就任後無敗のベルギー代表指揮官、セルビアとの接戦に手応え 「どう苦しむかを知っているとクオリティに繋がる」

2023.11.16 10:47 Thu
セルビア代表戦を勝利で終えたテデスコ監督
Getty Images
セルビア代表戦を勝利で終えたテデスコ監督
ベルギー代表監督のドメニコ・テデスコ監督が試合を振り返った。ベルギー『RTBF』が伝えた。

すでにユーロ2024の出場権を獲得している中、15日には国際親善試合のセルビア代表戦に臨んだベルギー。開始早々のMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールを守りきり、1-0で勝利を収めた。
試合後、テデスコ監督はセルビア代表のパフォーマンスを称賛。だからこそ良い経験になったと収穫を語っている。

「堅実なパフォーマンスには非常に満足している。我々は選手たちを信頼できる。多くのことを学んだ」

「この試合ではいくつかの局面があった。良いプレスをかけて良いスタートを切ったが、その後は苦しむこともあった。対戦相手が誰であれ、時々は少し苦しむ必要がある。そして我々はしっかりと団結しなければならない。試合でどのように苦しむかを知っているとクオリティに繋がる。試合を支配できない時間帯もあった。良い選手が揃う強い相手だった」
「今回のパフォーマンスには満足できる。将来への糧になる。今夜はみんなで素晴らしいことができた。たとえば、プレッシングとカウンタープレスだ。若手とベテランのバランスを見極めるのはこういった類の試合では簡単ではない。何人かの選手のパフォーマンスも良かった」

テデスコ監督は19日に行われるユーロ2024予選最終節のアゼルバイジャン代表戦についてもコメント。また、大雨の影響により今回の試合が無観客だったことから、アゼルバイジャン代表戦の客入りも気にかけた。

「私が就任して以来無敗? 重要なのはポット1に入ることであり、それが目標だ。アゼルバイジャンを警戒しなければならない。彼らの指揮官は我々を苦しめるための準備の仕方を熟知している」

「日曜日にはスタジアムが満員になることを願っている。(観戦できなかった)ファンには何かしらの見返りが必要だ。火曜日には公開練習を試みたが、雨が降り始めてファンの元に行くのは難しかった。スタジアムが満員になることを願っているし、彼らが日曜日の夜を満喫できるよう努めたい」
関連ニュース

日本代表は世界でもアジアでも順位変わらず 最新のFIFAランキングでベルギー代表が3位浮上

国際サッカー連盟(FIFA)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。 前回、17位から18位にランクダウンの日本代表。先月の代表ウィークで北朝鮮代表に勝利した日本はその前回と変わらず、アジア全体でもトップをキープした。 また、世界ではトップのアルゼンチン代表、2位のフランス代表まで不動だったが、ワンランクアップのベルギー代表が3位に。イングランド代表が4位に後退した。 トップ10ではポルトガル代表がオランダ代表をかわして7位から6位に。CONCACAFネーションズリーグ制覇のアメリカ代表はトップ10目前の11位に上がっている。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.ベルギー(4)↑ 4.イングランド(3)↓ 5.ブラジル(5) 6.ポルトガル(7)↑ 7.オランダ(6)↓ 8.スペイン(8) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(10) 11.アメリカ(13)↑ 12.コロンビア(14)↑ 13.モロッコ(12)↓ 14.メキシコ(15)↑ 15.ウルグアイ(11)↓ 16.ドイツ(16) 17.セネガル(17) 18.日本(18) 19.スイス(19) 20.イラン(20) 21.デンマーク(21) 22.ウクライナ(24)↑ 23.韓国(22)↓ 24.オーストラリア(23)↓ 25.オーストリア(25) 26.ハンガリー(27)↑ 27.スウェーデン(26)↓ 28.ポーランド(30)↑ 29.ウェールズ(29) 30.ナイジェリア(28)↓ ◆アジア上位 18.日本(18) 20.イラン(20) 23.韓国(22)↓ 24.オーストラリア(23)↓ 34.カタール(37)↑ 53.サウジアラビア(56) 58.イラク(59)↑ 64.ウズベキスタン(66)↑ 67.UAE(69)↑ 71.ヨルダン(70)↓ 2024.04.04 17:45 Thu

ティーレマンス2発もベリンガムがラストプレー弾、負傷者続出イングランドが引き分けに持ち込む【国際親善試合】

国際親善試合、イングランド代表vsベルギー代表が26日に行われ、2-2で引き分けた。 3日前のブラジル代表戦を0-1で惜敗したイングランドは、ウォーカーが負傷した中、ベリンガムやライスが引き続き先発となり、メイヌーが初先発。最前線は賭博違反で長期出場停止を受けていたトニーが務めた。 一方、アイルランドにゴールレスドローに終わったベルギーはルカクが先発となり、トロサール、ドクと共に3トップを形成した。 自陣に構えるベルギーに対し、イングランドが押し込む入りとした中、ストーンズが股関節付近を痛めて10分にジョー・ゴメスとの交代を強いられる。 またも負傷者が出てしまった中、直後に失点。GKピックフォードのパスミスをオナナにカットされ、ティーレマンスが難なくゴールに蹴り込んだ。 ミスから失点したイングランドだったが15分、ベリンガムのスルーパスでトニーがボックス内に侵入すると、ヴェルトンゲンに倒されてPKを獲得。これをトニー自ら決めてすかさず試合を振り出しに戻した。 同点として以降もイングランドが押し込むと27分、CKからボーウェンがヘディングでネットを揺らしたが、VARでオフサイドがありノーゴールに。 さらに33分、敵陣でメイヌーがボールを奪取してルーズとなったボールをボックス内のベリンガムがシュート。決定的だったが、枠の上に外してしまった。 すると36分、ロングカウンターに転じた流れからベルギーに追加点。ルカクがロングボールを競り勝って収め、ボックス右に侵入。左足アウトでのクロスをティーレマンスがダイビングヘッドで押し込んだ。 1点ビハインドで迎えた後半もイングランドが押し込む流れが続くと、52分にはトニーがボックス内に抜け出してGK強襲のシュートを浴びせれば、2分後にもベリンガムが決定的なヘディングシュートを放っていった。 その後も攻勢をかけると66分、ベリンガムのクロスからメイヌーがシュートに持ち込んだが、GKセリスのファインセーブに阻まれる。 終盤の79分にはフォーデンがボックス左から決定的なシュートを放つもわずかに枠を外れ、このまま敗色濃厚の流れとなっていたイングランドだったが、ラストプレーで追いつく。 パワープレーの流れでワトキンスの落としを受けたマディソンがボックス左から折り返すと、最後はベリンガムが仕留めた。直後にタイムアップとなり、2-2で決着。負傷者続出のイングランドが連敗を阻止し、引き分けに持ち込んでいる。 2024.03.27 07:07 Wed

イングランド代表デビューを飾ったメイヌーがベルギー戦先発へ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFコビー・メイヌーが26日に行われる国際親善試合のベルギー代表戦に先発するようだ。イギリス『BBC』、『スカイ・スポーツ』が報じている。 今回の代表戦で追加招集を受けた18歳のメイヌーは、23日に行われたブラジル代表との親善試合でA代表デビュー。75分から出場していた。 ガレス・サウスゲート監督はベルギー戦に向けた前日会見で「これまで経験したことがないほどのケガ人の多さだ。ただ、それは他の選手たちにとってはチャンスがあるということ。ブラジル戦でもそのチャンスを生かそうとしていた選手たちを見ることができたのは我々にとって素晴らしいことだ。もっと多くの選手について知ることになる。それは本当に役立つし、ハイレベルな相手と対戦することで今後、我々が良い決断を下すのに役立つだろう」とコメントし、新戦力の発掘に意欲を示していた。 2024.03.26 22:40 Tue

ライスが50キャップ目のベルギー戦でキャプテンに! ケインら不在で大役巡る

イングランド代表MFデクラン・ライスが代表節目の一戦で大役を担う運びとなった。 今季加入のアーセナルでも中盤として輝きを放ち続けるなか、今代表活動にも参加するライス。先のブラジル代表との国際親善試合では0-1の敗北を喫したが、49キャップ目となり、26日に国際親善試合のベルギー代表戦を迎える。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、25歳MFはこれまでの歩みを振り返りながら、節目を前にしての心境を言葉にした。 「僕は19歳でこのグループに初めて加わってから、選手としても、人としても大きく成長できたと思う」 「初めてイングランド代表に入ったときはおそらく緊張している選手だったけど、時間が経つにつれ、より多くの大きな試合、大きな大会でプレーできるようになり、すべてを楽しんできたよ」 「50キャップは信じられないようなことだけど、光栄なこと。50キャップ目を家族や友人の前で、しかもウェンブリーで迎えられるなんて大変光栄だし、ちょっと言葉では言い表せられないよ」 また、イングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督はベルギー戦に先立ち、このゲームキャプテンにライスを指名。ライスにとって、ハリー・ケインに続き、カイル・ウォーカーとハリー・マグワイアも離脱したなかの大役となる。 サウスゲイト監督は「この試合が彼の50キャップ目。まだ若いが、素晴らしいリーダーシップの経験があるし、我々の若い選手にそれを発揮してもらう良い機会だと思う」と背中を押した。 「中心グループの何人かがいないなかだが、ほかの選手からすれば、ステップアップになるし、成長するための絶好機だ。チームに関わる選手の多くは将来を担う者たちだし、彼らがこういう経験を多く積めば、全員にとって有益になる」 2024.03.26 12:55 Tue

デ・ブライネ不在のベルギー、オシェイ暫定指揮のアイルランドにゴールレスドロー【国際親善試合】

ベルギー代表は23日、国際親善試合でアイルランド代表とのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 負傷明けのデ・ブライネを選外としたベルギーはルカクをベンチスタートとした中、3トップにオペンダ、トロサール、バカヨコを据える[4-3-3]で臨んだ。 オシェイが暫定指揮官に就任したアイルランドに対し開始3分、オグベネにショートカウンターから決定機を許したベルギーがポゼッションする流れで推移。 しかしシュートに持ち込めずにいると、26分にPKを献上。FKの流れでボックス内のフェルメーレンがハンドを取られた。だが、キッカーのファーガソンのシュートをGKセルスがセーブし、失点を許さない。 ハーフタイムにかけてもベルギーがボールを持ったものの、やはり好機は生み出せずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、トロサールら3選手を代えてドクらを投入したベルギーはキックオフ直後にファーガソンに決定的なヘディングシュートを許してしまう。 枠を外れて助かったベルギーが前半同様に押し込む流れとすると、50分にオペンダがボレーでこの試合初の枠内シュートをマークした。 しかし攻めあぐねる展開は変わらずやはりシュートに持ち込めない状況が続く。そんな中75分に途中出場2選手によってようやく決定機。右サイドをルケバキオが突破してマイナスにクロス。ムニエがダイレクトで合わせたが、シュートはGKケレハーのファインセーブに阻まれた。 しかし終盤にかけてもアイルランドを崩せずゴールレス決着に終わっている。 2024.03.24 03:55 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly