松本がスポンサーバナーなどの器物損壊を報告、警察へ被害届提出…12日の富山戦の開始前に発生

2023.08.12 19:07 Sat
©︎J.LEAGUE
松本山雅FCは12日、器物損壊の被害を報告した。

松本によれば、12日に行われる明治安田生命J3リーグ第22節カターレ富山戦で発生。サンプロアルウィンに設置されているスポンサーバナー及び入場ゲートテントへの器物損壊の事象を確認したという。
この件に関しては、既に松本から警察への被害届が提出されているとのこと。Jリーグ及び松本山雅FCが定めるスタジアムにおける運営管理規定に抵触するため、毅然たる対応を行っていくという。

なお、実行者がどちらのチームの関係者かなど詳細は明らかにされていない。

関連ニュース

高木利弥が31歳で現役引退を決断、父は“アジアの大砲”高木琢也氏…Jリーグ5クラブでプレーし、昨年11月にカンボジアクラブを退団

カンボジアプレミアリーグのTiffy Army FCを退団していたDF高木利弥(31)が、現役引退を発表した。 帝京高校から神奈川大学へと進学した高木はモンテディオ山形でプロ入り。その後、ジェフユナイテッド市原・千葉、柏レイソル、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2023年7月からカンボジアでプレーしていた。 日本代表として活躍した高木琢也氏を父に持つことでも知られる高木だが、2023年11月にTiffy Army FCから突然契約解除されたことを報告。現役続行を希望し、トライアウトにも参加していたが、このたび引退を決断したことを自身のX(旧ツイッター)やYouTubeチャンネル「アジアの豆鉄砲チャンネル【高木利弥】」で報告した。 ーーーーー この度、私高木利弥はプロサッカー選手を引退することを決断しました。 はじめに常に側で支えてくれた妻と息子。 ここまでサッカーを続けさせてくれた両親に感謝します。ありがとうございました。 そしてプロキャリアの中で関わっていただいた監督・コーチ、スタッフ ファン、サポーターの皆さん 特別指定選手の期間を含めますと10年間で、 モンテディオ山形 ジェフユナイテッド市原・千葉 柏レイソル 松本山雅FC 愛媛FC Tiffy Army FC(カンボジア) 6クラブに所属させていただきました。 このうちの4クラブで降格を経験したということで、 皆さんとは辛い経験を多くした記憶の方があります。 しかし、そんな中でも自分は成長できたと思っていますし、常に背中を後押ししていただけたことに感謝しています。 また、 MIP FC FC東京U-15深川 帝京高校 神奈川大学 育成年代でお世話になったクラブ・指導者の方々のおかげでここまでプレーすることができました。 父親が元日本代表ということもあって、 学生時代は特に葛藤した時もありましたが、 今となっては他の人にはできない経験をできたなと思います。 自分の息子にそれをさせるかわからないですが。笑 これからは指導者をはじめ、 個人としても色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。 サッカーのご縁は本当に狭き世界なので、 また会える日を確信していますし、 楽しみにしています。 最後にYouTubeもぜひ見てくださいね。 10年間ありがとうございました。 ーーーーー 高木はJ1通算38試合、J2通算115試合3得点、J3通算26試合1得点を記録。カンボジア・プレミアリーグでは8試合で2得点を記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】自身のYouTubeチャンネルでも現役引退を報告した高木利弥</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="w2-659Vl_m8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】父・高木琢也氏と息子との3ショットを撮る高木利弥</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">祖父、父、子。<br>近々YouTube出てくれますよ〜 <a href="https://t.co/bJM07FpoeL">pic.twitter.com/bJM07FpoeL</a></p>&mdash; 高木 利弥/toshiya takagi (@TToshi56) <a href="https://twitter.com/TToshi56/status/1736006581576458439?ref_src=twsrc%5Etfw">December 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.18 23:40 Sun

J1通算104得点のFW渡邉千真、積極補強の東京都1部・SHIBUYA CITY FCに完全移籍「クラブと共に成長していきたい」

松本山雅FCは9日、2023シーズン限りで退団していたFW渡邉千真(37)がSHIBUYA CITY FCに完全移籍することを発表した。 渡邉は、国見高校から早稲田大学へと進学。2009年にF・マリノスでプロキャリアをスタート。新人最多タイとなる13ゴールを記録した。 2012年にFC東京へ完全移籍すると、2015年にヴィッセル神戸、2018年途中にガンバ大阪、2021年に横浜FCと移籍を繰り返し、2023シーズンから松本でプレーしていた。 松本では、明治安田生命J3リーグで20試合に出場し2得点を記録。J1通算381試合104得点、J2通算23試合3得点、J3通算20試合2得点を記録。日本代表としても1試合に出場していた。 渡邉はクラブを通じてコメントしている。 「SHIBUYA CITY FCに関わる皆様初めまして、2024シーズンより加入することになりました渡邉千真です。新しい挑戦にとてもワクワクしています」 「渋谷からJリーグを目指すクラブとして、今年は関東リーグ昇格を達成するために日々邁進していきたいと思います」 「そしてこのクラブを今より発展して大きくしていけるようにこれまで培った経験を自分なりにピッチ内外で精一杯還元していきクラブと共に成長していきたいと思います。よろしくお願いします」 増嶋竜也監督が指揮を執るSHIBUYA CITY FCは、東京都渋谷区をホームタウンとし、Jリーグ加盟を目指すクラブ。現在は東京都社会人サッカーリーグ1部に所属している。 2024.02.09 12:17 Fri

松本に今季加入のFW高井和馬が左ヒザ前十字じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷…全治8カ月「申し訳ない気持ちでいっぱい」

松本山雅FCは4日、FW高井和馬の負傷を発表した。 高井は2日に行われたトレーニング中に負傷。鹿児島市内の病院にて検査を受け、左ヒザ前十字じん帯損傷、外側半月板損傷と診断。全治は約8カ月とのことだ。 高井はクラブを通じてコメントしている。 「よし!今年こそやってやろう!と思っていた矢先に大怪我をしてしまいました。僕のことを期待してくれていた人、なにより松本山雅FCに関わる全ての方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「相当な覚悟、強い思いを持ってここにきて、この診断を受けた時は正直ものすごくショックで、悔しくて、どうすればいいのか、なにも考えられないくらいの気持ちでした」 「でももう怪我をしてしまったことは仕方ないので、次の日から切り替えて前を向くことにしました。僕には支えてくれている人がたくさんいること、そしてチームメイト達が必ずやってくれると思うのでそれを信じて優勝の為に1日でも早くピッチに戻れるようにリハビリに励みたいと思います。開幕まであと3週間、チームも順調です!共に戦いましょう!ツヨクナって帰ってきます!」 高井は、ザスパクサツ群馬、東京ヴェルディ、レノファ山口FC、水戸ホーリーホックでプレーし、2023シーズンは横浜FCに所属。自身初のJ1でのプレーだったが、9試合1得点に終わり、今シーズンから松本に加入しプレーする予定だった。 シーズン開幕を前に今季の大半を棒に振ることになってしまった高井。霜田正浩監督も、クラブを通じてコメントしている。 「和馬の今年に賭ける想い、キャリアの全てを松本山雅に注ぐという決意、だからこそとても悔しいし悲しいです。でも高井和馬は絶対に戻ってくる、優勝争いの最後のピースとして帰ってくることを固く信じています」 「群馬、東京Ⅴ、山口、水戸、横浜FC、そして松本山雅の和馬のファンの方、彼を応援してあげて下さい。待っていてあげて下さい。 皆さんと一緒に、チーム一同、和馬の復活を待ちたいと思います。どうかよろしくお願いします」 2024.02.04 09:50 Sun

松本FWルーカス・ヒアンが母国のADコンフィアンサへ期限付き移籍「松本市もクラブも大好きです!!」

松本山雅FCは30日、FWルーカス・ヒアン(23)がブラジルのADコンフィアンサへ期限付き移籍すると発表した。移籍期限は2024年10月31日までとなる。 これまでブラジル下位リーグのクラブでプレーしてきたルーカス・ヒアン。2022シーズンは4部のラガルトFCでリーグ戦16試合出場9ゴールの成績を残し、2023シーズンより松本に加入した。 初挑戦となったJリーグでは、思うような出場機会を掴めず。明治安田生命J3リーグで2試合の出場にとどまり、ゴールを得られないままシーズンを終えていた。 新シーズン、再び母国クラブでプレーすることになったルーカス・ヒアンはクラブを通じてコメントしている。 「松本山雅FCサポーターの皆様、本当にありがとうございました。一緒に過ごした1年間で、一生大切にしたい友だちがたくさんできました。松本市もクラブも大好きです!!僕のベストを尽くしたことを誇りに思います。今年は再び活躍に向けて飛躍できると確信しています。皆さんに大きなハグと成功を。共に行こう山雅!」 2024.01.30 13:20 Tue

松本退団のMF安東輝、28歳で現役引退を発表「新しい可能性が見つかる期待感に胸を躍らせて」

松本山雅FCは16日、2023シーズンまで所属していたMF安東輝(28)の現役引退を発表した。 JFAアカデミー福島出身の安東。これまで福島ユナイテッドFC、ツエーゲン金沢、湘南ベルマーレでプレーし、2018年から松本に加入すると2020年の水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を挟み5シーズンにわたって在籍した。 2023シーズンはチームのキャプテンに就任。しかし、負傷もあり明治安田生命J3リーグで10試合の出場にとどまると、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 通算成績はJ1リーグ8試合出場、J2リーグ63試合出場1得点、J3リーグ81試合出場3得点。YBCルヴァンカップで4試合出場、天皇杯で7試合出場だった。 28歳でプロサッカー選手のキャリアを終える決断を下した安東は、クラブを通じてコメントしている。 「プロサッカー選手を引退することを決断しました。これまで私のサッカー人生に関わった全ての方々に感謝申し上げます。22年間サッカーばかりやってきました。これからの人生がサッカー中心の生活ではなくなることに少しの不安はありますが、自分の新しい可能性が見つかる期待感に胸を躍らせてます」 「2月からは松本山雅FCを長くスポンサーとしてサポートしていただいている、中村漆器産業株式会社様で仕事をすることになりました。松本山雅が繋いでくれたご縁に感謝して、これからも微力ながら松本山雅の力になれるように頑張ります。OneSou1」 2024.01.16 11:10 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly