クロースが弾丸ミドル含む1G1A! クルトワまたも完封逃すもマドリーが3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

2022.11.11 07:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第14節、レアル・マドリーvsカディスが10日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。

マドリーは前節、ラージョとのマドリード自治州ダービーに2-3で競り負けて今季リーグ戦初黒星。バルセロナに2ポイント差で抜かれ、首位陥落となった。

カタール・ワールドカップ中断前最後の一戦となったホームゲームでは、降格圏の19位に沈むカディス相手にバウンスバックの勝利を目指した。アンチェロッティ監督は中2日での一戦に向け、先発2人を変更。カルバハルとアセンシオに代えてサスペンション明けのクロース、ルーカス・バスケスを起用した。
前から圧力をかけつつ、守備時は自陣に堅固なブロックを敷くカディスが良い入りを見せる。これに対して、マドリーはロドリゴやモドリッチがミドルレンジのシュートで牽制していく。

70%を超えるボール支配率で押し込むホームチームだが、ヴィニシウスの仕掛けや、右サイドのバルベルデを起点としたコンビネーションプレーはうまく相手に対応され、アタッキングサードで攻めあぐねる状況が続く。

その後もアレホを中心にハードコンタクトを厭わないアウェイチームの肉弾戦に手を焼くホームチームは、ヴィニシウスらがフラストレーションを溜めていく。そして、そのヴィニシウスに加え、ミリトンとアラバの両センターバックにイエローカードが出る嫌な状況に。

それでも、リーグ3戦ぶりの勝利に向けて気概を見せるアンチェロッティのチームは前半の内にゴールをこじ開ける。40分、左CKの二次攻撃でボックス手前左のクロースが正確なボールをゴール前に入れると、オフサイドぎりぎりで飛び出したミリトンがゴール右隅へヘディングで流し込み、2試合連続ゴールとした。

ミリトンの今季3点目によって1点リードで試合を折り返したマドリーは、後半も危なげなく試合を進めていく。54分にはボックス内のバルベルデに決定機も、ここはDFの決死のブロックに阻まれて早い時間帯の追加点には至らない。

以降はピンチこそないものの、決定機まであと一歩という状況が続いたが、後半半ばに圧巻のゴラッソでカディスを突き放す。70分、再びCKの二次攻撃からロドリゴのパスが相手に当たってボックス手前に浮き球の形でこぼれると、これをクロースが右足ダイレクトで合わせる。抑えの利いた鋭いボレーシュートがゴール左隅を射抜いた。

クロースの鮮烈な今季初ゴールで余裕の出てきたマドリーは、積極的に攻撃的なカードを切って前がかる相手に対してカウンターからチャンスを作り出す。79分には数的優位のカウンターからボックス左に抜け出したヴィニシウスが完璧な折り返しを送るが、名手モドリッチがゴール至近距離からのシュートを枠の右に外してしまう。

すると、この決定機逸で流れが変わったか、82分にはボンゴンダのミドルシュートをGKクルトワが前にこぼすと、ネグレドのシュートは何とかはじき出すが、さらにこぼれに詰めたルーカス・ペレスに押し込まれる。

この失点によって守護神クルトワがまたしても今季リーグ初のクリーンシートを逃した中、アンチェロッティ監督はロドリゴ、モドリッチ、バスケスを下げてセバージョス、カマヴィンガ、ナチョを続けてピッチへ送り込む。

試合終了間際にはネグレドの浮き球パスに抜け出したエスピーノにゴール前フリーでヘディングシュートを許すピンチを招いたが、これは相手のシュートミスに救われ、事なきを得る。

そして、格下相手に苦戦を強いられながらもクロースの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切ったマドリーがリーグ3試合ぶりの白星。首位バルセロナとの2ポイント差を維持して中断期間に入ることになった。

関連ニュース
thumb

マドリーに朗報!守護神クルトワが復帰、至急CWC開催中のモロッコへ

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワがケガから復帰するようだ。スペイン『fichajes』が伝えている。 5日に行われたラ・リーガ第20節のマジョルカ戦のウォーミングアップ中に負傷したクルトワ。股関節を負傷し、モロッコで行われているクラブ・ワールドカップの参加メンバーからも外れることになった。 そのマジョルカ戦は1-0の敗戦となった中、早くもクルトワがチームに復帰するようだ。8日に行われる準決勝のアル・アハリ戦は間に合わないものの、11日の決勝に進むことができれば、クルトワもモロッコの地でプレーできる。 なお、マドリーはクルトワの他にもカリム・ベンゼマとエデル・ミリトンが負傷で不参加となっている。 2023.02.08 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「モロッコはファンも環境も最高」アンチェロッティがCWCへ意気込み「トロフィーを持って帰れたらもっと最高」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、クラブ・ワールドカップへの意気込みを語っている。クラブ公式がコメントを伝えた。 現在モロッコで開催中のCWC。準決勝からの参戦となるヨーロッパ王者のマドリーは8日にアフリカ王者のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 ここ9年間で5度目の出場となるが、アンチェロッティ監督は他国のファンに戦う姿を見せられる貴重な機会だと重要視。対戦相手のアル・アハリにも最大限の敬意を払った。 「クラブワールドカップは非常に重要なイベントであり、それは我々がうまくいったことを意味する。モロッコには多くのファンがおり、とてもエキサイティングな試合になるだろう。彼らを喜ばせ、素晴らしいシーズンの最後を飾るチャンスがある。今シーズンに向けての良い弾みになるだろうし、達成しなければならないことがたくさんある」 「モロッコのファンからはたくさんの愛をもらっているよ。施設もいいし、天気もいいし...。ここに来られて感激している。1週間ここにいて、トロフィーを持ってマドリードに帰れたらもっと最高だ」 「アル・アハリは歴史あるチームであり、世界のサッカー界で最も重要なチームの一つだ。組織力があり、巧みな選手もいて、拮抗した試合になるだろう。我々と同じように、彼らも勝利を望んでいる。特にアフリカのサッカー界でこれほど強い歴史を持つクラブには、他の選手と同様に敬意を抱いている」 なお、勝利したチームは11日の決勝戦で史上初の決勝進出を決めたアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦する。 2023.02.08 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、下部組織から18歳アルバロ・ロドリゲスの昇格を議論… 中井卓大の同僚でU-20ウルグアイ代表FW

レアル・マドリーが、U-20ウルグアイ代表FWアルバロ・ロドリゲス(18)の昇格を議論しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アルバロ・ロドリゲスは2020年夏にジローナの下部組織からマドリーの下部組織へと加入。今季はU-19日本代表MF中井卓大らとともにカスティージャでプレーしており、今年1月に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)の3回戦ではファーストチームデビューを果たしている。 現在はコロンビアで開催中のU-20南米選手権にU-20ウルグアイ代表として参戦中で、ここまで5試合で5得点1アシストと活躍中。その若武者が、来季から正式なファーストチーム昇格を掴むかもしれないという。 マドリーはアルバロ・ロドリゲスについて、恵まれた体格(193cm)と優れた嗅覚があると評し、FWカリム・ベンゼマら既存のストライカーとは異なるタイプと認識。来季はベンゼマのバックアッパーとして計画されているとみられている。 一方、選手に近いチーム関係者からは昇格を急ぐべきではないとの見方も。改善ポイントがたくさんあるものの、恵まれた体格や日々の姿勢、野心など、多くの武器も兼ね備えており、少しずつ向上を図っている最中とのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】後方からのボールをダイレクトボレーで叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Una volea espectacular! Doblete de Álvaro Rodríguez para <a href="https://twitter.com/Uruguay?ref_src=twsrc%5Etfw">@Uruguay</a> en la CONMEBOL <a href="https://twitter.com/hashtag/Sub20?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sub20</a>. <a href="https://t.co/Zq4SJRKcfO">pic.twitter.com/Zq4SJRKcfO</a></p>&mdash; CONMEBOL.com (@CONMEBOL) <a href="https://twitter.com/CONMEBOL/status/1622728197027643394?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがダンフリースに関心、インテルは今夏も選手売却で財源確保の動き

レアル・マドリーが、インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)に関心を寄せているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダンフリースは2021年夏にPSVからインテルへ移籍。加入1年目は当初こそ戦術への適応に苦しむも、徐々に右ウィングバックで定位置を掴み、セリエA33試合で5ゴール5アシストを記録した。 だが、財政難にあえぐクラブによって加入からわずか1年後に換金対象と位置づけられ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍が噂に。昨夏はなんとかダンフリース本人も希望する残留に落ち着いた。 そして現在、マドリーはスペイン代表DFダニエル・カルバハル(31)の定位置を取って代われる人材を探しており、ダンフリースを4000万ユーロ(約56億8000万円)と評価しているという。 また、イタリア『トゥットスポルト』によると、インテルは引き続き財源の確保に取り組んでおり、今夏は選手の売却によって6000万ユーロ(約85億1000万円)の回収を目指しているとのことだ。 2023.02.07 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガがレアルFWヴィニシウスへの人種差別行為に声明…ファンを特定して法的措置へ

ラ・リーガは6日、マジョルカvsレアル・マドリーの試合で起こった人種差別行為について調査すると発表した。 事件が起こったのは5日に行われたラ・リーガ第20節。マジョルカのホームで行われたマドリーとの試合だ。 この試合では、マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対して人種差別的な侮辱が行われたとのこと。マジョルカと協力して調査。適切な法的措置をとるとした。 ラ・リーガは、人種差別行為をしている人を特定するため、画像や映像を持っているファンへの協力を呼びかけている。 「ラ・リーガは今回の出来事を断固として非難し、以前と同様に、必要な苦情を申し立て、直接出頭し、その権限の範囲内で、あらゆる種類の人種差別行為、行動、または事件に対して戦い続けます」 「ラ・リーガは、ピッチ内だけでなくピッチ外でも、この種の行動と戦い、スポーツのポジティブな価値を促進することに何年も費やしてきています」 マジョルカもこの件に対して声明を発表。「あらゆる種類の侮辱や人種差別の行為に対して常に立ち向かい、ラ・リーガと協力して人種差別的な発言をした者を特定し、適切な法的措置を講じます」としている。 2023.02.07 12:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly