ、タキ?こんな顔だっけ?」、「てか最近の公式ネタに振り切っててやばいわよ!」と反応。また、「タキか?これ」という反応には、モナコも「髪型だけは...」と返信しており、あまり本人に似ていないことは把握しているようだ。 南野への愛が溢れていることで度々注目されるモナコの公式X。今回は色々意味で話題になっていた。 <span class="paragraph-title">【画像】ツッコミが殺到した南野拓実の画像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ポケモンの日</a> <br>タキとピカチュー <a href="https://t.co/s9x6LVeImQ">pic.twitter.com/s9x6LVeImQ</a></p>&mdash; AS モナコ (@as_monaco_jp) <a href="https://twitter.com/as_monaco_jp/status/1762438396499161545?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 17:35 Wed

「素晴らしい試合をしたのは事実」 殊勲の南野拓実にモナコ同僚から賛辞の声! 「まさに大活躍」

モナコでプレーする日本代表FW南野拓実の活躍にチームメイトからも賛辞の声が挙がっている。 モナコは25日のリーグ・アン第23節でRCランスのホームに乗り込み、3-2で勝利。2点リードから追いつかれ、後半アディショナルタイムを迎えたが、90+2分に南野の劇的ゴールで競り勝ち、3位浮上となる2試合ぶりの白星を手にした。 南野は1点リードの30分にもネットを揺らした場面こそ後に相手のオウンゴールに訂正されてしまったが、PK奪取の働きもあり、モナコを勝利に導いた立役者に。クラブ公式サイトによると、同僚のガーナ代表DFモハメド・サリスはこう語った。 「彼が素晴らしい試合をしたのは事実だ! 大いにチームの助けになってくれたし、特に2ゴール目で僕らに勝利をもたらしてくれたのだから、本当に嬉しいよ。彼にとっても、チーム全体にとっても、素晴らしいことだ」 「後半も苦しめられたけど、まだ得点のチャンスがあると思ってはいた。だから、タキが3ゴール目を決めてくれたとき、『試合が終わった』と思ったよ!」 また、スイス代表MFデニス・ザカリアも「正直に言っても、彼はインクレディブルな試合をしたし、素晴らしいパフォーマンスぶりだった!」と称えている。 「彼の2ゴール(うち、1つは相手オウンゴール)は僕らを大いに助けてくれるものだったけど、守備面でも僕らを楽にさせる素晴らしい仕事ぶりだった。まさに大活躍だったよ」 次節のモナコは首位に立つパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎え撃ってのビッグマッチ。この一戦でも南野が輝けるか注目だ。 2024.02.28 12:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly