ガルナチョが驚愕のバイシクル弾! FW陣奮起のユナイテッドが今季初の3連勝【プレミアリーグ】

2023.11.27 03:28 Mon
ガルナチョが驚愕のバイシクル弾
Getty Images
ガルナチョが驚愕のバイシクル弾
プレミアリーグ第13節、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日にグディソン・パークで行われ、アウェイのユナイテッドが0-3で快勝した。
PR
インターナショナルブレーク前に行われた前節のルートン・タウン戦を1-0で競り勝ち、リーグ連勝を飾った6位のユナイテッド。週明けにはチャンピオンズリーグ(CL)のガラタサライ戦という重要なゲームを控えるなか、財務違反によって勝ち点10剥奪の処分が科されて19位に転落した、渦中のエバートンとのアウェイゲームに臨んだ。
累積警告でベンチ入り禁止となりスタンド観戦となったテン・ハグ監督は前節から先発3人を変更。レギロンに代わって負傷明けのショーが復帰を果たし、負傷のエリクセンとホイルンドの代役にはプレミアリーグ初先発の18歳MFメイヌー、マルシャルが起用された。

試合前にはエバートンファンによる勝ち点剥奪処分への抗議活動に注目が集まった一戦だったが、開始早々に度肝を抜くスーパーゴールがグディソン・パークに大きな衝撃を与える。

開始3分、ディフェンスラインからの対角フィードに反応した右サイドのラッシュフォードがそのまま縦に運んでアンダーラップしたダロトに繋ぐと、ダロトの浮き球クロスにファーサイドで反応したガルナチョが打点の高い右足のバイシクルシュートをゴール右隅の完璧なコースに流し込んだ。
両クラブのレジェンドであるウェイン・ルーニーの伝説ゴールを彷彿とさせるガルナチョの今季リーグ初ゴールで先制に成功したユナイテッドは、以降もスムーズにボールを動かしながら相手を揺さぶって追加点を狙う。
一方、守勢のエバートンも右サイドを起点に幾度か鋭いカウンターを仕掛けると、10分にはボックス右で深い切り返しを見せたキャルバート=ルーウィンが最初の枠内シュートを記録。反発力を示していく。

時間の経過とともに球際でのバトルが激しくなると、その勝負で優位に立ったエバートンが前半半ば過ぎから攻勢を強めていく。31分にはロングボールからボックス内でキャルバート=ルーウィン、マクニールと決定的なシュートを枠に飛ばすが、GKオナナの好守、メイヌーの決死のゴールカバーに遭う。さらに、直後にはボックス中央でマクニールの左からの折り返しに反応したドゥクレが右足ダイレクトシュートも、今度は枠の右に外れる。

立ち上がり以降は防戦一方が続くユナイテッドは、以降も地対空で強さを見せるキャルバート=ルーウィンに前線で起点を作られ続けるが、最後の局面での粘りの守備と相手のシュートミスに救われ、何とか1点リードで前半を終えた。

迎えた後半、集中した入りを見せたユナイテッドは前半同様に早い時間帯にゴールを奪う。52分、ボックス付近で縦に仕掛けたマルシャルがDFヤングと交錯。当初はマルシャルのシミュレーションと判断されたが、オンフィールド・レビューの結果、ユナイテッドにPKが与えられる。ここでブルーノ・フェルナンデスからキッカーを譲られたラッシュフォードがイングランド代表の同僚GKとの駆け引きを制し、強烈なシュートを左上隅に突き刺した。

この直後にはゲイエの右足アウトにかけた見事なフィニッシュでゴールを脅かされるも、GKオナナの圧巻のセーブで事なきを得たユナイテッド。以降は前がかるホームチームの攻撃を撥ね返しながら、快足アタッカー陣のスピードを活かしたロングカウンターでさらなるゴールを目指していく。

72分には殊勲のガルナチョとメイヌーを下げてペリストリ、アムラバトを同時投入すると、この交代策が3点目に繋がる。75分、中盤でのB・フェルナンデスのボール奪取からカウンターに持ち込むと、マルシャル、ペリストリ、B・フェルナンデスと細かく繋ぎ、最後はスルーパスに抜け出したマルシャルがチップキックでGKとの一対一を制し、ガルナチョに続く今季リーグ戦初ゴールとした。

これで勝利を決定的なモノとしたアウェイチームは、負傷明けのショーを下げてワン=ビサカ、マルシャルに代えてハンニバルと続けて交代カードを切っていき、CLガラタサライ戦に向けた戦い方にシフトした。

その後、ホームで一矢報いたいエバートンに幾度か決定機を作られたものの、要所を締める守備で凌ぎ切ったユナイテッドは3試合連続クリーンシート達成で今季初のリーグ3連勝を達成。週明けのガラタサライ戦へ大きな弾みを付けた。

PR
関連ニュース

ボクシング転向が噂されたルーニー氏、監督業再開を見据える「もう一度そこに戻りたい」

1月にバーミンガム・シティの監督を解任されたウェイン・ルーニー氏(38)が、監督業再開の願望を明らかにした。 マンチェスター・ユナイテッド、そしてプレミアリーグのレジェンドとして名高いルーニー氏。コーチングキャリアは現役最後のクラブとなったダービー・カウンティで選手兼任監督として歩み出し、その後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドでおよそ1年3カ月の間、指揮を執った後、2023年10月から三好康児在籍のバーミンガムで監督を務めたが、全く結果が出せず、就任からわずか83日後に解任の憂き目に遭った。 現在フリーの状態が続いているルーニー氏。一部メディアでボクシング転向の噂が報じられたが、イギリス『BBC』の番組に出演した際、できるだけ早く再びチームを率いたいとの願望を語った。 「将来の目標としては、プレミアリーグで成功することだ。マンチェスター・ユナイテッドや エバートンは夢のような仕事だけど、それはプロセスのひとつだ。次の10年でまでには、一流の地位を獲得したい」 「バーミンガムでのことは残念だったけど、私はファイターだから、もう一度そこに戻りたい。監督というのは、クビになったり、挫折を味わうことも仕事の一部なんだ。私にはこの先どうすべきか考える時間があったからね」 2024.02.29 23:30 Thu

「マーカス、起きるんだ」ラッシュフォードの振る舞いにシアラー氏が苛立ち「もっと頑張る必要があるだろう」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWマーカス・ラッシュフォードが見せる振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、夜遊び翌日の練習欠席で懲戒処分を受けるなど、何かとメディアを騒がせているラッシュフォード。それでもエリク・テン・ハグ監督からの信頼は変わらず、今シーズン公式戦32試合出場5ゴール6アシストの成績を残している。 そんなラッシュフォードは、28日に行われたFAカップ5回戦のノッティンガム・フォレスト戦でもフル出場。チームは土壇場の決勝ゴールで勝ち抜けたが、9番の位置で起用されたラッシュフォードはゴールもアシストも記録しなかった。 イギリス『BBC』に出演していたシアラー氏は、この試合でラッシュフォードが見せた振る舞いに不満を感じたようだ。倒された際、すぐ立ち上がらない同選手に対して、態度を改善すべきだと指摘している。 「さあマーカス、起きるんだ。そしてアピールのため腕を広げるのをやめなければならない。君はもっと頑張る必要があるだろう」 「時々、私は彼の振る舞いで気に入らないところがある。彼はファンにメッセージを送ろうとしているんだ。『僕のせいではない』というね。だが、ピッチ上での自分の行動に、責任を負うべきだと思う。すぐ起き上がり、プレーを続けてほしい」 「マーカス・ラッシュフォードはまだ、その振る舞いによってファンに正しいメッセージを送るべき時期にあると思っている。だが、今シーズンはそれがあまりできていない。彼はフラストレーションが溜まっているように見える」 2024.02.29 16:55 Thu

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu

「本当に寂しかった」約4カ月の離脱から復帰しチームも上向き、劇的弾のカゼミロをテン・ハグ監督が称える「リーダーシップの模範」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 カゼミロの土壇場ゴールについてテン・ハグ監督は振り返り、リーグ戦のフルアム戦でアディショナルタイムに失点して敗れていたことを持ち出し、喜んだ。 「最後に得点するというのは最適なタイミングだ。土曜日(フルアム戦)はアディショナルタイムで敗れた。今日は終了間際に得点でき、良いタイミングでゴールを奪えた」 そのカゼミロは、昨年10月から今年1月まで欠場。2月に入り復帰すると、チームもリーグ戦4連勝と結果を残していた。 この試合でも勝利を呼び込む劇的ゴールを決めたカゼミロに対し、テン・ハグ監督は称賛の言葉を並べた。 「間違いなく、リーダーシップの模範であり、彼は素晴らしい選手だ。彼は我々のためにたくさんのゴールを決めてきてくれたと思う」 「ユナイテッドでのキャリア全体で、これまで以上のゴールを決めた。カゼミロのような選手がチームにいるというのは素晴らしいことだ。なぜなら、10月、11月、12月、1月と、彼がそこにいなくても、彼が我々にとってどれほど重要かがわかるからだ」 「彼はチームの構造、リーダーシップを確立し、それが我々のプレーをより良くしてくれている。我々は彼がいなくて本当に寂しかった。もちろん、彼のボールへのクオリティもだ」 ベスト8に進出したユナイテッドの次の相手はリバプールに決定。ホームでの試合となる中、まずは今週末のマンチェスター・シティとのダービーが大事になるとした。 「今、ホームにリバプールを迎えることになる。素晴らしいドローだ。楽しみにしている」 「ただ、我々はカップを隠さなければならないが、まずはリーグ戦を楽しみにしている。特に最初のゲームは重要だ」 「シティとの試合は、良いゲームになるだろう。そして我々はそこに集中している」 <span class="paragraph-title">【動画】難しいクロスをカゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 10:55 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly