大量5ゴールでコペンハーゲンに圧勝のシティが3連勝!《CL》

2022.10.06 05:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でコペンハーゲンとホームで対戦し5-0で圧勝した。

CL2連勝でグループG首位に立つシティは、3日前に行われた宿敵マンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”を6-3と快勝。公式戦4連勝と好調を維持するシティは、その試合から先発を5人変更。デ・ブライネやフォーデン、アケらに代えてマフレズ、アルバレス、負傷明けのラポルテらを先発で起用した。

今大会初勝利を狙うデンマーク王者のコペンハーゲンに対し、立ち上がり攻勢に出るシティは7分、右サイドを持ち上がったカンセロの折り返しをボックス中央のハーランドがダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さった。
幸先良く先制したシティは、12分にもグリーリッシュのパスでゴールエリア左横に抜け出したベルナルド・シウバが決定機を迎えたが、シュートは左ポストを直撃。

さらに19分には、マフレズのマイナスの折り返しからボックス手前でのギュンドアンがシュート。23分には左クロスのこぼれ球をボックス中央で拾ったハーランドにチャンスが訪れたが、共に相手GKの好セーブに阻まれた。

その後もコペンハーゲンを圧倒するシティは、32分にセットプレーの流れから追加点を奪う。右CKのクリアボールをボックス左手前のセルヒオ・ゴメスがボレーシュートで合わせると、GKグラバラの弾いたボールを最後はハーランドがゴールに押し込んだ。

完全に主導権を握ったシティは39分にも、ボックス左まで侵入したグリーリッシュの落としをボックス左手前で受けたセルヒオ・ゴメスがシュート。相手DFにディフレクトしたボールは、ゴール前のクホチョラバに当たるとそのままゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、3点をリードするシティはハーランドを下げてパーマーを投入。すると55分、右クロスの競り合いでラポルテがスタメニックに倒され、PKを獲得。このPKをマフレズが確実に決め、後半立ち上がりに4点目を奪取。

大量リードのシティは、57分にカンセロを下げてルイス、66分にベルナルド・シウバを下げてウィルソン=エズブランドと若手を投入。その後は膠着状態が続いたが、76分、ドリブルで持ち上がったグリーリッシュのパスをボックス右で受けたマフレズが縦への仕掛けから折り返しを供給すると、最後はゴール前のアルバレスが流し込んだ。

終始危なげない戦いを続けたシティは、大量5ゴールを記録してCL3連勝を飾った。

関連ニュース
thumb

「これはビッグゲーム」プレミア首位のアーセナル、今季初対戦となるシティとのFAカップでアルテタ監督は勝利を誓う「勢いと自信が増す」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、マンチェスター・シティ戦に向けての意気込みを語った。 27日、アーセナルはFAカップ4回戦でシティと対戦する。 プレミアリーグで首位を走るアーセナルと2位につけるシティの対戦。リーグ戦の日程変更の影響で、両者が顔を合わせるのは今シーズン初となる。 今後のリーグ戦の行方を考えても互いに勝利が欲しいところ。トッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとビッグゲームで連勝しており、リーグ戦とは別物ではあるが、ここでの勝利は勢いをもたらすことはできるはずだ。 アルテタ監督は古巣でもあるシティとの対戦を前にコメント。楽しみにしているビッグゲームだとした。 「これはビッグゲームであり、私の考えでは、世界最高のサッカーチームに対する大きなテストになる。我々がどの位置にいるのかについて、多くのことを教えてくれるし、楽しみにしている」 「(FAカップとリーグ戦)全く異なる2つの試合になると思うし、類似点を探すことはとても非現実的だ。ピッチ状の選手のせいもあるが、状況は全く異なる」 「勝って良いプレーをすることは明らかに重要だ。それによって勢いと自信が増し、次の試合に向けてより良い準備ができる。それが我々がフォーカスすることだ」 また、自身が師事したジョゼップ・グアルディオラ監督との対戦となり、タイトルを早くも争うまでになった中、アルテタ監督は両者の関係が変わることはないとし、カップ戦でもリーグ戦でも上回って行きたいと意気込んだ。 「いつの日か、(2人でのタイトルを懸けた戦いが)実現することを願っていた。今シーズンはそれが実現している」 「でも、それは友情や我々の時間、キャリアにおける彼の重要性、私の仕事に置ける彼の重要性を変えるものではない」 「我々は可能な限り最善の方法で勝利し、クラブを守ることを望んでおり、それは最初から常にそうだった」 「このリーグはとんでもない挑戦をもたらす。世界最高の指導者たちがいて、世界最高の監督もいる。そのレベルに到達するには、他のことを試して競争する必要があり、そこにチャンスが生まれる」 「我々はその道を歩んでいるが、まだ何も成し遂げてはいない。そして改善すべきことがたくさんあることも理解している」 2023.01.27 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランドだと思ったら…別人!? 後姿が瓜二つ、激似で呼び名も種々もじられる「ハーラントじゃね?」「ラーハンドでは」

一見では見間違えても不思議ではないのではないか。 24日、サッカー界の大手エンターテインメントメディア『433』がインスタグラムを更新。マンチェスター・シティのウェアを着た人物に声を掛ける動画を紹介した。 シチズンズのジャージを着用して長い金髪を後ろに結んだ姿は、22日のプレミアリーグ第21節で今季4度目のハットトリックを達成した圧倒的存在感を放つストライカー、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。ではなかった。 撮影者に背後から声を掛けられ振り返ると、全くの別人。後姿は非常によく似ていたため、閲覧者からは「ハイランドじゃん」、「144p(低解像度)のハーランド」、「オーリング・ハーランドかな」、「ハーラントじゃね?」、「アーリング・ノーランド」「ラーハンドでは」など、名前をもじっての様々なコメントが寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランド?に背後から声を掛けると…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CnzRrGTPzPy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CnzRrGTPzPy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CnzRrGTPzPy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ勢5人が先発の英カップ戦QF、長谷川唯のシティと清水梨紗・林穂之香のウェストハムらが準決勝へ

25日から26日にかけ、イングランドの女子コンチネンタルカップの4試合が行われた。 各チームに所属するなでしこジャパンの選手たちも出場を果たしている。マンチェスター・シティのMF長谷川唯は先発出場し67分までプレーし、6-0の勝利に貢献。トッテナムへ加入したばかりのFW岩渕真奈も先発起用され、59分までプレーした。 リバプールvsウェストハムでは日本人対決が実現し、1-0でウェストハムが勝利を収めている。 リバプールへ新加入したMF長野風花は[4-3-3]のアンカーで先発出場。リーグ戦ではデビュー戦がピッチ凍結のために開始早々に中止となる珍事を経験したが、この試合で改めてレッズの一員として登場。後半のアディショナルタイムまでプレーしたが、チーム全体がウェストハムのプレッシングに苦しみ、ボールタッチの回数は限定的となった。 対するウェストハムからはDF清水梨紗とMF林穂之香がフル出場。清水は右サイドバックで先発し、効果的な位置取りでボールの引き出し役となるだけでなく惜しいラストパスも披露。終盤にはシステム変更に伴い、ウイングバックとしてプレーした。 林は[4-3-3]の中盤の一角に入り、相手の中盤との嚙み合わせでボランチとインサイドハーフの中間のようなポジショニングに。選手交代に伴い、62分以降はアンカーを務め、最終盤にはタイトな守備でゲームのクローズに一役買った。 26日には準決勝の組み合わせが発表され、ウェストハムはチェルシーと、シティはアーセナルとそれぞれ2月8日に対戦する。 ◆女子コンチネンタルカップ準々決勝 ブリストル・シティ 0-6 マンチェスター・シティ リバプール 0-1 ウェストハム トッテナム 1-3 チェルシー アーセナル 3-0 アストン・ビラ ◆準決勝組み合わせ ウェストハム vs チェルシー アーセナル vs マンチェスター・シティ <span class="paragraph-title">【動画】清水、林、長野が出場、ウェストハムvsリバプールの決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIpYpkolci8";var video_start = 181;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕世代のアイドル」アルバレスがメッシへの忠誠心語る「W杯優勝を手伝えて、この上ない誇り」

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスが、同代表FWリオネル・メッシへの忠誠心を語った。アルゼンチン『アス』が伝えている。 アルバレスはカタール・ワールドカップ(W杯)で4得点を挙げ、アルゼンチン代表36年ぶりの優勝に大きく貢献。得点だけでなく、前線からの守備といった貢献度も光り、メッシ中心の攻撃陣を引き立てて見せた。 『DAZN』のインタビューでは大会を振り返り、優勝の喜びを語るとともに、少年時代からのアイドルだったというメッシのW杯トロフィー獲得を手助けできた事実を誇りに思うと口にした。 「僕たちが達成したことがどれだけ難しいものだったか、よく理解しているつもりだよ。多くの選手の夢であるW杯トロフィーを持ち上げられたんだ」 「僕の世代はメッシを見て育った。彼は僕たちのアイドルさ。国を代表し、チームを助け、多くの人に喜びをもたらしてきた彼が長年求めていたものこそW杯のトロフィーだ。僕がその達成を手伝えたことは大きな満足であり、喜びであり、この上ない誇りだ」 一方、自身のクラブキャリアに話が及ぶと、昨夏に揃ってシティへ加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに言及。センターフォワードの定位置を争うライバルに称賛の言葉を送っている。 「初めて会った日から信じられない光景を見た。紹介されて挨拶を交わし、そのあとすぐに練習があったんだ。彼のテクニック、フィジカル、スピードに驚かされた…」 「シティで始まったわけじゃない。彼はこれまでプレーした全てのクラブにおいて、ゴールによって自身の価値を証明してきた。それも信じられないほどにね」 W杯で輝きを放ったアルバレスは15試合で4得点だが、シティではプレミア19試合で25得点を叩き出す怪物ハーランドに完敗。今後はハーランドの定位置を脅かすほどの突き上げに期待したい。 2023.01.25 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

注目のベリンガム移籍先、リバプール有力か…「クロップも猛プッシュ」

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)は現時点でリバプールが有力の移籍先と目されるようだ。 2020-21シーズンにバーミンガムからドルトムントに移り、まだ19歳ながらドイツで通算113試合の出場数を誇るベリンガム。先のカタール・ワールドカップ(W杯)でも存在感を示して、瞬く間に次代のスターとして名を広め、近い将来の動向が大いに注目される。 すでにマンチェスター・シティのほか、レアル・マドリーの関心も取り沙汰されており、来る夏の主役になるのも間違いなしだが、ドイツ『スカイ』のフロリアン・プレッテンベルク記者が『『The Transfer Show』で最も可能性の高い移籍先にリバプールを挙げた。 「ベリンガムは夏に出ていくだろうし、ドルトムントの引き止めは現時点でノーチャンスだと、我々の誰しもが思っている。ただ、彼はリリース条項なしの契約だから、値段が非常に高い。ドルトムントは夏に1億〜1億5000万ユーロを求めている」 「そんな彼をターゲットとするクラブは3つ。レアル・マドリー、マン・シティ、そしてリバプールだ。そのなかで、リバプールが有力候補の1つで、ユルゲン・クロップも猛プッシュしており、彼がNo1ターゲットだと言っていると聞いている」 「クロップとはまだだが、ベリンガムは(スポーツディレクターの)ジュリアン・ウォードのような上層部と話をした。今はどう金を払うかというところだ」 2023.01.25 11:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly