2度のリード守れなかったチェルシーの公式戦連勝が「3」でストップ…エバートンの伏兵シムズに土壇場被弾《プレミアリーグ》

2023.03.19 04:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第28節、チェルシーvsエバートンが18日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-2のドローに終わった。

公式戦3連勝中と復調気配漂う10位のチェルシーは、熾烈な残留争いに身を置く15位のエバートンと対戦。逆転でのトップ4フィニッシュへこれ以上の取りこぼしが許されないポッターのチームは、3-1で勝利した前節のレスター戦から先発3人を変更。ククレジャとロフタス=チーク、ムドリクに代えてバディアシル、リース・ジェームズ、プリシッチを起用。さらに、カンテが昨年8月以来のベンチ入りを果たした。

立ち上がりからハヴァーツ、フェリックスを中心に流動的な前線が効果的にボールを引き出し、相手を押し込むホームのチェルシー。中央を締める相手に対して、サイドからのクロスやセットプレーでチャンスを窺う。
流れの中でなかなか決定機まで持ち込めないものの、20分にはハヴァーツのミドルシュートで最初の枠内シュートを記録。以降はフェリックスがアタッキングサードで違いを生み、幾つか良い場面を作り出す。32分にはそのフェリックスがボックス内でDFの股間を抜くシュートを放つが、これはGKピックフォードの正面を突く。

前半半ばから終盤にかけては、エバートンが狙いとするグレイやマクニールのスピードを生かしたカウンターで引っくり返すシーンを増やしてイーブンの展開に持ち込む。これを集中した守備で撥ね返したチェルシーだが、肝心の攻撃では攻めあぐねる形で前半を終えることになった。

迎えた後半も先制点を目指して勢いを持った入りを見せたチェルシー。波状攻撃からチルウェルが上げた左クロスをハヴァーツが頭で合わせていきなり決定機を作ると、その勢いのままゴールをこじ開ける。

53分、エンソ・フェルナンデスからの斜めのフィードに反応した左サイドのチルウェルが左足ダイレクトで折り返す。これはDFのクリアに遭うが、こぼれを回収したフェリックスがボックス左からDFの股間を抜く技ありの左足シュートをゴール右隅へ突き刺した。

前節の不出来を払しょくするポルトガル代表FWの加入後2点目でリードを手にしたブルーズは、徐々に攻勢を強めたアウェイチームの出方を受けて早めの交代策。62分、プリシッチを下げてギャラガーを投入した。

これで守備のテコ入れと共にゲームをコントロールしたいチェルシーだったが、後半に入って際どいシーンを作られていたセットプレーに屈する。

69分、エバートンは右CKの場面でファーのタルコウスキが競り勝って折り返したボールをゴール前のドゥクレが頭で合わせる。これをハヴァーツが懸命にかき出したものの、すでにゴールラインを割っていたとの判定で同点ゴールが認められた。

これで再びゴールが必要となったチェルシーだったが、相手守備の隙を突いて絶好機を創出。76分、フェリックスとのワンツーでボックス右に侵入したリース・ジェームズがゴッドフリー、タルコウスキと交錯してPKを獲得。これをキッカーのハヴァーツが冷静に右隅へ突き刺し、3試合連続ゴールとした。

その後、チェルシーはコバチッチやフェリックス、足が攣っていたフォファナを下げてロフタス=チーク、チュクエメカ、チャロバーと若手イングランド人プレーヤーを投入し、逃げ切り態勢に入った。

だが、諦めないエバートンが土壇場で底力を見せた。89分、ドゥクレのショートスルーパスに反応した途中出場のシムズがDFクリバリを振り切ってボックス左に侵入すると、絶妙な右足のシュートをファーポストに流し込み、値千金のトップチーム初ゴールとした。

2度のリードを守れなかったホームチームは、その後のアディショナルタイムで決死の猛攻に打って出たが、連続で得たセットプレーも相手の身体を張った守備に阻まれて万事休す。この結果、エバートンの粘りに屈したチェルシーは公式戦連勝が「3」でストップした。

関連ニュース
thumb

たった半年で激変!チェルシーDFの肉体改造が話題「あらゆる面で急上昇している」

チェルシーの元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバーの肉体改造が話題だ。イギリス『サン』が伝えている。 チェルシーの下部組織出身であるチャロバーは、2021年7月にファーストチームに昇格。以降は完全に主軸に定着するまでは至らずともコンスタントに出場機会を得ており、今シーズンもここまで公式戦23試合に出場している。 昨年11月には2028年夏までの契約延長にサインしたチャロバーだが、成長の裏にはたゆまぬ努力があるようだ。 複数のプレミアリーガーのフィジカル育成に携わっている「アスリート・エッジ」社がインスタグラムを更新すると、6カ月前と今のチャロバーの肉体を比較した画像を投稿。その努力について称賛している。 「サイズと体組成が目標にすらなっていなかった頃。この写真が多くの反響を呼ぶことは分かっているが、それは当然だ。この投稿が支持される理由は、写真で見るだけではわからないことを強調するからだ」 「トレヴォの姿勢は信じられないほどだ。長期的な計画にコミットすることができるようになった途端、彼の結果は、強さ、パワー、スピードなど、あらゆる面で急上昇している」 「いつも一緒に仕事をするのが楽しいトレヴォは、今に至るまで多くのことを経験してきた。何度もローン移籍をし、さまざまなポジションでプレーし、試合に出られない時期があっても、しばしば出場して優秀な成績を収めてきた。一貫性は報われる」 クラブが1月の移籍市場で新戦力を獲得したこともあり出場機会は減ってきているチャロバーだが、定位置奪取に向けてさらなるレベルアップを図っている。 <span class="paragraph-title">【写真】たった半年でこの変化!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CqF2w8VMDEO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CqF2w8VMDEO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CqF2w8VMDEO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">James Ralph ▪️ Football Performance Coach (@jr_athletesedge)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.23 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが“次世代の世界最高CB”グヴァルディオルへの関心継続、昨夏以降3人のCBを獲得も…

チェルシーは、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(21)を今夏獲得したい考えのようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表の前に立ちはだかったグヴァルディオル。フィジカルやスピード、足元の技術など、現代サッカーでセンターバックに求められる全ての要素を兼ね備えており、“次世代の世界最高CB”との呼び声も高い。 昨夏以降はチェルシーやリバプールなどへの移籍が噂され続けているが、チェルシーは昨夏と今冬の2回の移籍市場において、8000万ポンド(約129億円)を投じたU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナや、今後の成長に期待がかかるフランス人DFブノワ・バディアシルなど、3人のセンターバックを獲得している。 しかし、その1人であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリはナポリ時代のパフォーマンスを発揮できておらず、また、下部組織出身のイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(23)には多くのクラブから関心が集まっており、今夏の退団もあり得るとされている。 加えて、チーム内で最も信頼をおけるセンターバックであるブラジル代表DFチアゴ・シウバは今年9月で39歳に。これらの理由があり、今夏のターゲットとしてグヴァルディオルへの関心を継続してきたようだ。 2023.03.23 18:08 Thu
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希が好守のバイエルンが先勝!南萌華のローマは伊女子史上最多4万人の前でバルサに惜敗《UWCL》

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)準々決勝1stレグの4試合が、21日から22日にかけて各地で行われた。 熊谷紗希を擁するバイエルン、南萌華を擁するローマと、なでしこジャパン選手所属のクラブも2チームが勝ち残っているUWCL。各4試合はいずれも1-0の接戦となった。 バイエルンはホームにアーセナルを迎え、39分に右クロスからドイツ女子代表FWレア・シュラーがヘディングで先制点を奪った。後半は守勢の時間が続く中で、先発フル出場を果たした熊谷もライン上でのスーパークリアを見せるなど、リードを死守。追加点のチャンスこそ決め切れなかったものの、1-0と2万人のサポーターの前で先勝した。 南が左サイドバックとして先発したローマは、女子最強ともうたわれるバルセロナとホームで対戦。スタディオ・オリンピコが女子の試合で初めて使用された。 前半から自陣での時間が続く難しい展開を強いられ、34分に失点。2022年にコスタリカで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)の決勝、U-20日本代表戦でも2得点を挙げたバルセロナの19歳FWサルマ・パラジュエロにゴールを奪われた。 だが、後半はローマも速攻から度々絶好機を迎えるなど、イタリア女子サッカー史上最多となる3万9454人の大観衆の後押しを受けて奮闘。両GKの好守も光った一戦は、そのまま最少点差でバルセロナが逃げ切っている。 前回女王のリヨンは本拠地でチェルシーと相まみえたが、ショートカウンターからノルウェー女子代表FWグロ・ライテンに鮮やかなコントロールショットを流し込まれ、0-1で敗れた。 女子ブンデスリーガで首位を走るヴォルフスブルクは、パリ・サンジェルマン(PSG)とパルク・デ・プランスで激突。完全アウェイの中、オランダ女子代表DFドミニク・ヤンセンのPK弾で1-0と先勝した。 なお、2ndレグは29日から30日にかけて行われる。 ◆1stレグ ▽3月21日 バイエルン 1-0 アーセナル ローマ 0-1 バルセロナ ▽3月22日 リヨン 0-1 チェルシー パリ・サンジェルマン 0-1 ヴォルフスブルク ◆2ndレグ ▽3月29日 《25:45》 バルセロナ vs ローマ 《28:00》 アーセナル vs バイエルン ▽3月30日 《25:45》 ヴォルフスブルク vs パリ・サンジェルマン 《28:00》 チェルシー vs リヨン <span class="paragraph-title">【動画】見ごたえ十分の熱戦となったローマvsバルセロナ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IHhUfdvbuus";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.23 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

構想外のオーバメヤン、クラシコ訪問にチェルシーは不快…夏にバルサ再加入か

チェルシーが元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの行動に怒りを露わにしているという。 2022年1月にアーセナルからフリートランスファーでバルセロナへと移籍したオーバメヤン。今シーズンはチェルシーへと完全移籍するもパフォーマンスは上がらず。今季は公式戦19試合で3ゴールに終わっていた。 そのオーバメヤンはチェルシーに居場所がなく、冬の大型補強でさらに苦しい立場に。チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーを外された他、試合の出番もほとんどなくメンバー外の状態も続いている。 完全に干されているような状態であり、メジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も噂されたオーバメヤンだったが、19日に行われたバルセロナvsレアル・マドリーの“エル・クラシコ”を観戦。試合後には、フェラン・トーレスと勝利を喜ぶ2ショットも見られた。しかし、この行動にチェルシーが怒りを示しているという。 スペイン『スポルト』によれば、この行動はチェルシーとしては好ましくないとのこと。一方で、構想外となっている現状から、夏にバルセロナへ復帰する可能性もあるとした。 財政難に陥っているバルセロナにとっては、フリーで獲得できる選手はありがたいもの。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)やサラリーキャップの問題も抱えてはいるが、オーバメヤンをチームに取り込むための動きを見せるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】なぜそこに?クラシコ勝利後に意外な人物が満面の笑みで選手と2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cp_TkGDv6QE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cp_TkGDv6QE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cp_TkGDv6QE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「悪いビジネスになる」 マウントと交渉難航のチェルシーにマーソン氏が苦言

元イングランド代表FWのポール・マーソン氏が、同代表MFメイソン・マウント(24)と契約交渉で拗れるチェルシーに苦言を呈した。 チェルシーの下部組織出身選手としてチームを支え、ファンからは将来のキャプテン候補の一人と期待されていたマウント。しかし、2024年6月までとなる契約の延長交渉は主に金銭面を巡って難航したままであり、日増しに今夏退団の可能性が高まりつつある。 こうした状況について、マーソン氏はイギリス『スカイ・スポーツ』にてチェルシーの対応を批判。クラブはマウントを過小評価していると苦言を呈し、噂されるリバプール移籍が実現すれば大きな脅威になるだろうと警告した。 「メイソン・マウントは昨シーズンのチェルシーで完全にベストな選手だった。本当に傑出したプレーだったと思う。だが、フットボールのクラブにおいて大金で買った選手は資産と見なされるが、下部組織上がりの選手は違うのだ」 「メイソン・マウントを獲得したクラブは、史上稀に見る結果を手に入れるだろう。チェルシーにとっては悪いビジネスになるはずだ。どのクラブだって、ベストプレーヤーを手放すべきではない。マウントよりも放出されるべき選手はたくさんいるのだ。彼を獲得したがるクラブの名前を見れば、それがすべてを物語っているだろう」 「もしリバプールがマウントを獲得し、さらにジュード・ベリンガムも手にすれば、タイトルを争えるチームが誕生する。なぜ、チェルシーはそのチャンスに手を貸そうとするのだろう。彼らをより強くする必要などないはずだ」 「私はマウントの大ファンであり、トップクラスの選手だと思っている。そして彼は今、契約の影響もありしっかりプレーできていない。チームの規模を考えれば、新契約にサインしない選手を選ぶ必要はないだろうからね」 2023.03.21 18:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly