「公式がこれは泣けるよ」W杯を終えた日本代表、JFA公開の映像がイナズマイレブンの楽曲含め大反響「4年後も期待」

2022.12.08 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)の公開したショートムービーに注目が集まっている。7大会連続7回目となるワールドカップ(W杯)に臨んだサッカー日本代表。カタールではグループステージでドイツ代表、スペイン代表を逆転で下す快挙を達成し、決勝トーナメント進出を決めた。

史上初のベスト8進出を目指した5日のラウンド16では難敵・クロアチア代表と対戦。1-1で120分を終了し、PK戦までもつれ込んだが、残念ながら涙をのむこととなった。
激闘を終えた日本代表。7日にはJFAの公式TikTokアカウントが改めてラウンド16のシーンを振り返る映像を公開すると、これに大きな反響が寄せられた。

「この大会で得た自信も、この大会で流した涙も、夢の力に変える。 たくさんの応援、本当にありがとうございました」

BGMにはイナズマイレブンで使用された楽曲、T-Pistonz+KMCの『GOODキター!』が採用されており、締めくくりの折り鶴と相まって琴線に触れるとの声が相次いだ。

「公式がイナズマイレブンは泣けるのよ」、「4年後もイナズマイレブンの曲使ってくださるの期待してます」、「世代すぎて泣ける」など、選曲への賛辞が送られるとともに、「こんなに熱くなれたのは日本代表のおかげ!感動をありがとう」、「まじ公式ありがとう。日本代表もありがとう!」日本代表への労いのメッセージが多数届いている。

目標としていたベスト8進出とはならなかったが、国内のみならず世界中に大きな感動を与えた日本。4年後こそは新しい景色を期待せずにはいられない。

1 2

関連ニュース
thumb

「チームに発信できることは素晴らしい」森保一監督が大谷翔平のWBC決勝前の振る舞いに言及、世界一になった栗山英樹監督には「素晴らしい目標を提示していただけた」

日本代表の森保一監督が、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で見事世界一に輝いた侍ジャパンについて語った。 22日、日本代表は千葉県内でキリンチャレンジカップ2023のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを実施した。 冒頭15分公開の予定が約1時間に伸びた中、選手たちはスローインからのパス回しやビルドアップなどのトレーニングを実施。その後、非公開で1時間ほどトレーニングを行った。 そのトレーニング後、森保監督がメディア取材に応対。WBCで世界一に輝いた侍ジャパンへ感謝の気持ちと祝福のメッセージを送った。 「1人の国民として応援していたので、本当に素晴らしいなと思います。世界一という目標を持ってWBCに臨んで、その目標を達成するのは簡単なことじゃないと思いますけど、侍ジャパンの監督、選手、スタッフのみなさんの頑張りに、国民の1人として勇気と感動をいただきました。活躍、頑張りに感謝したいです」 侍ジャパンはアメリカと初めて決勝で対戦。メジャーリーガー勢揃いの本気のチームに対し先制を許すも、その裏に村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)が今大会第1号となる豪快なホームランで同点に。さらに、「ペッパーミル」パフォーマンスでお馴染みのラーズ・ヌートバー(セントルイス・カージナルス)の内野ゴロの間に逆転。4回には岡本和真(読売ジャイアンツ)のホームランで追加点を奪う。 その後は得点が生まれなかったが、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)、大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)の継投で逃げ切り、14年ぶり3度目の世界一に輝いた。 森保監督は、アメリカとの決勝については「途中から観ていました。仕事があるので全部は観れませんでしたが、中盤以降は観ていました」と、優勝の瞬間はしっかりと見守ったという。 その中で、同じ日本代表で世界一を目指した監督である栗山英樹監督へもメッセージを送った。 「大変な気苦労と責任を背負って戦っていたと思うので、本当におめでとうございますということと、気苦労もあったと思いますので、少しゆっくり休まれて下さいということを伝えたいです」 「素晴らしい戦いを見せていただき、我々も野球のように世界一という目標を持って戦いに臨めるように、もっともっと成長しなければいけないと思いますし、素晴らしい目標を提示していただけたと思います」 また、試合前のロッカールームでは大谷が、アメリカの錚々たるメジャーリーガーの選手たちに対して「今日の試合だけは、憧れを捨てましょう」と語っていた。 相手をリスペクトしすぎず、しっかりと勝つことに集中しようという発破をかけるコメントで士気を上げた中、森保監督は素晴らしい振る舞いだと称えた。 「侍ジャパンのチームを見ていて、個の能力が素晴らしいなと思う中で、個々の能力を最大限発揮するということは皆さん考えていたと思います」 「その中で中心選手の大谷選手がチームのために、仲間のために、国民のために頑張ろうということをチームに発信できることは素晴らしいですし、代表チームとして日本を背負って戦うという立場で、日本のために戦うということが何よりも一番じゃなければいけないと思いますので、そこを確認して試合に臨めたことは素晴らしいと思います」 森保監督は世界を相手にベスト16で敗れた経験がある。史上初となる2大会連続の指揮へ新たにスタートした日本代表。メンバー発表の席で「世界一」を口にした中、侍ジャパンに続けて3年半後の北中米ワールドカップで、同じアメリカの地で世界一に近づけるのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】大谷翔平vsマイク・トラウト、優勝を決めた最後の勝負</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Trout vs Ohtani lived up to the HYPE! <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldBaseballClassic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldBaseballClassic</a> <a href="https://t.co/Z8aZAjpDRg">pic.twitter.com/Z8aZAjpDRg</a></p>&mdash; World Baseball Classic (@WBCBaseball) <a href="https://twitter.com/WBCBaseball/status/1638373135211720704?ref_src=twsrc%5Etfw">March 22, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.22 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「普通に泣く」「胸熱」WBCを見事に制した侍ジャパンをサッカー日本代表も祝福「共に、日本スポーツ界を盛り上げていきましょう」

見事に優勝を果たした侍ジャパンへ、SAMURAI BLUEがメッセージを送った。 22日(現地時間21日)、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が行われ、日本はアメリカと対戦した。 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)やダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)、吉田正尚(ボストン・レッドソックス)らメジャーリーガーも参戦し、史上最強とも言われていた侍ジャパン。決勝では初対戦となる本機のアメリカとの大一番は多くの注目を集めた。 準決勝のメキシコ戦は、日本代表の選手たちもホテルで各々観戦していたとのこと。優勝して欲しいという声も挙がる中、日本は先制を許す。 それでも、前日の準決勝で見事なサヨナラツーベースを打った村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)が今大会第1号となる豪快なホームランで同点とすると、「ペッパーミル」パフォーマンスでお馴染みのラーズ・ヌートバー(セントルイス・カージナルス)の内野ゴロの間に逆転。4回には岡本和真(読売ジャイアンツ)のホームランで追加点を奪う。 その後、日本は豪華な継投策を講じ、7回に抑えの大勢(読売ジャイアンツ)、8回はダルビッシュがホームランを打たれるが、9回は大谷が抑えのマウンドに。最後はチームメイトのマイク・トラウトを空振り三振に抑え、14年ぶり3度目の優勝を収めた。 サッカー日本代表はツイッターを更新。「3大会ぶり3度目の世界一おめでとうございます。これからも共に、日本スポーツ界を盛り上げていきましょう」と祝福のメッセージを送った。 これには「いつかサッカーでも頂点を」、「こういうの嬉しすぎる」、「尊い」、「普通に泣く」、「ええこと言うわ〜」、「胸熱」とコメントが寄せられている。 また、3年半後の北中米ワールドカップはアメリカでも開催。侍ジャパンが世界一を成し遂げた地で、SAMURAI BLUEがどのような結果を残すのか。期待と激励の声も集まった。 <span class="paragraph-title">【SNS】世界一の侍ジャパンへ、サッカー日本代表が祝福のメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">3大会ぶり3度目の世界一<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BE%8D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#侍ジャパン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldBaseballClassic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldBaseballClassic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SAMURAIBLUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAMURAIBLUE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/gPj014AMab">https://t.co/gPj014AMab</a></p>&mdash; サッカー日本代表(@jfa_samuraiblue) <a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/1638373334441431040?ref_src=twsrc%5Etfw">March 22, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.22 13:07 Wed
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表が6月にU-22イングランド代表と対戦、完全非公開で開催

日本サッカー協会(JFA)は22日、U-22日本代表の6月の海外遠征の相手を発表した。 パリ・オリンピックを目指す世代のU-22日本代表。3月にはU-22ドイツ代表、U-22ベルギー代表との対戦が予定されている。 その日本だが、6月にはイングランドに出向き、U-22イングランド代表と対戦することが決定した。 しかし、この試合は完全非公開で行われるとのこと。イングランドサッカー協会(FA)の意向により、メディアを含めて対外的に情報が公開されないこととなっている。 イングランドには、リーグ・アンで得点ランキング上位に位置するスタッド・ランスのFWフォラリン・バログンやアーセナルのMFエミール・スミス・ロウ、リバプールのMFハーヴェイ・エリオットなどがいる世代となっている。 なお、試合は6月10日(土)に開催されることとなる。 2023.03.22 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「ボールを持ったら仕掛ける」ドリブル突破が増えた前田大然、その理由は“オズの魔法使い”の存在「映像を見たら、凄いなと」

21日、日本代表はキリンチャレンジカップのウルグアイ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを実施。カタール・ワールドカップ(W杯)後初の活動となった今回のトレーニングキャンプにはまだ全員が合流していない中、多くの観衆の前でトレーニングを行った。 練習後、FW前田大然(セルティック)が報道陣の取材に応対。ウルグアイ戦への意気込みを語った。 「まずはW杯を応援してくれた人たちを含めて、国立に来てくれる人たちに感謝の気持ちを示すプレーを見せること。もちろん得点もそうですけど、そういうプレーを見せられればと思います」 W杯ではラウンド16のクロアチア代表戦でゴールも記録。最前線からのプレスなど、チームを牽引した。 次のW杯までの残り3年間については「まずはしっかり代表に定着すること、チームで結果を残すことがまずは大事だと思います」とコメント。定着に必要なものについては「やっぱりゴールやアシスト、ゴールに絡むプレーというのはしていかないといけない」と語り、「アシストはチームでもより感じているので、得点に絡むことが大事だと思います」と、数字を残すことが大事だとした。 前田はW杯後にもリーグ戦で4ゴールを記録。特にドリブルの突破が増え、チャンスメイクや得点にも繋がっている。 その要因は、リーズ・ユナイテッドやリバプールでプレーし、“オズの魔法使い”という異名も持っていた元オーストラリア代表FWでセルティックのコーチを務める、ハリー・キューウェル氏の存在があると明かした。 「セルティックで1人コーチがいるんですけど、マンツーマンでミーティングをしたり、練習でも指導を受けることが増えたのが理由です」 「僕がW杯前は自信なくプレーしていたのがあって、そのタイミングで声を掛けてくれて、もっとできると言われました。そこからやって、今もやっていて、チームでの良いパフォーマンスに出ていると思います」 現役時代はプレミアリーグでも活躍し、ドリブル突破や仕掛けが魅力でもあったキューウェル氏から直々に指導を受けている前田。自信のなさについては「簡単にはたいていましたが、相手と一対一なら勝負しろ、取られても良いと言われてから、ボールを持ったら仕掛けることを心がけています」と、指導を受けて意識が変わったという。 ただ、キューウェル氏の存在は知りながらもプレーは見たことが無かったという前田。「最初は全然見ていなかったんですが、最近YouTubeで見ていて凄いなと。めっちゃ言ってくるから映像を見たら、凄いなと感じました」と、プレーを見て凄さを知ったと語った。 2023.03.21 23:38 Tue
twitterfacebook
thumb

「武器や特徴を理解」上田綺世が今季15ゴールの量産に言及、元J1得点王の前田遼一コーチに学ぶ「見習う部分はすごく多い」

21日、日本代表はキリンチャレンジカップのウルグアイ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを実施。カタール・ワールドカップ(W杯)後初の活動となった今回のトレーニングキャンプにはまだ全員が合流していない中、多くの観衆の前でトレーニングを行った。 練習後、FW上田綺世(セルクル・ブルージュ)が報道陣の取材に応対。リーグ戦で14ゴールと活躍する現在の状態を語った。 「リーグ戦での結果はシーズンを通して自分がやってきたこともあるので、コンディションが良いというよりは噛み合ってきたかなと思います」 カタールW杯では45分間の出場に終わり、悔しさも味わった上田。そのW杯後に多くのゴールを決めているが「そういうわけではないです」とW杯の悔しさをぶつけているわけではないとコメント。「クラブの中で自分のポジションでやることがあって、集中しています」と、クラブの中で噛み合い始めたことが理由だとした。 ヘディングでのゴールやクロスからのゴール、裏への抜け出しなど、ゴールのパターンも増えている上田。「求められていることや自分の強みを見せることは常に継続してきたことで、最後の試合はポジションが変わったこともありますが、シーズンを通して常に継続してきたことで、自分の武器や特徴をチームに理解してもらうことができて、少しずつ信頼に変わって、パスも集まってきていてというのが最近結果を残せている理由かなと思います」と語り、積み上げてきたものによる信頼の獲得が、色々なゴールに繋がっていると感じているという。 クラブではシャドーだが、日本代表では1トップに入る上田。「引き出しというところで言うと、普段やらないポジションでも自分は1トップだという自覚があります」とコメント。「新しい引き出しを持って1トップができると思いますし、今のポジションでも吸収できることや新しい点の取り方を模索できると思うので、前向きに取り組んでいるつもりです」と、1トップとしてプレーするための成長をクラブでできているという。 その中で、日本代表はかつてJ1で得点王にも輝き、日本代表でもプレーした前田遼一氏がコーチに就任した。上田と同じFW出身のコーチがいることについて、プラスに働くと感じているようだ。 「生粋のゴールゲッターだと思いますし、より少ないタッチでゴールを重ねるイメージがあるので、僕がずっとワンタッチゴールにこだわるように、より簡潔にゴールを奪う方が良いと思っているタイプなので、見習う部分はすごく多いと思います」 「FW論というか、同じポジションだからこそもらえる指示、話せることもあると思うので、そういうところから刺激を得られると思います」 <span class="paragraph-title">【動画】これぞストライカー!上田綺世が技ありの今季リーグ戦14点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="O6zcN5dq7QI";var video_start = 145;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.21 23:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly