「海の女神」「ノービキニだ」W杯沸かせたクロアチアの美女サポーターが衝撃の大胆投稿「ふぅ…」

2023.01.24 22:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチア代表の美女サポーターとして一躍有名となったイヴァナ・ノールさんが大胆な姿を公開した。ブラジル、ロシア大会に続いてカタール・ワールドカップ(W杯)も現地観戦した、熱狂的なクロアチアのサポーターのイヴァナさん。元ミス・クロアチアとしても知られ、今大会では種々のセクシーな衣装が多くのファンを沸かせた。

カタールのビーチでは大胆すぎるビキニ姿も披露し、SNSのフォロワーも激増した模様。21日にはインスタグラムで「調子はどうです?」と綴り、さらに扇情的な1枚を公開した。
モルディブの波打ち際でチェアーに腰かけたイヴァナさんが身に着けているのは、ビキニのボトムのみ。手ブラ姿に一枚には「海の女神」、「右腕をもう少し…」、「ハレルヤ」、「ショートビキニじゃなくて、ノービキニです」、「なんてこった」、「裸の写真を一度投稿して、心を落ち着かせてください」、「ふぅ…」など、様々な声が寄せられた。

カタールW杯では時の人となったイヴァナさん。大会後も世間を賑わせている。

1 2

関連ニュース
thumb

チェルシーが“次世代の世界最高CB”グヴァルディオルへの関心継続、昨夏以降3人のCBを獲得も…

チェルシーは、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(21)を今夏獲得したい考えのようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表の前に立ちはだかったグヴァルディオル。フィジカルやスピード、足元の技術など、現代サッカーでセンターバックに求められる全ての要素を兼ね備えており、“次世代の世界最高CB”との呼び声も高い。 昨夏以降はチェルシーやリバプールなどへの移籍が噂され続けているが、チェルシーは昨夏と今冬の2回の移籍市場において、8000万ポンド(約129億円)を投じたU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナや、今後の成長に期待がかかるフランス人DFブノワ・バディアシルなど、3人のセンターバックを獲得している。 しかし、その1人であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリはナポリ時代のパフォーマンスを発揮できておらず、また、下部組織出身のイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(23)には多くのクラブから関心が集まっており、今夏の退団もあり得るとされている。 加えて、チーム内で最も信頼をおけるセンターバックであるブラジル代表DFチアゴ・シウバは今年9月で39歳に。これらの理由があり、今夏のターゲットとしてグヴァルディオルへの関心を継続してきたようだ。 2023.03.23 18:08 Thu
twitterfacebook
thumb

元クロアチア代表DFヴルサリコが31歳で現役引退…アトレティコやインテル在籍もケガに苦しんだキャリア

元クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(31)が現役引退を発表した。 ヴルサリコは昨夏、アトレティコ・マドリーを契約満了の末に退団し、オリンピアコスに3年契約で加入。ただ、新天地では度重なる負傷に悩まされ、公式戦9試合の出場にとどまった。 そして、今年1月初旬にクラブとの契約を双方合意の元で解消した31歳のサイドバックは、このタイミングでの現役引退を決断した。 なお、クロアチアの複数メディアが伝えるところによれば、ヴルサリコは代理人に転身する予定で、今後は裏方としてフットボール界に携わることになるという。 2009年にディナモ・ザグレブでプロデビューしたヴルサリコは、ロコモティヴァ、ジェノア、サッスオーロでのプレーを経て、2016年夏からアトレティコへ加入。 アトレティコでは、度重なるケガに悩まされるなど、準主力の域を超えられず。インテルへの1年間のレンタル移籍も経験した中、在籍6年間で公式戦99試合に出場。それでも2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝や、2020-21シーズンのラ・リーガ優勝に貢献した。 また、2011年にデビューを飾ったクロアチア代表では通算52試合に出場。2014年、2018年のワールドカップに2大会連続で出場し、ロシアW杯では右サイドバックの主力として準優勝に貢献していた。 2023.03.23 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーが37歳モドリッチとの契約延長を先延ばし、今夏ベリンガム獲得なら…

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(37)を巡る去就は宙に浮いた状況がシーズン終了まで続くようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 衰えを見せない“鉄人”モドリッチ。37歳となった現在も世界トップクラスのMFとして輝きを放っており、在籍11年目を迎えているマドリーでは通算472試合に出場し、37得点76アシストという数字を誇る。 15日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリバプール戦でもスタメンから82分まで出場し、1-0の勝利に貢献。マドリーは2戦合計6-2でベスト8進出を決めている。 その一方、モドリッチはマドリーとの契約が今季までとなっており、本人が残留を切望しているにもかかわらず、クラブから延長の打診を貰えていないことが以前から報じられている。 マドリーが30代のベテラン選手との契約延長に慎重なクラブであることは有名だが、モドリッチへの打診についても、今季終了までは結論を出さない方針としたようだ。 背景には補強戦略との兼ね合いがあるようで、マドリーが今夏最大のターゲットであるドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)を獲得できた場合、モドリッチが押し出される可能性があるとされている。 モドリッチ本人はこの状況にやきもきしているようで、リバプールとの1stレグ後には「クラブと話してないからなんとも言えない…ここで続けたいし、気分も良い。まずはクラブと話し、どう考えているかを知りたい」と、率直な心境を明かしていた。 『Relevo』は、モドリッチがリバプールとの2試合を通じて「マドリーでもう1年続けるに値することを十分に証明した」と称賛。だが、パフォーマンスにかかわらず、全てはクラブ次第のようだ。 2023.03.16 15:58 Thu
twitterfacebook
thumb

売却不可は次期主将ラウタロのみ…財政難インテルがブロゾビッチを今夏売却へ

インテルにとって、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(30)は絶対的存在ではなくなったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 近年のインテル中軸を支える選手といえば、必ずその名が挙がるブロゾビッチ。欠かすことのできない存在であり、ブロゾビッチなしでは一昨季の11年ぶりセリエA優勝は実現しなかったと言っても過言ではない。 しかし、今季は2度の負傷離脱が影響して公式戦出場が18試合のみ。ふくらはぎのケガから復帰した2月以降は6試合に出場しているものの、4試合は途中出場で、今やインテルはブロゾビッチなしで戦えるチームになっている。 退団の噂も浮上。先日報じられたバルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(26)とのトレード案はすぐに立ち消えたが、慢性的な財政難に苦しむインテルは選手の売却益を必要としているようだ。 インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(28)の今夏フリー放出が確実に。1月中にパリ・サンジェルマン(PSG)へ売却していれば、それなりの収益を得られたが、他の選手で賄う必要があるという。 どうやら次期主将が確約されているFWラウタロ・マルティネスを除いて「売却不可」の選手はおらず、同選手以外で最も高い売却益が期待できるブロゾビッチ、オランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の2人を今夏の移籍市場に出す方針とのことだ。 2023.03.08 14:44 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチも招集! W杯3位のクロアチア代表がユーロ予選に向けたメンバー25名+予備4名を発表《ユーロ2024予選》

クロアチアサッカー連盟(HNS)は6日、ユーロ2024欧州予選に臨むクロアチア代表メンバーを発表した。 ズラトコ・ダリッチ監督が率いるクロアチア。カタール・ワールドカップ(W杯)ではラウンド16で日本代表とも対戦。最終的には3位で大会を終えていた。 今回のメンバーには25名に加え予備メンバー4名の合計29名を招集。代表引退も囁かれていたMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)を招集した。 また、W杯で守護神として活躍したドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)やMFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、DFヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)、FWイバン・ペリシッチ(トッテナム)ら、W杯メンバーが順当に選出された。 クロアチアはユーロ予選でウェールズ代表、アルメニア代表、トルコ代表、ラトビア代表とグループDで同居。25日にホームでウェールズと、28日にアウェイでトルコと対戦する。 今回発表されたクロアチ代表メンバー25名と予備メンバー4名は以下の通り。 ◆クロアチア代表メンバー25名 GK イビツァ・イブシッチ(パフォス/キプロス) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) ネディリコ・ラヴロビッチ(リエカ) DF ヨシプ・シュタロ(ディナモ・ザグレブ) ドマゴイ・ヴィダ(AEKアテネ/ギリシャ) ヨシプ・ユラノビッチ(ウニオン・ベルリン/ドイツ) ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) ボルナ・ソサ(シュツットガルト/ドイツ) ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ) マルティン・エルリッチ(サッスオーロ/イタリア) ヨシプ・スタニシッチ(バイエルン/ドイツ) MF ルカ・イバンシイッツ(ディナモ・ザグレブ) ルカ・スチッチ(ザルツブルク/オーストリア) ロヴロ・マイェル(スタッド・レンヌ/フランス) ニコラ・ヴラシッチ(トリノ/イタリア) マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) イバン・ペリシッチ(トッテナム/イングランド) ミスラフ・オルシッチ(サウサンプトン/イングランド) マルコ・リヴァヤ(ハイデュク・スプリト) ペタル・ムサ(ベンフィカ/ポルトガル) ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ) ◆予備メンバー4名 GK イヴォ・グルビッチ(アトレティコ・マドリー/スペイン) MF クリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト/ドイツ) FW ディオン・ベリョ(アウグスブルク/ドイツ) ダリオ・シュピキッチ(ディナモ・ザグレブ) 2023.03.06 21:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly