「ヘアスタイルかなり好みです」「髪型もTシャツも素敵‼️」前髪を上げた伊東純也をファンも大絶賛!「なんかいつも以上にかっこよくねえか?!

2023.05.03 09:45 Wed
Getty Images
スタッド・ランスに所属する日本代表MF伊東純也のモデルショットが話題だ。今シーズン加入したランスで公式戦32試合に出場して5ゴール6アシストの数字を残している伊東。持ち前のスピードは5大リーグでも通用すると証明している。
その伊東はプーマと契約。スパイクもプーマのものを履いており、今は「ULTRA ULTIMATE(ウルトラアルティメット)」のカラーアップデートモデル「PURSUIT PACK(パシュートパック)」を着用している。

伊東はプーマの「PUMA TEE COLLECTION」のモデルも務めると、1日にプーマと伊東がそれぞれのインスタグラムを更新。新作のTシャツに袖を通した姿を披露している。

いつもは金髪を下ろしている印象の強い伊東だが、今回は前髪を上げて撮影。その姿にはファンから「爽やかイケメンの純也さんが最高です」、「なんかいつも以上にかっこよくねえか?!」、「このヘアスタイルかなり好みです」、「髪型もTシャツも素敵‼️」と反響が集まっている。
2023年にブランド設立75周年を迎えるプーマ。伊東も人気獲得に大きく貢献している。

1 2
関連ニュース

「イニエスタみたいなプレー」「さらに上手くなってる」遠藤航の絶妙ループパスにファンも絶賛「こんなこともできんのか」

リバプールの日本代表MF遠藤航がまたも躍動した。 21日、プレミアリーグ第26節でルートン・タウンをアンフィールドに迎えたリバプール。遠藤はアジアカップから戻って3試合連続の先発出場を果たし、[4-3-3]のアンカーでフル出場した。 守備面では気の利いたポジショニングとセカンドボールの回収でいつも通りの安定感を発揮すると、この日は攻撃面でも存在感を発揮した。 31分、相手陣内中央でボールを受けた遠藤は相手のプレスを交わして前進。ゴール前に走り込むルイス・ディアスへ、ピンポイントで通る見事な浮き球のパスを通した。コロンビア代表FWのシュートは枠に飛ばなかったものの、アンフィールドの観客も沸いたプレーだった。 遠藤のプレーには、ファンも「イニエスタみたいなプレー」、「激うま」、「こんなこともできんのか」、「上手すぎる」、「さらに上手くなってる」と称賛を寄せている。 80分にはコーディ・ガクポの決定機も演出した遠藤。アシストが付くことはなかったが、チームに欠かせない存在となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航がイニエスタを彷彿とさせる絶妙プレー!(1:52)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 112;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 11:15 Thu

後半4発で鮮やか逆転の首位リバプールがPL3連勝でEFL杯決勝へ! 遠藤航フル出場も橋岡大樹はベンチ外【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、リバプールvsルートン・タウンが21日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航はフル出場、ルートンのDF橋岡大樹はベンチ外となった。 前節、ブレントフォードに4-1の快勝を収めて首位キープに成功したリバプール。今週末に今シーズン初タイトルを懸けたチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝を控えるなか、第26節の前倒し開催で降格圏の18位ルートンをホームで迎え撃った。 クロップ監督はリーグ3連勝を狙った一戦で前節から先発5人を変更。負傷離脱のジョタ、カーティス・ジョーンズに加え、コンディションに不安を抱えるヌニェスに代えてガクポ、エリオット、グラフェンベルフを起用。また、ロバートソンとコナテをベンチに置いてジョー・ゴメス、クアンサーを起用し、サラーは大事を取ってかベンチ外となった。 立ち上がりからエンジン全開のリバプールは開始5分、エリオットのスルーパスに反応したルイス・ディアスがボックス内でいきなり決定的なシュートを放つなど攻勢を仕掛けていく。 以降も圧倒的なボール保持で押し込みつつ、ボールを失った際には素早いトランジションで二次攻撃、三次攻撃を狙う。10分にはセットプレーの流れからゴール前のガクポがバイシクルシュートを放つが、これはGKカミンスキの正面を突く。 立ち上がりの攻防を見れば、ホームチームの先制点は時間の問題かに思われたが、先にゴールを奪ったのはまさかのアウェイチームだった。12分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボックス内でウッドロウが身体を張って前向きで走り込んできたタヒス・チョンに落とすと、ゴール左からすかさずシュート。これはGKケレハーが何とかはじき出したものの、ファーに流れたボールをドフリーのオグベネが頭で流し込んだ。 あっさりとした守備対応から早々に失点したリバプールはすぐさま反撃を開始。だが、先制点によって勢いづくルートンの強度の高い守備に苦戦し、効果的なボールの前進には至らず。それでも、エリオットとディアスの連携から要所で相手守備を崩していく。 早い時間帯に同点ゴールを奪えなかったものの、前半半ばを過ぎた辺りから攻撃にリズムが出てきたリバプール。31分には遠藤が見事なプレス回避からゴール前に走り込むディアスへ浮き球のパスを通すが、コロンビア代表FWはダイレクトシュートを枠に飛ばせない。 その後は幾度かターンオーバーの状況を活かしてディアスがボックス内への侵入を試みたが、相手のソリッドな守備対応を前にフィニッシュまで持ち込めず。また、全体的にアタッキングサードでの判断、精度の問題によって崩し切れない場面が目立つ、フラストレーションが溜まる状況のままハーフタイムを迎えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールは、大きくアプローチを変えることなく焦れずに攻め続ける。そして、立ち上がりからディアス、ガクポと良い形でのフィニッシュを見せると、そのまま押し切った。 56分、右CKの場面でキッカーのマク・アリスターが右足アウトスウィングの正確なボールをボックス中央に入れると、マークを完全に振り切ったファン・ダイクが強烈なヘディングシュートをゴール左隅に突き刺す。 さらに、直後の58分には相手陣内右サイドでのスローインをボックス右で受けたマク・アリスターがダイレクトクロス。これをニアで競り勝ったガクポがヘディングで合わせ、瞬く間に試合を引っくり返した。 まさに畳みかける攻めで一気に試合を引っくり返したホームチームは、その勢いのまま3点目を目指す。だが、再びの右CKでファン・ダイクに訪れた決定機はGKカミンスキの好守に阻まれた。 その後、ややルートンに押し返されたものの、主導権は渡さない試合巧者は相手のミスを突いて突き放す。71分、ルートンの自陣でのスローインの流れから中央へ中途半端に入れたボールに途中出場のロバートソンが反応。ダイレクトでボックス左に走り込むディアスに繋ぐと、ここまで最後のところで苦しんでいた背番号7が落ち着き払ったフィニッシュで左足シュートをニアへ突き刺した。 これで勝負を決めたリバプールは、週末のチェルシー戦を睨み主力を下げながら試合をクローズに入る。それでも、前がかりなルートンの戦い方を利用し、遠藤が見事なボール奪取からのスルーパスでガクポの決定機を演出するなどゴールへの意識は失わず。 すると、後半最終盤の90分には直前に投入された17歳FWダンズも絡んだショートカウンターから最後はボックス中央でルーズボールに反応したエリオットがリバプールでの通算100試合出場を自ら祝うメモリアルゴールで後半のゴールショーを締めくくった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、多くの主力を欠きながらも鮮やかな逆転勝利でリーグ3連勝を決めたリバプールは首位キープに成功すると共に、EFLカップ決勝へ大きな弾みを付けた。 2024.02.22 06:29 Thu

渡辺剛フル出場のヘント、10人マッカビ・ハイファにドロー止まりで敗退【ECL】

ヘントは21日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントのプレーオフ2ndレグでマッカビ・ハイファをホームに迎え、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-2で敗退となった。 ヘントのDF渡辺剛はフル出場、GKシュミット・ダニエルはベンチ入りも出場せず、MF横田大祐は欠場している。 先週行われた敵地での1stレグを0-1で落としていたヘンクは、渡辺が[4-4-2]のセンターバックで引き続きスタメンとなった。 試合は開始4分にピエロにゴールを許し、ヘンクは2点を追う展開に。結局、前半は好機を作れないまま0-1で折り返すことに。 迎えた後半、69分にティソーダリのゴールで2戦合計スコアで1点差としたヘントは、直後に数的優位に。スンドグレンが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。 その後は押せ押せのヘントだったが、同点弾を奪うには至らず敗退。ベスト16進出はならなかった。 2024.02.22 04:03 Thu

9000km離れた日本からモナコへ、南野拓実の応援団にリーグ公式も驚き「タクミを応援するために9000km!」

日本から訪れた応援団にリーグ公式も驚きだ。 以前と比べて多くの日本人選手が海外でプレーしている昨今、ヨーロッパでプレーしている選手も増えている。 その中の1人がモナコの日本代表MF南野拓実。モナコはフランスの南側と地中海に面するモナコ公国に本拠地があるが、フランスのリーグ・アンに参加している。 そのモナコは、18日に本拠地スタッド・ルイ・ドゥでトゥールーズと対戦。南野も先発フル出場した試合は1-2で敗戦を喫してたものの、南野を応援しようと多くのファンが遠く離れた日本からスタジアムを訪れていたようだ。 リーグ・アンの公式X(旧ツイッター)は、「タクミを応援するために+9000km!」のコメントとともに2枚の写真を投稿。そこには南野の応援のために現地を訪れたファンたちが「日本から来た南野拓実選手の応援団」というメッセージも掲げる姿と、その人たちにファンサービスを行う南野の姿があった。 トゥールーズ戦でモナコは敗れたものの、南野はチャンスメイクで存在感を発揮。日本から来た応援団の前で気迫のこもったプレーを見せていた。 <span class="paragraph-title">【写真】日本から9000km離れたモナコまでやってきた南野拓実の応援団</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr">+9000 km to support Takumi! <a href="https://t.co/zW3gxkIaYD">pic.twitter.com/zW3gxkIaYD</a></p>&mdash; Ligue 1 English (@Ligue1_ENG) <a href="https://twitter.com/Ligue1_ENG/status/1759884852994711641?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.21 17:30 Wed

三笘への危険なタックルシーンも正面からはっきり ブライトンがピッチサイドカメラの映像を公開「どうして立っていられるのかも分からない」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの公式SNSが日本代表MF三笘薫をピッチサイドカメラから捉えた映像を公開している。 18日にアウェイで行われたプレミアリーグ第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦に先発した三笘。11分に相手のファウルを受けて退場を誘発すると、75分には相手のオウンゴールも誘発。0-5の大勝に大きく貢献した。 中でも日本のファンが心配したのが11分のシーン。左サイドを突破しようとした三笘に対しシェフィールドDFメイソン・ホルゲイトが危険なタックル。振り上げた右足の裏が三笘の左ヒザ上に直撃すると、三笘は苦痛に顔をゆがめてピッチに倒れ込んでいた。 ホルゲイトに対しては、一度はイエローカードが提示されたものの、VARチェック、オン・フィールド・レビューの結果、一発退場となっていた。 ブライトンは、選手と同じ目線から捉えられるピッチサイドカメラで捉えたシェフィールド戦の三笘のプレー映像を投稿。11分のタックルを受けたシーンについてもカメラに収められていた。 スピードを上げる三笘に対しホルゲイトは三笘の左足に右足裏を向ける。その次の瞬間に三笘は衝突の衝撃で左方向へと吹き飛ばされていた。 この映像には、ファンも「キレッキレのプレー最高です」、「ベストウインガーだ」、「すごい」と反応。また、「どうして立っていられるのかすらも分からない」とこのプレーの後も後退せずに77分までプレーした三笘のタフネスさに驚きの声も寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチサイドカメラが捉えた三笘への危険タックルの瞬間(0:11~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">日本のアルビオンサポーターだけに特別にお届け<br><br>カオルをピッチサイドカメラで追ってみました...<a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@kaoru_mitoma</a> <a href="https://t.co/M0QTp7lrFZ">pic.twitter.com/M0QTp7lrFZ</a></p>&mdash; ブライトン &amp; ホーヴ・アルビオン (@OfficialBHAJPN) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAJPN/status/1760061773187781082?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.21 13:05 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly