「この位置から投げるのやばすぎない?」町野修斗がロングスローでキールのゴールを演出!「飛距離が伸びてる!」「いい武器になる」

2023.08.23 18:00 Wed
Getty Images
ホルシュタイン・キールの日本代表FW町野修斗が武器のロングスローでも新天地を驚かせている。
PR
湘南ベルマーレから完全移籍で2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のキールに加入した町野。ここまでの公式戦全4試合に先発で出場しており、5日のグロイター・フュルト戦で初ゴールも決めている。
20日に行われたリーグ第3節のマクデブルク戦でも先発すると、チームはMF伊藤達哉が所属するマクデブルクに2-4で敗れたものの、町野の武器からゴールが生まれていた。

1-2で迎えた50分にキールが敵陣左サイドでスローインを獲得すると、ストライカーの町野がスローインを担当。長めの助走から放たれたボールは高い放物線を描きながらゴール前まで届き、混戦となったところからフィリップ・サンダーのゴールが生まれていた。

キールは22日にクラブの公式X(ツイッター)を更新。「町野修斗はとても遠くまでロングスローを投げる事ができる。先週末のマグデブルク戦では、町野のスローインがチームのゴールにつながった!」とドイツ語と日本語でこのプレーを紹介している。
実際にゴールに繋がったロングスローには、ファンも「マチこんなこともできたのか」、「飛距離が伸びてる!」、「町野がロングスローで投げた先に町野が欲しい」、「この位置からスポットの近くまで投げるのやばすぎない?」、「いい武器になる」と反応。これまでの試合でも披露していた中で改めて脚光を浴びていた。

湘南時代にも時折披露していたロングスローはキールの新たな武器となりそうだ。




PR
1 2
関連ニュース

小川航基が初挑戦のエールディビジで10ゴール達成! チームはズヴォレとドローもMOTMに選出

NECナイメヘンの日本代表FW小川航基が2ゴールの大暴れだ。 14日、エールディビジ第30節でNECナイメヘンはズヴォレをホームに迎えた。 上位フィニッシュを目指すNECナイメヘン。小川は1トップで先発出場。佐野航大は左サイドで先発出場を果たした。 試合は10分でズヴォレが先制する展開に。1点ビハインドで後半を迎えた中、47分に小川が魅せる。 自陣からのロングフィードからチャンスを作ると、ボックス左でキープしたロベル・ゴンサレスのクロスを、ニアサイドで小川がダイビングヘッド。これが決まり、同点に追いつく。 さらに53分には左足から崩すとPKを獲得。これを任された小川がしっかりと真ん中に蹴り込み、逆転に成功。2ゴールで、小川はエールディビジのゴール数を「10」とした。 しかし、68分にボックス手前のFKから決められてしまい同点に。チームは勝ち越すことはできず、2-2の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】小川航基がダイビングヘッド&PKでリーグ戦10ゴール到達!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RGAf566b_Ic";var video_start = 212;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】小川航基が今季10ゴールに到達!マン・オブ・ザ・マッチ選出</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C5wSb1yCERd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C5wSb1yCERd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C5wSb1yCERd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">N.E.C. Nijmegen(@necnijmegen)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.15 21:20 Mon

ユナイテッドがチェルシー下し2季連続のファイナルへ! トッテナムは宝田&籾木のレスターを退け初の決勝進出【女子FAカップ】

14日、女子FAカップ準決勝の2試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが決勝進出を決めた。 なでしこジャパンのMF宮澤ひなたを擁するユナイテッドと、同FW浜野まいかが所属するチェルシーによる昨季決勝の再現は、ユナイテッドが逃げ切り勝ちを収めた。宮澤と浜野はともにベンチ入りするも、出場はなかった。 ユナイテッドはキックオフ直後の1分にルシア・ガルシアが試合を動かす。裏へのロングボールへ背走しながら対応したチェルシーDFエーヴ・ペリセが処理を誤り、これを拾ったリア・ガルトンが左サイドからクロス。スペイン女子代表FWが頭で合わせた。 最高のスタートを切ったユナイテッドはすぐさまチェルシーの反撃を受けるが、これをしのいで追加点を奪取。23分、相手の圧を受けながらもエラ・トゥーンが左サイドで粘って折り返すと、レイチェル・ウィリアムズがヘディング弾を叩き込み、リードを広げる。 以降は追い掛けるチェルシーの猛攻が続き、度々のシュートシーンを迎えるが、フィニッシュが枠に飛ばない。それでもようやくの前半のアディショナルタイム4分、左ポケットを取ったニアム・チャールズのカットバックをローレン・ジェームズが蹴り込んで1点を返す。 後半もチェルシーが怒涛の攻撃を仕掛けるが、51分のジェームズのヘディングはGKメアリー・アープスがミラクルセーブで阻止し、 58分にはヨハンナ・カネリドのシュートをボックス内でブロックしたケイティ・ゼレムの開いた腕に当たったように見えたが、ホイッスルはなし。 カタリナ・マカリオの直接CKはクロスバーにも助けられ、ユナイテッドは計26本のシュートを浴びながらも、最少失点にとどめて粘り勝ち。初優勝へ向け、2季連続の決勝進出を果たした。 一方のチェルシーは4連覇の夢が潰え、女子コンチネンタルカップに続いてタイトルを逃すこととなった。 準決勝のもう1試合は、共にクラブ史上初のベスト4入りを果たしたレスター・シティとトッテナムが対戦。レスターの宝田沙織と籾木結花は揃って先発し、宝田は延長98分、籾木は90分までプレーしたが、チームは延長戦の末に敗れた。 7分の窮地をGKの好セーブでしのいだレスターは、12分にユッタ・ランタラがカットインから強烈な左足の一撃を沈めて先制に成功する。 互いにチャンスを生かせないままレスターリードで終盤まで推移したが、83分、裏へ蹴られたボールをジョシー・グリーンがまさかの空振り。抜け出したジェシカ・ナズが一対一を沈めてトッテナムが試合を振り出しに戻した。 後半の残り時間は追い付いたトッテナムの猛攻をレスターがしのぎ、試合は延長戦に突入。98分のレスターはランタラのFKがクロスバーを叩き、PK戦も見え始めた118分、前に出たのはトッテナムだった。 CKの二次攻撃からこぼれ球を拾ったマチルダ・ヴィンバーグがクロスを送ると、ルアナ・ビューラーがヘディングでつなぎ、最後はマーサ・トーマスが頭でねじ込んだ。これが決勝点となり、トッテナムが初の決勝進出を果たした。 どちらが勝っても初優勝となる決勝は、5月12日にウェンブリー・スタジアムで開催される。なお、昨季は7万7390人が来場した。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ユナイテッドがチェルシーの猛攻に耐え2季連続の決勝進出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Goals from Lucia Garcia and Rachel Williams saw <a href="https://twitter.com/ManUtdWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManUtdWomen</a> take a historical first win over Chelsea that sees them heading to Wembley! <a href="https://t.co/2G6ME1YiHc">pic.twitter.com/2G6ME1YiHc</a></p>&mdash; Adobe Women&#39;s FA Cup (@AdobeWFACup) <a href="https://twitter.com/AdobeWFACup/status/1779559231248572582?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】延長戦終了間際の劇的弾でトッテナムが初の決勝進出</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A semi-final that went all the way to extra-time saw <a href="https://twitter.com/SpursWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@SpursWomen</a> progress to their first ever <a href="https://twitter.com/hashtag/AdobeWomensFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AdobeWomensFACup</a> Final! <a href="https://t.co/DTTA3Tx7G9">pic.twitter.com/DTTA3Tx7G9</a></p>&mdash; Adobe Women&#39;s FA Cup (@AdobeWFACup) <a href="https://twitter.com/AdobeWFACup/status/1779592963062124982?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 21:15 Mon

「上手すぎ」「すげーとこに決めてる」菅原由勢が圧巻のニア上ズドン! 今季4点目は2点差逆転勝利の口火に

AZの日本代表DF菅原由勢が圧巻のゴールを記録した。 13日、エールディビジ第30節でAZはRKCワールワイクをホームに迎えた。 上位を争うAZと残留を争うRKCの試合。菅原はこの試合も右サイドバックとして先発出場を果たすが、チームは前半に2失点を喫する苦しい展開となる。 しかし66分に菅原が見せつける。右サイドでボールを持った菅原は近づいてきたイブラヒム・サディクにパス。すると、ニアゾーンにパスを呼び込み、スルーパスを出してもらう。 これを受けた菅原は、そのままボックス内右の角度のないところから豪快に右足シュート。これがGKの上を抜いてネットに突き刺さり、1点を返すことに成功した。 今シーズンの4ゴール目となった菅原。ファンは「上手すぎ」、「すげーとこに決めてる」と驚きのゴールとなった。 なお、このゴールをキッカケにAZは3点を奪い逆転勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃ゴール!菅原由勢が難しい角度からニア上ズドンで今季4点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J3r5_aNLSu0";var video_start = 320;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 21:12 Mon

谷川萌々子がミドル弾に門脇真依が追加点!日本人2人揃い踏みでローゼンゴードは開幕戦5発大勝

ローゼンゴードのなでしこジャパンMF谷川萌々子とFW門脇真依が、開幕戦の勝利に貢献した。 13日から14日にかけて開幕節が行われたダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)。ローゼンゴードはホームにヴィットショーを迎え、5-0と大勝した。 谷川は中盤でフル出場し、門脇は最前線で先発して65分までプレー。ともに1得点をマークしている。 オリビア・シャフのPKで25分に先制したローゼンゴードはその6分後、谷川が追加点を奪取。門脇のプレッシングから高い位置で奪い切ると、キャロライン・セゲルの横パスを受けた18歳は、ペナルティアークから左足を一閃。得意のミドルシュートを右隅へ沈めた。 前半のアディショナルタイムには門脇もネットを揺らす。セットプレーの二次攻撃から谷川のパスで左ポケットを使い、シャフが低いクロスを送ると、リア・オーリングがスルーしたボールをきっちり蹴り込んだ。 後半にも2点を追加したローゼンゴードは、大量5点を奪っての白星スタート。スウェーデン・カップ準決勝における逆転敗退の鬱憤を晴らしている。 <span class="paragraph-title">【動画】谷川萌々子が得意のミドルシュートでリーグ戦初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Momoka Tanikawa dubblar ledningen på Malmö IP <br><br>Den 18-åriga japanskan gör succé i <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/R6TyyWKa1z">pic.twitter.com/R6TyyWKa1z</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779504841221460336?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】鮮やか連係から門脇真依が仕上げて追加点奪取!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Kadowaki sätter dit trean för <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/dfvvhndAbb">pic.twitter.com/dfvvhndAbb</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779508221654212794?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 16:10 Mon

小山史乃観が開幕戦で加入後初得点!タップインゴールでユールゴーデンでの初勝利も掴む

ユールゴーデンIFのU-20日本女子代表MF小山史乃観が加入後初ゴールをマークした。 2月にセレッソ大阪ヤンマーレディースからユールゴーデンへ加入した小山。AFC U20女子アジアカップを準優勝で終えて再びチームに合流し、3月24日のスウェーデン・カップで海外公式戦デビューを果たしていた。 リーグ開幕戦となった13日のダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)、ホームでのトレッレボリ戦にも2列目で先発フル出場。早速結果も残した。 テレーズ・オースランドが29分に先制点を奪い、リードして迎えた59分、ユールゴーデンはトーヴ・アルムクヴィストが持ち運んでのミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールに小山が詰めた。 味方のシュート後に、こぼれる可能性を考えて唯一足を止めなかった小山。ゴールシーン以外にもチャンスに絡み、クラブ公式レポートでも「試合中常に活躍しており、この試合で彼女がネットを揺らしたのは必然だった」と、評している。 このまま試合を終えたユールゴーデンは、2-0で開幕戦白星スタート。小山にとっても加入後初勝利となった。 <span class="paragraph-title">【動画】小山史乃観が開幕戦で加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7j5922SUq_4";var video_start = 64;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 15:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly