サッスオーロ攻撃陣躍動、ユベントスは2度追いつくもミスが絡んで今季初黒星【セリエA】

2023.09.24 03:02 Sun
Getty Images
ユベントスは23日、セリエA第5節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗戦した。
PR
前節ラツィオ戦をヴラホビッチとキエーザの2トップ揃い踏み弾で3-1と快勝したユベントス(勝ち点10)は、ラツィオ戦同様のスタメンで臨んだ。
1勝3敗スタートのサッスオーロに対し、立ち上がりから圧力をかけたユベントスだったが、12分に失点する。

ボックス手前からロリエンテにより放たれた強烈なシュートはGKシュチェスニーの正面だったが、雨によりスリッピーだったこともあり、防ぎきれなかった。

それでも21分、ユベントスがすかさず追いつく。左サイドからのキエーザのインスウィングクロスにファーサイドのマッケニーが飛び込むと、相手DFのオウンゴールを誘った。
試合を振り出しに戻して勢い付くユベントスは29分、分厚い攻めを見せた流れからロカテッリが際どいミドルシュートを浴びせる。

38分にはCKの流れからピンチを迎えるも、トレソルディのヘディングシュートを、GKシュチェスニーが先ほどのミスを挽回するビッグセーブで凌いだ。

しかし41分、自陣でのミスパスからショートカウンターを受けると、最後はペナルティアーク中央のベラルディにダイクレトシュートを決められ、勝ち越されてしまう。

ユベントス1点ビハインドで迎えた後半、イリングとファジョーリを投入するも、主導権を握り切れない展開が続く。

63分には大ピンチを迎えたが、ロリエンテのシュートが枠を外れて助かった。すると65分には同点の好機を迎えるも、ラビオのラストパスを受けたヴラホビッチのシュートはダフッて枠には飛ばせない。

ここからオープンな展開となった中、78分にユベントスに同点弾。決めたのは絶好調キエーザ。サイド攻撃で揺さぶった流れからファジョーリのパスをボックス左からダイレクトで蹴り込んだ。

しかし82分、三度勝ち越される。ロリエンテの強烈なミドルをGKシュチェスニーが弾くと、ルーズボールをピナモンティにヘッドで押し込まれた。

そして追加タイムにデフレルのシュートがバーに直撃した直後、ガッティの衝撃のオウンゴールでタイムアップ。ミスが響き、今季初黒星を喫している。

PR
関連ニュース

ユベントス「Next Gen」マンナSDが契約解除…ナポリの新SDに就任へ

ユベントスは21日、リザーブチーム「Next Gen」のスポーツ・ディレクター(SD)を務めたジョバンニ・マンナ氏(35)との契約解除を発表した。 マンナ氏は1988年生まれの現在35歳。プロサッカー選手歴はなく、イタリア下部リーグでチームマネジメントのキャリアを開始し、スイス1部・ルガーノのダイレクター職を経て、2019年にユベントス入りした。 ユベントスでは下部組織の役職を担当。U-19チームのマネージャー、23歳以下の選手を中心に構成される「Next Gen」でSDを務め、契約を来月末まで残していたが、双方合意でこのタイミングでの退任となった。 マンナ氏は3月下旬ごろよりナポリのトップチームSD就任で話がまとまっていると報じられており、ナポリでの今夏の移籍市場におけるリクルート活動を見据えての早期契約解除に、ユベントス側が同意した形とみられている。 2024.05.21 18:55 Tue

上位対決で3点差追いつくドロー、モンテーロ暫定監督は初陣を終え「選手たちは喜びを与えてくれた」

ユベントスのパオロ・モンテーロ暫定監督が、点の取り合いとなった初陣を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 18日にマッシミリアーノ・アッレグリ監督を解任し、パオロ・モンテーロ監督を暫定指揮官に据えたユベントスは、20日に行われたセリエA第37節でボローニャと対戦した。 勝ち点で並ぶ3位チームとの試合は、開始11分で2失点を許す最悪の立ち上がりになると、そのままチャンスも作れずハーフタイムへ。後半も早々に失点する展開となったが、反撃に転じたチームは76分にフェデリコ・キエーザのゴールで1点を返すと、83分にはアルカディウシュ・ミリクがFKを決めて1点差に。勢いづいたチームは、その直後にケナン・ユルドゥズにもゴールが生まれて同点に追いつくと、そのまま3-3のドローに終わった。 「この試合は重要かつ難しい試合だった。我々のスタートは悪かったが、その後に選手たちは持っているプライドをすべて発揮し、このシャツに対する愛着を示してくれたと思う」 「私は良いスピリットを持ったチームを見つけた。私にとっては特別な状況であり、選手たちは私に計り知れない喜びを与えてくれたんだ。2日間ここにいるが、彼らは私についてほとんど知らないにもかかわらず、とても良くしてくれた」 2024.05.21 09:55 Tue

アッレグリ解任のユベントスが3点差を追いつきボローニャとの上位対決はドロー決着…【セリエA】

ユベントスは20日、セリエA第37節でボローニャと対戦し3-3の引き分けに終わった。 18日にマッシミリアーノ・アッレグリ監督を解任し、パオロ・モンテーロ暫定監督で試合に臨む4位ユベントス(勝ち点67)は、ミッドウィークに行われたコッパ・イタリア決勝のアタランタ戦からスタメンを3人変更。GKペリンやマッケニー、ニコルッシ=カヴィーリャに代えてGKシュチェスニー、ロカテッリ、ミレッティをスタメンで起用した。 リーグ戦8試合負けなし中と好調の3位ボローニャ(勝ち点67)に対し、ユベントスは開始早々に失点する。2分、右CKのこぼれ球をボックス右で拾ったカストロが折り返すと、DFダニーロにディフレクトしたこぼれ球を最後はカラフィオーリがゴール左にダイレクトシュートを叩き込んだ。 早い時間の失点でボローニャに主導権を握られたユベントスは、11分にもウルバンスキの左クロスからゴール前に走り込んだカストロにヘディングシュートを決められた。 その後も決定機はおろかシュートまで持ち込めない苦境が続くユベントスは、37分にブレーメルがバイタルエリア手前からミドルシュートを放ったが、これは相手選手のブロック。結局、前半は枠内シュート0本で終了した。 0-2で迎えた後半、ユベントスはミレッティと カンビアーゾを下げてウェアとアルカラスを投入。すると開始早々の47分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、キエーザとのパス交換でボックス左に侵入したラビオが決定機を迎えたが、シュートはGKスコルプスキに弾かれた。 良い入りを見せたユベントスだったが、53分に再び失点する。カラフィオーリのタックルでヴラホビッチからボールを奪うと、こぼれ球をウルバンスキがワンタッチでボックス手前に送ると、カストロの落としを受けたカラフィオーリがそのままボックス内に侵入。飛び出したGKの上を越すチップキックシュートでゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すなか、ユベントスは76分に1点を返す。左サイドでボールを奪ったイリング・ジュニアがアーリークロスを供給すると、味方にディフレクトしてボックス手前にこぼれたボールをDFルクミがクリアミス。これを奪ったキエーザがボックス内まで侵入すると、冷静にゴールネットを揺らした。 1点を返し勢いづくユベントスは83分、ボックス左手前で獲得したFKをミリクが直接狙うと、壁にディフレクトしたボールがゴール左に突き刺さった。さらに84分には敵陣でベウケマのパスをカットしたユルドゥズがペナルティアーク手前からミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 結局、試合はそのまま3-3でタイムアップ。同勝ち点で並ぶ上位対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2024.05.21 05:45 Tue

違法賭博のファジョーリ、7カ月の出場停止明けでユベントスの遠征メンバー入り…復帰なるか

マッシミリアーノ・アッレグリ監督を電撃解任し、ゴタゴタが続いているユベントス。シーズン最後に1つ大きな動きが起こった。 残り2節となったセリエA。インテルの優勝はすでに決定しており、5位以内のクラブも1枠以外は決定している。 ユベントスも5位以内を確定させ、来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する中、20日は勝ち点で並ぶ3位のボローニャと対戦する。 パオロ・モンテーロ監督が暫定的に指揮を執る中で、ボローニャ戦に向けたメンバーが発表。そこには、イタリア代表MFニコロ・ファジョーリの名前があった。 今シーズンは開幕からプレーしていたファジョーリだったが、違法賭博に手を染めていたことが発覚。自身でも違法なプラットフォームを通じてサッカーの試合にも賭けていたことを認め、ギャンブル依存症の治療を含む司法取引に応じ、2023年10月17日に12月の出場停止処分を受けていた。 12カ月の処分だったが、ギャンブル依存症の治療に最低でも6カ月通うなどの条件を守れば7カ月に出場停止処分が軽減。そして、その出場停止期間中はチームでトレーニングを続けていたという。 しっかりと治療もし、ギャンブル依存症にならないための啓発活動にも参加。そんな中、ボローニャ戦に向けたメンバーに名を連ねることとなった。 先発出場はないと見られているが、違法賭博で出場停止を受けてから復帰する可能性はあるとのこと。再びピッチで躍動し、信頼を取り戻すことができるのか注目が集まる。 2024.05.20 23:15 Mon

ユーベ行き噂のモッタ監督、ボローニャ会長と運命の会談へ

ボローニャがチアゴ・モッタ監督(41)を引き留められるかどうかの瀬戸際に立っている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 今シーズンのセリエAでの5位以内を確定させ、中堅ボローニャを1964-65シーズン以来60年ぶりとなる欧州最高峰の舞台へ導いたモッタ監督。6月末には現行契約が満了するが、契約を更新すればこのクラブで来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことになる。 しかし、モッタ監督はユベントス行きが盛んに噂されており、2年+1年の延長オプションの条件で口頭合意済みという報道も。20日のセリエA第37節では、3位の座を争うそのユベントスとの直接対決が控えている。 前日会見に臨んだモッタ監督は自らの将来に言及。ボローニャのジョーイ・サプート会長との会談を経て決めると明かした。 「私はまだ何も決めていないし、誰とも何のサインも交わしていない。 この1週間でサプートと会い、話をすれば決断が下せるだろう」 「クラブ、会長、選手、ファンには最大限の敬意を払っている。一緒に決断を下すことになるだろうし、どうなったかはすぐにわかるだろう」 ボローニャは22日の夜、CL出場権獲得を祝うパレードを街中で行うが、サプート会長とモッタ監督の話し合いは21日から23日の間に行われる見込みとのこと。サプート会長は引き留められると確信しているようだが、果たしてどのような結末が待っているのだろうか。 2024.05.20 17:35 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly