デビュー戦即ゴールの長谷川唯、シティ初の日本人スコアラーをチームメイトも祝福しクラブもピックアップ

2022.10.18 19:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティでのデビューを飾ったなでしこジャパンMF長谷川唯は、早くも信頼を勝ち取っているようだ。先月8日にウェストハムから電撃加入した長谷川は、足首のケガのため開幕2試合は欠場が続いていた。

だが、16日に行われたFA 女子スーパーリーグ(FAWSL)第4節のレスター・シティ戦で満を持して先発に名を連ね、シチズンズ初の日本人選手としてデビューを果たした。
[4-3-3]の中盤の底で起用された長谷川は、序盤は厳しいマークに遭いながらも、相手を引き連れることでセンターバックが持ち上がるスペースを作るなど、オフザボールでの賢さを見せると、次第にボールタッチ数も増加。セカンドボールの回収役としても存在感を見せると、1点リードで迎えた74分には追加点の起点となり、3点差とした88分には加入後初ゴールも奪う。

ボックス手前でボールを受けた長谷川は、ファーストコントロールで相手を右へかわすと、そのままボックス際から右足でミドルシュート。力強く振り抜いた一撃はゴール左の絶妙なコースに決まり、日本が誇るファンタジスタはマンチェスター・シティの選手としてゴールを決めた最初の日本人選手となった。

ゴールシーンはフォロワー数3500万人を超える男子チームのインスタグラムでも紹介され、すでに多数の祝福や驚きのコメントが届いている。

シティはホームでの初戦を4-0と大勝。長谷川のゴールをお膳立てした右サイドバックのオランダ女子代表DFカースティン・カスパリジも試合後に「ホーム初戦、勝ち点3、無失点、ユイがデビュー戦にして初ゴール。みんなが私と同じように楽しんでくれたことを願っています!」と綴ると、長谷川も「カースティンありがとう」と返している。

開幕2連敗スタートとなったシティだが、長谷川の復帰とともに今季初の3ポイントを獲得。指揮官も 「彼女はトッププレーヤーだ」と太鼓判を押しており、今後もチームの心臓として、活躍が期待される。


関連ニュース
thumb

メッシvsネイマールにイニエスタも!日本開催11年クラブW杯決勝の写真が再脚光「この2人が親友となり最強3トップになるとは」

懐かしい1枚が脚光を集めている。 2011年12月、日本では3年ぶり5回目のクラブ・ワールドカップが行われた。横浜国際総合競技場での決勝戦のカードはサントスvsバルセロナ。準決勝で開催国・柏レイソルを退けた南米王者と、アジア王者のアル・サッド(カタール)を下した欧州チャンピオンが激突した。 リオネル・メッシ(現:パリ・サンジェルマン)やアンドレス・イニエスタ(現:ヴィッセル神戸)らを擁し、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現:マンチェスター・シティ監督)率いるスター軍団に、ネイマール(現:パリ・サンジェルマン)を筆頭としたサントスが挑むという構図は、メッシやチャビ・エルナンデス(現:バルセロナ監督)のゴールなどでバルセロナが4-0と快勝した。 『433』は表彰台に並ぶメッシ、ネイマール、チャビの3人や歓喜するグアルディオラ監督、トロフィーを掲げるカルレス・プジョール(引退)の姿などを公開。「2011年のクラブワールドカップは伝説的だった」と紹介している。 「思い出深い」との1枚には当時のバルセロナを思い、「ネイマールvsプライムバルサ」、「彼らはこの時点で無敵でした」と残すファンや、「若きネイマールは誰にも止められない」、「ネイマールの髪」など、10代で注目を集めていたブラジルの至宝を懐かしむ声も。「この時の2人が親友となり、史上最強3トップの一員になるとはね」などのコメントも寄せられた。 現在はクラブ・ワールドカップ2022がモロッコで開催中。7日から8日にかけては準決勝が行われる。 南米勢のフラメンゴはサウジアラビアのアル・ヒラルと、欧州組のレアル・マドリーはエジプトのアル・アハリと対戦するが、栄光をつかむのはどのクラブになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】11年クラブW杯、メッシ、ネイマール、チャビの3ショットなど</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoVjzU3re1r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.07 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

財務違反疑いのシティを調査する第三者委員会、トップはまさかのアーセナルファン

マンチェスター・シティの財務違反を調査する第三者委員会のトップをアーセナルファンが務めるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 2009年から2018年までの間に100件を超える財務規則違反を行った疑いがあるとして、6日にプレミアリーグから告発されたシティ。ペナルティとしては今季の勝ち点や過去のタイトルの剥奪、補強禁止などが考えられている。 シティ側は声明で違反を否定しているものの、第三者に調査が委ねられることとなり、最悪の場合、プレミアリーグからの除名というこの上ない厳しい措置もあり得るとされる。 調査に当たる第三者委員会の委員長に任命されたのは、法律の専門家であるマレー・ローゼン氏。過去に法廷判事を務めた経験も有する同氏は、現在はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)で仲裁人を務め、そして熱心なアーセナルファンだという。 ローゼン氏が愛するアーセナルは現在、プレミアリーグで首位に立ち、2位シティとは5ポイント差。仮にもシティの勝ち点が剥奪されれば、限りなくアーセナルの19年ぶり優勝が近づくこととなるが、果たして…。 <span class="paragraph-title">【写真】第三者委員会のトップを務めるマレー・ローゼン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal member will chair independent commission into Man City after they’re charged with financial rule breaches <a href="https://t.co/gBxn7pBVH1">https://t.co/gBxn7pBVH1</a></p>&mdash; The Sun Footbal(@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1622626559470206977?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「クラブの選択を間違えたかも」既に25ゴールのハーランドのクラブ選びミスの可能性をキャラガー氏が指摘「彼の60%しか…」

初めて挑戦したプレミアリーグで衝撃的なゴールを記録しているノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。しかし、マンチェスター・シティ加入は間違っているかもしれないという意見もあるようだ。 ドルトムントからシティへと今シーズン加入したハーランド。レアル・マドリーやバルセロナへの移籍も取り沙汰されていた中で、シティを選択した。 世界最高峰と言われるプレミアリーグ初挑戦ながら、20試合で25ゴール3アシストと驚異的なスタッツを残し、既に4度のハットトリックを記録するなど、超人ぶりを発揮している。 しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』の解説者であり元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏は、シティにいることでその能力を最大限発揮できていないのではないかとコメント。クラブ選びを間違った可能性があると指摘した。 「アーリング・ハーランドの60%しか見ていないと思う」 「ウェストハム戦での彼のゴールを思い浮かべるだろう。後ろにスペースがあり、彼がそこに抜け出した。シティのプレースタイルでは、毎回それがあるわけではないことは分かっている」 「彼はエンド・トゥ・エンドのカウンターアタック型のリーグ(ブンデスリーガ)から来た。そこでは、彼の驚異的なスピードを見ることができたが、ここでは見ることはない」 「彼の能力を最大限に引き出すには、クラブの選択を間違えたかもしれない」 キャラガー氏の見解は、シティのスタイルはボールをポゼッションし、時間をかけて相手を崩し切ってゴールを奪っていくというもの。その戦い方でタイトルを獲得してきた。 一方で、ハーランドの特徴はゴールへ向かうスピードや手数をかけずに決め切るもの。カウンターからゴールを奪う姿はドルトムント時代にも何度も見られたが、その特徴をシティでは出し切れていないとし、100%の力を引き出せていないと指摘した。 「我々はハーランドの全てを見ているわけではない。シティは昨シーズンと同じ数のゴールを決めている。彼は25ゴールを決めているが、シティ全体では同じ数だ」 「しかしながら、彼らはより多く失点し、カウンターをしやすい状況となっている。ハーランドがチームにいると、少し劣った別のチームになる。ただ、彼のせいではない」 「シティはエンド・トゥ・エンドのサッカーをしない。それはペップ・グアルディオラのやり方ではない。選手たちにはそのようなエネルギーやパワーがない。ゆっくりとビルドアップし、相手を自陣に押し戻し、そこからプレーする」 「彼らは失点するとすぐに取り返し、チームをピンチに陥れない。ハーランドはリーグで25ゴールを決めているが、その多くはボックス内に侵入してシュートを決めたものだ」 「ただ、彼が加入したチームのせいで、この選手ができることの全てを見ることができていない」 シティのゴール数が1人に集約されたと考えればそれまでだが、今シーズンは苦しむ試合が多いのも事実。はーランドの加入で多少戦い方が変わることが影響している可能性は否定できなそうだ。 2023.02.07 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがシティMFベルナルド・シウバを狙う、元同僚のムバッペやSDがアシストなるか

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を望んでいるという。フランス『Le10sport』が伝えた。 昨夏も移籍の噂が浮上していたベルナルド・シウバ。バルセロナが積極的に獲得に動き、本人も移籍を希望していた中、結局残留することとなった。 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は選手の希望を叶える方針は変わっておらず、ベルナルド・シウバを手放したくはないとしながらも、適切なオファーが来れば退団を認めることを公言していた。 バルセロナ移籍は叶わなかったが、今夏の移籍も再び移籍の話が再燃することは間違いない。ただ、PSGが狙いを定めているという。 今シーズンもシティでは公式戦31試合に出場し2ゴール5アシストを記録。チームの主軸としてプレーを続けているが、契約は2025年夏まで。退団の意思が変わらないのであれば、シティとしては売り時が近づいているということだ。 PSGのスポーツ・ディレクター(SD)であるルイス・カンポス氏はモナコ時代に知った中であり、フランス代表FWキリアン・ムバッペともチームメイトとしてリーグ・アンのタイトルを獲得。PSG移籍を後押しする可能性もあるとされている。 PSGはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の違反の可能性があり、今冬は積極的に動けなかったが、来シーズンに向けてプランを立てている状況。ライバルとなりそうなバルセロナも同様に財政面に問題を抱えており、両者の争いが夏に起こる可能性が高いと見られている。 2023.02.07 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「驚いている」シティはプレミアリーグからの告発を完全否定、4年間で炙り出した100件超の違反行為の調査を歓迎「期待しています」

財務違反の疑いでプレミアリーグから告発されたマンチェスター・シティが声明を発表した。 突如として出現した驚きの事件。プレミアリーグが6日に声明としてこの件を発表。サッカー界に激震が走っている。 しかし、この発表に対してシティが声明を発表。「驚いている」とし、徹底的な調査を歓迎するとした。 「マンチェスター・シティは、特にプレミアリーグが提供した広範な関与と膨大な量の資料を考慮すると、プレミアリーグの規則違反の疑いがあるとされたことに驚いています」 「当クラブは、クラブの立場を支持する反論の余地がない包括的な証拠を公平に検討するため、独立した委員会がこの問題を再調査することを歓迎します」 「そのため、この問題が完全に解決されることを期待しています」 プレミアリーグによると、シティの規則違反の疑いは2009年から2018年にかけてのもの。プレミアリーグでは、クラブが最大限の誠意を持ってリーグに正確な財務情報を提供するルールがあり、クラブの財務状況、収益構造、関連当事者や運営費などが報告の対象となっている。 プレミアリーグによる指摘は多岐に渡り、監督の報酬について選手の報酬と契約について、また、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の問題などが挙げられている。 プレミアリーグは2018年12月から調査をスタートし、4年間の調査の結果、100件を超える財務規則違反があるとした。 シティは2020年に欧州サッカー連盟(UEFA)から2012年から2016年の間にFFPに関して重大な違反を犯したと裁定された。ヨーロッパの大会から2年間締め出されるはずだったが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)により、裁定が覆されて問題視されなかった。 これまでも不正行為に対しては否定を続けてきたシティ。しかし、プレミアリーグが4年間をかけて調べ上げた問題は100件を超える状況に。問題が解決するに至るには、かなりの時間が要されることとなりそうだ。 2023.02.06 21:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly