守護神ノイアー復帰バイエルン、絶好調チュポ=モティングのドッペルパックで逃げ切り勝利《ブンデスリーガ》

2022.11.06 01:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは5日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-2で逃げ切った。

前節マインツ戦を6発圧勝とし、首位ウニオン・ベルリンを1ポイント差で追う2位バイエルン(勝ち点25)は、守護神ノイアーが約1カ月ぶりに復帰。前線は最前線にチュポ=モティング、2列目は右からニャブリ、ミュージアラ、マネと並べた。

14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点11)に対し、バイエルンは12分に先制する。マネのパスをボックス右で受けたミュージアラが冷静にシュートを決めきった。
さらに24分、マネがGK強襲のシュートを浴びせると37分にリードを広げた。ゴレツカのシュートのルーズボールをチュポ=モティングが押し込んだ。

さらに1分後、マネが持ち上がって右サイドへ展開。ボックス右のニャブリの折り返しをチュポ=モティングが押し込んで3-0とした。

絶好調チュポ=モティングのドッペルパックで余裕の展開に持ち込んだかに思われたバイエルンだったが、40分に失点。リヒターの右クロスからルケバキオにボレーでネットを揺らされるとさらに42分にはPKを献上。

スローインを受けにかかったボックス内のゼルケの足をパヴァールが踏んでしまった。これをゼルケに決められ、3-2で前半を終えた。

迎えた後半、57分にチュポ=モティングがネットを揺らすもVARの末にオフサイドで4点目を奪えなかったバイエルン。

終盤にかけてはヘルタの攻勢を受ける展開となったが、凌ぎ切って逃げ切り。リーグ戦4連勝としている。

関連ニュース
thumb

バイエルン電撃移籍のカンセロがペップとの確執否定 「ペップとの関係とこの決断はなんの関係もない」

マンチェスター・シティからバイエルンに電撃移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)が、一部で報じられたジョゼップ・グアルディオラ監督との確執を否定した。 2019年夏の加入以降、シティの両サイドバックの主力を担ってきたカンセロ。とりわけ、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される攻撃時の複雑なタスクを完璧にこなし、一時は世界最高の攻撃的サイドバックとの評価も受けた。 しかし、今季途中から若手のリコ・ルイスの台頭やナタン・アケのサイドバック起用が機能したことで、徐々に出場機会を失ったポルトガル代表DFは、今冬の移籍市場最終日に6150万ポンド(約98億8000万円)の買い取りオプションが付帯する、今シーズン終了までのレンタルでドイツ王者に新天地を求めることになった。 今回の移籍の経緯に関しては、出場機会を失った際の姿勢に不満を抱いた指揮官と、徐々にフラストレーションを溜めたカンセロが、ここ最近に入って衝突したことが移籍の原因と報じられていた。 しかし、カンセロは加入後のバイエルンの公式インタビューを通じて、移籍のキッカケとして出場機会減少を認めた一方、指揮官との確執を否定している。 「この数週間、出場時間が限られていたため、僕はこのような形で変化を求めたんだ。そして、監督との関係、ペップとの関係とこの決断はなんの関係もないよ」 「それは僕が求めていたこと、もっと試合に出たい、バイエルンのようなビッグクラブでプレーしたい、そして新しい冒険のために旅立ちたいと思ったんだ」 「今話したように、僕はここにいられてとても幸せだよ。ビッグクラブであり、多くの歴史を持つ、このクラブを代表してプレーするプレーヤーになれて、とてもとても幸せさ」 2023.02.01 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセン離脱のユナイテッド、緊急補強としてザビッツァーの名前浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の緊急補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いているという。 2020年の夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっている。 なお、ザビッツァーに関してはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得が難航するチェルシーからの関心からも伝えられるが、現在は別のターゲットの獲得を考慮している模様だ。 2023.01.31 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがシティのポルトガル代表DFカンセロをレンタル移籍で獲得、98.8億円の買取オプション付き

バイエルンは31日、マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 今シーズン終了までの契約となり、背番号は「22」を着用する。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば6150万ポンド(約98億8000万円)の買い取りオプションが付帯しているという。 カンセロはベンフィカの下部組織育ちで、そのままファーストチームに昇格。バレンシアやインテル、ユベントスでのプレーを経験し、2019年8月にシティへと完全移籍で加入した。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で左右のサイドバックで起用されるカンセロは、サイドバックながらビルドアップ時にはボランチやインサイドハーフの位置に入ってパスを受け、相手の守備陣形を崩す役割を担い、偽サイドバックと呼ばれる戦術を体現していた。 シティではこれまで公式戦154試合に出場し9ゴール22アシスト。今シーズンも左右のサイドバックで公式戦26試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 カンセロはクラブを通じてコメントしている。 「バイエルンは偉大な​​クラブであり、世界最高のクラブの1つだ。チームで素晴らしい選手たちと一緒にプレーできることは、僕にとって大きなモチベーションだ」 「このクラブ、このチームはタイトルのために生き、タイトルを獲得することを知っている。僕は成功へに飢えている。バイエルンのために最善を尽くしたいと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】カンセロがバイエルンに到着!ユニフォームを早速着用!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> <a href="https://t.co/Zl8900o30p">https://t.co/Zl8900o30p</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://t.co/OppwjX5TW6">pic.twitter.com/OppwjX5TW6</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1620381824626180096?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.31 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団希望のパヴァール、カンセロ加入でバルサ移籍に一歩前進?

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)はバルセロナ移籍に一歩近づいたようだ。 パヴァールは今季のブンデスリーガで15試合、チャンピオンズリーグ(CL)でグループステージの全6試合に出場するバイエルンの主力DF。だが、右サイドバック起用が中心の現状に不満を抱き、契約延長を拒否しているとされる。 契約は2024年6月までで、今夏のバルセロナ移籍が取り沙汰されている状況。そんななか、バイエルンはマンチェスター・シティからポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)のレンタル獲得が目前になったと伝えられ、これがパヴァール退団を後押しするようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』は「カンセロの到着がバヴァールを隅に追いやる」と表現。今冬の移籍市場閉幕が迫るなか、カンセロは駆け込みでバイエルンへ加入するとされ、その裏では今夏の移籍を念頭に置いたパヴァールとバルセロナの話し合いが進む。 バルセロナはすでにパヴァール獲得に本腰。代理店を通じてカンセロのバイエルン行きを事前に察知していたことも大きな理由とされる。 2023.01.31 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

カンセロが急転直下のバイエルン行き…ペップとの軋轢が原因か

バイエルン行き間近とされているマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)だが、その背景にはジョゼップ・グアルディオラ監督との仲違いがあったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 締め切りが間近に迫り、より活発化している今冬の移籍市場。多くのクラブが最後の追い込みをかける中、急浮上したのがポルトガル代表DFのバイエルン行きというビッグディール。 降って沸いたような話だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、すでにバイエルンとシティはレンタルで合意しており、7000万ユーロ(約98億8000万円)の買取オプションも付帯するという。 ここまでの大物選手にしては随分あっさり決まりそうだが、それは指揮官との軋轢が原因とのこと。カタール・ワールドカップ以降、激減しているカンセロの出場時間。若手のリコ・ルイスの台頭やネイサン・アケのサイドバック起用が奏功したことも理由だが、本人の態度に指揮官は不満を抱いていたと『デイリー・メール』は主張している。 次第にカンセロもストレスを抱えるようになり、27日に行われたFAカップのアーセナル戦でもベンチスタートが告げられると怒りが爆発。ついに2人は衝突してしまったようだ。 グアルディオラ監督は度々「不満のある選手はチームに入るべきではない」とコメントしており、カンセロが移籍希望を伝えるとスペイン陣指揮官は抵抗することなく古巣への移籍を認めたという。 なお、後任に関しては、シティの情報筋は現スカッドで十分事足りると自信を持っており、今冬に急いで獲得するつもりはないようだ。 2023.01.31 15:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly