vol.5/イングランド代表【カタールW杯出場国ガイド】多士済々の充実スカッド、指揮官が捌き切れるか

2022.11.17 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。5カ国目は、イングランド代表を紹介する。◆イングランド代表
監督:ガレス・サウスゲイト
主将:ハリー・ケイン
予選成績:8勝2分け
W杯出場記録:7大会連続16回目
W杯最高位:優勝
FIFAランキング:5位

◆多士済済のスカッドを指揮官はマネジメントできるか
Getty Images

昨夏のユーロ2020ファイナリストが56年ぶりの優勝を狙う。予選では10試合で8勝2分け無敗で難なく本戦出場権を獲得したが、その後のUEFAネーションズリーグではドイツ、イタリア、ハンガリーと同居したグループで1勝もできずにリーグAからリーグBに降格することに。
W杯前に不安の残る結果となったが、純粋な戦力では屈指のスカッド。ケガで不参加となったリース・ジェームズやベン・チルウェルを除けばほぼフルメンバーが揃い、鼠蹊部の手術で10月初旬から戦線離脱中のカイル・ウォーカーがなんとかメンバー入り。そのほか、ヘンダーソンやマグワイアなど前回大会の経験者からサカやベリンガムなど売り出し中のヤングスターまで、バランスの取れたチーム構成となった。

ただ、それを率いるガレス・サウスゲイト監督の手腕には常に疑問符が置かれ、大会開幕前にもかかわらず、解任を望む声が多く挙がっている状況。クラブで調子が出ないマグワイアやスターリングを選出するあたり、やや頭の固い部分が垣間見える。

それでも、5人のマンチェスター・シティ勢を筆頭に、集ったメンバーは世界最高峰のリーグで鎬を削り合う猛者ばかり。サウスゲイト監督は相手によって[4-4-2]や[3-4-3]を使い分けて戦うが、どのシステムにも適応できるタレントが揃っている。

◆超WS的注目プレーヤー
FWフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
Getty Images

スリーライオンズの注目選手は22歳のフォーデン。4年前はクラブでトップチームでデビューしたばかりのひよっこだったが、この4年間で大きく成長。ジョゼップ・グアルディオラ監督の薫陶を受け、すっかりシチズンズに不可欠な存在となった。

元々はポリバレント性が魅力の選手だったが、ペップの指導でより攻撃センスに磨きがかかり、昨季はセンターFWを主戦場にリーグ戦14ゴールをマークした。そして今季は左ウイングをメインにサイドで起点を作りつつ、自らドリブルで敵陣を翻弄するスタイルが印象的に。イングランド代表でもフォーデンを中心にボールが回れば、攻撃のバリエーションも増えるはずだ。

◆イングランド代表メンバー26名
GK
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ニック・ポープ(ニューカッスル)
アーロン・ラムズデール(アーセナル)

DF
キーラン・トリッピアー(ニューカッスル)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ベン・ホワイト(アーセナル)
ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
エリック・ダイアー(トッテナム)
コナー・コーディ(エバートン)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)

MF
デクラン・ライス(ウェストハム)
ジュード・ベリンガム(ドルトムント/ドイツ)
カルヴァン・フィリップス(マンチェスター・シティ)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
コナー・ギャラガー(チェルシー)
メイソン・マウント(チェルシー)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
カラム・ウィルソン(ニューカッスル)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ラヒーム・スターリング(チェルシー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ)
ジェームズ・マディソン(レスター・シティ)

◆グループステージ日程
第1節
▽11/21
《22:00》
vsイラン

第2節
▽11/25
《28:00》
vsアメリカ

第3節
▽11/29
《28:00》
Vsウェールズ

関連ニュース
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

免停食らった2日後に運転… 71億円でニューカッスル移籍のゴードン、禁固刑の可能性も

ニューカッスルのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードンに禁固刑が科される可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 先月29日にエバートンからニューカッスルへの移籍が発表されたゴードン。移籍金は4500万ポンド(約71億1000万円)とも言われ、大きな期待を背負って新天地へとやってきた。 だが、移籍発表翌日の30日、ゴードンはニューカッスルのホームタウンであるタイン・アンド・ウィア州にて、運転免許証不提示によって6カ月の免停を食らった模様。にもかかわらず、その2日後にガールフレンドを乗せて運転する姿がキャッチされたとのことだ。 ゴードンは昨年にも駐車違反と速度超過で免停となっており、今回の件では最長6カ月の禁固刑が科される可能性もあるとのこと。まだ21歳とこれからキャリアを築いていく段階…悪癖は早いうちに捨てておく方が賢明だろう。 2023.02.05 15:14 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナムからレンヌに今季2人目… 22歳DFスペンスのレンタル移籍が目前に

トッテナムのU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)がスタッド・レンヌへレンタル移籍するようだ。イギリス『サン』が伝えている。 スペンスはフルアムの下部組織育ち。トッテナムには昨夏にミドルスブラから移籍金2000万ポンド(約32億1000万円)で加入も、アントニオ・コンテ監督が要求した補強ではなく、公式戦6試合計43分間の出場にとどまっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンヌへのレンタルは今季限りの半年間のみ。レンヌには昨夏、トッテナムからウェールズ代表DFジョー・ロドンが1年レンタルで加入しており、同選手は主力としてプレーしている。 なお、スペンスにはレスター・シティやブレントフォード、リヨンなど、国内外から数多くのレンタル申請があったものの、トッテナムは買い取りオプションや買い取り義務の付帯を拒否してきたとのことだ。 2023.01.31 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

マグワイアに打撃? L・マルティネスがリンデロフとの連携に好感触「2人で良い仕事ができる」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスは、DFビクトル・リンデロフとの連携に好感触を得ているようだ。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決め、45分には新戦力FWワウト・ヴェグホルストが加入後初ゴールを記録する。 試合終盤にもダメ押し点を決めて3-0の完勝に。フル出場したL・マルティネスは試合後、センターバックでコンビを組んだリンデロフとの連携に好感触を得ていると語った。 「チーム全体が素晴らしいプレーを披露したと思う。もちろん改善点はたくさんあるけどね。何はともあれ、試合をコントロールし、良い結果を手にした。リンデロフとは日頃の練習から連携を図っているから、2人で良い仕事をこなせるよ」 イギリス『ミラー』はこのコメントを「マグワイアに打撃を与える」ものとして紹介。累積警告でこの一戦に不在だったDFハリー・マグワイアはここ数年、そのパフォーマンスに批判が集まり、昨夏以降は控えに降格している。 今冬ないし夏の退団が取り沙汰されるなか、イングランド代表として臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では実力をいかんなく発揮していただけに、手放すには惜しい存在。キャプテンの巻き返しに期待したい。 2023.01.27 17:36 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly