セリエAで首位を独走するナポリとの対戦にミラン指揮官ピオリ「CLはCL」

2023.03.18 02:00 Sat
Getty Images
トッテナムを下して11季ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝に進出したミラン。
PR
17日に行われた抽選の結果、ナポリと対戦することが決まったミランのステファノ・ピオリ監督が記者会見で抽選結果について言及した。
「どのチームと当たってもとても難しく、複雑で、刺激的だ。我々はモチベーションと野心があったからこの場にいる。ナポリ戦もやり遂げたいと思う」

セリエAではナポリの独走を許しているが、CLは別の大会であると強調した。

「我々は準々決勝に進出したんだ。このまま進みたい。もちろん、ナポリは強い。セリエAでは我々より良い成績を収めているが、CLはCL。そして我々はミランだ」
「CL優勝は目標だ。最後までやり抜くことを考えたい。なぜ、我々が成功できないと考える必要があるのか」

PR
関連ニュース

偉大なるジルー、その分岐点は若き日のフランス代表デビュー戦…惚れ込んだヴェンゲル氏「夢中になってしまった」

フランス代表歴代最多得点者のFWオリヴィエ・ジルー(37)。その選手キャリアにおける分岐点は、自身のA代表デビュー戦を観戦したアーセン・ヴェンゲル氏との出会いだった。 今季でミランを退団、フランス代表からもユーロ2024を最後に引退、MLSはロサンゼルスFCへの移籍を持って、欧州で見納めとなるであろう37歳ジルー。 モンペリエ時代の11-12シーズンにリーグ・アン優勝&得点王。翌季から5年半アーセナルに在籍し通算105得点。チェルシー時代は控えを抜け出せずも、34歳で加入したミランがクラブキャリアのハイライトか。1年目でスクデット奪還に大貢献、得点数だけでは語れない技量・存在感で3年間チームを引っ張り、その威圧感は老練なカルチョのDFを苦しめた。 また、フランス代表では3度のW杯出場に2018年ロシア大会優勝、そして同国代表歴代最多の57得点。ティエリ・アンリ氏の得点記録を抜くのがジルーになるなど、一体誰が予想しただろうか。まさに、年齢を重ねるごとに輝きを増していったストライカーだ。 フランス『Canal+』は、そんなジルーの半生を追いかけたドキュメンタリー番組を制作し、選手キャリアの分岐点として、当時アーセナル指揮官だったヴェンゲル氏の目に留まった“2011年11月11日”をピックアップ…ヴェンゲル氏自ら証言する。 「初めてオリヴィエを観た日のことをよく覚えている。当時彼はモンペリエの選手で、すでにそれなりの成績を収めていたが、そのプレーをこの目で確認し、『ああ、この男はフットボールを完全に理解している』と確信した。私は彼に夢中になってしまった(笑)」 “2011年11月11日”は、ジルーがフランス代表初キャップを飾ったアメリカ代表戦。スタッド・ド・フランスで観戦してジルーに惚れ込んだヴェンゲル氏は自らジルーへ接触。2012年夏のアーセナル加入に漕ぎ着けた。 しかし、代理人のミシェル・マヌエロ氏は当時、ジルーに「アーセナルなんか行くべきじゃない」とアドバイスしたと言う。 「私は彼に言った。『アーセナルはダメだ。ロビン・ファン・ペルシがいるんだぞ。ピッチ脇で味方のゴールに拍手する時間を過ごすことになるぞ』ってね。どう考えてもオリヴィエにストライカー以外はできないし、不可能なミッションに挑もうとしているように思えたんだ」 「彼は『わかった、他のクラブも考えてみよう』と言ったんだ。ところが1カ月半後、突然『やっぱりアーセナルへ行く』ってね(笑)」 ジルーがアーセナル行きを決めると、ほどなくしてマヌエロ氏の懸念だったファン・ペルシ氏がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定。結果的に、ジルーは加入後すぐにセンターフォワードの定位置に収まった格好だ。 フランス代表デビュー戦にて、ヴェンゲル氏に認められたところから階段を駆け上がっていったジルー。13年もの歳月が経ち、男はフランス代表で通算131キャップ、通算57得点で歴代最多得点者となっている。 2024.05.27 14:00 Mon

ミラン退団のジルー&ケアーが最終戦後に感謝の言葉「僕らはチームであり、家族」

今シーズン限りでミランを退団するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーとデンマーク代表DFシモン・ケアーが別れを告げた。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今夏ミランとの契約が満了するジルーとケアー。両者ともに今シーズン限りでの退団が発表されており、ジルーはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFC(LAFC)入りが決まっている。 25日にはラストマッチとなったセリエA最終節のサレルニターナ戦に出場。結果は3-3の引き分けに終わったが、先発したジルーはボレーシュートでチーム2点目を記録し、ケアーも88分からピッチに立った。 試合後には、元同僚でクラブのシニア・アドバイザーを務めるズラタン・イブラヒモビッチ氏がチームメイト全員のサインが入ったユニフォームを2人に贈呈。同じく今シーズン限りでチームを去るステファノ・ピオリ監督のスピーチもあったなか、ミランで4年半を過ごしたケアーが思いの丈を述べた。 「全員に感謝したい。サッカーの世界では考えられないような喜びを教えてくれたクラブ、監督、スタッフ、そしてファンの皆さんに感謝したい」 「このクラブに対する想いは、15年間プレーしている代表チームへの想いと同じだ。ここでは4年間過ごしたけど、家族になるには十分な時間だった」 「この新たなチームのおかげで、毎日トレーニング場に来るのが楽しくなった。これは僕の人生における最も大きな喜びの1つだし、皆さんとそれを分かち合えてとても幸せだ。ありがとう」 また、ミランで3年プレーしたジルーもスピーチ。チームメイトやスタッフ、ファンとの思い出を語っている。 「僕を信頼してくれたクラブに感謝したい。ここのディレクター陣はこの一家の兄弟のように僕を迎え入れてくれた。イブラにも感謝だ」 「また、困難な時期を共に過ごす間も、信頼やサポートを寄せてくれた監督にも感謝したい。そのような時こそ団結を維持することが非常に大切だ」 「(スクデット獲得など)1年目から素晴らしい時を過ごした。僕のキャリアの中でも最高の思い出だ。何よりもチームメイト全員に感謝したいと思う。彼らがいなければここまでやってこられなかった。僕らはチームであり、家族だ。ありがとう、みんな」 「皆が歌ってくれるこのチャントは、いつまでも僕の心の中に残り続ける。シモンと同じように、僕らは幼い頃からこのミランを夢見ていた。僕らの旅は、僕とチームメイトにとって誇るべきものだ。とても感謝しているし、ミランで過ごしたこの数シーズンは決して忘れない。フォルツァミラン!」 2024.05.26 19:22 Sun

”22年W杯の最強アムラバトが帰ってきた” 最後の最後に真価発揮も現状では買取OP非行使…ユナイテッドは判断覆すか

モロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(27)の去就やいかに。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 25日、イングランドFAカップ決勝戦が行われ、マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティを撃破で8年ぶりに優勝。低調なシーズンの最後に、1年間の鬱憤を吹き飛ばす勝利、そしてEL出場権を手に入れた。 この一戦は「解任がほぼ確実なのでは?」と伝えられるエリク・テン・ハグ監督の守備面でのテコ入れが光り、佳境にきてようやく真価を発揮しだしたばかりのアムラバトが無双。 パスコースを潰し、鋭い寄せでボールを刈り取り、ピッチ全体に気を配って各所でビルドアップに参加…2022年のカタールW杯で全世界が観た、あの頃のアムラバトが帰ってきた。 OBで同じセントラルハーフのポール・スコールズ氏も、自身のSNSでアムラバトを「一番輝いていた頃のガットゥーゾを彷彿とさせた」などと称賛。 しかし、ユナイテッドは春頃の時点でアムラバトを保有元フィオレンティーナへ返却する方針、と伝えられており、『カルチョメルカート』も26日、「数週間以内に気が変わらないなら、このまま退団」と論じる。 買い取りオプションは諸説あるが、イタリアメディアいわく2000万ユーロ(約34.1億円)+ボーナス500万ユーロ(約8.5億円)。あなたがユナイテッドの幹部なら、アムラバトの処遇をどう判断するだろうか。 『カルチョメルカート』はこう締めくくっている。 「ほんの数週間前まで、アムラバトがユナイテッドに買い取って貰えるなど“ユートピア”だった。ところが、シーズンラスト1カ月のパフォーマンスが何かを覆す可能性を打ち出した」 「ユナイテッドは変革が迫っている。すでにその環境を知る選手を引き留めておくのも、良い選択肢かもしれない。最後の判断は、クラブと新しい監督が下す」 アムラバトにはミラン、クリスタル・パレス、フルアムからの関心が報じられている。 2024.05.26 19:10 Sun

ミランでのラストゲーム終えたピオリ監督、各方面に感謝の言葉「皆さんのことは決して忘れない」

ミランのステファノ・ピオリ監督が別れの言葉を口にした。『フットボール・イタリア』が伝えた。 セリエAは2位フィニッシュが確定したなか、24日には今シーズン限りでの退任が発表されたピオリ監督。同じく退団が発表されているフランス代表FWオリヴィエ・ジルー、デンマーク代表DFシモン・ケアーと共に、25日に行われたセリエA最終節のサレルニターナ戦がラストゲームとなった。 試合は相手GKのミスを見逃さなかったポルトガル代表FWラファエル・レオンのゴールでミランが先制。5分後にはジルーがCKからボレーシュートを決め、リードを広げる。 1点を返された後半もイタリア代表DFダビデ・カラブリアがネットを揺らしたが、終盤に立て続けにゴールを許して試合終了。うまく試合を締められず、3-3のドロー決着となった。 最後の試合を勝利で飾ることはできなかったが、試合後には感動的な別れのスピーチを行ったピオリ監督。ファンも含めた関係者全員に対し、自らの気持ちを伝えた。 「今夜は感謝の夜だから、まずは私をここに呼び、サポートし、この素晴らしいクラブで指導する機会を与えてくれた人々に感謝したい。カーサ・ミランやミラネッロの従業員全員、一生懸命働いてくれたスタッフなど他の皆さんにも感謝している」 「選手たちにも感謝している。私が君たちをどう思っているかはみんなわかっているだろう。君たちは特別な存在で、これからも確かに残るものがある」 「そして(ファンの)皆さん。皆さんは我々を励まし、モチベーションを与え、我々がピッチで戦うためのエネルギーを与えてくれた」 「我々は共に負け、苦しんだ。我々は共に勝ち、喜んだ。我々が一緒に感じたことはこれからも残ったままだ。皆さんは私の心に火を灯してくれた。それはこれからもずっと消えないし、皆さんのことは決して忘れない。ありがとう」 また、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ピオリ監督はスピーチ後に自らの将来についてもコメント。プレミアリーグ挑戦が頭にあるようだ。 「私はロッソネリのために全てを捧げた。起こったことの全ては夢で見ることさえ難しい」 「将来について? 英語を勉強しているよ。プレミアリーグは私を刺激してくれる…」 2024.05.26 12:26 Sun

退団ジルーがゴールも最下位サレルニターナに終盤の2失点でミランはドロー【セリエA】

ミランは25日、セリエA最終節でサレルニターナをホームに迎え、3-3で引き分けた。 前節トリノ戦を完敗した2位ミランは退団が決まっているジルーが最前線で先発。2列目に右からプリシック、ベナセル、レオンを並べた。 既に降格の決まっている最下位サレルニターナに対し、ピオリ監督の退団セレモニーが行われて迎えたキックオフ。開始2分にジルーが決定的なシュートを浴びせたミランが良い入りを見せると、1分後にもレオンが枠内シュートを放っていった。 その後もハーフコートゲームとしていたミランは22分に先制する。GKフィオリッロがハイボールの処理でファンブルしたルーズボールをレオンが蹴り込んだ。さらに27分、フロレンツィの左CKからジルーのボレーが決まってリードを広げた。 退団するジルーにゴールが生まれた中、32分には再びフロレンツィの左CKからトモリのヘディングシュートがGKを強襲したミランは、37分にテオ・エルナンデスがネットを揺らすもVARでオフサイドがありノーゴールに。 一方的な展開とした前半を2点のリードで終えたミランは、59分にレオンをお役御免とした中、64分に1点差とされる。CKからシミーにヘディングシュートを決められた。 さらに66分、左クロスからシミーのヘディングシュートで追いつかれかけたが、ここはGKミランテがセーブして凌いだ。すると77分、左サイドからのプリシックのクロスをカラブリアが頭で合わせて3-1とリードを広げた。 しかし、終盤にジルーがピッチを後にした中、87分に再び1点差とされてしまう。サンビアにミドルシュートを流し込まれた。さらに89分、ジルーと共に退団が決まっているケアーが投入された中、同点に追いつかれる。チャウナのシュートのルーズボールをシミーに押し込まれた。 このまま3-3でドロー。ピオリ監督、ジルー、ケアーのミランラストマッチを勝利で飾ることはできなかった。 2024.05.26 05:47 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly