フォレスト、コリンチャンスの若手CBムリージョを完全移籍で獲得

2023.09.01 12:28 Fri
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは8月31日、コリンチャンスのブラジル人DFムリージョ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。
PR
契約期間は2028年夏までの5年間となる。背番号は「40」に決まった。
ムリージョはコリンチャンスの下部組織育ち。2023年1月にファーストチームに昇格した。

これまで公式戦通算27試合に出場。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で13試合、コパ・リベルタドーレスで4試合に出場している。

左利きのセンターバックで、デビュー後にすぐにレギュラーに定着。そのポテンシャルの高さが話題となっていた。
ムリージョはクラブを通じてコメントしている。

「ノッティンガム・フォレストに加入できることにとても興奮している。これは巨大なファンベースを持つビッグクラブであり、シティ・グラウンドでプレーを始めるのが待ちきれない」

「プレミアリーグは世界最高のリーグなので、自分自身を試し、このクラブのために全力を尽くすのが待ちきれない」

PR
関連ニュース

「うまく対処できた」トッテナムがトップ4フィニッシュへ、ポステコグルー監督は残留争い中の相手の勝利に「今日は満足」

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 7日、プレミアリーグ第32節でトッテナムはホームにフォレストを迎えた。 トップ4入りを目指すトッテナムと、残留を目指すフォレストの対戦。目指すものは大きく違うが、互いに勝利が欲しい一戦だった。 試合は開始15分にオウンゴールでトッテナムが先制するも、27分に同点に追いつかれてしまう。 迎えた後半、53分にミッキー・ファン・デ・フェンのゴールで勝ち越すと、58分にはペドロ・ポロが追加点。DF2人のゴールで突き放し、3-1で勝利した。 試合後、ポステコグルー監督はゲームを振り返り、良いコントロールができたとコメント。失点は悔やみながらも、選手たちが素晴らしい反応を見せたと称えた。 「今日は満足している。全てが少しずつ揃っていた。ゴールだけではなく、試合のスタートも良く、試合を上手くコントロールできた」 「その後、カウンターから失点したが、それは残念だった。前半の最後の最後で道を誤ったと思ったが、素晴らしい反応を見せ、後半は全体を通して本当に優勢だった」 「我々は良いサッカーをして、良いゴールをいくつか決め、勝ち点を求めて全てを懸けて戦っているチームを相手に、さらにゴールを決めた。どのチームも何かのために戦っていると思うが、我々は本当にうまく対処できたと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】トッテナムがトップ4フィニッシュへしっかり勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uT2PP8Oa1CY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 12:50 Mon

スパーズが元指揮官ヌーノ率いるフォレスト撃破で4位浮上! ファン・デ・フェンの弾丸シュートが決勝点【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第32節、トッテナムvsノッティンガム・フォレストが7日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。 前節、ウェストハムとのダービーを1-1のドローで終えて連勝を逃した5位のトッテナム。今節は前日に引き分けたアストン・ビラの取りこぼしを生かし、17位のフォレスト相手の勝利で4位浮上を狙った。 ポステコグルー監督は、8日のストライキ実施の影響で1日前倒しでの開催となった中5日の一戦に向けて前節から先発1人を変更。ベンタンクールに代えてサールを起用した。 元指揮官ヌーノ率いるフォレスト撃破へ勢いを持って試合に入ったトッテナムは、後ろ重心の相手を押し込んでいく。そして、サイドを起点に揺さぶりながら、ビスマやマディソンが積極的にエリア外から足を振っていく。 ムリージョの意表を突くロングシュートで冷や汗をかく場面もあったが、15分にはボックス左に抜け出したヴェルナーの高速グラウンダークロスが戻りながらの対応となったムリージョのオウンゴールを誘発し、前節同様に早い時間帯に先手を奪った。 先制後も戦い方を大きく変えないアウェイチームを引き続き押し込んでいくと、24分には再びヴェルナーの左からの高速クロスをゴール前のブレナン・ジョンソンがワンタッチで合わすが、この至近距離からのシュートはGKセルスの好守に阻まれ、恩返しゴールとはならず。 すると、追加点を逃した直後の27分にはここまで耐えてきたフォレストがワンチャンスをモノにする。カウンターから右サイドを崩すと、エランガのグラウンダークロスに反応したウッドが右足で流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合は追いついたフォレストが優勢に進めていく。34分には左サイドを完全に崩してペナルティアークのイエーツがグラウンダーのミドルシュート。これはGKヴィカーリオにはじき出されるが、こぼれたボールがゴール前のウッドの足元に。だが、素早く体勢を整えたヴィカーリオの動きが気になったか、ウッドが慌てて放ったシュートはまさかの右ポストを叩いた。 相手のシュートミスによって2失点目は回避したトッテナムだったが、一度失った主導権をなかなか取り戻せない。前半半ば以降は守備に追われる展開に。何とかこれを凌いで前半終了間際にはジョンソンのクロスからDFアイナのオウンゴールを誘発しかけるが、これはクロスバーを叩いた。 前半の戦いを受け、テコ入れが求められるトッテナムはビスマとサールを下げてホイビュア、ベンタンクールを同時投入。すると、後半立ち上がりにはセットプレーの二次攻撃からそのホイビュアが挨拶代わりの鋭いミドルシュートでGKセルスにファインセーブを強いる。 まずまずの入りを見せたポステコグルーのチームは前半同様に早い時間帯にゴールを奪う。53分、右CKの場面でショートコーナーからボックス内でジョンソン、ソン・フンミンと繋ぐと、ペナルティアーク左で韓国代表からの丁寧な落としをワントラップしたファン・デ・フェンが左足の弾丸シュートをゴール左に突き刺した。 ファン・デ・フェンの今季2点目で勝ち越したホームチームは畳みかける。58分、左サイド深くに抜け出したマディソンからのマイナスのクロスをニアに走り込んだベンタンクールが頭でファーに流すと、フリーのペドロ・ポロがコースを狙った右足の対角シュートを左隅に突き刺した。 この連続ゴールによって重圧から解き放たれたチームは、前に出てきた相手を冷静にいなしながらカウンターで引っくり返すなど冷静にゲームをコントロール。76分にはヴェルナー、マディソンを下げてロ・チェルソ、クルゼフスキを同時投入。クルゼフスキを左に配置するなど実験的な試みも見せる。 その後、ソン・フンミンの決定的なシュートはGKセルスの好守とポストに阻まれてトドメの4点目を挙げることはできなかったものの、このまま3-1でクローズしたトッテナムが2戦ぶりの白星。アストン・ビラを抜いて4位に浮上した。 2024.04.08 03:59 Mon

今季10発リシャルリソンがヒザの問題で今週末欠場に トッテナム監督が明らかに

トッテナムのブラジル代表FWリシャルリソンが今週末を負傷欠場するようだ。 この終盤戦のプレミアリーグでトップ4争いを演じる5位トッテナム。7日の第31節では17位ノッティンガム・フォレストをホームに迎え撃つ。 1つの未消化試合を残して4位アストン・ビラを2ポイント差で追い、今節も勝ちたいところだが、リシャルリソンを欠いた戦いになるという。 イギリス『デイリー・メール』によると、アンジェ・ポステコグルー監督は「(欠場は)リッチーだけだ。ここ数週間、ヒザが少し痛んでいた」と話した。 今季のプレミアで10得点3アシストのリシャルリソンだが、直近の3試合では途中出場が続いていた。 なお、先のウェストハム戦後にヒザを包帯を巻いた姿が目撃されたウェールズ代表FWブレナン・ジョンソンに関しては問題なく、今節も起用可能なようだ。 2024.04.06 10:45 Sat

ラツィオ辞任のサッリ氏、早速プレミアリーグのクラブからオファーも拒否か

ラツィオを退任したマウリツィオ・サッリ氏(65)だが、プレミアリーグ行きの話は断ったようだ。 今シーズン、ラツィオで3シーズン目を迎えていたサッリ氏。チームを2位に導きチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た昨シーズンから一転、セリエAでは9位に落ち込むなど低迷。第28節のウディネーゼ戦に敗れて公式戦4連敗となったことを受け、13日に辞任が発表された。 現在はフリーとなったサッリ氏だが、移籍市場に精通するアルフレッド・ペドゥーラ記者によるとノッティンガム・フォレストが招へいを希望。本人に接触したものの、サッリ氏は今後数カ月休養をとってから次の行動を決めたい意向を示し、断りを入れたという。 プレミアリーグで苦しい戦いが続くノッティンガム・フォレストは、昨年12月にスティーブ・クーパー前監督を解任してヌーノ・エスピリト・サント監督を招へい。しかし、指揮官交代後もチームは安定せず、18日には「収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)」違反による勝ち点4剥奪の処分を受け、降格圏の18位に転落していた。 フォレスト行きを断ったサッリ氏は、新シーズンからフィオレンティーナの指揮官就任も取り沙汰されているが、果たして。 2024.03.26 12:15 Tue

プレミア1年目から存在感発揮のムリージョ、多くのビッグクラブが関心か

ノッティンガム・フォレストのブラジル人DFムリージョ(21)に対して、複数クラブが関心を示しているようだ。 母国クラブのコリンチャンスでプロデビューを果たしたムリージョは、昨夏の移籍市場でフォレストに加入。欧州リーグ初挑戦ながら瞬く間に主力センターバックへ定着すると、ここまでプレミアリーグで23試合に出場している。 184cmと高さはそこまでないものの、スピードと確かな技術を兼ね備えたセンターバックとして高い評価を受けるムリージョ。イギリス『デイリー・メール』によると、リバプール、アーセナル、チェルシー、ニューカッスルなどプレミアリーグのクラブに加えて、パリ・サンジェルマンとバルセロナも今夏の獲得に関心を示しているようだ。 フォレストは昨夏に移籍金1500万ポンド(約28億9000万円)で獲得したばかりのセンターバックを死守したい構えだが、今シーズンは収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)に違反したことで、勝ち点4のはく奪処分が決定。これにより、降格圏の18位に転落となっている。 仮にプレミアリーグ残留を果たしたとしても、これ以上の損失を出さない立ち回りが重要になるのは確実。多額の移籍金をオファーされた場合には、ムリージョの売却に応じざるを得なくなる可能性もある。 2024.03.20 16:10 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly