「マジでやってる」「いよいよ世界に」現地で日本代表を応援した霜降り・せいやがカタールメディアで持ちネタまで披露「MCにハマって急遽スタジオに来いと」

2022.11.28 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやが日本代表を現地で応援した。27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2戦でコスタリカ代表と対戦し、0-1で敗れた日本。試合には敗れたが、現地には強力なサポーターの姿もあった。

自身のSNSにおいて、日本代表のユニフォーム姿でカタール入りを報告していたせいやだが、コスタリカ戦の会場となったアフメド・ビン=アリー・スタジアムには青の柔道着に日の丸のハチマキ、さらにはフェイスペイントという個性的な格好で登場。柔道着の左胸にはベルが備え付けられ、背中には「SEIYA8」と記されていた。
その格好が目を惹いたのか、せいやは海外メディアの取材も受けると、持ちネタのせっせっせいやを披露していた。

そのせいやは自身のツイッターを更新。「カタールの番組アルジャジーラのインタビューがMCにハマって急遽スタジオに来い!とオファーがありました カタールのラヴィットみたいな番組で跳ねたかもしれないです」カタールメディアの取材でウケたことを明かしている。

その姿はSNS上でも反響を呼んでおり、「マジでやってる」、「さすがです」、「最高」、「画面越しからせっせっせいや何なんじゃそりゃが聞こえてくる」、「この格好は…」と多くのファンからコメントが寄せられている。

W杯芸人として知られるお笑いコンビ「カカロニ」のすがやなおひろも試合後に自身のツイッターを更新。「しんどいけど切り替え!!!次の試合でまたぶちかまそう!!僕たちは選手が1ミリでも先に、0.1秒でも速く走れるよう、声で背中を押すだけ!!せいやさんと会えました!!」と日本の敗戦を悔やみつつ、せいやと現地で出会ったことを明かしていた。

1 2

関連ニュース
thumb

原口元気新天地デビューの裏でシュツットガルトが試合早々衝撃のOG…前半被シュート「0」でビハインド

シュツットガルトのギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノスが衝撃のオウンゴールを記録してしまった。 シュツットガルトは1月31日、DFBポカール3回戦で2部のパーダーボルンとのアウェイで対戦し、2-1で逆転勝ちを収めた。 失点は意外な形だった。開始早々4分、自陣右サイドの中央でスローインを受けたマヴロパノスは、相手のプレッシングを感じてノールックで強めのバックパスをすると、これが自ゴール枠内へ。GKフロリアン・ミュラーはゴールを外して位置を取っていたために間に合わず、想定外の長距離砲になってしまった。 なお、ボールを支配し続けたシュツットガルトは前半でパーダーボルンにフィニッシュを許さず、被シュート「0」のままビハインドで折り返すという珍しいスタッツも記録。70分にフェリックス・プラッテにあわやの場面を作られるまで、ゼロで抑え続けていた。 攻めあぐねていたシュツットガルトだが、86分にベンフィカから新加入のFWジウ・ディアスが技ありトラップからの同点弾を挙げると、追加タイム5分にCKからFWセール・ギラシーがヘディングでゴール。決めて劇的な逆転勝利を飾っている。 また、日本代表DF遠藤航、DF伊藤洋輝はフル出場。1月30日に加入が発表されたばかりの原口元気も後半頭からピッチへ立ち、早速の新天地デビューを飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトDFがやってしまったまさかの長距離オウンゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="H8QQx6MvPW4";var video_start = 28;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

南野拓実「もっと得点を重ねる」、アディダスが「シュート精度」に立ち返った「プレデター」の最新モデル「プレデター アキュラシー」を発表

アディダス ジャパン株式会社は1日、最新モデル「プレデター アキュラシー(Predator Accuracy)」を発表した。 アディダス フットボールが展開する『プレデター』は一般プレーヤーやアディダス アスリートからのフィードバックを活用し、1994 年から進化を続けてきました。そして今回は、アッパーの屈曲性を改良し、快適さを向上。3D プリントによるテクスチャ加工を施したアッパーが吸い付くようなグリップ力を生み、現代サッカーで求められるコントロール・キックを可能にした。 「プレデター」は、90 年のワールドカップ イタリア大会でのゴール数が少なかったことを受け、フットボールがよりエキサイティングなゲームになるよう、“ゴールを生むためのスパイク”として 94 年のアメリカ大会に向けて開発された。 最新モデルの「プレデター アキュラシー」は、そのプレデターの原点であり、ミリ単位のプレーが勝敗に大きく影響する現 代サッカーにおいて不可欠な「シュート精度」という機能性に立ち返ったモデル。一般のプレーヤーや、アディダス アスリートからの声を吸い上げ、様々な機能をアップデートしている。 「ハイディフィニショングリップ」、「ハイブリッドタッチアッパー」、「ファセットフレームツーリング」、そして「プラ イムニットカラー」のテクノロジーがキック精度の向上や、快適な履き心地、ピッチ上での安定を実現。機能的アップデートは、高精度のコントロールを可能にするだけでなく、キック時の自信をもたらすこととなる。 「プレデター アキュラシー」を着用する岩渕真奈は「プレデターは、フィット感と軽さが好きで、ずっと愛用してきました。表面のラバーがシュート精度をさらに高めてくれるところも、自信をもってシュートができます。この新しいプレデターでもっと得点を重ねて、更なる高みを目指したいと思います」とコメントしている。 また、南野拓実は「プレデターは、フィット感と軽さが好きで、ずっと愛用してきました。表面のラバーがシュート精度をさらに高めてくれるところも、自信をもってシュートができます。この新しいプレデターでもっと得点を重ねて、更なる高みを目指したいと思います」とコメントしている。 岩渕や南野の他、日本人選手では鈴木彩艷、藤野あおば、扇原貴宏、宮原和也が着用予定。海外選手では、ジュード・ベリガム、ペドリ、ガブリエウ・ジェズス、ワンディ・ルナール、ポール・ポグバ、マルコ・アセンシオ、ダビド・アラバなどが着用する。 <span class="paragraph-title">【写真】シュート精度を求めた「プレデター アキュラシー」</span> <span data-other-div="movie"></span> <a href="https://shop.adidas.jp/item/?collection=predator&sport=football&condition=6&category=footwear&order=1" target="_blank">気になる商品情報はこちらから</a> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/adidas20230201_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.02.01 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣相手に躍動した久保建英、ユニフォームを交換したレアルの選手は?

古巣であるレアル・マドリーとの対戦で高いパフォーマンスを見せたことが話題となっているレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、ユニフォーム交換をした相手も話題となっている。 1月29日、ラ・リーガ第19節でソシエダはマドリーとアウェイで対戦。久保は古巣対戦となったこの試合に先発出場した。 試合の4日前にはバルセロナともコパ・デル・レイで対戦しており、連続したビッグマッチとなったソシエダ。久保はトップ下でプレーした中、61分に抜け出してシュート。68分にはDF2人を突破して決定機を迎えるが、いずれもGKティボー・クルトワにセーブされてしまう。 上位対決でしっかりとしたパフォーマンスを見せた久保。高い評価を得ており、古巣復帰の話もスペインでは話題となっていた。 ゴールレスドローに終わった上位対決だが、ソシエダが舞台裏の映像を公開。その中で、久保は古巣の元チームメイトとユニフォーム交換を行っていたことがわかった。 その相手とは、ウクライナ代表GKアンドリー・ルニン。年齢が近いこともあり、マドリーの選手として参加したトレーニングキャンプなどでも仲の良い姿が見られていた。 試合後、ユニフォームを交換して喋る2人の姿が動画で捉えられており、仲の良さが感じられる。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がユニフォームを交換したレアルの選手は!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dy6RHaxAhBA";var video_start = 500;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

イスコの移籍消滅の理由は? ウニオン・ベルリンの幹部「最後に決めるのは選手本人」、クラブのレジェンドはスペインとドイツの違いと見解

ウニオン・ベルリンへの移籍が直前で破談となったスペイン代表MFイスコ(30)だが、その理由は契約内容の齟齬があったためだという。ドイツ『ビルト』が伝えた。 イスコは、バレンシアの下部組織出身で、マラガ、レアル・マドリーでプレー。2022年8月にセビージャへと完全移籍した。 今シーズンはラ・リーガで12試合2アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で6試合で1ゴール1アシスト、コパ・デル・レイで1試合に出場。しかし、2022年12月21日に契約を解除し退団していた。 そのイスコはウニオン・ベルリンへの移籍が迫り、1月31日にはメディカルチェックに合格。ただ、契約は結ばれずに終わった。 イスコのコンサルティングを担当する「Gestifute」は『ビルト』に対して「交渉相手は、最初に議論された枠組みの中での移籍をもはや望んでいない」とコメントしていた。 一方で、ウニオン・ベルリンのマネージャーを務めるオリバー・ルーネルト氏もコメントしている。 「イスコが一緒にいるところを見ておきたかったが、我々には限界がある。これまでの合意に反して時間が過ぎた。それによって移籍は行われない」 そんな中、ドイツ『スカイ・スポーツ』の解説者で、ウニオン・ベルリンのレジェンドでもあるトルステン・マトゥシュカ氏は金額の考え方の違いがあるとした。 「メディカルチェックに合格すれば、実際にはセーフティだ。だからこそ、そこはポイントではない。問題は、グロスとネットの違いの問題だった」 「スペインでは、サッカー選手としてネット契約しかないと思う。ドイツでは、グロス契約しか私はしたことがない」 「もし、そこを明確に議論していないのであれば、ウニオンはグロスで200万、イスコ側はネットで200万となっている。ドイツでは、それは小さな違いだ」 グロスというのは手数料を含めたものであり、ネットは純粋な金額。つまり、200万ユーロと言っても、グロスの場合はそこから手数料が引かれたものを手にすることになり、ネットは200万ユーロを手にすることができるというものだ。 ルーネルト氏はメディカルチェックの前に話し合ったとし、交渉はあったものの、結局はイスコ本人の決断だったと語った。 「具体的には、メディカルチェックを行う前に、あらゆることを話し合ったということだ。しかし、その後に契約内容の変更を要求された」 「交渉事は交渉事。結局、最後に決めるのは選手本人だ。ただ、彼は違う前提で動いていたんだと思う」 「2、3日前に考えていたことと、今の判断は変わってくる。ただ、もちろん残念なことではある」 2023.02.01 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

背番号「6」に変更のガビも安心できず?ラ・リーガは登録を受け入れるも裁判所に上訴、バルサに徹底抗戦

ラ・リーガは1月31日、バルセロナのスペイン代表MFガビ(18)の選手登録に関して声明を発表した。 バルセロナのカンテラ育ちのガビは18歳ながらすでにバルセロナで75試合に出場し3ゴール11アシストを記録。また、ルイス・エンリケ元監督に見初められ、スペイン代表デビューを果たすと、17試合に出場し3ゴールを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)でもチームを支える活躍を見せると、バルセロナは今冬にファーストチームの選手として登録しようと動いた。 しかし、慢性的な財政難を抱え、サラリーキャップに抵触するという理由でガビの登録をラ・リーガは拒否。しかし、バルセロナは要件を満たしていると裁判所へと訴えると、この訴えが認められ、冬の移籍ウインドーが閉じる1月31日に選手登録を果たしていた。 晴れてファーストチームの選手として登録されたガビには、チャビ・エルナンデス監督が現役時代に背負っていた「6」が渡され、ルール上着用できなかった番号をつけることに。ただ、ラ・リーガも黙っていなかった。 「1月31日の23時59分59秒までに、ガビをファーストチームのメンバーとして登録できるよう、バルセロナの裁判所が出した予防措置の採択について、バルセロナが声明を出したことを受けて、ラ・リーガはその内容を知らないこと、この予防措置は主張を述べる機会もないままに採択されたことを表明します」 「ラ・リーガは従わなければならず、予防的決議を遵守し、適切な時期に法廷で認定されるよう、裁判所が解除することに同意するための十分な事実上および、法的根拠があると考え、この措置に反対することを発表します」 ラ・リーガの主張によれば、バルセロナが訴えたことも知らず、知らない間に裁定が出て、認めていなかったガビの選手登録を認めざるを得ない状況になったとのこと。ただ、バルセロナには登録できない理由があるとし、上訴するというものだ。 ラ・リーガとしてはガビの登録を一旦は認めるが、再度裁定が下されれば、解除するということになる。 バルセロナはすでに背番号「6」のガビを発表。改めて裁判所がどういう決断を下すかで、大きな問題が生じることになる。 ガビは昨年9月に2026年までの契約を結び、契約解除条項には10億ユーロ(約1416億円)が設定されているが、今冬にファーストチームの選手登録ができなければフリーになるというもの。果たして裁判所はどういう結論を出すのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】背番号「6」に変更されたガビ、見られなくなる可能性も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">6AVI <a href="https://t.co/p9OXOpTgSF">pic.twitter.com/p9OXOpTgSF</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona_es) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona_es/status/1620475978215718912?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 14:53 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly