日本代表が19位に浮上、10位台は2012年以来…1位はアルゼンチンがキープ! 最新FIFAランクが発表

2023.09.21 21:17 Thu
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は21日、最新のFIFAランキングを発表した。

9月はインターナショナル・マッチウィークがあり、欧州ではユーロ予選が行われ、南米では2026年の北中米ワールドカップ(W杯)に向けた予選がスタート。親善試合を含めて159試合が行われた。
日本代表は欧州遠征を行い、ドイツ代表、トルコ代表を相手に4ゴールずつを奪っての連勝。その結果、20位から1つ上がり19位に浮上。10位台になったのは、2012年1月以来の出来事となった。

また、1位はカタールW杯王者であり、南米予選も連勝スタートとなったアルゼンチン代表が守ることに。トップ10はポルトガル代表が9位から8位に、8位のイタリア代表が9位に入れ替わったのみ。その他も大きな変動はなかった。

◆全体上位 ()内=前回順位
1.アルゼンチン(1)
2.フランス(2)
3.ブラジル(3)
4.イングランド(4)
5.ベルギー(5)
6.クロアチア(6)
7.オランダ(7)
8.ポルトガル(9↑)
9.イタリア(8↓)
10.スペイン(10)
11.アメリカ(11)
12.メキシコ(12)
13.モロッコ(14↑)
13.スイス(12↓)
15.ドイツ(15)
16.コロンビア(17↑)
17.ウルグアイ(16↓)
18.デンマーク(19↑)
19.日本(20↑)
20.セネガル(18↓)
◆アジア上位
19.日本(20↑)
21.イラン(22↑)
26.韓国(28↑)
27.オーストラリア(27)
57.サウジアラビア(53↓)
61.カタール(58↓)
69.イラク(70↑)
70.UAE(72↑)
73.オマーン(73)
75.ウズベキスタン(74↓)
関連ニュース

日本は1つ下がるもアジアトップ、カタールが21ランク浮上! 2024年最初のFIFAランキング発表

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキングを発表。2024年最初のランキング発表となる。 1月はアジアカップとアフリカ・ネーションズカップ(CAN)が開催。その中で、アジアカップを制したカタールが21ランクアップの37位に浮上。CANを優勝したコートジボワールは10ランクアップし、39位に浮上した。 また、アジアカップでベスト8で敗退となった日本代表は1ランク下げて18位となったが、アジアトップはキープしている。その他、CANの準優勝となったナイジェリアは14ランク上げて28位。アジアカップ準優勝のヨルダンは17ランク上げて70位となった。 なお、試合を行なっていないトップ10の国は入れ替えなし。上位では、モロッコが12位に浮上し、アメリカが代わりに13位に転落した。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.イングランド(3) 4.ベルギー(4) 5.ブラジル(5) 6.オランダ(6) 7.ポルトガル(7) 8.スペイン(8) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(10) 11.ウルグアイ(11) 12.モロッコ(13)↑ 13.アメリカ(12)↓ 14.コロンビア(14) 15.メキシコ(15) 16.ドイツ(16) 17.セネガル(20)↑ 18.日本(17)↓ 19.スイス(18)↓ 20.イラン(21)↑ 21.デンマーク(19)↓ 22.韓国(23)↑ 23.オーストリア(24)↑ 24.ウクライナ(22)↓ 25.オーストラリア(24) 26.スウェーデン(26) 27.ハンガリー(27) 28.ナイジェリア(42)↑ 29.ウェールズ(29) 30.ポーランド(31)↑ ◆アジア上位10カ国 18.日本(17) 20.イラン(21) 22.韓国(23) 23.オーストラリア(25) 37.カタール(58) 53.サウジアラビア(56) 59.イラク(63) 66.ウズベキスタン(68) 69.UAE(64) 70.ヨルダン(87) 2024.02.15 21:40 Thu

2023年最後のFIFAランキングはほぼ変動なし!日本は17位キープ、W杯王者アルゼンチンが1年間首位を守り続ける

国際サッカー連盟(FIFA)は21日、最新のFIFAランキングを発表。2023年の最後のランキング発表となった。 11月はアジアでも2026北中米ワールドカップ(W杯)予選がスタート。欧州ではユーロ予選の最終節が行われ、南米とアフリカでは2026年の北中米ワールドカップ(W杯)に向けた予選が行われていたが、12月は11試合しか国際試合が行われていない。 ほとんどランキングに変化がなく、上位陣ではメキシコが14位から15位に、コロンビアが15位から14位に入れ替わったのみ。日本は17位をそのままキープした。 2022年にカタール・ワールドカップを優勝したアルゼンチンは、1年間1位を守り続けることとなった。 なお、2023年で最も順位を上げたのはパナマで、20ランク上げて41位となった。なお続いてモルドバの19ランク、マレーシアの15ランクとなっている。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.イングランド(3) 4.ベルギー(4) 5.ブラジル(5) 6.オランダ(6) 7.ポルトガル(7) 8.スペイン(8) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(10) 11.ウルグアイ(11) 12.アメリカ(12) 13.モロッコ(13) 14.コロンビア(15)↑ 15.メキシコ(14)↓ 16.ドイツ(16) 17.日本(17) 18.スイス(18) 19.デンマーク(19) 20.セネガル(20) 21.イラン(21) 22.ウクライナ(22) 23.韓国(23) 24.オーストリア(24) 25.オーストラリア(25) 26.スウェーデン(26) 27.ハンガリー(27) 28.チュニジア(28) 29.ウェールズ(29) 30.アルジェリア(30) ◆アジア上位10カ国 17.日本(17) 21.イラン(21) 23.韓国(23) 25.オーストラリア(25) 56.サウジアラビア(56) 58.カタール(58) 63.イラク(63) 64.UAE(64) 68.ウズベキスタン(68) 74.オマーン(74) 2023.12.22 22:20 Fri

最新FIFAランキング、8連勝の日本代表が1つ順位を上げ17位に浮上し16位ドイツに肉薄! 1位はアルゼンチンがキープもブラジルが5位に転落

国際サッカー連盟(FIFA)は30日、最新のFIFAランキングを発表した。 11月はアジアでも2026北中米ワールドカップ(W杯)予選がスタート。欧州ではユーロ予選の最終節が行われ、南米とアフリカでは2026年の北中米ワールドカップ(W杯)に向けた予選が行われていた。 親善試合を含めて188試合が行われた中、大幅に順にを挙げた国もある。 日本代表は、ミャンマー代表とシリア代表とのW杯予選を戦い、共に5ゴールを奪って圧勝。歴代最多タイの8連勝を飾るなどしてポイントを積み上げ、19位から17位まで浮上した。 また、アルゼンチンが1位をキープ、2位もフランスとなったが、3位にイングランド、4位にベルギーが浮上し、南米予選で連敗したブラジルが5位に転落。6位にオランダが浮上し、ポルトガルが7位に落ちることとなった。上位陣ではウルグアイが4ランク上げて11位に浮上している。 その他、チュニジア(28位)、エクアドル(32位)、ギリシャ(47位)も4ランクアップ。ルーマニア(43位)、スロバキア(45位)も5ランクアップさせている。 最もランクアップしたのはコモロ諸で119位にいるが9ランクアップ。過去最高位に浮上。ギニアビサウ(103位)、マレーシア(130位)、ルワンダ(133位)は7ランク、アゼルバイジャン(114位)、リビア(120位)は6ランクアップさせている。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.イングランド(4)↑ 4.ベルギー(5)↑ 5.ブラジル(3)↓ 6.オランダ(7)↑ 7.ポルトガル(6)↓ 8.スペイン(8) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(10) 11.ウルグアイ(15)↑ 12.アメリカ(11)↓ 13.モロッコ(13) 14.メキシコ(12)↓ 15.コロンビア(17)↑ 16.ドイツ(16) 17.日本(18)↑ 18.スイス(14)↓ 19.デンマーク(19) 20.セネガル(20) 21.イラン(21) 22.ウクライナ(22) 23.韓国(24)↑ 24.オーストリア(25)↑ 25.オーストラリア(27)↑ 26.スウェーデン(23)↓ 27.ハンガリー(30)↑ 28.チュニジア(32)↑ 29.ウェールズ(28)↓ 30.アルジェリア(33)↑ ◆アジア上位10カ国 17.日本(18)↑ 21.イラン(21) 23.韓国(24)↑ 25.オーストラリア(27)↑ 56.サウジアラビア(57)↑ 58.カタール(61)↑ 63.イラク(68)↑ 64.UAE(69)↑ 68.ウズベキスタン(73)↑ 74.オマーン(72)↓ 2023.11.30 22:50 Thu

さらにランクアップ! 6連勝の日本代表は18位に浮上、最新FIFAランキングが発表

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、最新のFIFAランキングを発表した。 先月、2012年1月以来の10位台となる19位にランクインした日本代表。10月もカナダ代表、チュニジア代表を下して国際Aマッチ6連勝を達成すると、今回はさらにワンランクアップの18位に浮上した。 そんな日本はアジア全体でも依然としてトップをキープ。その日本にイラン代表(21位)、韓国代表(24位)、オーストラリア代表(27位)、サウジアラビア代表(57位)、カタール代表(61位)が続いた。 全体のトップ3は1位のアルゼンチン代表、2位のフランス代表、3位のブラジル代表で変わらず。トップ10はというと、6位のクロアチア代表が唯一のランクダウンとなり、10位にまで後退している。 一方で、8位のポルトガル代表が6位に。10位のスペイン代表は8位に浮上している。 ◆全体上位 ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ベルギー(5) 6.ポルトガル(8↑) 7.オランダ(7) 8.スペイン(10↑) 9.イタリア(9) 10.クロアチア(6↓) 11.アメリカ(11) 12.メキシコ(12) 13.モロッコ(13) 14.スイス(14) 15.ウルグアイ(17↑) 16.ドイツ(15↓) 17.コロンビア(16↓) 18.日本(19↑) 19.デンマーク(18↓) 20.セネガル(20) ◆アジア上位 18.日本(19↑) 21.イラン(21) 24.韓国(26↑) 27.オーストラリア(27) 57.サウジアラビア(57) 61.カタール(61) 68.イラク(69↑) 69.UAE(70↑) 72.オマーン(73↑) 73.ウズベキスタン(75↑) 2023.10.26 19:05 Thu

なでしこは2019年以来のFIFAランキング1桁に浮上! W杯初優勝のスペインが2位、首位はなでしこが敗れたスウェーデンに

国際サッカー連盟(FIFA)は、女子のFIFAランキングを発表した。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)はスペイン女子代表の初優勝で幕を下ろした。 決勝の相手は女子ユーロ王者のイングランド女子代表。3位にはスウェーデン女子代表が入り、開催国のオーストラリア女子代表が4位に入った。 また、12年ぶりの優勝を目指したなでしこジャパンは、準々決勝でスウェーデンに敗れてベスト8に終わったものの、グループステージでスペインを破るなどして大きな話題となっていた。 最新のFIFAランキングでは、3位に入ったスウェーデンが1位に浮上。2位には初優勝のスペインが浮上し、ラウンド16で敗れたアメリカ女子代表が3位に転落した。 なでしこジャパンは、8位に浮上。11位から3つ順位を上げ、2019年以来の1桁順位となった。 ◆女子FIFAランキング ※カッコ内は前回順位 1位:スウェーデン(3) 2位:スペイン(6) 3位:アメリカ(1) 4位:イングランド(4) 5位:フランス(5) 6位:ドイツ(2) 7位:オランダ(9) 8位:日本(11) 9位:ブラジル(8) 10位:カナダ(7) 11位:オーストラリア(10) 12位:デンマーク(13) 13位:ノルウェー(12) 14位:アイスランド(15) 15位:中国(14) 16位:オーストリア(18) 17位:イタリア(16) 18位:ベルギー(19) 19位:ポルトガル(21) 20位:韓国(17) 2023.08.27 21:42 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly