【CLグループA展望】バイエルンが本命、ユナイテッド次第でガラタサライに好機

2023.09.20 12:00 Wed
Getty Images
2023-24シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが19日に開幕した。グループAではバイエルンが本命、マンチェスター・ユナイテッドが対抗。ただ、ユナイテッドがもたつくようであればガラタサライに付け入る隙があるかもしれない。
PR
◆編集部予想
◎本命:バイエルン
○対抗:マンチェスター・ユナイテッド
△連下:ガラタサライ
☆大穴:コペンハーゲン
◆ケイン&キム・ミンジェ確保で隙なしのスカッド~バイエルン~
Getty Images

ブンデスリーガ11連覇のバイエルンが本命。昨季はベスト8でマンチェスター・シティに敗れたドイツの盟主は、昨季埋めきれなかったFWレヴァンドフスキの穴を今季こそ埋めるべくFWケインを確保。そのケインが早々にチームにフィットし、ブンデスで4ゴールを記録している。不安定だったバックラインにはDFキム・ミンジェを獲得。まだチームにフィットしきれていないものの、ナポリをスクデットに導いた実力は折り紙つき。今後復帰するであろう守護神ノイアーも控えており、攻守に隙のないスカッドが完成している。

◆各ポジションに実力者を補強も~マンチェスター・ユナイテッド~
Getty Images

昨季プレミアリーグ3位のユナイテッドが1シーズンのブランクを経てCLに戻ってきた。長らくゴールマウスを守ってきた功労者のGKデ・ヘアに代わって新守護神に昨季CL準優勝のインテルからGKオナナを獲得。そしてストライカーには将来的に世界屈指の点取り屋になるポテンシャルを秘めたFWホイルンドを迎えた。さらに中盤にはMFマウント、MFアムラバトと好補強ができており、陣容はグループステージ突破を難なく達成できるものとなっている。ただ、プレミアリーグ開幕から2勝3敗と不安な結果、内容となっており、外野の圧力でチームがバラバラになるようであれば、グループステージで躓く可能性があるかもしれない。

◆質・量十分の補強でユナイテッド喰い狙う~ガラタサライ~
Getty Images

4季ぶりにトルコ王者に返り咲いたガラタサライがプレーオフでノルウェー王者モルデを下して4季ぶりに本戦出場を果たした。優勝の原動力となったのは22ゴールを挙げたFWイカルディ。今季開幕以降も好調を持続し、モルデ戦では2ゴール、国内リーグでは4戦5発と申し分ない働きをしている。補強としてはFWバカンブ、FWザハ、MFツィエク、MFデミルバイ、DFアンヘリーニョ、DFダビンソン・サンチェスと実力者を多数確保。選手層に厚みを加え、ユナイテッド喰いを狙う。
◆ホイルンド双子の弟たちが在籍、兄弟対決実現に注目~コペンハーゲン~
Getty Images

プレーオフでポーランド王者のラクフ・チェンストホヴァを下したデンマーク王者コペンハーゲンが2季連続本戦出場を果たした。昨季はマンチェスター・シティ、ドルトムント、セビージャが同居した中、ホーム3試合ではいずれも引き分け試合を演じた。格上相手に堂々とした戦いを見せた中、今季に向けてはサウサンプトンからノルウェー代表MFエルヌユシを獲得。下部組織からユナイテッドFWホイルンドの双子の弟たちである18歳FWエミルとMFオスカーが昇格している。兄のラスムスとの兄弟対決が実現すれば話題になりそうだが、チームとしては昨季同様、厳しい戦いが待っていそうだ。

PR
関連ニュース

バイエルンからも関心のDFロバートソン、リバプールは残留に「自信」

バイエルンから関心が寄せられているリバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(29)だが、クラブは残留に自信があるようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えた。 ハル・シティから2017年7月にリバプールに完全移籍で加入したロバートソン。左サイドバックとしてチームを支え、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップなど数々のタイトル獲得に貢献してきた。 今シーズンはケガで出番が限られているものの、これまで公式戦282試合に出場し9ゴール64アシストを記録。リバプールを支える1人だが、バイエルンから強い関心が寄せられているという。 バイエルンはカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスのレアル・マドリー移籍がほぼ確実視されており、来シーズンに向けては左サイドバックの補強が急務。その中で目をつけたのがロバートソンだという。 2026年夏までの契約を残しているロバートソンだが、自身を引き上げてくれたユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任。新監督は未定だが、バイエルンはそこを狙っているという。 ただ、リバプールの関係者によれば、クロップ監督退任後もロバートソンはリバプールに残るという見方が強く、引き留めに「自信」を持っているとのこと。本人の意思もあるだろうが、このままリバプールでキャリアを続けることが濃厚のようだ。 2024.03.02 23:15 Sat

バイエルンがトッテナムからレンタル中のDFダイアーの契約延長を発表、今夏フリーで移籍へ

バイエルンは2日、イングランド代表DFエリック・ダイアー(30)の2025年6月30日までのレンタル期間延長を発表した。 1月の移籍市場でトッテナムからバイエルンへのレンタル移籍が実現したダイアー。センターバックの層に問題があったチームの穴埋め役として期待され、ここまでブンデスリーガ7試合に出場し、うち5試合が先発となっている。 レンタル期間は今シーズン終了までとなっていたが、契約には1年の延長オプションも付帯。保有元のトッテナムとの契約が今シーズン限りとなっていることから、必然的にシーズン終了後のバイエルンへのフリー移籍が決まった。 バイエルンは事前合意していた条項が満たされたことで1年の延長に繋がったと発表。先日、バイエルンのスポーツ部門取締役に就任したマックス・エバール氏は、延長の経緯やダイアーの印象についてコメントを残している。 「エリック・ダイアーの契約は出場試合数の関係で、さらに1年延長された。彼は自身の特長を活かして我々のディフェンスをサポートしてくれる貴重な存在だ」 また、ダイアー本人も契約期間延長に対する想いを表明している。 「ミュンヘンで幸せだ。これで僕の将来は決まったから、自分のパフォーマンスや、クラブにどうやって貢献していくかに集中できる。そして、たとえ僕らが困難な時期にあるとしても、再び大会や試合で勝ちたい」 2024.03.02 21:13 Sat

「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面も」 バイエルン監督が足踏みのフライブルク戦に憤慨

バイエルンのブンデスリーガ12連覇がさらに遠のきそうだ。 バイエルンは1日の第24節でフライブルクと対戦。堂安律が先発したフライブルクに開始12分で先制を許してから、35分にマティス・テルのゴールで追いつき、75分にジャマル・ムシアラのスーパーな一撃で逆転したが、87分に同点弾を浴び、2-2のドローに終わった。 これで連勝とはならず、3日に今節を控える首位レバークーゼンにも7ポイント差までしか迫れず。5日に行われ、逆転突破に勝利必須となるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのラツィオ戦に向けても弾みをつけられなかった。 ドイツ『Sport1』によると、トーマス・トゥヘル監督は『DAZN』で振り返り、特に先制を許した最初の30分間に不満げだ。 「まったくもって無秩序にプレーしたし、あまりにも規律がなく、自分たちのポジションをとれていなかった。まったくうまくいっていないのに攻撃を仕掛けて、前でボールを失い、相手のカウンターを招いた。最悪の30分だった」 また、「勝てなかったのはセットプレーからの幸運なゴールによるもので、もっとうまく守れたはず」としつつ、「ポジションの規律が乱れ、自滅する場面もあった。センターバックがサイドバックを追い越していったりね」とこう不満を続けたようだ。 「これまでの練習でやっていなければ、話をしてもいないようなことをやった。まるで85分で1点を追いかけるかのようなプレーをした。意欲の問題ではなかったと思うが、最初の30分間は何も考えずにプレーした挙句、その罰を受けた」 2024.03.02 09:35 Sat

華麗ゴール計4発、バイエルン一時逆転も堂安先発フライブルクに追いつかれドロー【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第24節、フライブルクvsバイエルンが1日に行われ、2-2で引き分けた。フライブルクのMF堂安律は77分までプレーしている。 前節アウグスブルクに逆転負けし、5試合勝利のない9位フライブルク(勝ち点29)は、堂安がフラットな[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 一方、ケインの劇的ドッペルパックで前節ライプツィヒを下し、公式戦連敗を3で止めた2位バイエルン(勝ち点53)は、4日後にチャンピオンズリーグのラツィオ戦を控える中、主力を起用。負傷欠場のサネに代わってテルが[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 主導権争いの序盤を経て12分、フライブルクが先制する。堂安のサイドチェンジを受けたグリフォの左クロスからサライがヘディングシュート。これはGKノイアーのビッグセーブに阻まれた中、ルーズボールを再びサライがバイシクルシュート。今度はバーに直撃したものの、二次攻撃でボックス手前のギュンターのミドルボレーが見事ゴールに決まった。 さらに16分、ボックス左に侵入したギュンターがフィニッシュに持ち込んで追加点に迫ったフライブルクは、続く22分にもショートカウンターからグリフォが際どいシュートを浴びせて主導権を握っていった。 しかし35分、バイエルンがワンチャンスで追いつく。CKの流れからルーズボールをボックス左角のテルが見事なコントロールシュートで決めきった。 追いついたバイエルンがハーフタイムにかけては押し込むと、39分にゴレツカがオンターゲットのミドルで牽制。1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で推移した中71分にバイエルンに決定機。遅攻の流れからバイタルエリアでパスを引き出したミュラーがスルーパス。ボックス中央に侵入したムシアラがシュートに持ち込むもGKアトゥボルの好守に阻まれた。 直後のCKからケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンは、75分に押し切る。ボックス左で仕掛けたムシアラがDFに囲まれながらも圧巻のカットインシュートを決めきった。 失点後、堂安に代えてグレゴリッチュを投入したフライブルクに対し、バイエルンは殊勲のムシアラに代えてウパメカノを投入。5バックとして逃げ切りを図ったが、87分にフライブルクが追いつく。 ロングスローの流れからグレゴリッチュの落としをホーラーが見事な左足ボレーで流し込んだ。このまま2-2で決着。華麗な4ゴールが生まれた一戦は引き分け決着となった。 2024.03.02 06:31 Sat

【ブンデス第24節プレビュー】CLラツィオ戦控えるバイエルン、金曜に堂安フライブルクと対戦

前節はバイエルンがFWケインのドッペルパックでライプツィヒとの上位対決を制し、公式戦連敗を3で止めた。そして首位レバークーゼンは下位に沈むマインツを下し、バイエルンとの8ポイント差を維持している。迎える第24節、翌火曜にチャンピオンズリーグ(CL)ラツィオ戦を控える2位バイエルン(勝ち点53)はMF堂安の9位フライブルク(勝ち点29)と金曜に対戦する。 バイエルンは前節、ケインの後半追加タイムに生まれた決勝弾でライプツィヒに競り勝ち、連敗をストップ。トゥヘル監督の今季限りでの退任が発表された中、白星を取り戻した。一先ず悪い流れを断ち切った中、逆転でのベスト8進出を目指すCLラツィオ戦に向けて連勝して勢いを付けられるか。 一方、アウグスブルクに逆転負けし、5試合勝利のないフライブルク。アウグスブルク戦では守勢に回った中、後半序盤には堂安に追加点のチャンスがあったが決めきれなかった。右サイド起用で守備も奮闘している堂安だが、バイエルン戦でもディフェンスに回ることが多くなると思われるが、凌いで攻撃面でも見せ場を作れるかに注目だ。 初優勝へ邁進を続ける首位レバークーゼン(勝ち点61)は16位ケルン(勝ち点17)と対戦。前節マインツ戦ではMFジャカとMFアンドリッヒのボランチコンビによる圧巻ミドル弾で勝利したレバークーゼン。日替わりでヒーローが生まれる良い循環が続く中、今節も残留を争う相手で厄介だが、勝ち切ってしまうだろうか。 前節ケルン戦ではDF伊藤が先制点に絡んだものの同点に追いつかれてしまった3位シュツットガルト(勝ち点47)は13位ヴォルフスブルク(勝ち点25)と対戦。ケルン戦ではFWウンダブを負傷で欠いた中、決定力を欠いて勝ち切るには至らなかった。そのウンダブが復帰予想となっている中、FWギラシーとの強烈コンビでゴールをこじ開けられるか。 バイエルンに惜敗した5位ライプツィヒ(勝ち点40)は、翌水曜にCLレアル・マドリー戦を控える中、FW浅野の15位ボーフム(勝ち点25)と対戦。バイエルン戦では引き分けに持ち込めるかと思われた中、惜敗となったライプツィヒ。悔しい敗戦となったが、ボーフムに勝利して逆転突破を目指すマドリー戦に向かいたい。 対するボーフムは前節、ボルシアMGに5失点大敗。浅野は1点に絡む働きを見せたが、守備陣が崩壊してしまった。仕切り直しの一戦でライプツィヒは厳しい相手だが、守備陣は持ちこたえられるか。 そのボーフムに勝利して6戦ぶりの白星とした12位ボルシアMG(勝ち点25)は17位マインツ(勝ち点15)と対戦。出場停止明けの板倉としては良い流れに乗りたいところ。スタメン予想となっており連勝に貢献したい。 4位ドルトムント(勝ち点41)は14位ウニオン・ベルリン(勝ち点25)と対戦。前節ホッフェンハイムに2-3で打ち負けて波に乗り切れないドルトムントだが、白星を取り戻せるか。 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽3/1(金) 《28:30》 フライブルクvsバイエルン ▽3/2(土) 《23:30》 ウニオン・ベルリンvsドルトムント マインツvsボルシアMG ボーフムvsライプツィヒ ハイデンハイムvsフランクフルト ダルムシュタットvsアウグスブルク 《26:30》 ヴォルフスブルクvsシュツットガルト ▽3/3(日) 《23:30》 ケルンvsレバークーゼン 《25:30》 ホッフェンハイムvsブレーメン 2024.03.01 18:01 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly