ノッティンガム・フォレスト、冬の補強第一号! 元ブラジル代表の肩書を持つ28歳司令塔

2022.12.04 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは4日、元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)をパルメイラスから獲得したことを発表した。契約は2026年夏までとなる。

トップ下を主戦場とするスカルパ。しなやかなボールタッチと左足の精度の高いキックが特長で、かつ中盤のポジション全域をカバーできるユーティリティ性も併せ持つ。

元フルミネンセMFは2018年1月からパルメイラスでプレーしており、2022年は公式戦60試合に出場し13ゴール15アシストを記録。クラブ・ワールドカップではチェルシーと決勝で対戦した。
同クラブでは通算211試合37ゴール51アシストを数える中で、2度のブラジルリーグ制覇をはじめ、コパ・リベルタドーレスも2度、コパ・スダメリカーナも1度優勝している。

2017年に一度ブラジル代表で試合に出たこともあるスカルパ。フォrスト加入は夢だったとし、新たな挑戦に喜びをあらわにした。

「ここに来るのは夢だったからとても嬉しいよ」

「新しい挑戦だ。待ちきれないね。ヨーロッパでプレーすることは小さい頃からの野望で、プレミアリーグは夢の舞台だった」

「僕はテクニカルなプレイヤーだけど、ここ数年で守備力も上がっている。それにとても献身的でハードワークも惜しまない。早くプレーするところを見せたいよ」

関連ニュース
thumb

ブレストが元仏代表FWロイク・レミの獲得を正式発表! 2年半ぶりの母国復帰

スタッド・ブレストは6日、元フランス代表FWロイク・レミ(36)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「14」を着用する。 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレー。その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月から再び母国のリールでプレー。 2020年以降はトルコのリゼスポル、アダナ・デミルスポルでプレー。ただ、アダナ・デミルスポルでは完全に構想外の扱いとなっており、リーグ戦わずか2試合の出場で昨年7月に退団。以降は半年以上フリーの状況が続いていた。 2023.02.07 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ベテランDFグロスとの契約を2024年まで延長

ブレーメンは6日、ドイツ人DFクリスティアン・グロス(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグロスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕がこのクラブでとても心地よく過ごしていることは、誰もが知っていること。の1年半で築いた素晴らしいストーリーを継続するために、自分の役割を果たしたいと思っているよ」 2018年の夏にブレーメンに加入したグロス。加入当初はセカンドチームでプレーしていたが、大量の負傷離脱など非常に苦しいシーズンとなった2019-20シーズンにトップチームへ昇格。センターバックや守備的MFとしてこれまで公式戦87試合に出場し1ゴール4アシストを記録している。 2023.02.07 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

17位に沈むリーズがマーシュ監督の解任を発表

リーズ・ユナイテッドは6日、ジェシー・マーシュ監督(49)を解任したことを発表した。 マルセロ・ビエルサ監督の後任として昨年2月から指揮を執っていたマーシュ監督。昨季途中までRBライプツィヒを率いたアメリカ人指揮官は、自身初となるプレミアリーグで、低迷していたチームを17位に導きプレミア残留に成功。 昨夏にアメリカ代表MFタイラー・アダムスや同代表MFブレンデン・アーロンソン、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンらを積極補強して臨んだ今季は、開幕3戦負けなしと好スタートを切ったが、第4節でブライトンに敗れたあたりから不調に。以降16試合で2勝5分け9敗と大きく負け越しており、降格圏の18位エバートンと同勝ち点の17位に沈んでいた。 リーズは解任したマーシュ監督に対して「ジェシーと彼のスタッフたちの努力に感謝し、彼らの今後の活躍を祈りたい。」と、感謝の声明を発表している。 また、後任監督については「新たな監督を選任するプロセスは進行中であり、今後数日間を通してサポーターに最新情報を提供し続ける」と明かしている。 2023.02.07 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、アトレティコ戦で復帰したウルグアイ代表MFアランバリと契約延長

ヘタフェは6日、ウルグアイ代表MFマウロ・アランバリ(27)との契約を2028年6月30日まで延長した。 アランバリは、2017年8月に母国のボストン・リーベルからヘタフェへレンタル移籍で加入。2017-18シーズンはラ・リーガ27試合に出場し、リーグ9位と躍進したチームに貢献すると、翌年夏に完全移籍を果たした。 ヘタフェではセントラルMFとして公式戦180試合に出場し6ゴール12アシストを記録。しかし、今季はラ・リーガ第7節のレアル・バジャドリー戦で右足首を負傷すると、昨年10月に手術を受け、先日のアトレティコ・マドリー戦で戦列復帰していた。 また、2020年10月にデビューしたウルグアイ代表としても12試合に出場。しかし、前述のケガの影響もあり、昨年末のカタール・ワールドカップは欠場していた。 2023.02.07 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

元G大阪のファン・ウィジョがFCソウルにレンタル! ギリシャでの戦力外から再起期す

Kリーグ1のFCソウルは5日、韓国代表FWファン・ウィジョ(30)のレンタル加入を発表した。 かつてガンバ大阪の主砲としてJリーグのベストイレブンにも輝き、ボルドー入りから欧州挑戦の旅に出たファン・ウィジョ。フランスの地でしっかりと結果を残して、昨夏にノッティンガム・フォレスト移籍を決めた。 だが、プレミアリーグ挑戦とはすんなりいかず、オーナーが同じ姉妹クラブのオリンピアコスに1年レンタル。ヨーロッパリーグこそ全6試合に出場したが、リーグ戦は昨年10月半ばからメンバーにすら入れていない。 ヨーロッパ内で移籍先を探りたいところだが、今季はボルドー、フォレスト、オリンピアコスで選手登録され、そのうちの2つでプレーとあって、国際サッカー連盟(FIFA)の規定上、新天地が制限される状況だった。 一部ではメジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーや、Jリーグのヴィッセル神戸も候補に挙がったが、その一角を占めた韓国のFCソウル行きで去就決着。2017年夏のG大阪移籍以来、6年ぶりの母国復帰なる。 なお、ファン・ウィジョは6日に鹿児島県で始まる二次キャンプから合流。ギリシャでの状況も影響してか、先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも1度の先発にとどまり、無得点に終わったが、母国で再起なるか。 2023.02.05 16:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly