【プレミア注目プレビュー】古巣初対戦オーバに注目のビッグロンドンダービー!

2022.11.06 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、チェルシーvsアーセナルが、日本時間6日21:00にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。過密日程の中で迎える今季最初のビッグロンドン・ダービーだ。チェルシー(勝ち点21)は前節、ポッター監督の古巣であるブライトンを相手に1-4の惨敗。公式戦10試合目にして新体制での初黒星を喫すると共に、リーグ3戦未勝利で順位を6位まで落としている。

消化試合となったチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦はFWスターリング、MFザカリアのデビュー戦ゴールで2-1と競り勝って白星を取り戻したが、EFLカップのマンチェスター・シティ戦を挟んで行われる首位チーム、4位のニューカッスルとの中断前の連戦は今後のチームの浮沈を占う重要なものとなる。
対する首位のアーセナル(勝ち点31)は、ヨーロッパリーグ(EL)のPSV戦で10試合ぶりとなる今季公式戦2敗目を喫するなど、ここにきて過密日程によるパフォーマンスの低下が顕著な中、前節は最下位のノッティンガム・フォレスト相手に今季最多5ゴールを挙げての圧勝。伏兵ネルソンの2ゴール1アシストの活躍もあって久々に内容の伴った結果を手にした。直近のチューリッヒ戦では公式戦8試合無得点と決定力を欠くエースFWガブリエウ・ジェズスを筆頭に、再び振るわないパフォーマンスとなったが、1-0で勝ち切って目標だったグループ首位通過を決めた。

来週末の相手は降格圏のウォルバーハンプトン相手ということもあり、今回のダービーで勝ち点3を獲得できれば、首位で中断期間に入れる可能性が高い。今季ここまで2勝の対ビッグ6戦はいずれもホームゲームでの勝利となっており、ブリッジでのアウェイゲームでは1-3で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦の教訓を生かしたいところだ。

なお、昨シーズンのリーグ戦の対戦は1勝1敗の五分。アーセナルホームの初戦はチェルシーが2-0、チェルシーホームの2戦目はアーセナルが4-2で勝利している。また、ポッター監督とアルテタ監督の対戦成績は2勝1分け2敗と互角となっており、今回のダービーも拮抗した展開となりそうだ。

◆チェルシー◆
【3-4-2-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:メンディ
DF:チャロバー、チアゴ・シウバ、クリバリ
MF:アスピリクエタ、ジョルジーニョ、コバチッチ、ククレジャ
MF:マウント、スターリング
FW:オーバメヤン

負傷者:GKケパ、DFリース・ジェームズ、フォファナ、チルウェル、MFカンテ、ザカリア、チュクエメカ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはカンテやフォファナの長期離脱組に加え、直近で負傷した守護神ケパ、チルウェル、チュクエメカが欠場となる。

システムに関しては直近のディナモ・ザグレブ戦では[4-3-1-2]を採用したが、[3-4-2-1]に戻す可能性が高い。

スタメンは前述の11人を予想したが、ロフタス=チークが右ウイングバックかコンディションに不安を抱えるコバチッチに代わってセントラルMFに入る可能性もある。前線に関してもオーバメヤンかスターリングがベンチスタートとなり、ハヴァーツが最前線あるいはシャドーに入る形も想定される。

◆アーセナル◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ラムズデール
DF:ホワイト、サリバ、ガブリエウ、ティアニー
MF:トーマス、ジャカ
MF:サカ、ウーデゴール、マルティネッリ
FW:ガブリエウ・ジェズス

負傷者:GKターナー、DF冨安健洋、MFスミス・ロウ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては控えGKターナーとスミス・ロウに加え、チューリッヒ戦で筋肉系のトラブルに見舞われた冨安が欠場する見込みだ。

スタメンは前述のベストメンバーの起用が濃厚だが、ティアニーの状態次第でチューリッヒ戦でベンチに戻ってきたジンチェンコの起用も考えられる。

★注目選手
◆チェルシー:FWピエール=エメリク・オーバメヤン
Getty Images

古巣初対戦で結果残せるか。今回のビッグロンドン・ダービーの主役は、2018年1月から2021年1月までの3年間アーセナルに在籍し、エースストライカーと共にキャプテンを担ったオーバメヤンだ。

在籍期間に163試合92ゴール21アシストという圧倒的な数字を残し、2018-19シーズンにはクラブに久々のリーグ得点王のタイトルをもたらした33歳FWだが、バルセロナ移籍直前には度重なる規律違反、ドレッシングルームでの尊大な振る舞いもあって完全に干されると、最後は喧嘩別れの形での契約解除となった。さらに、後に過去の発言と弁明したものの、アルテタ監督は「大物を相手にできない」との批判的なコメントが見出しを飾ったこともあり、対立構造に拍車がかかっている。

チェルシー加入後はコンディションの問題や指揮官交代の影響もあって、ここまで公式戦11試合3ゴール1アシストと、本領発揮には至っていない。ただ、直近のディナモ・ザグレブ戦ではまずまずの動きを見せており、古巣初対戦のモチベーションをプラスに変えて決定的な仕事を果たしたい。

◆アーセナル:MFトーマス・パルティ
Getty Images

中盤支配と共に今季3発目の“トーマス砲”狙う。アトレティコ・マドリー時代には“無事之名馬”とばかりにフル稼働が続いたガーナ代表だが、消耗が激しいプレミアリーグ移籍後は度重なる離脱を繰り返す。それでも、出場試合では攻守両面で安定したパフォーマンスを披露し、ガナーズの中盤の底に君臨している。

今季は守備時こそジャカが並ぶ形となるが、攻撃時はアンカーとしてディフェンスラインと中盤、前線の繋ぎ役として的確な配球、ポジショニングで周囲を生かし、攻撃のリズムを司る。さらに、チームが押し込む展開が多い中で、トッテナムとのダービー、直近のフォレスト戦では相棒のスイス代表の代名詞であるミドルシュートで2ゴールと決定的な仕事も果たしている。

今回のダービーではカンテが不在となるものの、ジョルジーニョ、コバチッチに加え、前線と中盤のリンクマンとなるマウントという実力者を相手に中盤の攻防が勝敗のカギを握る。超過密日程ということもあり、互いに前線からプレスをかけ続けるハイインテンシティの展開は考えにくく、攻守両面でのバランス、局面における状況判断がより重要視される中、ガーナ代表によるかじ取りが普段以上に重要となるはずだ。さらに、今季3発目の“トーマス砲”にも期待がかかる。

関連ニュース
thumb

チェルシー、エンソ・フェルナンデス獲得に向けリスボンでのメディカルチェックを準備

チェルシーが、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得へ最後の勝負に出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今冬の移籍市場で超大型補強を敢行しているチェルシー。だが、中盤の目玉補強と目されたフェルナンデス獲得は、ベンフィカの徹底抗戦によって交渉が長期化。 しかし、移籍市場閉幕間際に最後の勝負に出たブルーズは、1億2000万ユーロ(約170億円)に設定された契約解除金の満額支払いを決断。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカとの交渉は平行線を辿っている。 それでも、イタリア代表MFジョルジーニョ(31)をアーセナルに売却する決断を下したクラブは、幾つかの保険を用意しながらもフェルナンデス獲得に全力を注いでおり、粘り強くクラブ間交渉を継続。 さらに、『スカイ』によると、チェルシーは年俸1000万ユーロ(約14億1000万円)の7年半契約で個人間合意に至るフェルナンデスのメディカルチェックをリスボンで実施する準備を進めており、デッドライン・デーぎりぎりでの交渉成立を目指しているようだ。 2023.02.01 01:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセン離脱のユナイテッド、緊急補強としてザビッツァーの名前浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の緊急補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いているという。 2020年の夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっている。 なお、ザビッツァーに関してはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得が難航するチェルシーからの関心からも伝えられるが、現在は別のターゲットの獲得を考慮している模様だ。 2023.01.31 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムがチェルシーのU-19イングランド代表FWスーンサップ=ベルを獲得、2025年6月までの契約に

トッテナムは31日、チェルシーのU-19イングランド代表FWジュード・スーンサップ=ベル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年6月までの2年半となる。 スーンサップ=ベルは、タイにもルーツを持つイングランド人。チェルシーではU-13のアカデミーに参加。2021年初めにプロ契約を結んだ。 チェルシーのファーストチームでは1試合の出場経験があり、現在はU-21チームでプレー。U-21チームでは公式戦40試合で5ゴール2アシストを記録している。 世代別のイングランド代表ではU-15からU-19までプレー。将来も期待されるストライカーだ。 2023.01.31 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカはエンソ・フェルナンデスを死守できるのか…テクニカル・ディレクターがプランBへ移行か

アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの流出を阻止したいベンフィカ。移籍市場閉幕直前にして動きがあったようだ。ポルトガル『レコルド』が報じている。 チェルシーからフェルナンデスに対する猛烈なアプローチを受けているベンフィカ。契約解除金の1億2000万ユーロの満額支払いを求める姿勢を崩さず、一度はチェルシーを跳ね除けたに思われた。 しかし、移籍市場のタイムリミットに向けてチェルシーが一気に勝負を仕掛けてきた。今度は解除金を満額用意。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカはなおも首を縦に振らずにいる。 だが、当の本人はというとチェルシー行きを希望している模様。ここに来て流出の可能性が高まる中で、『ESPN』はボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人MFアラン・バレラや、サッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ、フェイエノールトのトルコ代表MFオルクン・コクチュの名前を挙げ、アルゼンチン代表MFの後釜となりうる候補の情報を伝えている。 そして、『レコルド』の最新の情報によれば、ベンフィカのテクニカル・ディレクターであるルイ・ペドロ・ブラス氏が、フェルナンデスがチェルシーに移籍する場合に備え、プランB実行のためにポルトガルを離れたようだ。 もちろん、真意は定かではないが、同メディアは「新戦力確保に向けた動き」と捉えており、チェルシーにとって有利な状況になったと主張している。 2023.01.31 17:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly